いやぁ第3章はやたら長かった。確か零の軌跡でも3章は同様に一番長かった記憶がある。さすがに全ては書き連ねていけないのである程度簡略化してるけどそれでも長くなってしまうな。スクショも載せてたらキリがないんで少な目にしていかなくては。

ao_kiseki_evo_0031.jpg

まずは支援要請。一つ目は零の軌跡でも世話になったあのクチの悪い偽ブランド商の婆さんがまた悪さしたらしいのでその成敗に。エリィをパートナーに選んでレイモンド捜査官と共に駅構内へ。駅内だけで終わるイベントかと思いきやインディージョーンズも顔負けのまさかの展開。あの婆さんは絶対婆さんな歳じゃないだろw この口が悪い威勢のいい婆さんには是非ともボイスを付けて欲しかったな。愛河里花子さんとか合いそう。その後またまさかの共和国サイドのテロリストとのバトル。何故かNPCのレイモンド捜査官を守れという。これまでの子どもとかじゃなく警察官なんだから護る必要ないだろw 相手は雑魚かと思いきや結構強くて特にSPDが高いのか空振りばかりで参った。特にレイモンドは攻撃してる回数の半分以上はMISSになってて何の戦力になってないという。そして遂にあの婆さんとの直接勝負が実現。いや嬉しくないけど。こんなことならもっと火力があるランディかワジとかをチョイスすればよかったかなぁ。エリィのEPは空になりCPも100前後しかだったけどどうにかなった。テロリストには封技と暗闇が効くのが幸いだったな。

2件目はアルモリカ村の村長の息子デリックがあの貿易商のハロルドとの取引を辞めたがってるらしい。なんでもとある外国人と密談してる…もしかしてここにも来てたあの赤い星座じゃ…と思ったが村の人から聴き込むとそうでもなさそう。つまりはデリックは村を改革して発展させたいという野望とその外人の貿易商ミンネスの野望、クインシー社のクロスベル出店への足がかりとお互いの利益が一致して今に至ってるというわけか。わざわざ特務支援課の手を煩わせなくても当人同士で話し合えって感じだが。で、うまい話には罠があるというわけであのミンネスはただのいい人ではなさそう。今回はここで終了だが明くる日になったらきっとまた支援要請が舞い込んでくるんだろう。

3件目は特務支援課による一押しグルメガイド。メンバーそれぞれ6つのお気に入りのグルメレポートをしないといけないらしい。これは面倒くさそうと思ったが該当店舗のレジに行くとイベントが発生してくれるからやりやすくて助かる。中央広場とマインツのステーキは誰彼なくだったがアルモリカ村のオムライスはロイド、タングラム門の魚鍋はワジ、東通りの中華屋の天下一品炒飯はノエルが一押し担当ととここまで順調だがウルスラ病院の飲食店は3日も煮込まないと出せないらしいからお預け。


クロスベルに出現した幻獣の討伐に向かうがウルスラ間道の中洲に洞窟があると幻獣報告書にあるけどそんなとこあったかなと行ってみたら新たに出現してた。戦う幻獣はエロンアーク。なんかポケモンとかで見たような姿だな。開幕早々に気絶させられてしまってずっこけたがティオのSクラフト、ゼロフィールドは2回ガード出来るようでその間に立て直し。クロノダウンも掛けまくったりADF下げたりしてあとはこっちのターン。敵の防御が硬いから物理はあまり期待出来ないがアーツが2000前後効いてくれるからそれで何とかなった。

もう一体の幻獣ヒドラプラントは東アルモニカ街道の釣り場の先?あの釣公私団はこんなところに追いやられてたのかという場所にいた。今回はさっきありがたみを知ったゼロフィールドを開幕から真っ先に掛けて万全。これであとはさっきと同じ戦法。戦う寸前でデカブツの雑魚二体呼び寄せるえげつない相手だったが特に問題にならなかったな。それにしてもこの口を上向きにパカーと開けた食虫植物系魔獣は軌跡シリーズ恒例だけど実際こんなの目の当たりにしたら気持ち悪すぎて吐くかもしれんw

幻獣を出現させる場の歪みの原因。エロンアーク戦の場所でも見つけた蒼い花が付近にあったしここにもある蒼い花が怪しいので摘んでみよう。引っこ抜くと…やはりこの花が原因だったようだ。で、ワジが知るところ聖典でそんな蒼い花が出てきたという。それならさっきのウルスラ間道の蒼い花も摘んだ方がいいのではと試しにもう一度訪れてみたらちゃんとボイス付きで会話があったのには感心。こっち側は念のために摘まずにおいておくことになった。

旧鉱山でのメガロバット討伐。毎度のことながら数で勝負な戦法にたじろいだがロエルのSクラフトやワジやロイドの広範囲クラフトで難なく仕留めてこれでレベルはみんな68へ。

さて蒼い花について伺うために大聖堂へ行くと弁護士のイアンがいた。なんでもディーター市長に頼まれて新国家の憲法の草案を作ってるらしい。ヘタなもの作ってしまうと共和国と帝国に揚げ足を取られてしまう重大責務。これは大変だ。草案とはいえ一介の弁護士に任せていいんかいな。――エラルダ大司教ってこんな悪者なボイスだっけ?妙に凄みがあるのが気になるが。蒼い花を見せたあの反応はあからさまに怪しい。教会の禁忌に触れるようなことなのか。そこへリースの助け舟。やはりというかグノーシス絡みの花だったか。幻獣とこのプレロマ草の関係はどうなるか。

ここでパート区切りだがシーンが暗転して何やら怪しげな男が…このシルエットと声はもしやヴァルドだろうな。以前闇落ちしそうと書いたけどほんとにその通りになりそうだ。心が弱い奴め。ダサいにも程がある。


二日目。結社に関係してるかもしれないローゼンメイデン工房を訪ねてみることになった。さてまたしてもたくさん舞い込んでくる支援要請。まずは空港であのカプア運送から誤送された荷物を元の住所に届けてくれという依頼。これもまたたらい回し依頼だから骨が折れる。あ、そういや一日目にウルスラ病院に寄るの忘れてたので寄ったがシズクは元気そうにしてて安心。依頼は小さなトランクを住宅街に届けようとしたら誰もいない筈の家に小さな女の子…の人形。結構幻想的な話だったがイメルダ夫人のお陰でオチがついちゃったなw エリィにとってもとんだ仕事になってしまったようだ。

お次は予想通り舞い込んできたアルモニカ村のあの件。どうやらミンネスは村の人を言いくるめて土地の権利書を集めているという。田舎者は騙されやすい。イアン弁護士に相談したら帝国で似たような事件が起こってたという。勝手に他人の土地を売り払ったいわゆる詐欺。こうなるとほんとにミンネスがクインシー社の社員かすら疑わしいのでまずはIBCでアルモニカに作ろうとしてる子会社に資金の動きがないか確認すると…ビンゴ。口座開設程度の資金しかなかった。次はエリィの家でクインシーのパンフレットを調べたがロイドと同じく自分も一点気になる言葉があった。さてハロルドやイアンの協力も得てアルモニカ村へゴー。バカ息子のデリックとミンネスに印籠を渡す。最初の選択肢はミンネスの計画について矛盾する点…あれ?さっき気になる言葉がここで出て来るのかと思ってたが違った。う~ん…製菓のノウハウがあるかな。――違ったようだ。エリィにフォローさせてしまい申し訳ない。あ、ここでさっきのパンフレットが出て来るのね。ミンネスが役員の肩書と矛盾してる点…あれ、これも自分の予想と違った。一番現実味があるそうなのは子会社の設立計画かな。――あれぇ…これも違うのか。今度はワジにフォローされてしまって面目ない。正解は甘いものが苦手か。一番違いそうな感じがしたのに。クインシーでは役員自らが商品を試食してそれを販売するか審査するから…なるほどね。でも正直証拠として突き出すには弱い感じがしないでもないが。そしてミンネスの本当の目的とは。これも選択肢だがアルモニカ村でミンネスから破格で動力車を買った村人がいたしあれは伏線だったかな。正解は偽物動力車の販売だ。碧の軌跡では動力車が結構フューチャーされてるしね。――えぇ…スケールが小さいから違うって言われてしまったw 今度ばかりは仲間はフォローしてくれず。それなら順当に土地の横取りだろうな。――ま、これが正解。裏をかく必要もなかったのか。結局イアン弁護士がモデルケースとして話してくれた帝国の事件を起こした詐欺師も実はミンネス本人だったというわけか。ここでも選択肢だがその犯人リドナーとミンネスが同じ顔をしてる理由とは。そりゃ同一人物だからだろう。――よし、正解できた。これでめでたしかと思ったらまさかの魔獣さんいらっしゃい。こんなところで戦闘かと身構えたら逃げられちゃった。さすがに民間人があんなにいたら戦えないか。お縄は翌日に持ち越しかな。

ao_kiseki_evo_0032.jpg

次はティオ待望のミシュランテーマパークからの依頼。みっしぃの中の人が腹痛起こしたのでロイドが代わってきぐるみに…あぁティオには聞かせられない依頼内容だったな…と思いきや何故か乗り気でみーしぇになっちゃった。もうやけになったかな?w しかしこうゆうイベントは東亰ザナドゥでもあったなw 取り敢えず「情熱的にファンシーに踊る」、最後の決め台詞は「エンジョイみっしぃ☆」を忘れなければ大丈夫かな。まず最初の選択肢は楽しんでいってね。もちろん正解。次の選択肢はよくあるシチュエーションでガキが蹴りを入れてきて遂にはみーしぇにまで危害を。さてどうする?ここは叱るではなくくすぐるだな。これぞ神対応。こうゆうのは子どもがどんな反応して欲しいかなと目線を合わせてあげればいい。次はカップルが写真を撮ろうとしてきた。ここは片割れに横取り気分を味わせるのではなく仲を取り持つべきなので2人の間に立つ。ふぅ、何も波風が立たせなかったぞ。これは自分もいつテーマパークのきぐるみのバイトやれそうだw そしてダンスショータイム。もちろん最後の決め台詞はエンジョイみっしぃ☆!これで任務完了。やったー!はじめてオールクリアじゃないか。報酬としてみーしぇぐるみってのも貰えた。で、オチはティオにとってはあんまりな現実…ま、まぁそのなんだ。これが大人ってやつだ。

ここまでで累積DPは149となって捜査官ランクは8thとなった。アルモニカ村の件の対応が酷すぎたな…。

討伐魔獣はネペンテスG。アナライズして察した。はい、やり直し。いやほんとこいつには参った。カッフーネ地獄もキツいがカウンターの地震でSPDをダウンさせられてしまい何体もいるネペンテスGにフルボッコのターンばかりになってしまうのがキツい。1200前後ダメージ喰らうからHP管理が重要。どうにか各個撃破で対処していけたが途中ランディがサポートクラフトで3体同時攻撃してきた時はマジで恨んだわw お陰で地震が立て続けに発生してロイドとワジが戦闘不能。それでもどうにか立て直せられたけどまさか味方に殺されそうになるとはなぁ。


さてローゼンメイデン工房に到着。老人から聞き出したいことで選択肢だが…それはすなわち結社の計画についてだ。それはこの章冒頭でもカンパネルラが言ってた幻焔計画という。ただ今回はリベールみたいに結社はしゃしゃり出てこないという。次に聞きたいこと…あ、これは別に選択肢クイズじゃないのかw 他に冒頭のシーンでも登場してきた柱の使徒の説明も。う~ん正直よく分からんしあまり興味は沸かない話だ。取り敢えず二人の使徒、マッドサイエンティストみたいな奴と剛強な達人がクロスベルの地にやってくるということが今後の懸案事項か。でもそんな存在がわざわざクロスベルに来る理由が弱い。現実的ではないような奇想天外な事を結社はしでかそうとしてるらしい。取り敢えずはセルゲイ課長に報告に戻るかと帰ってたらいつもの流れ。フランから急報が入ったが西クロスベル街道の線路で脱線事故発生。勿論ただの事故なわけはなく。

これまた盛大に(3Dモデルを)壊したなぁ。でも死人は出なかったという。それだけでも怪しい。車掌から話を聴くと運転手が脱線の直前に「うわぁなんだ!?」と叫んだという。これはもう確定的じゃないか。先頭の機関車にある殴ったかのような凹み跡もあって駄目押し。ただ次のイベントトリガーが何か分からず彷徨ったが列車の向こう側にもうひとつ検証ポイントがあった。これらの現場検証でロイドが導き出した答えとは。まず落石の可能性は?機関車戦闘の傷の少なさからそれは違うと断定出来る。何かが列車に並走しつつ突然右側から体当たりをしてきた、というわけだ。よしこれで大正解みたいだな。で、その何かとはやはり幻獣の可能性が高い。えぇ…違うの?ティオの見解だと上位三属性の気配はないらしい。これは格好悪い…。そういえば確かに蒼い花もここにはないんだったな。すると例の人形工房にあるハピスマテルでも使われたかなと思案してたら野獣みたいな遠吠え。ワジが何かを察したかのような表情…あっそうかこれはあのヴァルドの仕業か。以前闇落ちしてたシーンが出てきたし今回の脱線事故もヴァルドの可能性が高いな。死人を出してないのも何となくそれがヴァルドだと納得できる。

バケモノの後を追いノックス街道へ。既にワジは相手がヴァルドだと確信してるようだ。そしてあのサバイバル訓練場所へ入っていく。ここはノックスの樹海。蒼い花が咲き乱れ上位三属性も働いててこれはまた難儀なダンジョンとなりそうかなと思ったが実際はそんなに長い行程にはならず結構呆気なく終点へ。さてボス戦だがメンバーにはもちろんワジを入れるしてあとこの地に関わりが深いランディとノエルとロイドというメンバー構成にした。アーツ使いがいないけどまぁワジがATS高いから何とかなるだろう。

ao_kiseki_evo_0039.jpg

というわけですっかり変わり果てたどころじゃない人間辞めてる姿のヴァルド登場。…まぁ何というか可哀想な奴だ。魔神化してしまったヴァルドとの悲壮な戦いだがSクラフトをありったけぶち込んで結構ゲージ減らしたところで…えぇなんだイベント戦?――グノーシスは誰から手に入れたかについてははぐらかされて謎だがヨアヒムの魔人化とは違って確かに暴走してないし制御出来てるみたいだ。グノーシスは切っ掛けにすぎない…ヴァルドの強くなりたいという想いがこうまでさせたのか。脱線事故の片付けが終わったミレイユたちも駆けつけたがここでお開き。食い下がるミレイユ部隊のイベントスチルが何故か出てきたがあまり意味がないような。結局ヴァルドは取り逃がしてしまった。あ~もう無駄にSクラフト撃ってしまったじゃないか。CPポイント返してくれw


三日目。前日のノックスの樹海では終盤の証のバーストモードも出てきて二日目でこの章はお終いかと思ったがまだあった。さてまたまた支援要請から一日が始まる…と思ったらそこへ遊撃士協会のミシェルから電話。遊撃士コンビのリンとエオリアが行方知れずという。あの二人の強さなら特に問題なさそうだがこうしたイベントがあるってことは何らかの事件に巻き込まれたってことだ。予想としてはヴァルドが人質として拉致したとかありそう。どうやらティオの知るところエニグマIIには緊急アラート機構なるものが搭載されてるとかでIBCのロバート主任のところへ行くとヨナもここで世話になってるらしい。まぁ放し飼いにしてたらまた面倒事起こすかもしれないしそれならその高いハッカー能力を役立たせようというわけか。よく分からんがオルキスタワーのてっぺんからなら遮蔽物がないから探知し易いらしい。

一昨日から続いてた一押しグルメリポートの件。ウルスラ病院のビュッフェの煮込みがようやく出来てた。これがまさに三日煮込みシチュー。エリィがものすごく感動して幸せそうな表情でこれはエリィの担当だな。これで最低ノルマは達成したがまだ6人全員のお気に入りが決まっていない。あとはティオとランディを満足させられる飲食店だがランディはすぐに予想付いた。やはり古巣のベルガード門の飲食店だったな。ここで食べた満腹寄せ鍋は勿論ランディの一押し…あれ?そうゆう会話にならないぞ?おかしいなぁ。

取り敢えずひとまず置いておいて次の支援要請は暴走車の取り締まり。またあのバカどもが暴れてるのかと張り込んでたらビンゴ。ここで実際に動力車を操作してカーチェイス出来るんなら面白いけどそんな自由度はなくやはり選択肢クイズ。まずバカトリオが道を塞いできた。それならコースを外れて避ける。だって車内の安全の方が優先だからこれで正解…じゃなかった。ブレーキだけでうまくかわせよってランディに言われてしまったよ。すまんノエル。バカトリオが加速していきこのままでは離されてしまう。もう一方の選択肢の速度を落としてだとただ単に離されてしまうだけだろう。それならノエルの判断に任せよう。おっノエルがノリノリ。この判断で正解だったようだ。今度はバカトリオの乗る動力車のブレーキがおかしくなったようだ。ほんとバカだな。ここでの選択は、前に回り込んで止める。ふぅ~これも正解だったみたいだな。と思ったけどあれ?違った?ん~どうだったのか分からないな。ま、何はともあれ誰も死傷者出すことなく取り締まれてよかった。バカどもは今回もお咎めなしで金で解決してしまうのかと思われたがクロスベルの法整備が進んでてある程度罰則が適用出来るようになったらしい。でもたったひと月の免許停止だけど。それでも調子の乗るバカだがここで中央広場にいつもいるケイト巡査の説教にはさすがに堪えたようだ。ま、しおらしくなるぐらいまだ正しい心が少しでもあるんなら更生の余地はあるのかもね。

手配魔獣のゴルドクリケット戦は珍しくロイドとランディ抜きで勝負。一瞬混乱の異常巻き起こす類いの魔獣かと危惧したがSTRダウン効果だけだったから事なきを得た。ノエルとティオ、ワジとエリィのコンビクラフトという珍しい組み合わせで攻撃するも中々倒れてくれなかったがようやく。ここは手配魔獣より雑魚過ぎる魔獣と行き帰りの行程が面倒だった。

で、残る支援要請の一押しグルメリポートだがクロスベルの地図眺めてたらもしやと西通りのパン屋を訪ねてみたらビンゴ。ベネットお手製のパンかと思いきや本人拒否の為に別のしっとりカツサンドを頂いた。これはもう名前からして美味しくないわけがない。で、これを担当するのが…ってあれ。まだ試作段階だから駄目だって。なんだぁ~。あと思い立ったのが港湾区。そういや広場に屋台があったなと駆けつけてみたらこれもビンゴ。天上麺「日輪」ってラーメンをご馳走になった。あと残る一押しメンバーはランディかティオだが激辛な野性味溢れるラーメンなのでもちろんランディが担当になった。ついでにピリ辛担々麺のレシピもゲットだがこれでレシピまだふたつ目なんだがw ノー攻略wikiの自力だとこの体たらくだ。で、ティオの一押しグルメがない。ミシュラムになら一押しがありそうだけどこの章では行けない。う~ん…もしかしてこの雨で引っ込んでしまった他の屋台にあったのかもなぁ。ずっと地図見続けても思い当たるところがない。期限切れ間近でもうこのタイミングしかない。放っておいても損するだけなので悔しいがこの時点で報告。グレイスに一応褒められはしたけど残念がられてしまった…。分かんないんだからしようがないんだよ~。


ao_kiseki_evo_0038.jpg

気を取り直してヨナとロバート主任が待つオルキスタワーへ。リミットブレイクした結果リンとエオリアは遥か南の湿原地帯にいると分かった。これは当然何らかの異常事態。というわけで急ぎ現地へ急行。ここからはもう後戻り出来ない、つまりこの章の終盤に差し掛かるというわけだろう。着いた先が例の蒼い花プロレマ草が咲き乱れる湿地帯。ここであのヨアヒムも草を採取してたそうだ。先客としてあの銀もいた。彼女の物腰からして予想付いたがロイドが切り出したのはパーティメンバーのお誘い。零の軌跡のウルスラ病院でもメンバー入りしてたな。エリィもこれは予想付いてたらしくさすが未来の伴侶といったところか。――後から来る手はずのアリオスの案内役として誰かひとりここに残すことになった。といってもノエルかワジかの二択だが。ひとまずここはノエルにしよう。ヴァルド案件かもしれないからワジは入れておきたい。――零の軌跡ではあまり銀を使ってなかったけどフィールドアタックはランディ並に使い勝手がいい。戦闘時の強さも本物だ。少し進むとエオリアがひとりで触手攻めになってた(違う)。エオリアとリンは幻獣やプロレマ草の手掛かりを追ってるうちにあのウロボロス連中と戦ってそのうちに道化師とかいう男の子?にとっ捕まってここに至るらしい。さらに進んでいくっとリンもいた。騎士の他に別格的な強さの敵もいるらしい…う~むアリオスですら敵わないなんてどんな新キャラの敵なんだろうか。そうか、そいつが人形峠の爺さんが言ってた使徒のひとり、達人ということなんだろう。

さて最奥で待ってたのは…あぁそうか男の子ってのはカンパネルラね。あとはあの眼鏡の博士が例のマッドサイエンティストみたいな奴で横にいるのは…この声は久川綾さん?が例の使徒なのか。博士は結構面白い奴みたいだがまぁそれはさておき鋼という騎士は何か騎士姿そのまま騎士道精神があるような感じだがやはり相容れない奴なのか。そしてこの最悪な邂逅をさらに最悪にするゲストはここの主らしいデカい幻獣。ま、向こうからしたら勝手に自分の縄張りで遊んでんじゃねーってとこだろうが。――さてボス戦だが今回はバーストモードがあったから有効な間に補処系アーツでステータスアップしていって相手にクロノダウン掛けまくった。これで終始優勢に戦えた。ただバニッシュ攻撃は鬱陶しかったが。もしかして適正レベルより少し上回ってるのかも。

ウロボロスがこのクロスベルで何をしようと企ててるのか。それは約束の日のために…というありがちなキーワード。そして遂に出たアリアンロードの出番。得物は槍みたいでああゆう形状だと戦場のヴァルキュリアを思い出す。このシーンで流れてる曲は空の軌跡SCのFateful confrontationをアレンジしてるやつだな。これは否応なしに燃える。流れ的に連戦にはならないと確信してたがやはりイベント処理。あ…ここでまさかの展開…遂に銀の正体がバレてしまった。いやいずれバレるとは思ってたがこんな形でとはなぁ。そこへアリオスたち遊撃士メンバーも駆けつけてきたがさすがにアリオスは相手の力量が分かってて無謀な戦いは挑まず。去っていったウロボロスたちだが自分らはあくまでも計画の脇役に過ぎないという。いずれ放たれる獣によって起こる災厄に惑わされないよう…という忠告を残して。

ao_kiseki_evo_0034.jpg

そしてバレてしまった銀、もといリーシャは稽古があるので戻らないと…と言って去っていった。ちょっとバツが悪いところが可愛い。ロイドたちにとってはウロボロスといい銀の正体がリーシャだったことといいどれも悪夢でしかない。あいつらが言ってたいずれ放たれる獣たち…ランディのつぶやきからして赤い星座だろうか、と思案してたらダドリーから通信。なんとその赤い星座がクロスベル市内から一人残らず消えていったという。奴らが動いたってことはやはり獣たりえる存在なのか。そしてもうひとつの目の上のたんこぶ、黒月も動向も気がかりだ。

リーシャの正体が銀と知り打ちひしがれる特務支援課のみんな。でもロイドはやはり前章終盤のあの夜にあったリーシャとの会話で気付いてたか。まぁあんな言葉聴いたら薄々勘付いてしまうだろうな。ただ今は赤い星座の方を考えるのが優先。明らかに何かをしでかすというタイミングだ。ランディの分析によると奴らが企んでるのはゲリラ戦。仕掛けるとしたら山岳か市内だが…とそんなこと言ってる側からマインツ参道でおっ始めたか。

今更なことだがランディのボイスだけ偶に途中からやたらボリュームが下がったりする時があるような?三木さんの演技だとしたら不自然だしそもそも後からいくらでもボリューム上げられる筈。するとやはり不具合か。でも今の段階でも直ってないのは変だな。

ここから暫くは見てるだけのイベント戦。シャーリーがテスタ=ロッサという愛用の武器で頑張ってる。しかし機関銃がもろに人間に直撃してるシーンはSDキャラとはいえ惨たらしいものがあるな。シャーリーのカットインがあったがこれは紛れもなく後々で直接対決があるってことだろうな。まぁレンとも以前戦ったわけだしまだ救いがあるかもだがでももう大分血で染まっちゃったから駄目かもなぁ。

シーンはオルキスタワーでのディーター市長交えての緊急会議。赤い星座と結託してる帝国からは身に覚えがないという予想のつく返事。共和国も独立宣言のせいでそっぽ向かれてるという。猟兵団は所詮金で動くからあとはどう交渉するかに掛かってるかだが望み薄だろうな。あいつらとはこうなったら武力で抑えるしか。他には魔人化したヴァルドの件もあるしほんと問題山積だ。古巣の赤い星座が虐殺行為しちゃってランディはどう思うかだが全く気にしてなくてほんとにもう縁は切れて吹っ切れてるみたいだ。取り敢えず今は力をつける為に腹ごしらえだな。

で、結局ランディらしい行動をランディはとったわけだ。ワジも類は友を呼ぶで察してたんだろうか。ランディもワジを察してて見抜いてたのか。結局ワジの本性については分からずじまいだが。当然激高する特務支援課。探知されないようエニグマIIを置いていったのがちゃっかりしてる。ただロイドは冷静だった。ランディはまだクロスベル市内にいる、それは今持ってる武器では猟兵団には敵わないから。だからかつて持ってた武器を市内で調達してる筈。さすがのワジもロイドのこの推察には驚いた顔。ロイドもリーダーの器が板についてきた。

ランディといえば歓楽街のカジノ。だがその前にアルカンシェルに寄ってみたらリーシャがいてくれたが案の定気まずい。本番前の練習もあるのでお邪魔だったようだ。カジノのオーナーから情報を聞き出したあとは武器がありそうな旧市街の交換屋へ。やはり物騒なものばかり持って行ったようだ。エニグマIIも闇に流れていたやつを買うとかさすがというべきか。ギヨーム工房でも特注の動力ライフルをこしらえもしたらしい。しかしこうしてみると特務支援課だけでなく街のみんなからもランディは気に掛けられる存在だったんだな。ほんと罪づくりな男だ。ここで一旦ランディの足跡整理で選択肢クイズ。まず真っ先に訪れたのはオーナーに預けてたトランクを持っていったカジノバーだ。その次に訪れたのはバラバラのパーツを買っていった交換屋、最後に訪ねたのはそれらを組み立てる修理屋だ。――えぇ…この順番じゃなかったのか…。間違いないと思ったんだがおかしいなぁ。最初は絶対カジノバーだよね。それじゃあ次は単純にあべこべにして修理屋?そして交換屋…。――ほっ、この順番で正解だったようだ。って答えは一択だったけどね。さぁランディを追ってマインツ山道へってところでこのタイミングで黒月のあの眼鏡から通信。タイムズ百貨店に行ってみるとツァオひとりだけ。どうやら銀が黒月との契約を切ったらしい。ツァオは銀の正体については知らないだろうと高をくくってたがやはり食えない男だったか。ヒントを引き出されてしまった礼というわけでもないだろうがランディの行方について教えてくれた。もちろんこれも黒月の利益になるからなんだろう。

ランディを追って向かった先は旧鉱山・廃道入り口。この音楽も懐かしい。途中の宝箱魔獣戦で戦ったゲルマーって敵がやたらティオばかり狙ってきたがロリコンかな。少し進むと軍用犬みたいなのと不意打ちの戦い。耐性皆無だったから恐ろしくは強いってわけはなかったな。ここで意外にもミンネスの名前が出てきた。なるほどミンネスがアルモリカ村で引き連れてた軍用犬と同じ類いの敵、つまりミンネスも赤い星座の協力者だったかもというわけか。あのバカ息子のせいで危ういとこだったな。そうして第1章で訪れた旧鉱山に繋がった。あの行き止まりの鉄格子は何なのか気になってたがここと繋がってたんだな。そして地上で鳴り響く爆音。ランディがやりやがったか。無茶しやがって…。たださすがにシャーリー相手には遅れを取ってしまった。助太刀は当然だ!

ao_kiseki_evo_0035.jpg

意外と早くシャーリーと戦う時が来た。お供の猟兵も引き連れていてこれは激闘になるかと思ったら意外と?呆気なく押していけた。なんだ弱いじゃんと気を許したら…なんとシャーリーのSクラフトがクリティカルしてしまい3人が一気に戦闘不能という…。万事休すかと思われたが行動待機ウェイトが長いSクラフトだから立て直す猶予があって助かった。不幸中の幸いってやつだ。ウェイトが半分ぐらいの時間だったら立て直せなかったかも。勝利するも決着はつかずお預け。ま、あっさり過ぎるのでこうなると思ってた。

ao_kiseki_evo_0036.jpg

さ、この後はランディの救済だ。ようやく仲間に弱音を吐いてくれたランディ。やっぱり持つべきものは友ってことだな。雨降って地固まった。例の特注ライフルはシャーリーに壊されたがギヨーム工房で修理出来るみたいでゆくゆくはランディの最強武器となるのかな。で、赤い星座は月の僧院方面に向かったらしいが突如として消えたらしい。そしてまさかまさかのなんとクロスベル市が炎上。そんなバカな…。さすがにこの展開には驚かされた。まさかここまでやってしまうとは…。

ao_kiseki_evo_0037.jpg

ここまでで捜査官ランクは7thで累積DPは191となった。

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution
角川ゲームス
Posted at 2016.10.9
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks