今回で一応メインストーリーはクリア。フィリスのアトリエには間に合った!…いや延期してるけどw このあとはゲーム終了までキャライベントなどをプレイしていってエンディング見たあと二周目にいくかそれともエスカ&ロジーのアトリエに手をつけるかどうしようかな。

黒猫の散歩道へ行くと多分ニオのことで元気が以前に比べてなくなってるアーシャを気遣ってくれたメリエッタの優しさ。ここでもひとりじゃない。あのハリーでさえも気遣ってくれて何をくれるかと思えばハリー秘蔵のコレクション…余計頭痛の種が増えそうだw

ayesha_217a.jpg

調合しつつニオを待つがキースグリフがアーシャのことが心配で居ても立ってもいられないみたいだw

変異ってのがノートにリーゼンガングとエステン湿原とグラス工房で3ヶ所で起こってる。これっていわゆる討伐系依頼なんだろうな。行ってもいいけどやはり今は調合しつつニオの登場を待ったほうが良さ気だろうな。

02年目02月11日~

遂にニオと異空間で再会。例のスラグ発信機も渡せた。このシーンは幻想的だけど背景が真っ暗で怖さもある。こんなところから早くニオを助けだしてあげたい。しかし発信機というこんな妙ちくりんなもの渡されても困惑せずお姉ちゃんが作ってくれたんだからと喜ぶニオはいい娘だな。アーシャはシスコンみたいでそりゃこんな可愛い娘ならそうなるか。そこへまたしても現れるキースグリフ。もしかしてアーシャをベッドに寝かせてくれたんだろうかw 発信機は無事作動してるみたいで北東を指してる。きっとアーシャのアトリエかアルトゥール薬草園か。当然アレもニオの側で待ち構えてる。キースグリフから準備は余念なくしておけと言われたってことはこの前のフォートレスみたいな強敵戦があるというわけだ。そこへ出向く前に暫くは準備だな。キースグリフが必要なら力を貸そうと言ってくれてこの前の弐番館じゃなくこの段階でパーティメンバー入りした方が自然な流れなような。

ayesha_219.jpg

ワールドマップに出たらアトリエでも薬草園でもなくグラス工房のすぐ東のイグドラシルという新たな場所が目的地だった。以前泉水の森の立地が不自然と書いたけどこうゆうことだったんだな。まだ行くのは後回しにして気になってたスタインフェーダーを見ようというわけで南下。その前にエステン湿原の変異討伐をこなしておこう。相手は戦熊という奴みたいだが…ってえぇ…この前のフォートレス並に強くて涙目。必殺技計四回も繰り出してようやく倒れてくれて思いがけず総力戦になってしまった。キースグリフのカウンターバリアのミラージュトリックがなかったら全滅してたかもなぁ。あと必殺技のエンシェントワン。ハロス村にてトラウマな必殺技だが味方になると心強い。最後はこのエンシェントワンが決め手となった。しかしこの段階の変異ボスがこの強さとなるとおいそれと討伐には向かえないしイグドラシルに行くのも億劫になる。

この後まさかのエステン湿原からリーゼンガングへの直通街道が開示された。これはかなり日程短縮出来るからありがたい。ただ新たな採取地としてリーゼンガング遺跡・下層も開示されてかなりお強そうな敵もいそうなんで後回しにしておこう。取り敢えずリーゼンガングの村に金稼ぎに行くけど途中でチラシゲット。トワイライト新聞だがこのWANTEDってチラシは何を意味してるんだろうか。シルエットからは誰か分からずもしかしてアレなんだろうか。

ayesha_222.jpg

02年目02月26日~

ようやく気になってたスタインフェーダーへ。やすらぎの島ではアーランドシリーズでもあった牛さんの乳搾りが出来た。まぁうしミルクは今更な材料だし品質も大したことはないから必要性はないけど。というかこんなところにどうやって連れて来てるのかそれともここで飼ってるのかすごい不思議だ。

ayesha_223.jpg

はじまりの島で拾ったチラシもトワイライト新聞。タイトルは「Landmass and inland sea which were cracked」…つまり以前ホルンハイムで聞いたこの地で発生した天変地異のことだろう。これでアルバムのチラシ上級者達成。七頁目の全解放報酬は戦闘演出早送り。でも特に早送りしたくなるような遅さじゃないし必殺技演出も堪能したいから別にいいかな。

ayesha_224.jpg

採取の最中キースグリフはよく喋るなぁw 次に開示したのは雲海の島。ここはオフィサーが出るから気合入れてと臨んだけどやはりここでも大したことはなく。あれからアーシャもレベルアップして大分強くなった。あと装備品で毎ターン10前後回復再生してくれるのも心強い。次に開示されたルートでようやくスタインフェーダーへ行けるようになるけどひとつ引き返さないといけないしまた未踏の採取地が出てきた。お次は朽ちた遺跡島へと思ったが塩の砂漠・丘でターニャに!マークが付いてるので先にそちらへ。

02年目03月09日~

ターニャがアーシャの可愛さにメロメロってことかな。ターニャも十分可愛いと思うんだが。というかアーシャで地味って言うんなら他の街の女性はどうなるんだって話だ。下もおしゃれで綺麗…見えないところもおしゃれ…なんかバサッっていう変なSEが入ったなと思ったらもしかしてターニャがアーシャのスカートめくったのかw 折角ならそこにイベントスチル&トロフィー設定してくれてもいいのにw でもあの服装だとあのダボッとした白いズボンみたいなやつなのかな。それなら特にエロくもないので見れなくてもいいか。

02年目03月14日~

スタインフェーダー目指してまずは朽ちた遺跡島へ。ここはポーターやトラッカーとかだがポーターはまだ30前後ダメージ喰らってしまう時もあるから要注意だがその他は問題なく。珍しく宝箱があって水の歴史というレシピをゲット。欲しかった永遠の純水のレシピがあってありがたい。散々待たせてる納品先があるんだよねw そしてお待ちかねのスタインフェーダー。例のイントロダクションなムービーが流れるかなと思ったら来なかった。外観からしてこれはぶっちゃけラピュタかなっていう。雑魚を片付けたあと奥へ入るとキースグリフからスラグとは?という問い。スラグとは錬金術により人の為に作られたもの。中には命を殺めるために作られたスラグも存在した。ここでイベントスチル&トロフィー。そしてそいつはここで今目覚めた…。これはやはりボス戦パターンじゃないか。こうなったら正面から叩き潰すしかない。相手は「機械仕掛けの空竜」。ものすっごい強そうでこれは初見で勝てる気がしない…。

――以前のフォートレスよりは楽だった。というか思ったより敵の攻撃力が低いのかどの攻撃も致命傷にならない。最初に攻撃喰らった時点であれ?となってこれはいける手応えがあった。でもこちらはろくな攻撃アイテムがなくてアーシャは途中から回復の手が空いたから通常攻撃するしかない始末だったけどそんな準備不足な状態でよく勝てたものだ。必殺技は三回繰り出して勝てたが多分キースグリフの攻撃力のお陰だろうな。パーティ戦力的にフォートレス戦よりは格段に上。これでトロフィー「空を統べる者」ゲット。陸を制し空も制しあとは海かな。でも海ってこの世界ないよね。でも沼とかはあるから水を統べる者とかがいそうか。

ayesha_229.jpg

キースグリフも実際見掛け倒しで大したことないって言ってるし実は元々フォートレスより弱いのか。で、この機械仕掛けの空竜、人間の悪い心がこうした悪魔みたいなスラグを生み出しニオもそうした悪魔に捕まってしまった…つまり結局は人間のせいでってことなのか。それでもアーシャはそれがほんとに悪意なのか疑問。ほんとは悪意以外の理由でニオを囚えてるのではという。この流れからして多分アーシャの言うことが正解なんだろうな。アトリエ世界には純粋な悪はいない。何かしらの理由があるんだろう。

更に奥へ入ることになるが周りにずらりと配置してあるポーターやオフィサーが嫌過ぎる。こいつら全部倒すのにものすっごい面倒くさかったがどうにか。もしかして通り道の二体だけ倒せばよかったかなw ま、その分経験値や材料ゲット出来たと思えばいいか。

そして入った先は黄昏の工房。こうゆうのソフィーのアトリエの封印された寺院でもあったような。物珍しい設備に子供のような反応示すキースグリフがちょっとかわいい。2つの揺り籠という過去の建造物に関する手掛かりや黄昏の因果律というレシピをゲット。昔の文献に詳しいのはオディーリアというわけで弐番館に会いに行くことになった。いやいやわざわざ弐番館に行かなくても今パーティメンバーにいるんだからその場で聞けよw

03年目04月01日~

弐番館へ寄ってオディーリアに二つの揺り籠について問う。でもそれは第一級秘匿情報だからと教えてくれないし挙句の果てに強制閉館されてしまった。キースグリフさえ知らない情報を知ってるオディーリアが実は最後の書物だったという。オディーリアは下層に行ったというわけで一気に第七書庫へ飛んでみよう。多分以前スラグが通せんぼしてたとこがあやしい。やはりそこにはもうスラグが通せんぼしてなくそのまま進んでいくと第八書庫へ進みそして第九書庫へ行くとオディーリアに追いついた。まだ頑なに二つの揺り籠については何も言ってくれず。マスターから最後に受けた命令で固く閉ざされてしまってるのか。千年近く昔の命令で…じゃあマスターが実はキースグリフという線はないのか。それならキースグリフがオディーリアの新しいマスターになれば話は簡単だ。オディーリアもキースグリフみたいな知識が豊富な人なら自分のマスターに相応しいとあっさり認めてくれた。というかその判断基準は一体どうなってるんだろうかw

二つの揺り籠とは不測の事態に対処する為の保護機構。ひとつが知識を司るこの弐番館。オディーリアはこの揺り籠の守護者だったのか。その割には頼りないがw もうひとつは破壊から生命を守り次の時代へつなぐ目的の壱番館。そこの守護者がイグドラシルという。以前グラス工房付近で新たに開示された場所そのものだな。イグドラシルもオディーリア同様にこれまでの様々な危機から救おうとする存在。そいつがニオを連れ去ることは生命の種の保存が目的となってる。確かに女性であるニオを連れ去るのは理にかなってはいるが…。その後のキースグリフのセリフからして悪意でニオを捕まえてないのは確実みたいだな。果たしてアーシャは正義と戦えるかどうか。

フィルツベルクへ戻るが道中でやたらキースグリフが狼狽してる。すぐ分かったがタバコを切らしたってだけだった。ヘビースモーカーにとっては死活問題だろうな。口寂しいならじゃあ代わりにキャンディーでもしゃぶってればと言うがそんな可愛いキースグリフも見てみたいがw さらに立て続けににキースグリフとのイベント。いつの間にか薬系だけでなく攻撃系の激しい錬金術までするようになったアーシャは大したものだと褒められた。珍しくというか以前からちょくちょくデレというかたちで間接的に褒めてたな。いずれアーシャも大錬金術士となるだろうけどそれでもニオとともに薬師でありたいってのはアーシャらしい。

03年目04月03日~

フィルツベルクへ戻ったら久々にアーニーから相談事。ここからずっと西の方にいる頑張り屋さんな女の子がいる…あ、もしやターニャとの恋愛相談か?ではなく彼女が夢に向かってお金を貯めてるんだがそれが中々叶わない。だからそれを手伝ってあげたいという。話を聴くとやはり相手はターニャだった。彼女の夢って確かフィルツベルクみたいな都会に出てくることだったかな。つまり旅費ってことか。品評会に出ればがっぽり稼げるんじゃないかなw

今回書いた日記はかつてこの世界で色々あった錬金術の歴史。みんな平和に錬金術使えてたらこんな事も書かなくてもよかったかもなのにね。

オディーリアがアトリエにやってきた。あ、なるほど大分昔に貸してもらってた本の回収にきたのか。てっきりイベント上のことかと思ってたがちゃんと話としても回収するんだなw アーシャはまだ読み返したいと言いそれなら延長も出来るという。一年からさらに延長ってもう実質的に貰ってるようなものだが。ま、図書館でくすぶっているより読みたい人に読まれた方が本にとっても幸せってことだ。

03年目05月03日~

弐番館でまだ!マークがあったので行ってみたらなんとオディーリアが歯痛で苦しんでた。オートマタがなんで苦しむんだって話だw あまりに高度に作りすぎて歯痛までも感じるようになったとか面倒なだけだろうw そういやオディーリアには今まで散々甘いものあげてたしきっと歯磨きしてなかったんだろうな。これが甘いもの禁止期間というイベントで多分オディーリアのキャライベントはこれで完結かな。これがオチでいいんかいって感じだがw

塩の砂漠でターニャにアーニーの件を伝えに…と思ったらなんとターニャからアーシャに温泉のお誘い?これは願ってもない嬉しい温泉回きたー。というか温泉はアトリエシリーズ恒例なんだろうかw そしてイベントスチル&トロフィー。これは絶景。いわゆるここはカスピ海みたいな塩湖らしく体が浮くらしい。アーシャが浮いてるとこのイベントスチルで見たかったがw トロフィー名が「あしながアーニー」ということはこれもアーニーの件と関連してて塩は料理以外にもこうゆう使い方もあると気付けたので金儲けの匂い。これはメルルのアトリエみたいな健康ランドに発展かなw

ayesha_234.jpg

というわけで森の街道にいたアーニーに薬用温泉の素のアイデアを進言。同じ温泉関連でもペーターとは大違いな実直ぶりで感心感心と思ったらアーニーよおまえもかw いや別に下心じゃなくあくまでも下見なんだろうけど本心はターニャとあわよくば…とか思ってないよねw ま、普段がマジメ過ぎるからたまには羽根を伸ばすのもいいかもね。

と思いきやフィルツベルクの黒猫の散歩道にもアーニーが先を越して来てた。旅路で色々怪我したみたいであとで薬塗るって言うがそこにメリエッタの色仕掛け。気があるというよりいたずら心だろうなw アーニーもそこは喜んで請けておけばいいのにw アーシャも窘めるとかせずまんざらでもない様子で仲いいなぁ。そこへメリエッタに恋い焦がれてるフレッドがこんなイチャイチャしてる光景見ちゃったらそりゃもう…。

色々調合していって装備やアイテムの戦力アップしてるけどどの程度強めればイグドラシルにいるアレに通用するのか試したくなってきたので切り上げて出発。メンバーはニオ救出にアーシャ以外では一番絡んでるし強さ的にも一番頼りになるキースグリフ。あとオディーリアといきたいとこだが一連の強敵戦でずっと使い続けてて新鮮味がないのでここはウィルベルにしてみた。彼女もフォートレス戦で頼り甲斐あるとこみせてたしね。そしたらキースグリフとのイベント。そういやキースグリフはウィルベルと会話するイベントってなかったな。というかそもそも今作はアーランドシリーズでもあった出発前の仲間との挨拶イベントってなかったような。今になってようやくかと思ったがこれは別のイベントに繋がるみたいだ。感性で行動するウィルベルと理論派なキースグリフ、この二人は犬猿の仲だなw

03年目05月25日~

懸案のイグドラシルという場所へ。例のイントロなムービーが流れるかと思ったらそれはなくまずは普通に採取。重要な場所かと思ったがそうでもないのか。そしてイグドラシル・花の小径へ。なるほどここが以前ニオと出会った背景が真っ暗闇でちょっと怖い不思議な場所だったんだな。そして案の定、我は種を守っているというイグドラシルと思わる声の主。早速ボス戦かと思われたがやはり普通に採取と雑魚戦。新手の新緑のエレメントとか出てきたけど特にどうってことはなく。フィルツベルクで数日間費やして強化した武器は潜在能力の赤毛の力のお陰で威力満点だし回復量もハンパないからちょっとやそっとでは揺るぎない。

さらに奥へ進みイグドラシル・花の門へ。ここでも採取と戦闘を続けて進んでいくとデカい扉の前で遂にニオと物理的に再会。ニオはアーシャを気遣うがここまで来たんだ、扉の向こうの奴はぶちのめしちゃおう。

ayesha_239.jpg

と、その前にノート目標をこなしていくけど敵を10体討伐しないといけないんだがまだ9体しか倒せてない。10体目はどこだと隈なく探してもどこにもおらず。もしかしてボスを含めての10体なのか。

03年目05月29日~

ひとつのゆりかごという場所で遂にイグドラシルと対峙。もう少し人に近い姿を予想してたが普通に魔物でしかないな。さてこのド派手なデカブツが相手だがでも喰らうダメージは一桁だったり二桁いっても20前後だったりしてあれれ?確かに攻撃は苛烈だし500近く回復された時は震えたけどそんなに酷く強い敵ではなかった。少なくともフォートレス戦みたいな絶望感はなかった。ま、レベルは(戦闘時点で)49だし赤毛の力付きの武器だしキースグリフはいるしであれから全然状況が違うからさもありなんだな。逆にこれだけ強まってるのに苦戦したり負けたらヤバい。

ayesha_240.jpg

そして一番待ちに待ったイベントスチル&トロフィー!そうか、ニオは囚えられた時点で成長が止まってたんだな。フィルツベルクで幽霊騒動起こしてた時は呑気な感じだったけどそりゃこんな年端もいかない子供が暗い世界に閉じ込められてたんだから怖かっただろう。変な捻った展開とかもなくストレートに二人が無事再会出来てよかった。で、話は変わるが色々なところがむにゅむにゅしてるってどこのことだろうw

▽色々とね。 ayesha_241.jpg

お、やっぱり10体目の敵がイグドラシルだったんだな。無事イグドラシル方面の討伐目標も達成。ワールドマップに出よう…ってここはアルトゥール薬草園。キースグリフが気を利かせて二人の思い出の地に転送してくれたらしい。で、果たしてイグドラシルを倒してニオを助けるというやり方でよかったんだろうかという自問自答。ただ単に忠実に役目を果たしていただけのイグドラシル。でも過去は過去。今は今だけ見て生きていよう。こうして今妹がここにいる、それがアーシャの答えだな。キースグリフともここでお別れ。全滅させられたりツンデレだったりと色々面倒な奴だったがナイスガイだったよ。ラスボスも彼がいなかったらもっと苦労してたかもしれない。ま、お別れってのはもちろんストーリー上でのことでゲーム的には延々とパーティメンバーとして居座るんだけどねw

ここでこれまでを振り返るようなシーンの数々や歌も流れてきてなんだかもうこれでエンディングに突入しちゃうのかと少し焦る。アーシャとニオのアトリエでの生活が再び始まる。でも五年の間にアーシャはすでに大人になって色々と仕事もしないといけなくなった。もちろんニオはお留守番。ここの「ええー!」ってニオの反応というか伊勢さんの声が子供っぽくて可愛かった。ニオの駄々っ子がきいたのか結局パーティメンバーとしてニオも誘えるようになった。危険な目に合わせることになるんだがいいのかアーシャw?まぁ可愛い子には旅をさせよと言うしね。

ayesha_242.jpg

アーニーもやってきてまるで夢のようだけど夢じゃないみんなとの再会。このふわっとしたイベントの後にエンディングへ…というわけはなくもうちょっとだけ続くんじゃ。

というわけでこれでストーリー上は実質的にクリアだな。ただキャライベントなどはまだまだあってノートに目標がズラズラーッと出てきた。他のゲームもたくさん控えてるし効率よくプレイしたいのでこの時点で攻略サイトを解禁しよう。でもエンディング迎える楽しみを取っておきたいのでエンディング分岐などといった情報はは見ないけどね。

アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~
ガスト (2014-03-27)
売り上げランキング: 1,774
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks