よるのないくにも始めたしエスカ&ロジーも買ったままだしそろそろ碧の軌跡Evoもやり始めたいしでスピードアップしていこう。

フレッドのパン屋で久々にイベント。この世界でも「どれにしようかな、神様の言うとおり~」ってあるんだな。そういや東亰ザナドゥでもキーワードとして出てきたなぁ。そこへメリエッタが視察?やけにフレッドが彼女に反応してて商売敵として見てるのかと思ったらもしや一目惚れかw でもメリエッタはあまりフレッドに関心なさそうで片思いでしかならなさそう。

ayesha_148.jpg

ノートの納品タブで次に調合するアイテムの参考にしてるけど既に終わった依頼は不可視に出来るフィルターとかあれば閲覧性が増すんだが。スクロールさせて探すのが面倒くさい。

02年目04月01日~


保存の壺を調合して錬金術レベルは26。ようやく2年目に突入だ。

ウィルベルが大婆からの課題が出来ずテンションダウン。自由課題って確かに目標がないから逆にやりづらいってのは分かる。実際キースグリフからの課題も漠然としてて何納品すればいいか全く目処たってないからなぁ。ウィルベルはあんな調子だけどあれでもひとりで生活費稼いでるんだから大変だ。ちゃっかりアーシャにタダ飯奢って貰ってるみたいだがw ウィルベルはまた何か悪巧みしてるみたいで大婆様から大目玉を食らうのも時間の問題だろうなぁ。

高台の広場へ行くと歌が流れてきた。これはアトリエシリーズ恒例の挿入歌だな。何がトリガーだったんだろ。単に2年目突入だろうか。

ayesha_149.jpg

久々にリンカとマリオンにメンバーチェンジ。日記ボーナスでレベル差開かないようになってるから即戦力。ただリンカ用武器がデフォルト以外まだ拾えてないんで次の冒険では拾えたらいいな。ウィルベルはいつの間にかフレンド値が96にまでなってた。このままいけばウィルベルエンド確定だな。いや今作はキャラエンドあるか分からんが。

ayesha_150.jpg

黒猫の散歩道へ行くとウィルベルが何やら買い取り商談中。魔法の道具を売ろうとしてるみたいだ。どうでも良さ気なガラクタでも秘宝というハクが付いてハリーのお眼鏡にかなえば100万コール…この話を聴いて悪賢いウィルベルが反応しないわけがなかった。なんか優等生に絡むワルガキみたいな図式になってきたなw 折角マリオンとリンカとで久々にと思ったんだがウィルベルを再び誘わざるを得なくなったが仕方ない。もう秘宝見つけた気になってるウィルベルだけど果たしてその自信はどこからきてるんだ。目的地はグラス工房跡。そういやグラス工房跡の南に新しい採取地が開示されてたけどそこかな。

ayesha_151.jpg

と思ってたがグラス工房跡の炉心部に!マークがあったのでまずはそこへ。秘宝っぽいガラクタを探すことになったが既にコンテナにそんな感じの素材があったような気がするけどここは新たに見つけないといけないのか。第四階層にはこれ以上イベントはなく第三階層へ行くとなんと隠し部屋らしきものを発見。あたり一面真っ暗なせいで怖がるウィルベルが可愛くてアーシャと密着しちゃっててこれはいいぞ~。で、お目当てのガラクタは思いっきりガラクタにしか見えない。オチがついたところでちゃんちゃんかなと思いきやフィルツベルクに戻ってメリエッタにどうやって持って帰るか相談することになった。ワールドマップに出たらさっきのとこは宝物庫ってまんまな名前だな。この感じだと大して重要なガラクタではなさそう。

ayesha_152.jpg

南にまだ訪れてない「壮大なる岩山」ってのが!マークになってるから行ってみる。こっちがウィルベルと一緒に行くとこかと思ってたんだよね。進むとアーシャとリンカとでお弁当タイム。弁当も錬金術…ではなくガチのお弁当。おまけによくある出来損ないの弁当というわけはなく美味しいみたいだ。ポンコツなのは方向オンチなだけだったようだ。そこでリンカからのお願い。マリオンから食材処理を出来るようになれと言われた、つまりマリオンは料理はからきし駄目というわけかw いつか女子力逆転しちゃいそう。これが新たな目標。料理カテゴリなアイテムを納品するとかじゃなくとにかく一緒に色々なところへ冒険するだけで進展するみたいだな。それなら暫くはリンカはパーティから外せないな。

さて壮大なる岩山の探索。いきなりスチールスキン以外未見の「シブの実ムササビ」や「蜃気楼のエレメント」とか出てきてビビったが大怪我はせず。ただ倒すのに時間掛かるし結構ダメージも喰らうから気は抜けないな。ここは敵が2グループしか居らず楽な踏破だった。そしてこの後開示されたのは南にある「最果ての森」と西にある「泉水の森」。最果ての森方面だと隧道跡に繋がってくれるけど泉水の森方面は現状行き止まりだけど踏破したらまた新たなルートが開けそうだ。取り敢えずさっきのウィルベルのイベントを進めたいからフィルツベルクに戻るコースというわけで南の最果ての森へ。

で、これが大失敗。入って早々に強そうな未見の敵とエンカウント。出てきたのはポーターとオフィサーとピコスラグ。ポーター以前の討伐依頼で戦った記憶があるが他は全く分からない。戦ってみるとダメージ10~20は喰らうからキツい。さすがに通常攻撃のみだと厳しいからアイテムもスキルも惜しみなく使っていった。それでも全然倒れてくれずリンカとウィルベルで必殺技を喰らわせてようやく。総力戦で何とか最初の敵は倒せたが次の敵で無理ゲーだと痛感。圧倒的なレベルの差を感じた。全滅覚悟したけど間一髪で逃走。まさかここまで強い敵揃いだったとはなぁ。

02年目04月19日~


ウィルベルはちゃっかりガラクタの一部持ち帰ってたらしい。それをメリエッタに見せるがゴミでしかないというw どうやらあのガラクタも普通にガラクタっぽいな。まだ続くイベントかと思ったらこれでお終い。まさに骨折り損のくたびれ儲けだった。

フレッドのパン屋へ行くとフレッドが予想通りの状態に。メリエッタの為に新作パンを作ろうにも気持ちが邪魔してスランプに陥ってるってわけか。フレッドの恋路に気付かない鈍いアーシャが二人の関係をとりもつ事になったが面倒だなw そんなアーシャだからメリエッタに直球な質問に笑った。不器用かw メリエッタの前ではフレッドは無口で怖い感じの店主らしい。これはますます芽がないのではw メリエッタの好みは昼ごはんの代わりになるようなガッツリしたパン。いわば惣菜パンか。早速それをフレッドに伝えるとパイの領域でもあるという。パンとパイの違いのレクチャーとか思わず為になってきたぞw そういやアトリエシリーズ名物のパイは今作では作れないんだろうか。色々行き違いした今回の展開だったがフレッドからお礼として500コール頂けてしまった。

バザー開催中なのでバザール通りへ。あのラナンがバグパイプで古代の時代へ誘っていたが行き倒れた際にレジナに世話になってたらしいw そういやレジナはすっかりご無沙汰してるなぁ。このパターンはトトリのアトリエのメルヴィアか…。

砥石とか染料は鑑定後でも使ってスタータスの重ね掛けが出来る。今現在一番性能が高い金糸のシャツに新たに調合した魔法の染料使って大分いい感じに強化出来た。今作の装備品って調合でインゴットとか作るのではなく砥石や染料を装備品に使うかたちで強化していく方向なんだろうな。これはこれで今までにない新しいやり口で面白い。

02年目04月24日~


目標クリアの為に再びホルンハイム目指して南下。その前に森の街道でラナンの笛が聴こえてきた。空にはやはり採取地でもあるのだろうか。次に風の香る草原でアーシャのお料理教室。肉料理ならリンカは得意そうだなと思ったら手先も不器用だった。どうにか焼くとこまでこぎつけたけど先が思いやられそうだ。

次にナナカとも会ったがいつもいるユーリスがいない。ナナカのユーリスのものまねが可愛い。兄は山、妹は平原での活動だが今年は牛が多いからユーリスが付き合って手伝ってるらしい。心配なんだろうな。多分シスコンっぽいw というかここの遠方の霧が掛かったようなグラフィックの表現いいな。

ayesha_155.jpg

02年目05月01日~


目当てのホムンクルスの街へ。メリエッタからホムンクルスが好きなものを聴いてみたがみんなてんでバラバラ。食べ物といっても色々あるからな。従来作ならパイかもしれないけど今作だとパンとか?でもキラキラはしてない。次に聴いたホムンクルスも要領を得ないが甘いキラキラあげたら喜んでくれた。これで彼らが求めてるキラキラの正体はキャンディーだと判明。でも果たしてほんとにキャンディーなのだろうか。気ままなホムンクルスのことだからまた何かひと悶着ありそう。

ayesha_156.jpg

ここまできたんだ、ホルンハイムにとって帰らずそのまま塩の砂漠とやらに行こう。気球に揺られて海を渡った先の大陸へ。普通にここはワールドマップ上の採取地なんだな。先々が不安だがまず砂の砂漠・灯へ。というかアーシャは徒歩で砂漠を歩いてるのかw 女の子には相当酷なのでは…。すると遺跡の影から声が?おおっ褐色キャラきたー。名前はターニャ。ふとももが眩しい。そこかw 商人もこんなところまで商売にし来る…多分アーニーとも先々で会いそう。ターニャはここの塩湖で塩を取る家業してるらしい。この世界で出まわってる塩はすべてここから生産されてるんだな。ターニャとはここでさよなら。多分ナナカと同じくワールドマップ上でイベントがあるキャラなんだろう。

ayesha_157.jpg

次に進んだ採取地は砂の砂漠・丘。場所的にここが終着点だろうか。もうここまで来たら行くっきゃない。途中で拾ったのは砂の砂漠のチラシ。まさに荒廃。

ayesha_158.jpg

次に開示されたのは砂の砂漠・山。ここから元来た道へ回り込めるルートになって当然もう行くっきゃない。で、入って早々に遠くに見える敵のヤバそうなシルエットと敵の多さに絶望。全部倒す自信がない…。ヤバそうな敵の正体は灼熱の小竜という奴。でもそこまでヤバい相手でもなくハウルビーストやスチールスキンと同様の強さだったかな。ちょっと見た目に怯んでしまってた。ま、20前後のダメージは痛すぎるが。長旅ですっかり回復アイテム不足だからなぁ。特にリンカがやたら狙われやすくて常にHPが低いからヒヤヒヤもの。でも何とか無事踏破。レベル35前後だが結構適正レベルだったのかもしれない。

02年目05月21日~


砂の砂漠の拠点に戻ったらターニャがアーシャと話したくてやってきた。この辺り一帯はターニャの家族だけしかおらずそれなら話したがりにもなるだろう。特にターニャみたいな元気いっぱいな娘には。ターニャが街に住んでみたい…これはパーティメンバーフラグかな。昔は荒野の代わりにあたり一面が大草原だったらしい。それがどうしてこんな荒れた土地に…。あ、”果たしてなく広がる大草原”というキーワードはノートにあったけどここだったか。でも今は大草原じゃないからどうだろうな。でもターニャは蕾の花という場所で何か知ってるらしい。迷わず行けるって言うけどアーシャは迷い癖がなかったかw で、新たに開示された場所は砂の砂漠・骨。なんだまだ行かないといけない採取地があったのか。ただ出現するモンスターに他ってあるのが怖いんだが…ボス的な強敵がいるんじゃないだろうか…。ただ迷っても仕方ないのでセーブという保険をかけて砂の砂漠・骨へトライ。行程二日間である程度回復してくれるのが幸い。

その場にいったらすぐ蕾の花があった。枯れずに100年もそのままの姿で。養分が貯まったら数日間だけ開花するという。つまり強制的に養分を上げれば花が咲く…もしかしてここで栄養剤の出番?そういやソフィーのアトリエでも似たようなイベントがあったな。あれはオスカーに渡すんだったか。ノート見たら予想通りそのものズバリ栄養剤の出番だった。こんなことなら栄養剤持ってくればよかったなぁ。ま~た無駄な日数消費になっちゃうよ、と試しにやってみたらあれ?カゴに栄養剤なくてもコンテナから引っ張ってくれるの?これはすごい助かる。必要なのは3個だけだし特性の指定もないから手っ取り早く終わった。これで大きな光り輝く花が咲いたけどデカすぎてちょっと怖いなw バックで挿入歌も流れてるけどこれはまだ未聴の歌かな。

そこへまさかのニオの声。思いのほか結構トボけた第一声だなw 思ってたよりずっとロリっぽい声だった。確かCVは伊瀬茉莉也ちゃんなんだっけ。でも姉妹の会話は続かずまたしても消滅。でもニオは苦しんでたりしてるわけでもなさそうだし少し安堵かな。結構ふわっとした感じだった。そしてゲットしたのは「食中花の花びら」。これであと2輪だな。懸念材料だった未知の敵は居らずハウルビーストや霧葉のエレメントとかばかりだから戦闘もどうにかなった。

ayesha_163.jpg

ターニャが塩を業者に卸しに行くという。行った先でアーニーに会いそうと思ったけど特にこれ以上展開はなく。これはターニャのお店屋さんキャラとしての行商イベントだったみたいだな。いずれ大陸の方でもターニャが出張してくることあるんだろうか。

02年目06月02日~


日記に塩の砂漠のニオの思い出を書いておいたが塩の砂漠はニオがいる場所からは遠い…それならやはりアルトゥール薬草園があったあの奥にってことなんじゃないか。ノートにも目標地点としてあるし。ただ以前一度行ってみたけど敵があまりに強すぎて歯が立たなかったんだよね。行くとしても当分後だ。この日記のボーナスとして嬉しいのは杖振りの強化。具体的にどう変わるのか分からないけど以前より何かしら良くなるのは確実だろう。

ayesha_164.jpg

未入手のレシピがあった記憶があるんで弐番館に6日間のロスになってしまうが寄る。オディーリアが退屈過ぎてアーシャの来訪を待ち侘びてたという。そんなオディーリアにキャンディーのプレゼント。懐かしい?遠い記憶があるのだろうか。というかどうやって機械が食べるんだと思ったが都合よく食事機能があるんかいw すごくむしゃぶりついてて可愛い。しかしこのオディーリアといいリンカといい喜怒哀楽が薄いキャラに今作は魅力があるな。自らは錬金術で作られた機械だから必要ないと言うけどキャンディー貰ってやぶさかではないみたいだ。

ayesha_165.jpg

不断の木陰林でナナカとユーリスに遭遇。姉妹だが妙にイチャイチャしてるように見えて妬いちゃうなw ユーリスは以前子牛の糞詰まりの件でお礼がしたいという。もちろんアーシャは断るがユーリスは頑な。正直金欠な財政状況としては100コールでも欲しいんだがw ってこれはまさかのユーリスのパーティメンバー展開だった。今作始まって以来の男キャラだ。もしかして男キャラのパーティメンバー入りは今作はないのかと思ったがさすがにそれはなかったか。しかしユーリスを誘うと言っても彼は猟師で放浪してるんだからいったいどこで誘えばいいのやら。ナナカに声掛けても特にそういったメニューは出ないしなぁ。まぁ男キャラはどうでもいいといえばどうでもいいんだけどね。

湧水の森で久々にアーシャの料理教室。リンカにいきなりシチューは難易度高そう。というか料理以前に食材のセンスが皆無なんだなw 料理は物量勝負…これは明らかに失敗フラグだw

ayesha_166.jpg

02年目06月20日~


フレッドのパン屋ではこのあいだの新作パンが焼き上がったらしい。鶏そぼろをパンの上にのせた惣菜パンってとこかな。これはすごい美味しそう。でも折角メリエッタが喜びそうなパンなのに押しが弱いからまた失敗しそうだなぁw 実際にさっきのパンは店頭に並んで売ってあってやはり名前はそぼろパン。ひとつ買っておこう。実際にありそうだよね。

ayesha_167.jpg

黒猫の散歩道に新商品が並んだだと?「世界の秘宝から」著者ハリー・オルソン…いらないw もちろん人がいいアーシャはいやな顔せず受け取るし実際はレシピ本だからありがたく頂く。あと何やら発送トラブルが起こってて荷が行方不明らしい。ここんとこ配達トラブルが多い…これはクエストになりそうだなぁ…と思ったら案の定。取り敢えず業者に状況伺ってくることになった、というか押し付けられた。急いでないみたいだから後々ホルンハイム方面に行くついででいいな。

ウィルベルがひもじそうにパン屋のウィンドウ眺めてる。ウィルベルはあんな性格だし邪神の像を衝動買いしてしまうぐらい浪費癖もあってほんとにひとりで暮らしていけてるのか心配になる。フレッドからお恵みがあったところでイベントスチル&トロフィー。これはフレッドの方なのかウィルベルの方のキャライベントなのか。何故か巻き添え喰らって子供扱いなマリオンが可愛い。

▽餌付けってトロフィー名ひどくないかw
ayesha_169.jpg

久々にリーゼンガング方面に行こう。その前にまたまたリンカとアーシャのお料理教室。今回は卵の包み料理だが出来上がったのは炭の炒り玉子…、ま、まぁ簡単なものほど奥が深いというしね…。これはもう諦めた方がいいのでは…。リンカはここまでで料理とは何たるか分かったって、絶対誤解してるだろw あとは実践あるのみ…マリオン逃げてー。これで一連のリンカとの料理教室はお終い。いいのかこんなので。

02年目06月30日~


リーゼンガング付近にある涸れ谷に目当ての「雨を待つ花」があるみたいなので試しに行ってみよう。ただどうやら雨季にならないと花は出てこないらしい。以前採取地として入ったときにここでウィルベルが水が枯れてるって言っててもしかして水源再生イベントでもあるのかなと思ったらこれに繋がるんだろうか。錬金術で何か分かるかもしれないとのことで結局戻ることになった。ノートに調合の勉強が進んでいれば…とあったからもしかして錬金術レベルがその域に達してなかったからなんだろうかな。

フィルツベルクに戻り例の花について調べたらどうやら雨を降らせる錬金術の道具があるらしい。これが「雨雲の石」。目標レベルは30だから丁度作れるな。他に足りない材料もなかったのでサクッと調合。特にイベントはなくそのまま涸れ谷へもう一度行けばいいみたいだ。ただすぐ行くのも何か無駄な気がするので少し道草を食ってからにしよう。丁度バザール期間が間近だしね。

フレッドがまた新作パン作ってた。今度はネコちゃんパンという体格とは裏腹な可愛いネーミングw ジャムとクリームが入ってるみたいで実際ヤマザキパンとかでもそうゆうのあるな。昔から手先が起用で裁縫とかもやってた…つまりフレッドはハゲル枠ってことかw そこへメリエッタが出てくれば狼狽しないわけがない。アーシャはまだフレッドの恋心に気付かないとはこれもいわゆる鈍感主人公属性かな。正直もどかしいからあまり好きではないが。

色々調合して錬金術レベルは32になりようやくノートにずっと居座ってた「錬金術の課題」クリア。次に出てきたのは「錬金術の真理」でこれまた長い道のり。さて今は10日なのでバザール開催中。早速行くとここでまさかオディーリアと出会うとは。古書の収集の為にフィルツベルクに来てたらしい。アーシャは仕事があるだろうからと遠慮したけどオディーリアの方からアーシャを誘うだなんて意外。お茶も甘いものも既にお腹いっぱいとは弐番館で出会った頃とは結構性格が変わったんじゃないか。普段からそうなのかもだが。しかし「じゃあ後はもう帰るだけですね」って言うアーシャはもっと他になにかあるだろw オディーリアは900年ぶりに訪れたフィルツベルクで迷ってるらしい。機械だとインプットされた情報以外があると融通が利かなくなるんだろうかな。橋まで見送ったけどもっと一緒にいたかったな。デート的なイベントスチルがあるかと期待したんだが。

大橋でユーリスも出店してた。というかユーリスは今までもここにいたのかな。男はどうでもいいと思ってたがユーリスは興味出てきたのでリンカとバトンタッチ。ユーリスの店もウィルベル同様に売れ行きが乏しいのか。こっちは品揃えというより接客の問題だろうけど。買う度に家族のこと言ってくるからかわいそうになってついついたくさん買ってしまうというw

五分咲き野原でナナカに会ったがあの便詰まりのポロが今度は行方不明になったという。やれやれこれは探すクエストになりそうと思ったら案の定。名前読んだら逃げるって面倒な奴だ。実際に採取地で探すのかと思ったがワールドマップ上でのイベント処理。ホルンハイムからフィルツベルクへ向かう途中で行方知れずになったと言うがそれなのになんで別のルートの五分咲き野原で探してんだという疑問はともかくあとでホルンハイム方面へ向かう時に探そう。それらしき!マークがいくつかあるしね。

▽みっしり咲き誇る花々が綺麗。
ayesha_174.jpg

02年目07月15日~


リーゼンガングの村に到着。民家にいるバゲット、無意味に毎回貰ってるけどこれ継続していったら何かに発展するかな。ソフィーのアトリエもピアノ弾くの続けてたらイベントがあったしこれも何かあるかも…いやないかな。付近の女の子が何かありそうでなさそう。

涸れ谷で雨雲の石使ったらほんとに雨が降った。結構凄いどころじゃない天変地異だけどアーシャのリアクションはさも当然かのようであの世界の錬金術士に掛かると結構普通なのか。そして再びニオ登場。以前目をこする動作してて泣いてるのかと思ってたが実は眠いのかな?あったかくてふわふわで気持ちがいい…これは雪山の遭難みたいにこのまま眠らせたらあかんやつなのでは。そしてやはりニオはまた消えてしまった。次に見つけた花で今度こそ進展してくれればいいが。ここでゲットしたのは「水連の花びら」。これで残す目標の花は「陽を避けて咲く花」だけになった。

ayesha_175.jpg

涸れ谷は水で満たされて採取する素材の質も上がったり別の素材も採れるようになったかなと思ったけど特に変化なしかな。初陣となったユーリスだがここら辺りは雑魚ばかりでちからの程は分からず。ただ戦闘後のポーズの仏頂面なキャラとは真逆な満面の笑みが眩しいw

フィルツベルクへ帰還。高台の広場でマリオンが食生活が乱れてしんどいという。あのリンカの料理ではまぁそうなるだろうなという予想の付いたオチだな。でも肉を焼くのとシチューは上手く出来てるのか。かなり大量らしいが。そんなリンカでも行く末を心配してあげるマリオンはいい人だな。アーシャは責任感じてもっと上手に教えてあげてれば…と言うけどこれはもしかしてまた料理教室再開になるんだろうか。

湧水の森でポロ発見!と思ったら違った。パナが何故か野生の牛に対抗意識燃やしてた。段々パナやこの世界の少し変わった牛さんたちにも愛着湧いてきた。次は不断の木陰林でポロ発見だが名前読んだら逃げるってのに「待ってポロちゃん!」って天然ボケすぎるw

次はエステン湿原で見つけた思ったらポロの様子がおかしい。するとそこに光る花々が現れ遂にはニオまで出てきた。まさかポロのイベントがニオに繋がってくるとは思わなかった。自分がいる場所に戻りたいけどどこにあるのか分からない…。アーシャのアトリエにも帰れないという…。眠たくて夢の中にいるような感覚。そうして、えぇ…ポロ共々消えてしまった…。ナナカにどんな顔して会えばいいんだ。そうしてゲットしたのが「湿原の花びら」。あれ?3つ目の花もう見つけちゃった?と思ったがノートを見るとそれとは違った。でも大きな湖の湖畔にあるというからここのエステン湿原がそれに該当しそうだが。

立て続けに起こった次のイベントは空飛ぶ竜。やはり今作でも竜が強敵戦の相手となるんだろうか。アーシャは竜の背中に乗って旅をしたいという夢があったが現実の竜にはさすがにたじろいだがもしかして後々のフラグかな。そしてユーリスがこのイベントに絡むってことはあの竜が因縁の相手。それが竜狩りの家系の宿命らしい。アトリエシリーズの男キャラは何かしら宿命がある。

02年目08月03日~


弐番館へ寄る。手持ちの魔法の道具でもしかしてキースグリフのお眼鏡にかなうものがあるかもしれないから試してみたい。出迎えたオディーリアが妙に人間味あるキャラになっててキャラ変わってるような気がするんだが気のせいか。甘いものが欲しすぎて回路でもショートしたかなw ほんと生クリーム系のお菓子を所望する機械って一体w でも最初の頃より可愛らしさが益々出てきてまたパーティメンバーに入れたくなった。レジナほどではないが場所がフィルツベルクよりちょっと離れてるのがネック。

で、キースグリフに今何が渡せるか確認しようとしたら…しまった、操作ミスでうっかり入魂の砥石で○ボタン押してしまった…。砥石じゃ格好がつかない、せめて雨雲の石とかにさせてくれよw ――え?これで合格?なんだ、よくある試していただけってやつだったか。元からアトリエの作りといい調合センスといいアーシャには錬金術士としての資質があった。今回の課題はただの段取りでしかなかったんだな。でも師になるのはだが断る。アストリッドにはならないというわけだなw もう一度話し掛けたらパーティメンバーになる展開でもあるかと期待したが追い払われた。もし誘えるならいずれキースグリフ&ユーリスの男二人に守られるアーシャっていうパーティにしたい。

これでノートに残る大きな目標はアルトゥール薬草園の最深部探索と陽を避けて咲く花探しぐらいになったな。ようやく先が見えてきた。といってもまた新たな難題がたくさん振りかかるんだろうけど。

ユーリスはリンカと違って料理が上手くて女性への気配りも出来て狩りもお手のもので頼もしさもあり当然強い、これだけのスペックだとさぞモテモテだろうな。でもアーシャは寝てる時にそんなユーリスに寝言聞かれたみたいでこれは女性には恥ずかしい。言わなければいいのにそうゆうとこはデリカシーがなかった。

02年目08月21日~


フィルツベルクへ。キースグリフから貰った報酬の器の道具で花を調べていくうちに突然光り輝き優しい匂いが立ち込めてアーシャはいつの間にか眠りに落ち…ここでまさかのニオとアーシャのトロフィー&イベントスチル!…え?もしかして遂にニオが現実に現れた?いや逆にアーシャがニオのいる世界に入ってしまったというミイラ取りがミイラになる展開かと思ったがそうではなくどうやらアーシャとニオが新たな別の空間で実際に出会えたようだ。しかしこのイベントスチルの絵、二人共ネグリジェみたいなあられもない格好でエロい…ではなくいつの間にこんな格好になってるんだw

ayesha_180.jpg

そして「保護機構~重大な障害が発生…」という機械的な声とメッセージ…一体何者が干渉してるんだ?この感じからしてオディーリアみたいなオートマタだろう。ならオディーリア辺りが知ってるかもしれないな。一連のイベントのあとゲットしたのは「光花の精油」。多分この精油が今後の鍵を握ってるのかもしれない。

メリエッタに荷物の件を報告。配送担当のおじさんは愛想がないが美人に弱いという。だから面倒事でもアーシャだからすぐ引き受けてくれたんだな。でもそれならメリエッタも十分美人なのでは?見る目がないなぁ。個人的に明らかに美人・可愛い女性が「え?私が?」的なリアクションされるとむず痒くなる。かといって即認めるのはそれはそれでイヤだが。それにしても日記に書く今回の思い出のタイトルが「色仕掛け」ってそんなつもりはないのにひどいw

例の「陽を避けて咲く花」は一体どこに咲いてるのかと考え込むアーシャ。昔と今とで自然が違うから地形も違う…そうゆう話が出るってことは自分が目星付けてるエステン湿原ってわけじゃないのか。そこへラナンが出てきたが彼は吟遊詩人というだけあって古代文字が読めるらしい。意外なキャラがメインストーリーに一役買ってくれそう。人は見掛けによらないってのは自分も思ったけどアーシャもそれを言うかw 昔大きな湖があったのはホルンハイム周辺…そういやホルンハイムに最初訪れた時のムービーで昔は港町だったけど地殻変動で断崖の街に様変わりしたとあったな。それならエステン湿原も付近だしやはりあの方面で正解だったのか。毎年11月11日の日蝕が起こる時に伝説的な花が見られるかもという。取り敢えずその日が近づいたらホルンハイムの街に居ればいいんだな。これで残る花も何とかなりそうだ。

アーシャの居場所が分かるようになったらしくニオが急に出現。キースグリフから貰ったあの不思議な器で生み出された光る花の精油のお陰なのか。匂いの灯台ってことなのかな。暗くて暖かくてふわっとしてる場所…一体どこだ。また今みたいに外に出るとすぐ眠くなるという。そしてまた消滅してしまった。相変わらず掴みどころのないニオの置かれた状況だが取り敢えず苦しい状況になってないことが救いかな。それだけで前向きに考えられる。

黒猫の散歩道へ行くとメリエッタが何やら幽霊話を持ちかけてきた。ソフィーのアトリエでもこんなシチュエーションあったな。またどこかのおっさんでもいるんだろうかw ってそれニオじゃないかw アーシャに会おうとして辺りを彷徨ってるんだろうか。本来なら怖かったり悲しい筈なのに滑稽で笑ってしまう。こうゆう緩い話が出せる余地が出てきたってことだな。

リーゼン軟膏作り直し。上位回復アイテムの特効クリーム作ったのに何で今さらと思われるだろうがあれ273コールと現状高すぎてたくさん買えない…。仕方ないので下位のアイテムで少しでも高性能な効果出せるように調合画面とにらめっこしてようやくそれなりに納得いくリーゼン軟膏が出来た。HP回復・中はバー見る限り多分最大。でもどの程度の回復量か分からんけど。それより潜在能力に色々付けられたのがおいしいかな。これを登録したら41コールと大分お求めやすい値段になって安堵。

するとまたまたニオ。もうニオがいるのが日常になってきたな。ニオが来るのは決まって夜。夜はニオが居る場所にほころびが出来るらしい。光る花がある時に現れるのもそんな感じ…あの人がそれに気を取られるから?つまりあの人がニオを捕まえてる?もしかしてそのあの人がラスボスに…。実は人間だったりするんだろうか。

ayesha_185.jpg
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks