零の軌跡Evoのプレイ記事も今回でお終い。8月頭からスタートして1ヶ月程度でクリアしたんだから我ながらハイペースだったな。ま、2度目プレイということもあって攻略Wiki見ながらなんだからそりゃサクサク進むわけで。ただ攻略見ながらに慣れてしまったから碧の軌跡Evoのプレイが結構自信なくなってきてるw

zero_k_evo(85).jpg




ウルスラ病院にて銀との共闘展開だがでもメンバーには入れないw 確かPSP版で使ってたし今回はメイン4人のみでいこう。それにしてもティオがいつの間にかやたら攻撃力高くなっててビビる。通常攻撃はATS依存だったように思うがここらの3属性が働いてる敵相手だと特に強いんだろうか。

秘書だったアーネスト戦。こいつとの戦いを思いっきり忘れててろくに準備せず臨んだけどSクラフト、コンビクラフト、アーツではシャドーアポクリフを撃ちまくって戦闘不能者も出さず勝利。それはいいとしてロイドの空振りの多さには萎えた。クオーツの命中3装備させてるんだけどなぁ。

zero_k_evo(71).jpg

その後は長いイベント。この展開はドラマチックでしびれるね。正直ボイスの再生が終わるのもまどろっこしくてどんどんボタン押して先々の会話を見ていってしまう。

zero_k_evo(67).jpgzero_k_evo(68).jpgzero_k_evo(69).jpg

IBCでの絆イベントはPSP版と同様にエリィ。やはりエリィ選んで正解。フルボイスで遠藤さんの声で堪能出来るなんてほんと幸せだ。と言うかこの展開だとティオ選んだら結構事案になってしまうのではw ランディ選んだらさらにまずいことに…。まぁ勿論そんな会話にはならないんだろうけど。あとで全体エリィとの絆選んだトロフィー取得率見たら32.3%とあって結構バラけてたな。

▽さっきの続きはいつ…。
zero_k_evo(70).jpg

ゼムリアストーン使った最強武器は面白味がないがロイドのオールラウンダーにした。ティオのATS強化武器と迷ったがティオにはオートクチュールTもあるから今回はいいかなと。魔導杖の新機能開発もこの段階でこなしておいた。ロイドにはパワードスーツで最後までいってもらいランディにはブラックスーツでラスダンの防具まで我慢して貰おう。

IBCの防衛戦、思いのほか操られてる隊員が強くてランディとロイドを戦闘不能にさせてしまったりエリィを凍結させたり石化させたり結構酷い戦いぶり。アーツでの攻撃は殆どデス・スパイラル、シャドーアポクリフぐらい。前もって対策としてアクセ付けたりクオーツ組み替えたりしておけばなぁ。どうもいつも準備不足。

zero_k_evo(66).jpg

攻略Wiki見ながらなので予定通り?捜査官ランクは1st達成。この後のGet Over The Barrier!のオケVerが流れる中でのカーチェイスシーンが熱い!やはり中年オヤジが活躍すると格好いいよなぁ。あとここは3Dグラフィックもクオリティ高いし演出も力入ってて見応えあった。ただアレンジ版のGet Over The Barrier!はいたずらに壮大にやり過ぎていまひとつか。

zero_k_evo(72).jpgzero_k_evo(73).jpg

そしてシーンはゲーム序盤に戻る。エステルとヨシュア組も合流するがもうこのまま支援課の4人だけで行こう。ラスダン音楽は零の軌跡中で一番好きな曲のうちのひとつなんだがここでもEvo版のアレンジはいまひとつ。というか戦闘が終わる度に曲が頭に戻るのは何とかならなかったのか。イントロのエレキ聴きすぎて飽きてしまう。こうゆう演出にしてるのかそれともミスなのか。

zero_k_evo(74).jpg

第1層のボス、毒の状態異常付き攻撃が痛いし回復も厄介だがディオのラストディザスターが効果てきめん。直線上でしか撃てないネックがあるけど敵は殆ど動いてこないから戦いやすかったな。あとはロイド・ランディのバーニングレイジで勝利。第2層のボス戦はダークマターを撃ったあとバーニングレイジで6000近いダメージ与えて速攻でカタが付いた。

宝箱魔獣とかはロイド・エリィのスターブラストIIを一度撃てば一掃出来てしまうから楽ちん。CP100は数回戦闘すればすぐ貯まってくれるしね。

逝っちゃってるアーネスト戦。こうゆう悪魔に魂売り渡した悪役キャラって毎回天使の詩2のマリウスを思い出す。開幕スターブラストIIを喰らわせてもお供諸共ほとんど影響せず。ティオでラストディザスター撃とうとしたらお供に妨害。次にランディのSクラフト、デススコルピオンを放ってようやくお供のHPが半減してくれた。その間アーネストからバーニングフィンガーって技でティオが戦闘不能になる不手際。ただ敵から何度か攻撃喰らうからCPが溜まりやすいのが幸い。ティオのエーテルブラスターやロイド・ランディのバーニングレイジ放ってようやくお供を一掃。アーネストへはタイガーバーム放ったり地味にコツコツ通常攻撃したりしたが最後はアーツのラストディザスターで〆。途中アーネストのSクラフト喰らったりもしたが守りが硬めのロイドだったから普通に凌げたな。この戦いはしぶといというかお供の敵が厄介だった。

zero_k_evo(75).jpg

グノーシスで操られまいと必死なガルシア戦。PSP版で最後になって気付いたAT DELEYが効くという致命的な弱点を全面的に利用させてもらいほぼ一方的な戦いに終始したな。ランディのパワースマッシュもだしツァイト召喚でもたまたますぐにAT DELEY攻撃が出てくれたしヨシュアのサポートでもAT DELEY攻撃になってくれた運のよさもあった。

zero_k_evo(76).jpg

そしてラスボス戦。今のレベルは全員45。その前に44だったんだが念には念を入れてレベル上げして45にしておいた。碧の軌跡の引き継ぎ考えると45以上に上げておきたかったが面倒なんでいいや。

1戦目は小手調べ。最初にスターブラストII、デス・クリムゾン、アルドノア・ゼロでお供一掃。その後は普通に通常攻撃とアーツ攻撃で楽に勝利。

zero_k_evo(77).jpg

2戦目からがいよいよ本番。まず2体のお供をアーツや通常攻撃で倒してから四方に散ってSクラフト攻撃を回避させ後方のアーツ組はシャドーアポクリフをひたすら撃つ。大体3000近いダメージ与えてくれる。物理攻撃組はサイドから通常攻撃しつつ隙を見てコンビクラフトやSクラフト。最後はトドメを誰がさすが考えるほど余裕が出来てやはり主人公ロイドのタイガーバームで〆。さすがにレベル45だと少々攻撃喰らっても余裕だったな。

zero_k_evo(78).jpg

3戦目の敵はサンドバッグ。小手調べで全員通常攻撃させたあとスターブラストIIを撃って最後はこの件で因縁深いティオのエーテルバスターで〆。

zero_k_evo(79).jpg

そして最後は大団円。東亰ザナドゥもそうだったがファルコムゲームは(FC以外)めでたしめでたしで終わってくれるからプレイ後感が気持ちいい。PSP版では最後の絵ぐらいイラストでやってくれればと思ったがその後3Dに移行したとあってはこのドット絵も貴重だ。

zero_k_evo(82).jpg

エンディングはPSP版では黒バックオンリーで殺風景だったがEvoでは合間に数枚アニメイラストがあって嬉しい。絵の雰囲気が違うけどあとでクレジット見直したら社内スタッフじゃなくOPアニメスタッフが手掛けてたんだな。因みにOPのアニメ制作スタッフは絵コンテ・演出が井端義秀氏。「進撃!巨人中学校」の監督やられてた方みたいだ。キャラデザインはYuichi Yoshida(漢字は不明)氏。

zero_k_evo(80).jpgzero_k_evo(81).jpgzero_k_evo(83).jpg

PSP版ではプレイ時間が75時間ぐらいだったがEvoは61時間ぐらいだった。もっとサクッと終わらせれるかと思ったが実際始めたら熱中したりして結構寄り道したからね。

実績ポイントは1600。PSP版はノーヒントで1150ポイント、Evo版は攻略Wiki見て1600ポイントって怠慢だなぁw まぁ色々面倒くさいからってスルーしたのもあるから仕方なし。ポイントは少ないがさすがに2周目は面倒なんでやらないからいいかな。特典のムービーやビジュアル見れればそれで良し。ちなみにビジュアルはあんまり目ぼしいのはなかった。ゲーム中出てきたスチル絵ってあのぐらいだったか。ムービーはオープニングやエンディングとかもう一度見れて助かる。OP、EDともにスクショ撮ろうとしてうっかりスキップしてしまったからねw

zero_k_evo(84).jpg

というわけでじゃあ次は「碧の軌跡Evolution」やるかとなるわけだがまだ買ってないw 遅くとも年内までにはクリアしたいので早いとこ買っておきたい。ただそろそろフィリスのアトリエもあるし今はアーシャのアトリエにハマってるし少しプレイの腰が重い。おまけに碧の軌跡はPSP版やってなく全くの初見なので攻略Wikiに頼らず自力クリア目指すから零Evoの倍ぐらい時間掛かりそうだからなぁ。

英雄伝説 零の軌跡 Evolution (通常版)
角川ゲームス (2012-10-18)
売り上げランキング: 2,351

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks