以前は興味なかったんだが最近急にやりたくなってきた。JRPGに飢えてるのかもしれない。ソフィー終わったら次にやりたい新作タイトル候補のひとつかなぁ。他にサモンナイトも興味がある。

一般人の目からしたら割高な価格帯になったので当面の普及は無理だろうな。制球力のあるタイトルもすぐには出ないだろうから買う層も限られそうだ。やはりバーチャルボーイの二の舞いが見えてしまう。

ノリで作ったけどノリでやらず計算しながら慎重にやってたという話。中々興味深い。

サガはやったことないんだがディレクターが主導権握ったレコーディング話やアレンジ話が興味深かった。

ディアブロは1を序盤だけやった記憶が。名作の誕生は紙一重ってことなんだろうなぁ。

自分もFM TOWNS時代にはフロッピーのお世話になったのでこの大変さは理解出来る。


ワンダと巨像、以前フリープレイでゲットして少しプレイしたが余り楽しめなかったなぁ。自分もるーりぃみたいに何度も巨像から落ちてイラッとなったりしたけどコツ掴んで上手くなればより楽しめるようになるんだろう。何となくるーりぃはこのゲームあまり好みじゃなさそう。最後、リスナーに泣きのアンケがあったけど個人的には酒が飲めずうなだれるるーりぃが見たかったんだがw

ゲストが飯屋さんだから実質デレパだしもう一人のゲストちーさまもシンデレラガールズ出てるんでやっぱりアイマス。スプラトゥーンはマリエッティさん回と同様見ても楽しさ半分だったが後半のゼルダは協力プレイってこともあって面白かったな。




森でモニカが「あ~あ~あ~あ~」と発声練習中。定期的に声出していかないと歌えないというこの辺の会話は声優さんも同じなんだろうか。そしてソフィーはやっぱりお祈りすっぽかしで「そんなことないよ~(棒)」と返事するもあとで行くことは絶対ないなw

sophie_0212.jpg

エリーゼの本屋へ行くと唐突にクイズが!?単なるイベント上のクイズかと思ったらほんとに選択肢が出ちゃった。こうゆうの苦手だし今までの会話も記憶が曖昧だしであたふたするが簡単な内容だし3問だけだったから安堵。ご褒美として素材アイテムを頂けた。まぁ品質60だしCランクだしで大したことないけど何も貰わないよりはいい。しかしエリーゼのお店は他と比べあまり陳列品が代わり映えしないけどもしかして交友値とかが関係してるんだろうか。で、後日エリーゼの本屋に行ったらまたクイズを出題してきた。今度は少し難易度が上がってる感じかな。順当に正解し続けたけど最後の休日問題をミスってしまう不覚…。画像キャプってるんだからカンニングすればよかったなぁw まぁ材料が貰えるだけだろうからいいか。いや全部正解で貰えるトロフィーか他のイベントがあるかもしれんが…。

sophie_0213.jpg

パメラ店で1500コールとお高い信者用お札買ったら無駄使いしてない?とパメラに言われてしまいじゃあお札をそんな値段で売るなと言いたくなるw やたらお金の大切さについて力説してたけど過去というか生前に何か失敗でもしたんだろうか?それが若くして亡くなった事と関係したりしたら結構パメラさんの過去がドロドロだがw ソフィーは人がいいから悪い大人に都合よくタダ働きさせられ…お、思い当たる節がw パメラってお母さんみたいってソフィーは言うけどもしかして実は子持ちだったりしたとか?そしてこのパメラのイベントが終わったら「天使のささやき」まで閃くゲージがグンッて伸びた。結構重要なイベントだったのかな。

レオンが山師の水辺にバカンスに行かないかとのお誘い。なんだと!?こ、これはもしやアトリエシリーズ恒例のあれか!水浴びにテンション上がるけどプラフタは…あぁそうか。人形だから防水が…とかじゃなくて以前本だったから水に抵抗があるってだけねw でも説得が通じたみたいでみんなで行けるようになった。わーい!

sophie_0214.jpg

なんとなくそのバカンスにはレオンも一緒に行かせた方がいいだろうなというわけでレオンを久々に隊列に組み入れて装備更新。ついでにソフィーの武器も「さすらいの杖」ってのに変えた。両人ともまずまずのステータスアップじゃなかろうか。

sophie_0215.jpg

フリッツが素晴らしい人形のアイデアを思いついたから材料を用意して貰いたいとお願いしに来た。以前から新しい人形作りで何やら画策してたあの件か。プラフタとは作りが違う人形…もしやホムちゃん的な?そういやまだアーランドシリーズにおける調合や採取のお手伝いキャラが出てきてないからもしかしてそのイベントかも。用意する材料の「賢き者の土」の為のレシピ名が「とある錬金術士の書」ってのは…ちょっと某作品を彷彿させられるなw 早速作りたいところだが調合で使う「海底の土」ってのがまだ未入手だから後々だ。地底湖あたりにありそうだがバカンスイベントのついでに寄るかね。

sophie_0216.jpg

しれっと量販店の登録枠がひとつ増えてた。あと在庫数も3から4になった気がする。この前コルちゃんとのイベントで補充が無料になったけどその流れでの特典だったんだろうか。イベントが進む毎にもっともっと登録枠が増えてくれればいいんだがな~。

おっと、カフェの依頼リストに昇級試験がもう出てきた。今回はしかも最高ランク。これがラストというわけか。どんだけ難しいのかと思いきや依頼品の「ピュアウォーター」はもう持ってて個数も揃ってるから即報告出来るんだがw ラストだけどこれまでの試験で一番容易い。容易すぎてすぐ渡すのは申し訳ないので後にしよう。

sophie_0217.jpg

またまたエリーゼがクイズの出題。もしかしてすぐクイズ出したがりな面倒くさいキャラなのかw 多分本から得た知識をひけらかしたくて仕方ないのかも。今回は以前のよりさらに難しいらしいけどソフィーは自信あると強気、でもこっちは全く心の準備が出来てないから弱気で事前にセーブしとけばよかった。最後の問題、プニの種類はどれだけかってのが少し引っ掛かったけど冷静にこれまで戦ってきたプニシリーズ、青プニ、緑プニ、黒プニ、赤プニ、金プニと思い出したら5種類以上だったしさすがに15種類は多すぎるだろうと8種類を選択。これで見事全問正解。こうなると前回のミスが悔やまれるな。ご褒美として「忘れ去られた霊樹」ってのを貰った。

ではお待ちかねのバカンスイベント。が、山師の水辺に入ったタイミングが丁度夜っていうw まぁ星空が綺麗な真夜中でのバカンスってのもオツかな。とはいえイベントスチルは昼間の絵で明るいけどね。やはりプラフタは濡れるのがお嫌いのようだがでもこの絵だと水には入れてるのねw というか今回のバカンスってこのイベントスチルだけ?水着は?そりゃ普段から露出は高いけど折角バカンスなんだからそこはもう少しサービスしようよ~。おまけに肝心のソフィーは絵に入ってないし…。ちょっと拍子抜け。どうやらあの件からレオンは吹っ切れたらしくもう自分を偽ったりせずこれからはアメリアとして自信を持って服を作る為に生きていく。そしてゆくゆくは街を出ていっちゃうらしいがあの言い方だと少なくともゲームの間はキルヘン・ベルにいてくれるようだ。じゃないとこっちが困るw

sophie_0218.jpg

ついでに採取。奥の方で緑色の模様が入ったファング系の「沈黙の魔獣」という敵がいたんだがレベルは10程度だったしで1ターンで終わった。ボス戦音楽が流れたけど本来ならずっと先に倒すべきだったんだろうなw

「地底湖」へ行くも海底の土ってのはないなぁ。場所的にここが一番怪しいんだが奥の方にはあるかなと最深部へ行くとソフィーがただならぬ気配を察知。ツインヘッダーでさえ苦労してるんだからこんなところにいるボスとだとヤバいんじゃ…と戦々恐々。「ノーライフキング」はありがちに2ターン連続攻撃だし攻撃力も当然高いしHPも1000ぐらいあるしでどうなるかと思ったがそこは所詮Lv16。思ったほど強くはなかった。とはいえこちらはスキル技連発の総力戦だったが。プラフタのスペシャルアタックも出て格好良かったなぁ。カットイン絵でもう少し撮るチャンスというかすぐ反応出来ればよかったんだが。

sophie_0219.jpg

ノーライフキングの後ろには宝箱があってそこには求めていた新たな錬金釜「同調の錬金釜」が!効果の良し悪しは分からんがとにかくありがたい。錬金釜はこれで4つ目で当初はもっとゲット出来るのかと思ったが意外とそんなに出てこないものなんだな。そもそもそんなに数はないのか。

ここの採取地で今まで金づるになってた金プニが何故か1匹だけしか出なくなった。もしかして何度か戦ってたら出てくる数が少なくなるよう調整してあるんだろうか。そういや同じ採取地で何度も戦ってると敵が強くなったりする仕様だからそんな事になってもおかしくはないか。ここの強敵ツインヘッダーはもう難なく倒せるようになったかな。レオンが強いし技モーションが可憐で素敵だけど偶に見えそうになったりするw というかもう見えてるんじゃないかってぐらい。まぁ一番見たい娘はズボンになっちゃったから…。

sophie_0220.jpg

アトリエに帰ると贈り物をした覚えはないがエリーゼからお返しを貰った。もしかして前回したクイズの影響かな。

そういや目標だった「天使のささやき」閃いたんだった。ノーライフキングの討伐がトリガーだったんだろうか。倒す前に閃いてたような気もするが。これでプラフタの記憶の扉がまたひとつ放たれた。採取地の大地の傷痕でソフィーと話したいことがある?…。何故ここじゃなく遠くにある大地の傷痕でなんだ?ここで言えない事…開けた場所じゃないとだめな大掛かりなイベントでもあるのだろうか。それを予感させる不穏な音楽。これはもしかしてストーリー上重大な局面になるのかも。そして次にメインで閃いていかないといけないのは「原初の種火」でレシピツリーも新たな「夢のレシピ」になった。一番思い出す効果が高いのは”傷を受けた数”らしいが全滅でもすればいいんだろうかw

sophie_0220a.jpg

早速天使のささやきを調合。どうやらMPを消費して戦闘不能者をを次の行動順が回った時に自動復活してくれるという。しかも範囲は味方全体。現状ネクタル的な戦闘不能回復アイテムはないのでMP消費するデメリットあるにしてもこれはありがたい。

sophie_0220b.jpg

そういやカフェの昇級試験忘れてた。遅らせる理由もないしとっとと合格しておこう。これで最高ランクの依頼請負人になったけどそれに見合う活躍は殆ど出来てないなw システムが違うから一概に言えないが従来のアーランドシリーズと比べてここまでが結構容易かったような。そしてソフィーは最高ランク=”最高ランクの報酬”に目ざとく反応w 前回もガッポリしてたけどこうゆうとこはゲンキンだねw

sophie_0221.jpg

こちらも忘れていたハロルから依頼されてたクプルフ鉱石も渡す。時計の修理材料になるみたいだがこんな可愛い女の子の笑顔見て頑張らない理由なんてないよね。

sophie_0222.jpg

ロジーのとこに行くとどうやらエリーゼから貰ったあの「忘れ去られた霊樹」が前々から依頼されてた材料のひとつだったみたいだ。そうだった、ロジーの夢の武器作りの為に忘れ去られたシリーズを集めるんだったな。この様子だと採取地で探す材料というわけじゃなくイベントで集まってくる材料ってことなんかな。

エリーゼから本は読んどけと戒められた。知識というのは何も専門書を読まないといけないんじゃない、好きな小説読んで知らないことが出てきたらそれを調べる、そしてそこから更に調べたい事柄が出てきて更に調べる…そうしてるうちに知識が知らず蓄積されていく。つまりはたくさん本を読んで見聞を広めろということだな。それが今後何か行き詰った時のヒントになるやもしれない…っていうエリーゼのこの言葉は今後の展開へのフラグでもありそう。ついでに「古き妖精の森」という新たな採取地も教えてもらった。

カフェ依頼で「陸魚の味くらべ」ってのがあって料亭とかでありそうな小洒落たネーミングに笑った。ただあんなバカでかくて少し気味悪いクジラみたいな奴の肉は食いたくはないなw

sophie_0223.jpg

ソフィーがまたお酒に興味津々。ソフィーが言うにはベロンベロンになるまで飲むんだからすっごく美味しいに決まってる…果たしてそうだろうか。ホルストさんからの「お酒は人生の味」…至言だな。

おや、本屋へ行くと何故かソフィーがエリーゼを見失ってる?と思ったらなるほどいわゆるメガネを取ったら美少女というよくあるやつか。本を読みすぎて目が悪くなりってのもあるあるだな。ソフィーはエリーゼがずっとメガネなままなのは勿体無いと言うがもしかしてコンタクトの調合イベントとかあったりしてねw

sophie_0224.jpg

ワールドマップに出たら六ヶ所も新たな採取地が開示された。正直もうそんなに行くところなかったりしてと思ってたからまだ行ける範囲が広がって嬉しい。

では懸案の「大地の傷痕」へ向かう。入って早々プラフタはソフィーに”錬金術とは?”と尋ねソフィーはそれに対し”夢の力”と答えた。錬金術のお陰でプラフタに会えてプラフタと一緒に遊べた、錬金術がないとここまで来られなかった、だから夢の力なんだと。錬金術とはいかなる可能性をも持ちうる力、でもそんな錬金術にももうひとつの側面があった。実はこの大地の傷痕というのは錬金術により穿たれたという。つまり大地が破壊されてしまったということか。なるほどだから奥に「穿たれた痕」という地名があったんだな。使い方ひとつ間違えるとこのような荒れ果てた大地になり夢の力が悪夢の力になってしまう。錬金術士の考え方次第でこんな事も出来てしまう恐ろしい力でもある…。プラフタは錬金術にはそんな怖い面もあるということをソフィーに知ってもらいたかったがもちろんソフィーはそんな悪い事には使うわけがない。人を助けることをした方が悪さなんかするよりずっと気持ちがいいというソフィーらしい回答だ。ソフィーと確認し合えたところでこのイベントはお終い。てっきりプラフタが戦うべき相手、今作でのラスボスの正体をソフィーに告げる展開かと思ったんだがw しかしプラフタはソフィーの考えを今一度確認出来たとはいえソフィーへの信頼度はまだそこまで狭まってなかったってことなのかな。一応友好度は70と高いけど残り30が二人の距離ってことなのか。

sophie_0225.jpg

そういやここで始めてソフィー、プラフタ、モニカ、レオンとオール女性陣パーティになった。以前は男手のジュリオの力が必要だったがようやく彼に頼らなくても敵と渡り合えるまでに成長出来たな。

sophie_0226.jpg

以前レオンは技モーションでパンツが見えると書いたがやっぱり見えてるよねw ここ以外のモーションでも何度か見えてる筈。あれはトトリみたいにレオタードとかじゃなさそう。色は黒か紺か。仕立師だけあって下着もきっとこだわりがあるんだろうw まぁ一番見たいのはソフィーだが今はズボンだし旧衣装に着替えてもスカートはやや長めだしで無理そうだ。

sophie_0227.jpg

テスちゃんの弟が風邪引いたっていう問題。結局あれから治まったらしくめでたしめでたし。薬の調合とかはしなくてもいいイベントだったんだなと思ったらそうは問屋が卸さなかった。「ハニーシロップ」ってのを閃いたがてっきり錬金シロップであまい効果を出すのかと思ったが新規の調合アイテムだったか。

いつの間にか引換券は50枚も貯まってた。引換商品から選びたい放題だな~とワクワクしながらリスト見てたら…ってあるじゃん!海底の土!なんという灯台下暗しw 今の今までリストにあっただろうに全く気付かなかった。これもペンデグリョン同様にここでしか手に入らないんだろうか。取り敢えず必要な券は7枚程度だし2つ貰っておいた。

sophie_0228.jpg

モニカが本屋で音楽関連の本を漁ってた。モニカは前もカフェで歌手の方に直に教わってたしほんと勉強熱心で探究心旺盛で真面目だ。ここまでモニカが打ち込む理由はソフィーは錬金術、エリーゼは本屋、オスカーは植物、でもモニカにはこれってのがなかった、だからやっと歌という打ち込めるのが見つかって今の喜びがある、そうゆうことか。仲良し幼馴染だからこそ余計人の事が気になってしまうんだろう。

そしてまたエリーゼとのイベント。やたら最近エリーゼとのイベントが多いが特に何も贈り物はしてないから友好度が高いからってわけじゃなく予定通りのイベントって事かな。どうやら絵本を描いてたらしい。子どもたちに読み聞かせてあげたいからってのが彼女らしい優しさなんだろう。エリーゼが読み聞かせてくれる絵本ならきっと興味津々に聞いてくれそうだ。声が大坪プロだしw

テスちゃんに頼まれてた「ハニーシロップ」調合。パンに掛けて食べたくなるほど美味しいシロップが出来たみたいで喜んで貰えた。調合自体は今ひとつの効果なので練り直しかな。いまさらHP・MP回復・小程度しか出ない回復アイテムはいらんだろう。

今気付いたら「夜光水」って材料に「ゆらめく光」特性があるじゃん。いつの間に手に入れてたんだ…。この前の地底湖でだろうか。まぁいい。ようやく課題として残ってたゆらめく光特性持ちのスプルースが作れる。が、どんだけ回り道して錬金するんだよっていうぐらい面倒くさい。まぁこれも錬金術の奥深さであり醍醐味だけどね。アプコールからミネラルエキスから旅人の靴からの~でようやくゆらめく光特性のスプルースの完成。そうした苦労の甲斐あって「妖精の道標」ってのを閃いてくれた。早速それを調合したら効果は拠点に戻るだと!? トラベルゲート的なアイテムかなと思ったが大体合ってて使用したら一瞬でアトリエに戻れるという便利アイテム。前も書いたが今作はそんなに日数消費は気にならないぐらい移動が早いんだが採取先でキルヘン・ベル内の休日というかテスちゃんに用がある時即帰れて便利だ。ただデメリットがあって使える回数はたった2回までという有限の消費アイテムだしおまけに一々アイテム装備させなきゃだしでほいほいと使えるってわけではないのが残念仕様。一応安価になる特性も付けておいたから量産すればいいけどただでさえお金がないというのに…。

sophie_0229.jpg

お、ハロルが時計の修理が終わったらしい。えっと色々なイベントが同時進行してて頭がこんがらがるけど確かクプルフ鉱を渡したお陰だったかな。イベントスチル&トロフィー取得の恒例のキャライベント。なんだかこの二人いい雰囲気。もちろん恋愛的な意味じゃなくまるで親子みたいなという意味で。以前の腐ってたハロルとは見違えて今はこんな精巧な時計を作れるまでになれた。ソフィーが言ったハロルさんしか頼れる人がいない…というセリフがここまで人を変えるんだから言葉って偉大だ。時計屋として初めて頼られた事が嬉しくそれが立ち直るキッカケになったんだろう。親父と比較される悩みも克服出来てこれにてハロルとのイベントは一件落着かな。

sophie_0230.jpg

「賢き者の土」を渡すのはハロルじゃなくフリッツだったんだった。勿論量販店に登録してから買い直してフリッツに渡すんだが相変わらず量販店登録枠が少なすぎてにっちもさっちも。コルちゃんのキャライベント進められたら増えるんだろうか。それともあれでマックスならガッカリだが…。メルルのアトリエでは15枠もあったんだがなぁ。渡した賢き者の土の使い道は人形劇の演目で使うという。なんだそうゆうことか。てっきりホムちゃん的な新たな人形キャラが増えるイベントかと期待してたのに~。こうなると結局今作では錬金術のお手伝いキャラはいないってことなのかな。

さて、新しい採取地の「道理の樹門」へ。キーファといった木材材料は常に不足気味だから助かる。そこから北へ進んだ「常霧の樹海」は以前訪れて通せんぼの宝箱があったとこだな。あれから道が開けるイベントはなく進展なし。そこから東へ進むとエリーゼから教えてもらった「古き妖精の森」へ行ける。ここでの戦闘で早くも夢のレシピツリー「原初の種火」を閃いてくれた。なんか今回閃きまでやたら早かったような。更に奥へ進むとオスカーが言うには嫌な予感がするから引き返さないか、だと?さぁどうすると少しビクつきつつも進んでたらいつもと様子が違うエンカウント。ボス戦かと焦るもキンモクジュとかアルラウネ系の雑魚だった。ボス戦曲が流れてるのにモニカの簡単そうねってセリフがなんともミスマッチw

sophie_0231.jpg

その敵の奥の宝箱で「妖精の錬金釜」ゲットという嬉しい展開。これで5つ目の錬金釜だな。

フリッツの人形が完成、ってあれ?プラフタのSDキャラっぽい。どうやらフリッツがやりたい人形劇はソフィーとプラフタの関係を描くとことだったらしい。もしや百合脳だったか…。劇自体も変態的だったり百合百合しくならないか今から不安だw

sophie_0232.jpg

原初の光を閃いたのでプラフタの記憶ストーリーが進んだ。図鑑はもうちょっとで埋まる…するともう確実に後半は過ぎててもしかして終盤辺りだったりするんだろうか。蘇ったプラフタの記憶はなんと知識の大釜の所在!というか目的が知識の大釜だということをすっかり忘れてたw 大釜は「叡智の門」という場所にある…ネーミング的にいかにも中二…じゃなくて終盤訪れる場所っぽい雰囲気。そこがラスダンになるんだろうか。じゃあ早速行きたいとこだが入るには「真理の鍵」が必要…誰でも使える釜だから悪用されないようプラフタが封印してたんだな。でももう時は来た。ソフィーになら鍵を教えてあげられるというわけでその鍵を渡してくれる…のではなくやっぱり調合しないといけないのねw 実は既に材料は集まってて一発で即出来ちゃうんでしょ?と楽観視してたら聞いたことない材料ばかりじゃないか…。出来事メニューにはズラリと材料集めの進行中タスク。これはまた長いイベントになりそうだ…。まずは仲間たちに聞いて回らないとな。

sophie_0233.jpg

これで5つ目のレシピツリー「不思議のレシピ」が開放されたけどネーミング的にもページのデザイン的にもこれが最後のレシピツリーっぽいか。でも右ページにまだうっすらと紋章が4つ分残ってるけどあれも今後開放されるのかそれとも単なるデザインか。

sophie_0233a.jpg

鍵の調合材料のひとつ「日輪の雫」を知ってるようだが思い出せないモニカ。もしかして教会関係か歌関連に関係してるとか。これまでのモニカの歌イベントが伏線だったら意外性あって面白いけどそれはないか。出来事メニューにはじっくり考えようと出たから時間が解決かな。

すっかりナザルスの治療薬をほっぽり出していまだ渡せてないジュリオにはふたつ目の材料「久遠の竜鱗」について聞く。「ドラゴネア」という魔物から採れるらしいがネーミング的にドラゴン系の敵を倒したら得られるドロップアイテムだろうな。奴は非常に獰猛でジュリオが怖気づくぐらいの強さってマジか。ラスボスじゃないだろうけどそれに匹敵する強さだろうか。それでもやる気なソフィーに押されて遂にジュリオはドラゴネアの居場所を教えてくれた。ジュリオはそれならソフィーは僕が守ると言うが隊列には組み入れないんだけどねw でも黒プニの頃もだったけどここぞという時にジュリオのタフさは頼もしいから気が変わるかも。

オスカーには3つ目の材料「朧草の花弁」について聞こうとしたら「常世の仙花」という一度でも陽の光を浴びると二度と花を咲かせない特性を持つ花を逆に教えてくれた。採取に連れてけー展開ではなく情報待ちってことか。あれでも出来事メニューにはその花については書かれてないけどそういったイベントではないのか不明。

で、肝心の朧草の花弁についてだがなんと今オスカーが丁度育ててるという。やるじゃん。じゃそれをくれ!と思ったら花が栄養状態がよくなくて咲かないらしい。それなら栄養促進剤の出番だ…じゃなくて「緑を育み活性土」っていう新たなレシピを教えてくれた。

実はハロルの親父さんは天才職人じゃなく長年努力してようやく天才と呼ばれるまでになったらしい。だから最初は大した腕じゃなかった、つまりはハロル程度ぐらいだったのかな。ハロルはずっと天才と比べられ腐ってたがそれだったらハロルもこのまま頑張り続けばいつか親父さんに追い付く、それどころか十分追い越せるわけだ。これまでの鬱積したトラウマは何だったんだっていう事だがハロルは決意を新たに出来たし発奮材料にもなったし結果的に勘違いしててよかったのかもな。

sophie_0234.jpg

ロジーから「堕ちた宮殿」という新たな採取地を教えてもらった。没落した貴族が済んでた宮殿じゃなく文字通りそのまま空から落ちた宮殿だという。ラピュタかな?

エリーゼの絵本が完成。どうやら絵本のネタ元は人になった本、つまりプラフタの事。フリッツの人形劇に続いてまたまた人気者だなw まぁ街でこんな出来事があったら話の種にしない手はないしな。絵本を読み聞かせてくれるのかと思ったらカーット。後の展開でその絵本の内容が出てくるのかそれとも単にカットしただけなのか。

オスカーに頼まれた緑を育む活性土だが材料の「万薬のもと」がないなぁ。ジュリオに頼まれてた万能厄除け香でも使う材料なんだが一体どこにあるのやら。もちろん引換所にはなかったしやはりまだ未踏の採取地にあるのだろうか。


モニカが日輪の雫を思い出してくれたらしい。やはり時間が解決だったな。で、現物をくれるのかと思ったら今度は「太陽の恩恵」というレシピを貰った。ソフィーはこれなら多分作れそうと言うが案の定材料不足っていうw 今度は「精霊の涙」というのを探さないと。また手探りで探す材料が増えちゃったか。

レヘルンの上位攻撃アイテムの「シュタルレヘルン」調合。氷ダメージ・強、素早さダウン効果に破壊力増加+、安価、コストボーナスといった特性付けられてこれは使えそうだ。あと装備アイテムで「物霊のイヤリング」ってのも作ったが効果「賢者の知恵」はHPとMP最大値の入れ替え、アイテム強化で20%上昇、アイテム使用時のウェイト10%短縮とまぁ使えるようで使えない感じか。こうゆうのって大体使わないんだよね。

sophie_0235.jpg

新たな材料「フリューゲル」で作る防具「リアクトコート」を作って貰ったが上位レベルの防具なのに誰に着せてもステータスが下がる…。上位の防具でも必ず優れてるわけではないんだよね。勿論特性の影響もあるんだろうけど。他に武器や防具は「フェアハイト」やお馴染み「ハルモニウム」とかでも作れるんだがまだ材料未入手で作れず。一体いつになったらだなぁ。

新たな採取地「豊沃の磯」ってところへ行くも特に何も発見や収穫はなかった。多分後々意味合いが出てくるかもだが。戦闘は以前より楽にやれてるけどやはり攻撃は最大の防御とはよくいったもので防御スタンスは殆どとらなくなったな。そのせいでボタン連打だけで終わるから少々単調にもなってくる。こうゆう時の為にOPTIONボタンで大体1.5倍速にも出来るから手っ取り早く終わって良い。チャカチャカ早送りで動くから滑稽だけどねw それにこの速さに慣れちゃうと味気なくなっちゃうから使用は程々に。というかなるべく使わない。

ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~
コーエーテクモゲームス (2015-11-19)
売り上げランキング: 151
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks