アーシャのアトリエPlusで気になってた懸案のロード時間だが体感的にアーシャのアトリエの二倍ぐらい早くなった。アーシャのアトリエでは何度も書いたようにロードが長いと次にイベントが起こるのが分かるぐらいだがエスロジはどのロードもロード時間は均一だし早いから全くストレスなし。PS3版はどうだったか分からないがPlusは据え置きやってる感覚で違和感なくプレイ出来てるな。同時進行でやってる碧の軌跡Evolutionより僅かに早いかもしれない。

escha-logy_0027a.jpg

相変わらず厳格な総務部のソール。書類のミスをロジーがその場で訂正…って会話はロジーらしからぬアバウトさだな。でもまぁ予算バカ喰いなのはアイテムの補充の事もあるしあまり強くは言えないな。エスカというかりえしょんの「むぅ」って良い方は可愛かったが。厳しく言われるのもそれだけ二人の錬金術士の期待の裏返しというわけなんだろう。

またウィルベルは強そうな精霊を探してるのか。修行らしくて色々な精霊と契約しまわってるらしい。前作で痛い目にあったあの風の王とは契約終了したのかなw まだ大婆さまとの関係は続いててこれもウィルベルに課された自由課題。強い精霊と契約するのが手っ取り早いってのはウィルベルらしい単純明快さ。いずれまたそうゆう強い精霊と何故かエスカたちが戦うハメになるんだろうなぁ。あとで市街にいるウィルベルに話し掛けたら今作でもまた大婆さまを怒らせて機嫌直そうとしてるのかw

お、もしかしてアーシャには一切触れないのかと思ったらそんな会話があってよかった。とはいえ行方不明みたいであのおっさんと一緒…これはキースグリフだろうな。この会話からしてこの世界線ではキースグリフエンド展開になったみたいだけどニオは付いていかなかったようだ。しかし中央の役人が追いかけてる状況は気になるな。怒らせた?薬士としての仕事ほっぽり出したからかなと思いきや探究心が高じて最悪な結果になったということか。で、ニオは見られてないからニオだけでも逃げなさい、と言われてここに来たと。何かまるでお尋ね者の姉妹だなw 錬金術士二人はお役人でもあるんだけどそれなのに喋っちゃうとかニオも抜けてるとこあるw エスカはもちろん見逃すつもりだがロジーも乗ってくれるとは気が利くとこあるな。

酒場のデュークから新作料理の試食。似たようなイベントが従来作でも色々とあったような。仕方がないのかもしれないがネタがマンネリ気味な気がしないでもない。でもまぁエスカの食べてる姿が可愛かったからいいか。

escha-logy_0027.jpg

ロジーは既にクローネがオートマタなのを認識してるのね。エスカはクローネが周囲から変な目で見られないように「あらあら」という口癖でオートマタらしさを和らげようとしてたという。さらに口癖を増やそうとしてるみたいだが多分変な口癖があるオートマタだなと思われるだけだと思うw

escha-logy_0028.jpg ↑やっと尻尾をぴょこんと立ったところを撮れた。

市街でアウィンがウィルベルに事案してた、ではなく自分も空を飛びたいっていう。キキに絡むトンボみたいな奴だなw しつこく詰め寄るアウィンに魔法はどうしたって使えないことをその目で見させる為に…お、これはパーティメンバー入り展開。本音はもっと派手な魔法を使いたいからってのが彼女らしいなw

え、カトラもパーティメンバーだったのか。ロジーじゃないけど冗談だろと思ったよw 自分で良い商品をタダで取ってきて一儲けしたいからというゲンキンさ。ウィルベルと似たような下心だなw 戦う売り子さんということでメルルのアトリエのフアナさん枠になるんだろうか。

escha-logy_0029.jpg

今作では遂に最初からパーティメンバーに誘うか否かの確認画面が出なくなりデフォルトでパーティメンバー入りしてくれるようになった。これはもの凄くありがたい。アーシャのアトリエPlusでもソフィーのアトリエでも痛感したがこの仕様が一番利便性高くていいね。というかウィルベルのレベルは15じゃないか。もしかして適正レベルより遥かに下回ってる?でもカトラはレベル10だし特に進行状況の目安にはならないのか。何はともあれ南方遺跡の調査でまたお出ましするらしいスラグと戦ってみなければどうなのか分からないな。ウィルベルのスキルみたらウィンドコールで風の王を召喚出来るらしい。まだ契約続いてたんだなw

錬金術レベルが15になり潜在能力が開放。というかそれまで効いてなかったのか。属性影響とか考えちゃってたよ。とはいえ解説されても実際にやってもまだよく分かってなく多分理解出来るのがアーシャのアトリエ同様に中盤以降だろうなぁw

さて新パーティで南方遺跡へ出発する前にウィルベルの魔法とやらはどれぐらい使えるのか。やっぱりウィルベルらしく攻撃専門のイケイケどっかーんばかり。細々とした魔法、物探しとか明るく照らすとかはもう他の便利なものに代用されてしまい魔法使いも肩身が狭くなってるらしい。まぁ現代社会と同じだな。だからホウキに乗って空を飛ぶのは唯一無二の特権。エスカも乗せてって言うけど「重そう」ってw そりゃウィルベルよりは(胸の分)重いだろうけど普通に軽いだろう。足も細いからなぁ。もうひと回り肉付きあった方がいいんだが。二人乗りは危ないって言うけどアーシャと二人乗りして空かっ飛ばしてたのにねw(それは別の世界線)。

南方の遺跡は遺跡の入り口で早速スラグ系モンスターたちのお出迎え。まずはクラフトを投げて全体のHPを減らして…って強いw 2ターンで終わった。いやまさか後列のメンバーもサポートアタック出来るものとは思わなかった。それなら強いわな。でも別種のミニスラグにはかなり手こずらされた。攻撃力も高い。さっきのガードはスラグ系でも弱い方だったみたいだ。それにしても戦力としてあまり期待してなかったカトラが強い。あとアクションの動きや戦闘後の絵が可愛い。思いがけない違う意味での戦力になりそうだ。ウィルベルはまぁアーシャのアトリエ同様だったかな。可愛いというよりは子供っぽい。いい意味でね。

escha-logy_0030.jpg

第一区画に入ったら…ハリーは今作でも出てくるのかw まだネリ金術と言ってて相変わらず。片割れの男はどうだか分からんがハリーは専門家って柄じゃないから中央からやって来たのはもうひとりの男の方かな?と思ったらまさかの選択肢。よし、ここはこの二人と遺跡を巡って喧嘩してた女の人が専門家だ――お、正解だった。しかしまさか碧の軌跡Evoみたいな選択肢が色々と出てくるとは。こっちは多分友好度が関係してくるのかな。

一旦コルセイトに戻るとロジーが己の錬金術の無力さに打ちひしがれてた。エスカも言ってるけどこのままでも戦闘で十分貢献してくれてるので問題ないんだけどね。とはいえロジーも男。やはり女ばかりに任せるのは気が引ける。支部長に直談判すると機材の調達を中央に掛け合ってくれると約束してくれた。で、どうやら活動費を研究にも割り当てられるという新たな要素の開放。色々と項目があるがどれも金額が三桁…。世の中何をするにもお金が必要なんだなぁ。でもカゴの枠数増加や採取時間短縮はありがたいから早いうちに研究したいところ。そうか、従来の探索装備は研究というシステムにすり替わったんだろうな。で、使用アイテムが探索装備になったというわけか。色々あれこれ考えるものだなぁ。

カトラって随分特徴的な声だけどCVは誰か不明。何となく間宮くるみさんや久野ちゃんの系統だな。別に公式サイトで確認してもいいけどクリア後のお楽しみにしておこう。あとカトラ自身は何歳ぐらいなんだろ。でもこの背格好から子供扱いはやむなしだろうな。ロジーはつい冷たくあたってしまうがまぁ子供相手だからそうなるのも分かる。

新作デザートで女の子が押し寄せるビジョンを描いてたデュークだが集まったのは野郎ばかり。これってこの街には女の子が殆どいないってことなのでは。そういやアーシャのアトリエではパンがフィーチャーされてたけど今作では甘いお菓子がそうゆう役割になるのかな。

南方の遺跡探索の続きをやる前に採取時間短縮の研究をしておいたがお陰で残金が162コールw 今作でも金欠に泣きそうだ。さて第二区画へ。例の中央からやってきた女の人はスレイア。CVは誰だろうな。田中理恵さんの声とはちょっと違うか。スレイアは遺跡の調査と歴史の研究をしてるらしい。かつてここで何があってどうしてこうゆう遺跡になったのかの研究。歴史のロマンを追い求めてるんだろう。黄昏の大地に生きる人だからこそだな。そんなスレイアに怖いとか疲れるとか散々な二人の第一印象w ま、この二人とは水と油っぽい。自分もああゆうねっとりした人はいくら大人なセクシーさがあるといっても苦手かも。次は遺跡の中庭。ロジーは中央で錬金術というより研究ばかりやってたのか。で、何の研究をしてたのかだがエスカのあの口ぶりだとまずい事なのかな。ロジーの闇的な。実は人体錬成の研究とか超絶重い展開だったらどうしようw ラストは第三区画。お、岩を破壊しないと入れないのか。こうゆうのは新ロロナでもあったな。手持ちの爆弾系アイテムは色々あるけど取り敢えずフラムを投入。なんか耐久力の数値があったけどこの分だと相応の破壊力がない爆弾じゃないと進めない採取地も出てきそうだな。そうゆうのも新ロロナであった。

それにしても…しつこいぐらい何度も書くがw、エスカが可愛すぎるし勝利ポーズが好き過ぎる。ニコッとした戦闘後のフィニッシュポーズも可愛いがやはりピカイチはレベルアップポーズ。杖をクルクルとさせてピースして決めっ。これのテンポがよくてね。新ロロナからトトリ、メルル、アーシャとプレイしてきたがエスカは群を抜いてるな。アーシャのアトリエやってて何か物足りないなと思ったらこの可愛い決めポーズだったか。

マリオンに報告して大きな課題はクリア。初回報告でいきなり8ラインも繋げられてボーナスも全部受け取れた。あとは小さな課題だけだな。残りは93日もあるから余裕しゃくしゃく。

escha-logy_0031.jpg

ロジーはまた調合の件で打ちひしがれてたけど遂に中央で使ってた道具が仕入れられたらしい。これでアトリエの片隅で突っ立ってる仕事から開放されるw その道具とは鍛冶屋で使うような釜。なるほどそういやソフィーのアトリエでもロジーは釜で武器とか作ってたがあれは錬金術だったのか。するとアーランドシリーズで鍛冶屋やってたハゲルさんも錬金術士だった?この釜から装備品が作れるということでロジーは今作でも武器担当というわけか。錬成器はかなりロジカルな思考を要求するらしくそれなら直感で錬金してるエスカよりロジー向きだ。

早速ロジー用の武器を調合。段々調合システムも理解出来てきた、これまでと同じ武器ながら効果と潜力で攻撃力と素早さが5つアップは嬉しい。ロジーは錬金術士なのに剣術が使えるのは趣味でこうして武器作ったり気晴らしで剣さばきの練習とかしてたからか。そうしてなかったら一生研究室で引きこもり…エスカともこうして会えなかったんだからその剣の稽古してくれた先生に感謝だな。

escha-logy_0032.jpg

あの歴史研究家のスレイアがパーティメンバー入りしたいだと!?まぁ何となくそうなるだろうなと思ってた。つまりはデスクワークが退屈だから刺激が欲しいってことか。なんかさっきからパーティメンバー入りの動機がみんな不純なんだけどw ただスレイアはガタイがいいからそれなりに強そうではある。エスロジの場合従来作と違ってアタックメンバー以外でも戦闘時に活躍しどころがあるからね。そしてここからスペシャルサポートの開放。これは従来作でもあるやつだから分かりやすい。メニュー画面見ると多分このスレイアでパーティメンバーは〆切りかな。本多真梨子さんがやってたロリっ娘(名前は失念)はさすがに戦うキャラじゃなかったか。

スレイアは今まで一人で遺跡調査してたみたいで魔物に襲われたり持ち帰れなかったり結構おちゃめなとこがあるなw ぼっちキャラと思えば可愛いものだ。大勢で調査に向かうのをクールそうにしててもすごい張り切ってるようでなんだか可愛く見えてきたぞw

開発班の評価が上がってきて予算が増えた結果アウィンが喜ぶ展開。それはなんと気球が開発班に配備されたという。え、もう?2万コールで買わなくてもいいの?そして気球に乗って遊覧飛行。ここでは歌も流れてきた。アーシャのアトリエでもお昼寝イベント時にこうゆう挿入歌として流れたな。今回のも素敵な歌で浸ってしまう。今後気球を改修していくことで採取に行ける場所が広がっていくのかな。そうゆうやり方で新たな採取地が開示されるのは面白い趣向だ。

escha-logy_0033.jpg

リンカが何でもお手伝いしたいと言ってきた。そういやリンカもいたんだった。書類の確認頼まれたけどやはり事務仕事は苦手らしいw 手伝いなら力仕事お願いしたいところだがもしかして今作では戦ってくれないのかなぁ。

遂に遂に!やっとエスカの後ろのアレにロジーが突っ込んでくれたw このままずっとスルーだったらそれはそれでモヤッとするところだった。あのしっぽは実はお母さんから貰った大切なプレゼントだという。てっきりとぼけるかと思ったがちゃんとした理由があったのか。でも動くってことは錬金術で作られたもの?いつかエスカが作れる日が来るんだろうか。それが装備品になったりは…しないかなw

escha-logy_0034.jpg

ロジーは綺麗好き。性格的に確かに汚れとか散らかってるのが許せなさそうだ。で、ここで選択肢。ロジーの整理整頓ぶりにびっくりしてるエスカだが…これにどう反応しよう。「アトリエ分けます?」はなんか冷たい感じ。でもこれがハートマークなんだよね。もうひとつの「一人暮らしだった?」は面白味がない。それなら会話が面白くなりそうなアトリエ分けます?にしてみた。――なるほどそれに比べて自分は…と卑屈になるエスカを優しくフォローしてあげるロジーになるわけか。それなら確かにハートマークだな。

一口に錬金術といっても色々な独自の流派がある。ロジー然りエスカ然り。エスカにはロジーの錬成器を使った錬金術に興味しんしん。錬成してる時のロジーの真剣な眼差しにも見入っちゃうらしい。これは…ラブの波動?ってここでもまた選択肢。こうなったらもうハートマークの気になっちゃってを選ぶしかないだろうw でもニコちゃんマークの「気付いてなかった?」も嬉し恥ずかしな会話が見られそうだが…それでもやはりハートマークに賭ける。――ロジーの方もエスカが釜で錬金術してるのがつい気になって見ちゃうらしい。そうゆう意味じゃないだろうけど何だかニヤニヤしてしまうなw 錬金術してるエスカはふんふんふーん♪と歌いだしそうなぐらい幸せな顔してるらしい。人の役に立つものが自分の手で作れる事がすっごく嬉しくて幸せなんだろう。ロジーがそうだと分かるのもロジーも同じ気持ちだからだな。

ブリッツコアというロジー専用のアイテムを調合。つまりは自然の力を少し閉じ込めて使う時にそれを開放して攻撃として利用するってことなのかな。これが新要素の専用アイテム。他のキャラもみんなあるのかと思ったがロジーとエスカだけか。実際使ってみたらフラムも目じゃないぐらい強力だし広範囲型なので使い勝手がいい。相変わらずポーズが厨二病チックだがw エスカの専用アイテムが開放されるのも近いだろうしどんなのか楽しみだな。

新たな採取地の高台の森へ。初顔のバッドシックルってカマキリ型の敵は結構強いから用心だな。まだ入り口とはいえ今までの倍ぐらいある広さ。そして庭園遊歩道も侵入条件が設定されてて今度はモンスター討伐。これは明快。ただこのパターンもあるってことは今後強敵と戦わざるを得なくなって採取地入る前からヘトヘトって事もありえそうだなぁ。

11月の活動費報告で2283コール貰えた。ランクはいつの間にかメダル2つになってた。今更気付いたが行動全て遺物発見や依頼達成とかもお金に繋がるんだな。依頼って単にランク上げるぐらいなのかなと思ってた。

オメガクラフトを調合。効果も潜力も中々良さそう。が、装備させようとしたら4マスも占有して邪魔なことこの上ないw 潜力にはマスを小さくするのもあるみたいだからもっと調合の理解度を深めて有用に調合していきたいところ。

さて15日残して2期目の報告。今回も全て達成済みなので上出来で文句なしで十分過ぎるぐらい、とお褒めの言葉を頂いた。次の課題は涸れ行く平原の北の村の水不足を救え。放っておいたらアーシャのアトリエの涸れ谷みたいになるだろうし急ぎ現地へ急行だな。

リンカは既に解散してしまった討伐班の代わりに馬車馬のように戦闘を請け負ってるらしい。マリオンが心配するのは戦いの不安じゃなく出先での人間関係っていうのがこの二人の心配事らしいなw リンカもエスカたちと一緒に調査任務に加わったらそんな心配する必要もないんだがいつかパーティメンバー入りしてくれるだろうか。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks