どうもタッチパネル効きが悪くなったのかVita起動時のあの画面が捲りにくい。2013年の夏に買った初代Vitaだけどそろそろヘタってきたんだろうか。せめて東亰ザナドゥと碧の軌跡と閃の軌跡シリーズ2本とアトリエ黄昏シリーズ3本プレイし終わるまで保ってくれーって結構やるソフトあったなw




マユちゃんのいる倶々楽屋へ。どうやらここは霊具屋というソウルデヴァイスを鍛えることが出来る施設。まぁ早い話しが武器屋だな。グリッドの開封や強化などこの辺のシステム周りも軌跡シリーズとまんまだな。これならすぐ馴染めそう、といっても軌跡シリーズプレイしてから大分離れてるから忘れてるけど。取り敢えず今回はコウのデヴァイスのグリッドはひとつだけしかなかったのでふたつ目を開放しておいた。

tokyo_xanadu(59a)_201606161759249df.jpg

ここからこれまで訪れた異界へ再探索も出来るようになった。今のところは用はなし。

▽禍々しくてまるで地獄へのゲート。
tokyo_xanadu(59).jpg

第2話 怪異 - グリード(後半)


チアキ探しで駅前広場へ。施設から広場へのロードが8秒ぐらいも掛かって遅すぎな件はスポットセレクトから直接施設へ飛ぶことで解決。ただ広場でもイベントはあって警官が1時間半前のチアキの行方を知ってた。広場で他あたってみてもどこにもいないからエリアセレクトみたら…なんだレンガ小路に!のイベントマークあるじゃないか。これからはミニマップとエリアセレクト画面を逐一チェックだな。今度は30分前のチアキの足取りを掴めた。こうして時間経過で対象に段々近づいてる感を出す演出はいいね。推理モノみたいで面白い。で、ここでまさかの選択肢。いかにちゃんと会話を聴いてるかのテストか…。こうゆうの軌跡シリーズでもあったなぁ。一番困る類のやつだ。う~ん、この選択肢の中からだと30分前のレンガ小路がやはり一番直近だろうな。それなら真ん中の2番目だ。

tokyo_xanadu(60).jpg

――あれ?商店街のチアキも30分前だったのか?でもどうやらまぐれで正解当てた模様。アスカから褒めて貰えた。これでステータス・智が上がってくれた。次は杜宮記念公園ってとこに行くことに。てっきり行ける場所は学園含めて4ヶ所だけなのかと思ってたけどさすがにそんなことはなかったな。

杜宮にはたくさん店があってどこから何が出てるのか把握出来ないと思ったがNiARのショップ情報見たらオススメ品が紹介されてるから何買えば分かるのがありがたい。いわば安売りチラシだな。これで一々店を巡って周る無駄足運ばなくて済む。今回はオススメにしたがってドライTシャツを買った。シャツといってもこれは防具で防御+45、魔法防御力+30に攻撃魔法+3とHP200と性能は高い。シャツなのにw

tokyo_xanadu(61).jpg

商店街で装備品調達してたらアクティブボイスでアスカがあんず飴に興味示してきた。自動でこうゆう会話も入ったりすると益々プライベートアクションなSO5チック。でもSO5のPAより断然聴こうって気になるのはユーザビリティやキャラへの興味の差か。というわけであんず飴をチヨばあちゃんから買ってみけどそれで特にアスカとの会話はないんかいw

蕎麦処でぷるぷるあんみつのレシピ買って実際作ってみたけど――失敗w HP回復するかor瀕死の二択とかボス戦では間違っても使えないな。う~む、得意なニコちゃんマークが出てても失敗することがあるのか。

tokyo_xanadu(62).jpg

オリオン書房で試しに「古武術指南・中級編」っての買ってみた。これで単なる読み物だったら1000円返せと言いたいとこだがコウの攻撃力と防御力が+5になったからいいか。そういや特殊ステータスが一定量上がったから九重神社のソウスケ氏に報告。射芸の護符を貰った。ステータスアップなアクセ装備品欲しかったとこだからありがたい。あと「今からのサイフォン入門」って本は無料だったから貰ったけどこうゆうプレイには関係ない読み物も作り込んでるのがファルコムらしい。こうゆう積み重ねが世界観をより深めてくれる。

tokyo_xanadu(63).jpg

メインストーリーを進めよう。杜宮公園へ。チアキは予想通りソラに敵わないからって打ちひしがれただけだった。前回もあったがまたイベント中に2D絵が出てきて嬉しい。本編の2D絵はメニューとかフェイス絵ぐらいかと思ってたからこうゆう演出でも出てくるのは今後に期待持てるしモチベ高まるな。

tokyo_xanadu(65).jpg

コウはチアキに甘えるな!ってグーパンするかと思いきや逆にチアキに共感。嫉妬は誰にもあるんだから恥ずかしがるなと励ますというこれは天然たらしなイケメンぶり。で、チアキは落ちるかと思ったら違う意味で堕ちた。いわゆる闇堕ち。まぁこちらとしては早くアクションしたいわけでこの展開は願ったり叶ったり。じゃあ行くかとしたら…ソラがチアキはそこにいるんですね、と。メインキャラ枠なのは知ってるので予想通りソラも戦うパーティメンバー。適合者は中二病的にソウルデヴァイス名叫ばなくてはいけないらしいw

▽3Dモデルも可愛らしく見えてきた。
tokyo_xanadu(66).jpg

月下の庭園は雰囲気的に冬の夜の公園っていう趣きのダンジョンだな。ここから3人パーティになったことでサポート要員要素も追加。いつでも誰でも△ボタンと→ボタンで瞬時に切り替えられるのが便利。ただアタックメンバー二人とサポートの切り替えで誰がどっちだったか混乱してしまうな。

tokyo_xanadu(67).jpg

しかしソラがメンバー入りするんならあらかじめ街でソラの分の装備品も買っておけばよかったなぁ。この段階でってことは自ずとソラの風属性の活躍しどころが多いだろうし。

そうして3人切り替えながらのアクションだがこれがまた楽しい。敵の属性別に戦いに有利なキャラ切り替えたりして色々考えながら戦うのがちょっとしたパズルアクションっぽくて面白い。パズルっぽいのは苦手だがこれはキルボーナスでフィニッシュする爽快感があるしキャラ切り替えも瞬時だからストレスないから存分に楽しめてる。ここにきてようやくアクションゲーとして本領発揮だな。ま、慣れないうちは敵の属性対応覚えないといけないしサポートと隊列考えないといけないから偶に思考回路止まってしまうがw

Xドライブやソウルアビリティの要素開放。いろいろ要素が出てきて理解が追い付かないが要は合体技というわけか。これも2D絵のカットインが入るのが嬉しい。

tokyo_xanadu(68).jpg

他に剛撃スキルも開放したがこれは□ボタン長押しで更に強力な攻撃が出来るってだけだから分かりやすい。□ボタンは射撃と飛翔スキルも兼ねてるからこれも操作がごっちゃになりそうだが。そうゆうわけで通常攻撃の他に射撃、飛翔、剛撃スキルを使い分けるのがダンジョン攻略と強力な敵への勝利のカギというわけだな。

そしてダンジョンクリアでリザルト。ランクはAだしグリードもトレジャーもオールコンプ出来たみたいだし上出来だな。

tokyo_xanadu(69).jpg

ボス戦:エルダーグリード グレアファントム


tokyo_xanadu(70).jpg

前半は防戦というか逃げてばかりの戦い。こっちの攻撃が射撃スキルでもろくに当たらないし近づこうものなら攻撃喰らうし何度も地面に潜って姿くらまして出るの繰り返しで避けるので精一杯。2D絵が最高なソラのXストライク決めても殆ど奴のHPが減らなかった時は絶望。後半ようやく奴のパターンが理解出来て果敢に攻められるようになった。ダウンしたらコア見せるからそれをさっき開放したスキル技でガシガシ。これを4回ぐらい繰り返してようやく。やれやれこんな調子なら先が思いやられる。

▽スクショのカットインへの反応速度も俊敏になってきた。
tokyo_xanadu(71).jpg

正直チアキ先輩に余り共感出来ないから会話は流し見気味。Cパートとして後日談。あれから2日経過したらしい。校舎上にアスカ呼び出して告白かな?これでほんとにコウが好きなんだと言ったら面白いが…まぁアスカのことだから「からかわないで」と言ってスルーされるのが関の山だろう。コウがお礼言って「べ、べつに~」とか言うあたりやはりツンデレ枠だったか。その後改めてコウからの協力させてくれという決意表明がこれこそ告白っぽくも。そしてソラもこっそりこの光景を見てた。そういやソラってコウには気があるんだろうか。コウがアスカのとこに行ったのが気になるからついていった…にも見えるな。それはともかくコウとソラの改めての協力表明。例の門脇舞以さん声の空飛ぶ謎のキャラの「始まったみたいだね」もあったりしてこれでようやく本格的に本編スタートといったところか。何回本編スタートするんだって感じだがw

tokyo_xanadu(71a)_20160616175923749.jpg

これで思ったより長かった第2話のお終い。

グラフィックについてだが人間すぐ目が慣れるものでもう殆ど不満なくなった。2Dフェイス絵も3Dだなんて…とか思ったがこれはこれで愛着も湧いてきたな。背景の3Dは現代風景だとやはりまだ少し違和感あるけど異界ダンジョン内は3Dでも違和感なし。ファンタジーみたいな現実離れしたシーンだとファルコムの3Dでも問題ないみたいだ。考えてみたらこれまで古くはぐるみん、ツヴァイ2、など3DCGだった作品もこうゆうファンタジー色強いやつほどそんなに違和感なかったしね。

音楽はファルコムならではの熱くクサメロな曲がなくあまり耳に残らないなぁ。以前の記事でも書いたがやはり作品テイストに合わせてポップでライトな曲がメイン。例えていうと空の軌跡FC「工房都市ツァイス」内の音楽みたいな感じ。ダンジョン内の曲はさすがにそれっぽい系統の曲だけどやはり印象薄い。ボス戦曲も同じくだなぁ。サントラとして聴いたらまた違ってくるのかもしれないが。

続けて3話目のアバン。おや、零の軌跡で聴いたあのテクノっぽい音楽が流れてきた。これは「Terminal Room」だな。つまりあの金髪ふとっちょと繋がりのあるキャラなのかそれとも単なる使い回しか。CVは山下くんかな?花江くんかな?とあとで公式サイトみたらやはり山下大輝くんだった。

tokyo_xanadu(71b).jpg

東亰ザナドゥ SAKURAまつりパッケージ
日本ファルコム (2016-03-24)
売り上げランキング: 2,850

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks