東亰ザナドゥと違ってこちらはもう年月経ってるしネタバレ気にせず”続きを読む”以前の文も書いていこう。

エステルとヨシュア登場。神田さんの声聴くとあぁ軌跡シリーズだなぁって感じる。そして零の軌跡内で好みな女性キャラのうちのひとりノエルきたー。ますみんの声がこれまたぴったりでいいんだよね。今後もたっぷり聴けるかと思うと幸せだ。後々の章でプレイアブルキャラになった筈だから待ち遠しい。

zero_k_evo(8).jpg

今までずっとクロスベル市内に留まってたがようやくフィールドへ。PSP版では音楽の良さと相まってこれから冒険するぞ!な高揚感があったけどEvo版のアレンジはそんな気分味わえず個人的には今ひとつだったかな。今のところアレンジ版最高!って曲は残念ながらないかなぁ。

戦闘は基本フィールドアクションで敵を気絶させてから先制するのがセオリーだけどいかに敵の後ろをとって気絶させるかのせめぎ合いゲームになってしまってるw これはこれでヒヤヒヤさせられて面白いからいいんだけどね。あとPSP版でも思ったけど”TEAMRUSH”が多過ぎな気がする。カットイン演出が入るから少しテンポが悪くなってしまう。かといってフィールドに出てからの敵はTEAMRUSHがないと結構キツい敵ばかりだからなかったらなかったで困るんだけどね。SKIPボタンか設定で演出のオンオフを種類毎に切り替えられたらいいんだが。

アルモリカ村までの道中、ティオとエリィはちょっとピクニック気分という。この雰囲気が楽しい。休憩所でレモネード飲みながらくつろいでるシーン好きなんだよね。ゲーム序盤だからこその束の間の平穏さ。

zero_k_evo(9).jpg

アルモリカ村で会う、ハロルド…。明らかに良い人だけど実は…という典型的なブラフキャラに見える。でも実際はほんとにいい人だった筈。筈というのは既に記憶がないからw でも確かにハロルドは白だったと思う。実際真っ黒だったのはほんとにノーマークの意外な人だったからなぁ。

zero_k_evo(10).jpg

釣りは東亰ザナドゥと違ってボタン推すだけでいい単純明快さ。運がいいことに今現在釣れる4種類全て一発で釣ることが出来た。取り敢えず全部の種類をできればコンプしていきたいね。今回はPSP版ではあまりやってなかった要素を特にやっていきたい。料理とかもそうだな。

クロスベルに帰る際に遭遇しそうになった神狼…そういやすっかり忘れてたが犬キャラもいたんだったw

前回クロスベル市内の移動が面倒くさいと書いたけどそうだった、ショートカット移動が途中から解放されるんだった。これがないと移動ゲーになってしまうとこだった。こんな超ベンリなものをくれるハロルドさんは益々もって怪しいとPSP版の時は思ったんだったっけw

zero_k_evo(11).jpg

住宅街南西の家に入りづらそうな動きをするエリィが可愛い。ドット絵の解像度が高くなってるからより動きが楽しめるな。ここは確かエリィの家だったかなどうだったかな。

zero_k_evo(12).jpg

ウルスラ街道を抜けて聖ウルスラ医科大学へ。途中のボス戦や宝箱魔獣戦ではランディのAT DELEY効果を出せるパワースマッシュが大活躍。ついでにエレメントで封技の刃装備させてるから厄介な技の封印も出来て一石二鳥。あとSPDダウン効果のクロノダウンも超便利。おまけに重ねがけも出来る有能さ。このゲームはいかに相手にターンを渡さないかが鍵となるからね。

zero_k_evo(13).jpg

ウルスラ病院内の探索は構造がややこしいから面倒くさい。というか研修医リットンとか看護師フィリアとか明らかに演技がゲフンゲフン。主要キャラは有名声優起用してて演技に何も問題ないけどサブキャラやモブキャラには新人声優や未経験者の素人とか起用してるんだろうかな、と公式サイトのキャストインタビューページ見てみたら察し。

ロイドの姉セシルはやたらロイドにランディとのBLを迫るw 実際同人誌とかでもありそうだからこわい。

zero_k_evo(14).jpg

しかしランディはロイドの姉さんには発情してたのにノエルには全く無関心なのが納得いかない。あの爆乳には目がいかないのか。いやノエルの魅力はそこだけじゃないけどw

ロイドの父親の回想があったがこの声は小西さん…ロイドの声はカッキー…ってことはグレンラガンじゃねーかw グレンラガンは2007年作なんで明らかに確信犯だな。

エリィ「絶景ね…」確かに想像を絶する景色なことは確かだがw Evoで解像度が高まった筈だがこんな見落としもあるんだなぁ。パッチとかで対応出来なかったんだろうか。

zero_k_evo(15).jpg

久々にレンと再会。レンは見た目は可愛い幼女だけど謎めいた雰囲気があって妖艶。そんな娘だからこその西原久美子さんの声なんだろう。でもやっぱりSCの頃から思ってたが違うような気がするだよねぇ。青二縛りだった頃の弊害だったのかもしれない。

zero_k_evo(16).jpg

マインツ山道でのトンネル内にある宝箱魔獣戦、即死攻撃でティオとランディが戦闘不能になったときは焦ったけど直前にランディでSクラフトのクリムゾンゲイル撃って敵を炎症させていたのが不幸中の幸いだったな。ここら辺は混乱の状態異常起こす敵もいるから必ず気絶先制エンカウントしていかないとしんどい。おまけに道中の距離が長いし建物とかの影になって敵が見えづらくうっかりミスってエンカウントしたりと疲れてくる。

一旦クロスベルに戻ってメゾン・イメルダの魔獣退治。ロイドとランディとヴァルドのみでの戦いだが最初こそ立て直しに手間取ったもののクロノダウンとパワースマッシュで一方的にボコ殴り。

zero_k_evo(17).jpg

鉱山町マインツに入って町長に会う展開だが鉱員マルロって奴の声で脱力するんだがw ちゃんとした本職の声優さんとの会話だと酷さが際立ってしまうな。別に誰それを使うなとは言わないがプレイへの没入を阻害されてしまうのは頂けない。その後のルバーチェのマフィア共や町長の爺さんは問題なかったが町長のアンナ夫人がこれまた頭を抱えざるを得ない…。正直こういった声だけでEvo版の評価下げちゃってるのは非常に勿体無いな。

1章のトリのドーベンカイザー戦。ランディのクラッシュボムで一網打尽に暗闇が効くのはいいけどあんまり効いてなく普通にAT DELEY攻撃喰らってしまう。お陰で思ったよりジリ貧な戦いを強いられてしまった。でもAT DELEYされまくった割にはそこまでひどく遅延しなかったのはこちらのSPDが高かったからか。どうでもいいけどティオが攻撃される時の声というか喘いでるような声がエロい。

そしてルバーチェのマフィアとドーベンカイザーを入れた最終戦。ランディは起死回生の案があったみたいだが何だったかな。ここでのバトルもやっぱり暗闇効かせてもタコ殴りに合うんだがw Lv19で戦ってるけどそれ以下だったら耐えられずキツかっただろうな。最後はこちらが逆にタコ殴りして勝利。TEAMRUSHの機会があったのもラッキーだったな。

zero_k_evo(18).jpg

英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)
角川ゲームス (2012-10-18)
売り上げランキング: 2,351

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks