前回で取り敢えずキャライベントは終了。ハリー以外は。いやハリーのイベントは品評会で何度も優勝しないといけないみたいでそれを知ったのはニオ救出後の時期でもう手遅れだったよね。ま、ハリーは別にいいかなw 他にPlus版の追加採取地ふたつもあるけど行ってみたら十分倒せたけど手数が他の雑魚より何倍も掛かって面倒くさい。敵の数も不明だし踏破しても特に意味はなさそうだしもう素材はそんなにいらないしで時間掛けてクリアしなくてもいいかな。追加ボスも4体いるけどグラス工房の追加ボスに挑戦してみたら全く歯が立たなくてお手上げ。倒すにしても余裕が出来る2周目だろうなぁ。

ayesha_263.jpg

3年目4月以降もアーシャとニオのいつもの日常は続いていく。でもこれまでたくさんの人と出会えた。嬉しい半面お仕事もその分増えちゃった。さぁまず片付けないといけないのは…という選択肢。なるほど今作は会話の流れでエンディングが選択出来る方式なんだな。それじゃまずはやはり一番世話になってるアーニーとのお仕事を選んだ。会話は進み再び選択肢。アーニーが追加で仕事を持ってきたけどそれを請けるか断って他の友だちとの約束を先にするか。迷うところだが――やはり初志貫徹でアーニーを選ぼう。これがエンディング分岐になるみたいでアーニーエンド達成。この世界線だとアーシャはずっと仕事にてんてこ舞いで新たな錬金術に挑戦も出来ず友達ともあまり遊べず冒険も出来ず…ニオと二人三脚でずっと働き詰めで毎日が忙しい人生になったみたいだ。でもこのエンディングではじめて「たーる!」が聴けたのは嬉しい。いや主役のアーシャじゃなくてニオのセリフだけどねw

ayesha_264.jpg

ayesha_264a.jpg

そしてエンディングが流れる。気になるクレジットとしてはまずはキャスト陣。カイルの野島健児さんやラナンの松野太紀さん、さらにはナナカの大亀あすかちゃんやターニャの野水伊織ちゃんやホムンクルスのぱるにゃすには全く気付かなかったなぁ。ぱるにゃすとかすぐ気付きそうなものだが。収録時期の頃は未確認で進行形でブレイクする前だったかな。開発陣は3Dキャラクターモデルはフライトユニット。ソフィーのアトリエはガスト内の3Dチームと住み分けて3D作ってたけど今作では全て担当してたんだろうか。繊細で綺麗なオープニング制作は監督が高津幸央さん。どこかで聞いた名前だなと思ってググったらゴクドーくん漫遊記で作監やってた方か。微妙に記憶がある。原画は岡本真由美さん。アニメ制作はポイントピクチャーズ。ポイントピクチャーズはゲーム内で流れたプリレンダムービーやエンディング映像のCG映像も制作してたみたいだ。コンポーサーはお馴染みの阿知波大輔さんと柳川和樹さんとそして自分は新ロロナから知った下田祐さん。サウンドエフェクトは阿知波・下田両氏で音声エディットは柳川さん。グラフィックはデザインチーフ・ビジュアル・マップクリエイションが中井康博さん、プロデューサーは菊池啓介さんとディレクター・ゲームデザイン・データプランニングは我らが岡村佳人さん。シナリオディレクター・ゲームデザインは中井康博さん。中井さんは各セクション股にかけて馬車馬のように働いてたんだな。プログラムはオリジナルが7人、Plus版は4人といったところか。個人的に最高にイケてたバトルのプログラムは中井照明さん。もちろん他にも大勢関わっていらしてみなさん素敵な作品ありがとうございました。


さて一度エンディング見たのでエンディング分岐でも攻略サイト解禁。さっきのはアーニーエンドじゃなく「働くおねえさん」エンドだったか。ある意味ノーマルエンド、多分一番なる確率が高そうなエンディングだったかな。

メリエッタ主催で女の子同士集まることになった。本編で以前計画してた会話が遂に実現するんだな。こうゆう会にアーシャも参加出来るぐらいこれまでの旅で様々な出会いがあったわけだ。もしニオが囚われずこれまで通りあの田舎なアトリエでずっと暮らしてたらこんな出会いがなかったと思うと複雑なものがある。それはともかくもうアーシャにはこれから先ももっと色々な出会いが待っていることだろう。そんな物語をこの目で見届けられないのは寂しいが…。そして開かれた「女子会!」。全部食べる勢いのウィルベルとこっそりイチゴ食べようとしてるニオがらしくて微笑ましい。女子なんだからレジナやリンカやマリオンも誘ってあげればいいのにと思うが集まったメンバー的に戦いが主じゃない娘たちかな。ターニャやナナカも一緒で嬉しかった。どうやら西の塩の砂漠から遥々やってきたターニャの歓迎会も兼ねてるみたいだ。あれからターニャはフィルツベルクに住まったりするんだろうか。

ayesha_265.jpg

ニオを囚えていた種を護る存在。仕方がないとはいえ倒さざるを得なかった。でも果たしてそれが本当に正しい行為だったのか。あの頃から常にアーシャは疑問を感じていた。そしてついに彼女は決意。別件のイベントで新天地に旅立とうとしてたキースグリフとオディーリアと合流し共に行くという。そうまでしないとアーシャは自分のやった事に納得しないし錬金術士としてさらなる高みを目指したくなったのだろう。これが「真実の探求」。とはいえいつ終わるかもしれない長旅。折角出会った大勢の友だちと当分会えなくなるしなによりニオとまた離れ離れになってしまう。さすがにそれは姉としてどうなんだろう。でもそこまで覚悟を決めたってことなのか。でもニオはやはりもう離れ離れは嫌だったみたいだ。頑固なのは姉譲りだな。この旅には幾多の試練が待ち受けてるだろうけどきっとこの最強パーティならどこへだって平気だろうな。キースグリフも二人の覚悟に観念してついに師となることを認め自分の知識全てを伝えると言ってくれた。ここまで人を変えたのもアーシャだからこそだろうな。

ayesha_266.jpg

さらにキャラエンドを見ていく。分岐が2パターンあるんだけどふたつ目の分岐はニオが可哀想な目にあうから次以降は最初の分岐から見ていくことにしようw

壮絶な戦いの末に竜を倒した戦友同士のユーリスとアーシャは共に認め合う関係となりさらなる強者を求めて彼らの旅は続いていく…。こういったテキストを見てこれはいわゆるアーランドシリーズでの冒険者エンドかと思ったらそれとは違って可愛らしく微笑ましい内容でほっこり。このコンビで「ハンターライフ」やってたらユーリスは調子狂ってばかりでいずれ腕がなまってきそうだw それにナナカにはずっと二人をくっつかそうとするだろうしねw でもこうゆう三人の日常も楽しげでいいな。

ayesha_267.jpg

アーシャがウィルベルを構ってたのは妹としても見てた。アーシャは世話焼き好きなとこもあるからな。「魔法使いと錬金術士」、お互い業種は違えどこれまでの冒険を通じて親交は深めていった。あれから数年が経ってもなお二人はそのままの二人。これから先もずっと友だちの関係は続いていくんだろう。大婆さまの許可得るのに今回もケーキで賄賂なんだなw 二人が新たに開くのはどんなお店なんだろう。パイショップだったら面白いけどw 海沿いにあるウィルベルの家も見てみたかった。その辺のウィルベルの実生活は続編にも出るらしいから期待かな。それにしてもこのイラストはアーシャもウィルベルも躍動感あっていいね。

ayesha_268.jpg

レジナは最後のお仕事以降ほんとに表舞台から去って田舎で新たな生活を始めていた。応援したい気持ちとは裏腹にそれはそれで少し寂しいような複雑な心境。でも「女性発掘屋の未来」でも彼女らしい大らかで暖かい日々が待っているでだろう。でもさすがにいきなりお母さんに!?とは思ったがこれもレジナらしいサプライズなオチだったなw 末の妹のCVはぱるにゃすだな。

ayesha_269.jpg

最後にリンカエンドへ。異国からやってきた彼女たちとの出会いは突然だがお別れの日も突然やってくる。ここからはかなり遠い地へ行くらしくもう二度と会えないかもしれない。アーシャは悲しむがそれはマリオンもリンカも同じ。そうゆう寂しさからかマリオンから思いもよらないまさかの提案。「アーシャも一緒に来ない?」。これはある意味スカウトなんだろうか。確かにこれだけの天賦の才能がある錬金術士をこの荒廃したこの地の活動だけで終わらせるには勿体ない。マリオンの住まう中央では錬金術士への手厚い補助も出ている…アーランドみたいな国なんだろうか。で、アーシャの出した答えは――なんとアーシャが本気にして二人に付いていくのもまさかだったがその後の三人の境遇もまさかのギャグオチだったw まさにどうしてこうなった…。呑気にしてるけどあと三年も放浪とか普通に命の危機なのではw しかしアーシャはニオをどうしたんだろう。キースグリフエンドでは意地でも付いて行ったがこの世界線では納得してくれたんだろうか。でもこんな展開なら付いて来なくて正解だったなw

ayesha_270.jpg


ayesha_271.jpg

その都度の感想はプレイ日記に書いてるので参照して頂くとしてトータルの感想としてはこれまでのシリーズ同様に面白かった。特に大きな不満点もなく最初から最後までダレずに飽きなく楽しめたな。新ロロナ、トトリ、メルル、そしてこのアーシャのアトリエとシリーズをプレイしてきたが戦闘の爽快感、調合の奥行きの深さ、システム周りの使い勝手の良さなど今までで一番の面白さだったなぁ。その反面ロードは少し長くなってしまったが。グラフィックも良好。どのシーンから切り取っても左さんのイラストテイストになってた。そしてアトリエシリーズといったら音楽。今作では特に自分の琴線に触れるツボをついた楽曲が多くてプレイが楽しかった。数日前に既にAmazonでサントラをポチっちゃったよ。

トロフィー取得率は72%で6つを残すだけ。ハリーエンドとあとは追加ボスのトロフィーぐらいかな。大体は一周目でやり切れて満足。ニオ救出まではほぼ攻略wikiの類いは見ず自力攻略だったが中々に上々の戦果じゃなかろうか。新ロロナやトトリでは散々な結果だったが大分自分もアトリエシリーズの要領が分かって慣れてきた。残した宿題はいずれやる二周目でってことで。

さて次にプレイするのは「エスカ&ロジーのアトリエ」。以前の記事でも書いた通り既にDL版を購入済み。少し一息ついてからだがプレイしていこうかな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks