ストーリーは早くも大詰め感があるけど多分まだ半分ぐらい。それでも半分も進んでるっぽいから展開は早い。第四章「聖女の涙」の扉イラストはゲームスタート時のイラストと同じかなと思ったら少し角度を変えてあった。

yorukuni_027.jpg

レベルは6へ。再びヨルドとの質問タイム。蒼き血で人間兵器とかいう計画もかつてあったそうな。でも妖魔に逆に殺されたってのが間抜け。聖女が封印の手順を間違えることはないのかとの問いでアーナスの再びのしまった。これはアホ呼ばわりも無理もない。というか随分楽しげだなw

yorukuni_028.jpg

夜の住宅街での戦い。かなり広いマップになってきたがスキルで探索時間増やしたから結構余裕で探索出来るようになったから助かる。さすがにこの辺りになってくると骨のある雑魚が増えてきてアーナスがふっ飛ばされる光景をよく見るようになってきた。いやそれは自分が下手なだけだが。あと毒の状態異常がやたら多い。

そしてボス戦へ。今回はビーナスみたいな妖魔。スイスイ動いていくから攻撃当てづらいし特殊攻撃も掠めてしまうし電撃みたいな痺れで攻撃が出来なくさせられるし結構てんてこ舞い。途中の扉から戻ったから変身ゲージも貯まってなくてチクチクと攻撃するしかなかったんだがようやくデモンフォームに変身して形勢逆転。今さら気付いたがこの変身形態は範囲型の炎攻撃なんだな。それなら今回の敵に打って付け。みるみるうちにHPゲージを削って楽に倒せた。

変身から解ける前に倒せたものだから気分的に変身が解けてアーナスに戻ってから宝箱開けるかと少し待ってたらイベントになってしまった…。えぇこれじゃあお宝回収出来ないじゃん…。以前からそうゆう仕様だったけどこれやめて欲しいなぁもう。結構萎えたからその後のイベントの冒頭は話が頭に入らなかった。

どうやらここは目的の祭壇ではなく偽の祭壇だったみたいで骨折り損のくたびれ儲け、いや損だな。でもここで改めてアーナスとリュリーティスの本当の思いが確認出来た。アーナスは夜を倒す、リュリーティスは夜を封じる。それは嘘偽らざる気持ち。これでようやく二人のわだかまりは消えたようだ。そしてこの後前もあった踊りを楽しんだあとはベッドでも昨夜はお楽しみでしたね展開。比喩でもなくガチで。仄めかしてるとかでもなくほんとにそうゆう行為を致したんだろう。改めてほんとに百合ゲームだったんだなぁ。そう思うとむしろアクション部分はおまけでこっちの百合シーンがメインに思えてくる。18禁ゲームとかでこうゆうテイストのありそうじゃないか。それをよりリッチに作り込んだ感じだ。

yorukuni_030.jpg

そして第四章コンプリート。ここにきてようやく段取りが分かった。コンプリートってのはメインストーリーのことだな。この後第五章が始まるまではいわゆるサブクエストタイムってわけか。だから雰囲気がくだけた感じにもなってるのか。ちなみにお宝取り損なったさっきのボスとはもう一度戦って今度は無事お宝ゲットして雪辱を果たした。っていっても大したものではないが少なくともBLOODは稼げた。

支配人がアーナスのテーマ曲らしきもんを作ってピアノで披露してた。ソフィーのアトリエのマスター同様ダンディーな男はピアノを嗜んでる世界なのか。アーナスはどう受け取ったらいいか分からないと困惑。そりゃそうだろうな。でも支配人の表現は人間にとって呼吸のようなものっていう言い方はなるほどなと思った。思ったままを飾りなくそのまま言えばいいだけだ。

爆弾型の邪妖、そういや確かに敵で爆発する奴もいるけどあれらは元は人工物だったのか。どんだけ蒼い血ってやつは強力なんだ。こういった有角の一連の邪妖解説は結構面白い。コソドロよりはプレイヤー的に役に立ってる感じ。

クリーヴランド城跡はかなり広大で移動に時間掛かる。持ち時間はスキルで増やして二十分ぐらいあるんだが初めて制限時間に間に合うかどうか焦らされた。ここは道中の敵が強いというか倒すのに手間取るから余計に。でもあと三分ぐらい残してようやく扉を見つけられてセーフ。話とは関係ないけどアクション時たまにカメラがアップになったら被写界深度でぼやけるのがナイスな効果。

以前ショップ機能が形骸化してると書いたけど段々利用価値が出てきた。というのもどうやらショップから手に入れた方が早そうな依代や装備品とかがあった。

そういやこんなところでアーナスとリュリーティスとのデートをやるために妖魔を一掃してるんだった。仕組まれた二人の出会い。それでもリュリーティスはアーナスが好き、アーナスもまたリュリーティスが好き。二人の思いは変わらずより強く。あなたがどんな姿になっても…これはフラグかな。半妖のアーナスが邪妖に飲まれてってのはあり得そうだ。ロマンチックなシーンだがどうも(物理的に)浮いてるように見えて仕方がなかった。カメラワークなどでもう少し上手いごまかし方してもらいたいところ。

あらかたイベントが終わると光がロビーに溢れる…この流れも分かってきた。

リュリーティスからの捜し物依頼はこれまで全部スイートルームにあったんだからリュリーティスはボケてるのでは?と思ったが今回は邪妖が盗んでいく展開で捻ってきた。そしたらなんとそのカップケーキを投げ合って爆発させてたというw 一体どんな材料入れたら爆発するんだ。でもカップケーキのレシピはリュリーティスの日記帳で想いが込められていた。あれでもアーナスの為になんだから厄介なものだ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks