前回で一番の目的は果たせた。以降はロスタイム突入みたいなので残した目標やキャライベントや一応二周目に向けた準備をしていきたいので攻略Wikiも段階的に解禁していこう。ただエンディングを迎える楽しみは取っておきたいのでどんなエンディングになるかは見ないけどね。

さてひとまず役目を終えたキースグリフからニオにバトンタッチ。フレンド値は当たり前だが100。これで0だったら笑うとこだw それにしても武器は軽量おたまってよわそうだなぁw

ayesha_243.jpg

庭に出たらアトリエ内で流れる音楽を歌Verに替えられる娘がブランコにいた。リコーダーVerもいいが歌Verの方が断然いいな。そういやメルルのアトリエでもアトリエ前に切り替え頼める娘がいたな。結局変更出来るの知ったのはクリアして攻略Wikiを見てからだったが。

03年目06月03日~

フィルツベルクへ。ウィルベルとニオの絡みが見られるとは嬉しい。でもこれは不仲だw ニオは純粋だからすぐ真に受けて魔法使いになりたがる。魔法使いニオ…ううむアーシャよりかは魔法使いが似合いそうで悪くないかも。実際そうゆうイベントがあったら楽しいけど。

フィルツベルクではイベントたんまり。まずはオディーリアが黒猫の散歩道に来てた。ハリー著「世界の秘宝」を買い求めに来たのかなと冗談で思ったらほんとにそうなんかいw まぁ内容はどうあれあらゆる書籍を集めるのがマスターから請けた命令なんだから変な内容だとしても問題はないのか。

ニオを助け出しすっかり腑抜けたアーシャだがそこへ去った筈のキースグリフから野放しになった大型スラグがいるだろってツッコミ。そんなイベントあったかな。あった記憶があるけどどこで起こったシーンかを覚えてないという。この辺り一体が災厄に巻き込まれるような危険なスラグなら退治しないといけないな。ある意味これがストーリー的に最後に残された宿題かも。

フレッドがこの前見てしまったメリエッタとアーニーのイチャイチャでやけくそ気味になってるw この様子だとメリエッタを諦めきれないからこそのこの態度なんだろうな。そして邪念を振り払って完成した究極のパン!邪念塗れな気もするがw ウィルベルも試食要員として参戦。ただ単に飯代が浮くからってだけじゃないかw アーシャが涙するほど美味しいパン。フレッドの悲しい想いがそれだけ詰まってるんだね…。あまりに涙し過ぎてこれでは味の評価にならないから他に試食してくれる人はいないかと尋ねるがすかさずウィルベルのアピールとフレッドのスルーっぷりに笑った。

マリオンから村人が消えた例のハロス村に人が戻り始めたと報告。そういやニオと同じくあそこの人たちもさらわれたんだったな。イグドラシルによる種の保存対象だったんだろうか。またマリオンが調査に向かわないといけないみたいでアーシャは仕事増やしたことを申し訳なさそうにしてたけどいいことなんだからマリオンも本心では嫌じゃないだろう。あと新たな仲間のニオの紹介。ここでも行儀が良くて無作法なリンカが割りを食ってるw ニオにもリンカみたいな服は…う~ん似合いそうでそうでもないような。結構シックな色合いだからああゆうのはニオにはまだ早いかな。それに胸が強調される服だしねw

ayesha_245.jpg

ウィルベルが暇だ~!と駄々こねてきた。最近のウィルベルはおかしい…いや最初に会った時からちょっとおかしい娘だったと思う。どうやら課題をやらず遂に大婆様から破門されてしまったみたいでそら言わんこっちゃない。でも大婆様の誕生日だからとケーキ焼いて送ったんだから優しいとこもある。大婆様も本心から怒ってはいなさそう。うなだれるウィルベルは魔法使いは諦めて錬金術士に転職するという。大魔法使いへの志はその程度だったのか…。でもアーシャに弟子入りするウィルベルは見てみたいかもw ――やっぱり魔法が大好きみたいでアーシャと一緒にどうするか考えていくことになった。これはウィルベルイベントの締めくくりになりそうだな。というかなんでアーシャが面倒見ないといけないんだって話だw

アーシャとニオは今日も薬草の根っこの話ばかり。年頃の女の子がそんな話ばかりしてちゃウィルベルじゃなくてもつまんないわな。意外とウィルベルが女子っぽくケーキの話を振るも結局いつものペース。もしかしてアーシャをニオに取られたみたいになって妬いてるのかな。やっぱりウィルベルは寂しがりなんだろうな。

リンカがマリオンから友達作れと言われたらしくうなだれてた。既にアーシャという友達がいるじゃないか。でもマリオンに報告したら目的終了ってなって友達になったこと忘れてしまいそうだなぁ。でも友達をあと99人はリンカにとって無理ゲー過ぎる。あれからひとりは作れたみたいそれは誰だと思ったら案の定マリオンw いやそれ以前に既に友達以上の親友なんじゃないか。アーシャはマリオンに真意を聞きにいったが100人ってのは例えの話でリンカが愚直過ぎるあまりそのまま受け取っただけらしい。臨機応変さがない…まるでオディーリアみたいだ。手懐けるのはまだまだ苦労しそう。ここまでマリオンがリンカについて悩むも彼女を想ってのこと。いつかはマリオンも結婚してリンカの元から離れて…いやそれがいつになるか相当先かもしれないがw

なんとフィルツベルク大橋でニオがバザー開いてた。リンカと違いニオはコミュ力高いから売り子やっても客引きは問題ないしむしろ黙ってても殺到しそう。これもお姉ちゃんの役に立ちたいというニオの想い。ほんといい娘だなぁ。たくさん買ってあげたい。それにしても品揃えがレアなアイテムばかりで一体どこで採取してたんだっていう。売買する度に言ってくれる声が可愛いからどんどん買ってしまうなw しっかり者のニオは姉相手でももちろんお金は頂く、でもあとでお金はお姉ちゃんに返すという。これではただ単に姉妹でお金が行き来してるだけでおままごと感覚だなw

ラナンからも例のハロス村に人が戻ってきたと聞く。その話をネタに曲作りしてるらしい。なるほどメディアがないこの世界、歌としてこうゆう出来事を後世に伝えていくのも大事だな。そう思うとラナンの役目って思った以上に重要だ。生きた証を時代に残せる音楽。音楽の素晴らしさよ。そうゆう仕事が出来るって立派だし名誉なことじゃないか。初めてラナンがいい奴だなと思えた。これが語り継がれる伝承という日記の思い出。これでラナンとのキャライベント完結かな。

藪から棒に突然アーニーの優しさについて考えるアーシャ。天然女たらしともいうかもしれないな。でもいい人過ぎるから以前のような地主とトラブったりもする。良し悪しはあるな。無理してワルな感じ出してもアーニーの滲み出るいい人オーラは覆せない。アーニーの理想とするワルい人…それってまんまキースグリフじゃないか。まぁでもキースグリフみたいなちょいワルなダンディーおじ様って風貌に憧れるのは分からんでもない。

採取してると突然アーシャがスキン系の敵に襲われる!そこへすかさずリンカの一太刀。ここで戦闘イベントかイベントスチル&トロフィーでもあるかと思った。マリオンから新たな任務に悩むリンカ。それは剣だけでなく他にやりたいことを探せという。女の子がいつまでも剣ばかり振るってちゃ駄目だからというマリオンの優しさかな、と思ったが剣で何か名声を得ろということなのか。結局シンプルイズベストで強敵を倒せばそれでいいって単純思考だなぁw

03年目06月16日~

弐番館でフレッドの究極パンの試食だがオディーリアが胸の歯車の音高まらせられるほどとっても美味しいパン。そういや歯痛で苦しんでたんだったがでも歯磨きさえすれば平気だよって言えばちょろいものだ。さすが知識の蓄積は豊富だから食レポもばっちりだなw

ホルンハイムへ。そういやデカいスラグの件忘れてた。う~むなんかまことしやかな話だがとにかくいることは確かか。それにしてもそんな馬鹿でかいスラグだったかな。口伝でどんどん得体のしれないものに変わっていってるパターンなのでは。で、カイルにも究極パンを食べて貰ったが「うめぇ」のひとことだけw まぁくどくどと御託を並べず単刀直入なうめぇ!だけで十分美味しさは伝わるものだ。

塩の砂漠でターニャが今日もアーシャたちがいる街について知りたいらしくワクワク。これはターニャのバザール出店フラグかな。そしてターニャのおねだり。何か街のものが欲しいらしい。仕方ないなぁ。

▽いい仕草のおねだりポーズだw ayesha_248.jpg

03年目07月06日~

!マークがあるからスタインフェダーにも寄ってみるとまさかのナナカ。向こうもまさかアーシャがこんなところにもと思ってるだろうからお互い様だな。アーシャは気球だがナナカはデカくて重い牛をどうやって連れてきたんだと思ったがはぐらかされた。もしかして転移の翼かな?これで牛飼いの秘密という思い出。秘密っていうからにはもっと他にすごい秘密でやってきたんだろうw

ayesha_249.jpg

ちなみにもうひとつ!マークがある朽ちた遺跡島にも行ったがリーダーという敵に為す術もなく。ちっこいスラグ系なのに明らかにイグドラシルより強くて困る。それが3体もいるから反則。おまけにリーダーの背後にはデカい翼竜らしき敵も控えていてやれやれだ。その島での出来事。ニオがポーター倒したら初陣勝利に大喜び。女の子が敵を殺めて喜ぶなw どこか怪我してないかアーシャはニオを気遣うが度を越し過ぎてて相当なシスコンぶりであったw

ニオの戦いぶりはお玉を振り回す姿そのままに可愛らしくて戦場の天使だな。そしてニオもレベル50到達。元々が49だったからカンストもすぐだ。あまりに早すぎてレベルアップ絵が一度しか見れなかったのは残念だが。

ayesha_250.jpgayesha_251.jpg

転移の翼を使ってみた。ワールドマップから各地のアトリエと何故か弐番館までもいつでも自在に行けるのは便利。早速!マークがある弐番館へ。ニオがイグドラシルに捕まっていた時に実はキースグリフが何度も何度も呼びかけていてあげてたという。なんだやっぱり優しいおじさんじゃないかw 甲斐甲斐しくニオのために呼びかけているキースグリフを想像してほっこりするな~。で、コンテナ見たらなんと転移の翼は消費してない!つまり何度でも使えるのか。これはありがたい。だからどこにも量販登録出来なかったんだな。あと採取地内で出てくる移動メニューにも転移の翼と同じ移動先が現れるけどこれも転移の翼効果なんだろうか。どちらにせよ移動関連はほんと便利になった。元々アーシャのアトリエはソフィーのアトリエみたいにあまり移動日数が気にならなかったんだけどそれでももうタイムリミットが迫ってるわけで一日でも無駄な日数消費は省きたい。

03年目07月09日~

フレッドにパンの試食の報告。評判はいい、でも果たしてほんとにそれがフレッドが作りたかったパンなのか。手間暇掛け過ぎて高級なパン。でもフレッドが目指していた目標のパン作りとは違う。一部の人にしか買えないパンよりみんながたくさん買えるパンの方が喜ばれるに決まってる。みんなそんなフレッドのパンを待ってる。これで初心を思い出せたフレッドはやっと振りきれた。そして後日談。というかアーニーを彼氏だと勘違いしてたのか。早合点もいいとこだな。これでまた関係は振り出しに戻るでこれからまだまだ芽があるんじゃないか。先は相当長そうだがw バナール通りで今度はフレッドがメリエッタに何か贈り物したいという。この世界は何かにつけて贈り物だな。アーシャはフレッド自身がメリエッタが喜びそうなもの見つけるのがいいよと言うがフレッドのセンスだと絶対失敗するぞw まぁそこまで面倒見てあげる必要もないか。

リーゼンガングでまた村人とマリオンで揉めてた。村側は危険だからと優しさで坑道に入るのを止めてて悪意があってってわけじゃないんだね。そしてマリオンも夜中にこっそり忍び込もうとせずあくまでも対話で解決しようとする。お役人は民と信頼関係で結ばれないといけない…さすがの見識だな。こうゆう真摯なお役人が増えれば国もよくなる。

カイルは遂に妹のニオまで手を付け始めたか…。とんだすけこまし野郎だな。おまけに妹属性好きとあったら手がつけられない。でもこの姉妹は男からのガードは硬そうで安心だw

薬草園にてニオはかつて自分のお墓と対面するのってどんな気持ちになるだろうか。でもこれはお墓なんかじゃない。必ずニオは生きて戻ってくるからというアーシャの願いはニオにしっかり届いてた。そうして現世に戻って以来すっかりお転婆になってたニオが倒れてしまった。これまでいなかった分を取り戻そうと無理してたんだな。置いて行かれた気分になるってのは分かる。疎外感があるだろうな。でもニオはまだ子供。無理しなくても十分追いつける。ゆっくり自分のペースでこれまでと同じようにしていけばいいんだよね。普通が一番だ。

ayesha_252.jpg

03年目08月12日~

雲海の島に行くとウィルベルが倒す相手の風の王がいた。遠目で見たら随分色合いがケバい。アーシャ評のとっても綺麗はおかしくないか。話し合いで解決しようとするのはアーシャらしいが力づくで解決しようとするのもウィルベルらしい。実際近くで見ると風の王は目がぱっちりしてて大きなホムンクルスみたいで名前に相応しくなく結構可愛らしい。愚かなウィルベルのために倒されるなんて申し訳なくなってくるw とはいえ戦うわけだが――通常攻撃のみで倒せちゃった。スキルも攻撃・回復アイテムいらず。装備の強化頑張りすぎたかな。少々面白味はなかった。

あれ?倒されたんじゃないんかいw よくある展開になったがまさかウィルベルが自分を犠牲にしてまでアーシャを庇うとは…何だかんだで成長したなぁ。もちろん死にはしないと分かってはいるものの感傷的な気分にさせられちゃった。大好きなアーシャのため…ほんと友達思いの優しい娘。もとを辿れば魔法使いの破門は自身の怠慢だがケーキを贈ったりと他人想いな娘なんだろうね。その後はいつものウィルベル。折角見直したのに全く反省してなかった。風の王が優しくてよかったなぁ。

ayesha_253.jpg

大婆様への報告でもやらかしてしまうかなと思ったがそこはマジメに。自分を見つめなおして果たして魔法使いの素質があるか考えたけど分からなかった。でも私は魔法使いを続けたい。その言葉が大婆様に…いやアーシャの口添えもあってなんとか破門を解いてもらえてこれにて一件落着。アーシャがいなかったらどうなってただろうなw

エステン湿原でかつて事故で大怪我をしてしまったレジナの親父さん。下にいっぱい弟たちもいるし面倒見ないといけない。それもあって女の子なのに発掘屋やってたのか。でも女の子だからいつまでこんな仕事を続けられるかっていう問題。いつまで続けるか…確かに将来を決める大事なことだな。これがレジナのキャライベントの発端。

03年目08月16日~

ターニャがフィルツベルクへやってくるという。でもどこで待ち合わせすればいいんだと思ったら移動メニューに既にターニャアイコンが並んでるんだがw 移動メニューのイベントアイコンは便利な半面ネタバレになってしまうな。ターニャは行けば何とかなると思ったけどでも無理だったと言うけどこうして偶然再会出来たんだから何とかはなったな。そしてメリエッタの手に掛かるとごらんの美少女化。…う~ん可愛いけど個人的にはやはり素材の味のままの方がターニャには似合ってるかも。でも未来の美少女ってのは間違にない。イベントスチル明けて3Dモデルになった時も着替えてたら嬉しかったんだがそれはさすがに無理だったか。

ayesha_254.jpg

フィルツベルクのアーシャのアトリエに集う女性陣たち。どうやらお茶会を計画してるみたいでもしかしてそれにイベントスチルやトロフィーとかあるのかな。アーシャは田舎でのアトリエ暮らしを離れて都会にきていっぱい友達が出来た。人の繋がりが増えていくことの喜び。これもひとえにアーシャの人徳とこの世界の人々の優しさの賜物だろうな。以前キースグリフと言い合った――決して人というのは悪い人ばかりじゃない、っていうのに結びつくんだろう。

ayesha_255.jpg

マリオンとリーゼンガングの親方が発掘を巡って争ってたが案外親方はマリオンとこうして言い合うのがまんざらでもない様子。これはこれでマリオンと親方と文字通り良好な関係を築けてるってことだな。ここでも人の繋がりの素晴らしさ。というかさらにその先の関係、花嫁・花婿候補にもなるんだろうかw その辺レジナは察してるのかな。

砂の砂漠はスラグの墓場かもしれない、大昔のスラグ同士の戦いがあった場所かもしれない。ほんとは何がおこなわれていたか真実を知るのは怖いけどそれでも歴史は面白い。結構ターニャはロマンチストだ。

ニオのペースとアーシャのペース、同じ姉妹だけど違う人間なんだからそれぞれ合うペースが違う。多分アーシャの方がマイペース、ニオはせっかちなのかもしれないな。でもそれが自分のペース。そのペースでこの先もずっと頑張っていこう。そうゆっくり歩くようにね。多分これでニオのキャライベントはほんとに完結かな。

この間訪れたフィルツベルクにカルチャーショックなターニャ。ここ以外の外の世界を見て初めてみえてくるものもある。やはりターニャにはここの生活の方が合ってるのかもね。でもまたいつか街へ行きたい、その時はお婿さんを取りに行くだと!?w 案外ちゃっかりものなのかもしれない。

レジナに結婚した弟から手紙がきてセンチメンタルになってた。弟たちもいつの間にかこうして大きくなっていく。そして親もその分歳をとっていく…。不安になる気持ちは分かるな…。レジナは四捨五入で三十路?てっきり十代ぐらいかと思ってたから意外だな。二十歳過ぎてからが早い…ほんとそれな。レジナのキャライベントは思いのほか感傷的で重そうだ。

次はユーリスのイベント。ホルンハイムの懸案だったオオカミ退治だがわずか2ターンでかたが付いた。そして次はドラゴン退治に。女の子を巻き込むとかひどくないかw 「おまえが必要なんだ」軽く口説いてるようにも聴こえるがもちろんユーリスにそんな気はなく。ここでもアーシャをひとりの屈強な戦士でしか見てないとかひどいw で、竜退治に兼ねてより強い敵を探していたリンカを連れて行くことになるんだが当の本人がその件を忘れてて笑った。このまま何も言わなかったらマリオンの指令忘れたままだったんだろうなw

ユーリスの悲願の古の誓いの竜退治。どさくさで巻き込まれたアーシャの怯える様が面白いw この為にこれまで装備やらアイテムやら準備してきた。さぁどうなるか!――あっけなく終了。確か4ターン程度でかたがついた。折角ユーリスのこの戦いにかける思いや歌入りの戦闘BGMなどでここまで散々盛り上げたのに台無しだなw でも倒してやったぜという戦士の顔をした3人のイベントスチルは清々しかった。仲間の信頼感。ユーリスはかけがえのないものを手に入れたな。アーシャは肩を落としてるだろうがw

ayesha_256.jpg

その後小さいドラゴンみたいなのがいたから軽くフィールドアタックしてみたら…あ、こいつグランドドラゴンだ…。今はミニマムドラゴンだけど正直グランドドラゴンともなると倒せるかどうか自信ない。でもセーブはしてるし当たって砕けろだ!と息巻いたらグランドドラゴンに変身する前にわずか2ターンで倒してしまった。これは逆にしまったかな…。まぁいいか。そこまでやり込むつもりもないし。

リンカの自分探しだが結局竜を倒しても満たされなかった。どうやら戦うのは目的じゃなかったらしい。そういや以前マリオンが剣以外の道を探しなさいとか言ってたな。改めて考えるとほんとにリンカがやりたいことはマリオンを守る、マリオンと一緒にいることがやりたいことだった。任務とか関係なくマリオンと何十年でも一緒にいたいという…これは百合かなw でもマリオンは残念ながらそっちの気はなかった。そんなリンカだけどマリオンは実のところ嫌い。嫌い嫌いも好きのうちってやつか。九年前から二人は知り合ってて当時はリンカの方が背がちっさかった。その時のリンカの絵は出てこないのか。さぞかし可愛いだろうな。そんなリンカの過去はやはりというか結構ブラックだった。リンカはそうゆう暮らしをしててそこからマリオンが助け出してくれたんだな。でも過去は過去。今のリンカは優しくて素敵な女の子。

ayesha_257.jpg

そうして発展したリンカの偽物騒動。もしかしてリンカのもうひとつの自意識がもうひとりのリンカを生み出してとかいう超常的なものかと思ったら普通に姉妹だったのか。恐らくマリオンに拾われる前に二人の姉妹は悪いことをしてたけどもう一人のリンカだけが抜け駆けで甘い蜜を味わう道に行ってしまいもうもう片方に増悪の感情を抱かれてるというわけかな。その過程でリンカのやりたいことも決まった。”二人を守る剣となる”。親友のマリオンも守り新たにこの地で世話になったアーシャをも守る、それがリンカが自分の意思で出した答え。そんなリンカだからもうひとりのリンカに負けるわけがない。実際に戦いになったが状況的にアーシャには空気を読ませて移動コマンドでお茶を濁すだけにさせてリンカだけでガチ勝負させてあげた。――でも可哀想なぐらい圧倒してたな。弱かったとはいえ200前後しかダメージ与えられてないんだからHPが低いだけで防御力は高いのか。もうひとりのリンカがアーシャを攻撃してきた時にはACでリンカにガードさせたり文字通りのシチュエーション作ったりと一方的な戦いとはいえ演出的にやりたいことがやれた戦いだった。結局もうひとりのリンカは逃げちゃって根本的な解決にならなかったのは残念。さすがにそこまで描くには重すぎるか。とはいえリンカの姉妹は八人もいるとはw もしあんな性格のリンカばかりだったらそら恐ろしいなw 後日談としてリンカより銃持ってるマリオンの方が強いという話をしてたら影からこっそりもうひとりのリンカが見てた。これはクレイジーサイコレズだな…。ある意味リンカへの愛が重すぎるんだろう。でも国へ帰るみたいでひとまずは安心かな。続編のエスカ&ロジーで出てきたりして。

ayesha_258.jpg

ナナカがアーシャにユーリスを勧めてきた。確かに意外とお似合いかも。竜退治という修羅場をくぐり抜けたパートナーだからこそ結びつきもより強固だろう。でもナナカからお兄ちゃん取っちゃうのは忍びないなw 実際アーシャやユーリスが将来結婚するとしたら誰になるだろうなぁ。アーシャならアーニー…いや歳が離れてるな。ラナンもカイルも当然違うしやはりユーリスか。ここが同性婚が認められてるのならウィルベルになるけどw それだとユーリスならやっぱりカイルかなw 二人は幼馴染でユーちゃん呼びもしてた仲ならそれもありえる。

超今更だがこの終わり間際になってリンカもバザー出してることに気が付いたよw まさか屋内で開いてたとは。以前客の呼び込みが全く出来なかったからじゃあ内輪でやろうってのがリンカらしいといえばらしいなw 「まんぷく雑食堂」って店名もリンカなりに料理教室を経た自信の現れなんだろうかw いくつかレアな材料もあったけどもう出番ないかなぁ。ただ量販店登録出来るアイテムは武器ってのは便利。

キースグリフの言ってた懸案のスラグ退治はあまりにあっけなく。以前スタインフェーダーでも戦ったボスの亜種となる暴走した空竜だが3ターン程度で終わってしまい物足りないぐらい。特にキースグリフの攻撃力がずば抜けてて直前のリーダー戦では奴を一撃で葬り去ったのは圧巻だった。

ayesha_259.jpg

過去の錬金術の負の遺産を倒してもいつも通りなアーシャ。今までのキースグリフなら怪訝になるところだがアーシャと知り合ってキースグリフも変わった。ベンチで仲よさげに本を読む二人のシーンにはほっこり。弐番館へ行くとキースグリフがこの地は退屈になったのでまた新たな新世界へ旅立つという。もっとまだ見ぬ技術や知識をこの目で見たい…キースグリフは知的好奇心の塊なんだな。まるで目をキラキラ輝かせてる純真な子どものようだ。そしてマスターとしてオディーリアに最後に下した命令は自由。ようやく過去と決別する時が来た。この流れはちょっとグッとくるものがあるな。ようやく過去と決別できたのかと思うと涙が出る。しかし結局オディーリアの前のマスターは誰だったんだろう。一時はそれがキースグリフかと思ってたが違ったみたいだし。で、自由になったオディーリアの向かう先はキースグリフの行く先。マスターに放っておかれるのはもう懲り懲りだからと言ってたけどもしかしてキースグリフのことも好いてるからかもね。キースグリフもまんざらじゃないみたいだ。いいなこうゆう二人の姿。でもまた結果的に放っておかれてしまう将来の運命を考えると悲しくなるけど…。

ayesha_260.jpg

レジナの将来の選択。アーシャが辞めないで!ってわがまま言わず笑顔で送り出そうとしてるのがえらいな。確かにレジナの人生はレジナのもの。他人にとやかく言われる筋合いはない。だからてっきりレジナが親に反旗を翻して意地でも発掘屋続けるのかと思ったがすんなり引退の流れになったのは意外。リンカ同様にこの道じゃないと悟ったんだろうな。最後の課題は隧道に橋を掛けること。後世への橋渡しという意味もあるんだろうか。これがレジナの最後の仕事納め。これで実家に戻って結婚して子ども産んで…という何か女は港的な前時代的なものがあって正直モヤッとするものがあるが…。やっぱりレジナなんだからもっと破天荒な生き様を見たかったけどまぁこれも自分の価値観の押し付けだし他人にとやかく言われる筋合いはないか。しかしレジナの旦那さんになる人は尻に敷かれるのが目に見えてるから大変だろうなw

ayesha_261.jpg

アーシャはもっと若いのかと思ったらお酒が飲める年齢になったんだな。すると実世界の法律が当てはまるなら十七歳から二十歳になったのか。それを記念してお酒を飲むというか飲まされるが最初からオチは読めてたな。アーニーに抱きかかえられてベッドで介抱されてこれではまるで…とはならないのが健全なアトリエ世界。しかし二十歳の女の子がこうして気持ちよくなってる姿はちょっとエロさを感じちゃうな。今までアーシャをそんな目で見たことはなかったんだが掻き立てられるものがある。アーニーはお母さん的存在だからそんな関係に発展しないとはいえ間近に居られて羨ましい。

ayesha_262.jpg

そんなアーシャの誕生日を祝ってくれるのはカイルやアーニーだけじゃなくウィルベルも。不器用な文面だけど一生懸命書いてる絵が頭に浮かぶ。彼女なりに精いっぱい考えた恩返しなんだろう。ケーキといいアーシャを守ったりといいほんと人を想いやることの出来るいい娘だ。で、プレゼントの品はフローラルスタッフ(アーシャ専用武器)って…w そうゆうどこか抜けてるところもウィルベルっぽいといえばぽいなw

アーシャのアトリエ Plus ~黄昏の大地の錬金術士~
ガスト (2014-03-27)
売り上げランキング: 4,315
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks