去年は確かあやねるが出てた何かのラジオに投票した記憶が。PDFリストだけでも膨大な番組があってしかも探しにくいしで面倒くさいことこの上ない。素人が作ったのかな?と思うレベルでこのやり方だと間違えて違う番組投票する人多そう。とかまぁ文句言いつつも投票した。お気に入りのふわさたやみにゃみのA&GやAO進化論やあどりぶや有限会社小澤亜李やディメラジとか投票したよ。

去年の六畳間の侵略者のニコ生見てた身としては今の活躍ぶりが感慨深い。あの六畳間声優たちもサブキャラやニコ生とかラジオで見る機会多くてなんだかんだで活躍してるよね。工藤さんは元気してるかな。

しょこめざは先の展開は気になるんだがどうにもあのウェーイが大の苦手でいくら好きな花澤さんでも無理だった。ファントムワールドも思ってたノリとは違ったなぁ。グリムガルも同じくだけどやはり絵がというか見せ方が好みなんでまだまだ惹かれてしまう。

紅殻のパンドラ #5


anime(1088).jpg

ううむ…裸だというのに全然エロくないw ゲルチェコマもいいけどやっぱりクラリンみたいなのが欲しいな~。稲田徹さんのキャラはいい人に見せかけて実は敵かと思いきややはり味方側とかになるんだろうか。出会った時にロボと勘違いされてされるがままのネネと怒るクラリンが可愛かった。毎回EDのミニコントも楽しいけどクラリンの「ネネを病院に連れていくべきか」はひどすぎて笑ったw

Dimension W #5


anime(1089).jpg

相変わらず話は分かりづらいがミラのただひとつになりたいという再起動せず今のまま生き方を選んだってのが今回のハイライトだろうな。エリザベスの再起動を神回避してコート着てキョーマに殴られてのとこがいつものポンコツっぷり発揮で微笑ましい。

だがしかし #4


中毒、依存性、吸い上げてとか前半は例の事件抜きにしてもそれを匂わせる内容でよく放送出来たものだなw 今回は充実してて面白かった。

無彩限のファントム・ワールド #6


anime(1091).jpg

やたら久野ちゃんの久瑠美の魔法少女格好が可愛らしくてロリじゃないけどこれはよかったな。

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり #17


今回の目玉、炎龍との戦いは壮絶でまさに死闘。確かにこんな地獄だったらテュカもトラウマになるわ。ロケラン撃ってバックファイヤーでってのは素人がやるとああなるんだろう。あの辺りのパニックぶりがリアル。炎龍自体はレレイの魔法で刺した剣が避雷針的に切り札になり最後はテュカの元気玉的な魔法でトドメ。あのシーンは作画のクオリティが凄まじくて圧巻。それにしてもレレイの「刺さるぞ」のとこが豹変してて怖すぎたw 朴訥とした娘だけどこうゆう面もあるんだなとより好きになった。あやねる声のジゼルってのが出たがあれはおまけだったなw ただ親も殺されて自身は空自や陸自にフルボッコされた二匹のドラゴンはちょっと哀れだったが。まぁ一番哀れなのはろくに気にも留められてない死んでいったエルフの戦士たちだがw

赤髪の白雪姫 #16


anime(1092).jpg

ラジと白雪のコンビ、ドギマギしてる感じがいいなw いのりん声のお姫様とあたふたするみかこし声の王子のコンビも可愛らしくてよかった。しかしラジ王子があんなにヴァイオリン上手いのが驚き。てっきりしずかちゃんよろしくキィィィってなるのかと。ま、まがりなりにも貴族だしね。

この素晴らしい世界に祝福を! #5


anime(1090).jpg

アクアはいつも泣いてカズマに泣きついてんなw そのダメさっぷりが可愛くて面倒みてあげたくなる。しかしアクアが檻に入れられてるってだけでも面白いのに水に浸けられたり襲われたりドナドナ的に歌いながらヒキったりもうこの絵だけでも可笑しすぎて反則w また天ちゃんの叫び声がいいんだよね。声が軽めだから叫んでもうるさくならないのがいい。突然出てきた新キャラ、キョウヤは出るアニメ間違えたな。本来なら王道主人公やってるだろうがこのすば世界に来たのが運の尽き。まるでラノベ主人公へのカウンターパンチみたいなあの展開にはスカッとしたなw あのお供の女の子たちは魔剣グラムがなくなったただのミツルギキョウヤへも付いていくのか見ものだ。そういやクレジットによっぴーこと青山吉能ちゃん出てたけど多分ピンク髪の娘かな。

僕だけがいない街 #4


途中まで心臓バクバクものでどうなるかと思ったらなんだ優しい世界じゃないか。よかったよかった。想いさえあれば歴史は変えられるんだね!…と思ったらそりゃあないだろぉ…。
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks