アーナスが食べてくれないからと出先の戦いでも崩れないように頑丈になったリュリーティスお手製カップケーキ。一体どんな材料入れてるのか聞くのもこわいw

yorukuni_031.jpg

第五章「聖なる騎士の教え」へ。今回はとある小包をとある先輩エージェントに渡すお使い。いつものようにボス巡回してBLOOD稼いでレベルは7へ上がった。アーナスの第四の装備欄はまだ開示されない。多分レベルアップ報酬でだと思うんだがまだ先のレベルでなのかな。ガード関連スキルが開示したけどガード使ったことないなぁ。ガード使う必然性はまだない。いつもあったリュリーティスとの質問タイムが珍しくなかった。もう尽きたぐらい終盤になってきたってことか。

クールブリゼ宮もクリーヴランド城跡同様に敵が強くて結構てんてこ舞い。特に両手の拳で地面を叩き割るデカブツや大型ウォルフ系な敵が厄介。デカいけど結構動きが早い。あとアーナスの攻撃に集中しがちでついつい従魔のバースト攻撃使い忘れたりするんだよねw もっと有効に使っていかないといけないな。

有角との邪妖ハント勝負は完結。お尋ね者な狼は最初訪れた時に何かありそうな不自然なスペースにいた。今度は人を喰らって半妖的になった狼が以前の蜘蛛みたいにホテルに住まう展開が面白い。そういった邪妖たちの生体について色々と教えてくれた有角は確かに役に立った。そして意外とアーナスを気遣う優しさ。その後茶化したけど多分その想いはほんとなんだろう。だから狼も蜘蛛も彼の本質を見抜き有角に付いてきたってことだ。

yorukuni_032.jpg

ボスはデカいストーンなドラゴン。やはりデモンフォームになってひたすら通常攻撃、合間に特殊攻撃や従魔のバースト攻撃はさみつつ。変身解除してからが本番。でも結構押せてる。これはそのままいけるかと思ったら縦範囲攻撃でHPがピンチ。奴の残りHPゲージとアーナスの残りHPゲージのギリギリのせめぎ合いながら何とか押し切れた。速攻だったな。

そして聴こえてくるこの声はあやねることだ。出てるって知ってたけど一向に出てこないなと思ってたがこの騎士役だったか。どうやらアーナスの覚悟を試してたみたいでさすがにアーナスのリュリーティスへの愛は人一倍重かった。この女騎士の名はコーリン。彼女もまたアーナス同様聖女を守るエージェントだった、かつては。聖女を夜に届けられなかったっていうことはつまり守らなかった、守りきれなかったってことで色々背景を想像してしまうな。果たしてアーナスはリュリーティスはどうなるか。二人が見る風景ってのはやはりあの星空なんだろうか。でもあんまり約束し過ぎるとフラグになってしまいそうでこわいな。

支配人から紙の上の殺人事件って依頼があって正直色恋沙汰は興味ないからうわの空だったが選択肢が出てきて悩む…適当に選んだが多分正解だったのかな。

リュリーティスの探し者依頼。今回も人形だったが蒼い血のせいで意識を持ってしまったらしい。今まで敵として出てきたり従魔となってる彼ら彼女もそうゆうことなのか。察しのいいリュリーティスとその人形のお陰で無事解決したが人形が二体浮いてるシーンは普通にホラーだったよ。

装備枠増加がいつの間にか開示されてたので早速有効にした。これで四つも装備枠が出来てこれで当面安泰かな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks