1.03のアップデートがあった。公式サイトによると進行に影響のあるバグフィックスとその他の不具合解決。それにしても今回もサイズがデカくて何と502MBもある。今のところ自分のプレイでは進行に不具合やフリーズはないけどクエスト位置のフラッグが地図上に立てれない場合が偶にあるな。再現性が不明なんで直ってるのか分からないけど。

firis_0035a.jpg

ナックルガード調合。全能力ブーストが付けられて嬉しい。早速フィリスに装備させて不良にしちゃおうw 今作も図鑑のコメントが楽しい。戦闘装備画面はLRボタンでキャラ切り替えられたら便利なんだけどね。探索装備画面は別のボタンに割り当てればよかったと思う。

ファーヴェ丘陵北東方面進んでたらトロフィー綴るは旅の軌跡取得。これは多分マップを一定以上埋めたからなんだろうな。その後ミニマップにドクロマークがあったから行ってみたら巨木兵とかいう敵…。でもグリフォニアンみたいにいざ戦ったら大した事ないんじゃないかと気軽な気持ちで戦ったら…あかん…ダメージは50近く喰らうしこちらの攻撃は一桁程度だしでどうしようもない。そりゃ向こうはレベル45でHP1500もだからそりゃこうなる。無事逃げられただけでもよかった。そんなトラブルもあったがファーヴェ丘陵はマップ見る限り大体全て踏破したかな。じゃあフルスハイムに行くルートはやはり旅人の雑木林しかないみたいだ。これまた岩を破壊しないと進めなくてほんと無駄。岩を永久に破壊できる爆弾アイテムとかこの先出てこないかな。

雨の日に輝く光というメッヘンの村で受けたクエストだがこれは天候任せな運頼みだから後々まで残っちゃうクエストだなと放置気味だったがテレポで付近の焚き火に飛んだ際にタイミングよく雨になってくれてラッキー。とはいえ採れた材料は既に良い品質を持ってる黄金樹の葉。

旅人の雑木林をずっと東へ行くとエリア切り替え地点で特別栄養剤を欲してる女性がいた。仕方ないなぁというわけで調合してこれで錬金術レベルは20に到達。とはいえ戻るのが面倒なので渡すのは後々で。

その依頼主の南の方にもルートがあったので行ってみたらやはりエリア切り替えポイントで白霧々森ってところに出た。イベントもあって相変わらず姉妹仲良くやってるなぁと和んでたら…おおっ!きたきたー。亜李ちゃんだ!ようやく会えた。自分がゲームで亜李ちゃんの声聴くのって初めてじゃないか。嬉しいな。亜李ちゃん…じゃなくてドロッセルは格好的にも雰囲気的にもメルヴィア枠だったりレジナ枠だったりするんだろうか。それだと自分の好みと外れるからちょっと残念。ま、どのみちメインキャラだからパーティメンバー入りする筈。あ、そうだ、この娘は確かソフィーのアトリエのキャラ、フリッツの娘じゃなかったかな。

firis_0035m.jpg

フリッツの話通りやはり方向音痴だったw 放っといたら延々と迷い芸続けちゃいそうだしいっそ仲間に引き入れたらいいんじゃないかと思ったら…イベント明けでもう誘えるようになってたw 特にメンバー入りへのイベントもなく唐突にだったんだが何か端折られたみたいで適当だなぁ。一言二言でもいいからメンバー入りする経緯の会話を入れればいいのに。

というかドロッセルはまだレベル12!?ひくっ。ステータス的にも最弱だしこれは戦力にならないどころか足引っ張りそう。でも戦闘時の掛け声で「気合い入れていきまっしょい!」と亜李ちゃんの声で元気づけてくれるのは嬉しい。こうしてプレイヤー側の戦意高揚になるw で、アホなことに予感的中。レベル10のドライアド程度に一撃でやられてしまった…。亜李ちゃん…。戦闘不能でも経験値は入る仕様なのは引き続き同じみたいだな。

アトリエテントに入ったらドロッセルとのイベントがあったが「ドロッセルさんて強い」!?w 「戦いはお手のもの」!?w どの口が言うかなw ま、自分の戦いのせいでにあるんだがドロッセルがほら吹きキャラになってしまった。ドロッセルはズバーンと斬れれば何でもいいみたいで剣使いでもあり斧使いでもあるという。剣は既にレヴィがいるから斧担当だな。これもスキル習得イベント。これで少しはステータスの低さを底上げしてくれたらいいけど。

とはいえ心許ないのでさらにグナーデリングを作った。ある程度効果も開示出来たし特性に全能力強化と素早さ超強化を付けられたんだから中々いい具合だ。触媒のお陰でこのグナーデリングを2つも作れたので他のメンバーにも装備すげ替えつつこれでみんなかなりステータスアップ出来たかな。

さてどうするか。この白霧ヶ森は旅人の雑木林の大体南南東に位置するところ。西へ行くと南方原野方面に繋がりそうだ。まずはフルスハイムに行く前にそっちの方面を埋めていこうか。

この森は目印らしいところもなく漠然と街道が広がってるだけで迷子になって彷徨ってたドロッセルの気持ちも分かる。集中力途切れがちだがフィールドBGMがここも素晴らしいのでモチベは保っていられる。途中であったクエストは木材調達だがこれは即完了。こんなところにもフリードスという行商さんが歩いてた。暫く進むと看板があってトンネルを抜けた先はドナの村だという。そこがドロッセルの村かな。うるさい人お断りってこのパーティはみんないろいろな意味でうるさくないかw

村の前に男たちがいてフィリスをプニみたいにぷにぷにしててさながらプニ子さんねと煽ってきやがったw プニっとした体系の良さが分からんとは…こいつらはアーランドや黄昏シリーズの住人か。これは売られたケンカというわけでこれもクエストでうさぎ狩り。綿ウサギは既に緑プニ並に雑魚だが10匹ノルマは面倒なんで旅のついででやっていこう。今のところ期限ありなクエストは見たことないような。でもそのうちあるんだろう。

そうしてドナの村に到着。イベントがあってもまた夜だから真っ暗なシーンで喜び半減だなw で、うるさい人ってのは長老なのか。爺だと色々とうるさいだろうなと入ってみたら婆さんだった。しかしあの程度で泣いちゃうとかエルトナの村はみんなフィリスに優しかったんだな。長老のご機嫌取りのお土産は何がいいか。女の子に聴いたら甘いものが好きといいじゃあロッククッキーかプニゼリーとかだな。取り敢えず手持ちのロッククッキーをあげたら機嫌を直してくれたが偉そうだなぁ。

長老婆さんの名はオレリー。自己紹介クレジットが出るってことはメインキャラのひとりか。錬金術士は何でも屋と思ってるらしく今度はお使いを頼まれた。駄賃として500コール貰ったけど頼まれた甘竹は既に18個持ってるから500コールそのままパクっちゃおう、と思ったらちゃんと5個分買うプロセス踏まないとイベントが進まない仕様とは見透かされてるw

そして今度は薪に使う木材を持ってこいだと…。延々と頼み続けるんじゃないだろうなぁ。錬金術士は物を拾う職業じゃないんだぞ。でもフィリスはいい娘だから何でも言うこと聞いちゃう。さすがにリアーネの顔が曇ってきた。でもフィリスは人に頼られるのが本当に嬉しいみたいでそれを見てリアーネはなんていい娘なの…とうっとりする始末で駄目だこりゃw あ、今度はすぐ手持ちの木材カテゴリを渡せるんだな。これでもま~だ頼み続ける婆さん。で、ここでまだやるかやらないかの選択肢が出てきた。…さてどうするか。自分的にはもうおさらばしたい気持ちがあるがでもフィリスがさっきあんな事言った手前ここでやめるのはちょっと違うよな、というわけで続行。自分もお人好しだなぁw

錬金術士って言うわりにおつむが弱そうな顔をしてる…これはひどいw ま、どっちかというとフィリスは頭より体を動かすタイプの錬金術士だよね。歴代だとロロナやメルルやエスカとかそんな系統か。で、この婆さんはフィリスの錬金術士としての腕前を鍛えようという魂胆なのか今度は調合依頼をしてきた。あ!もしかしてこの婆さんは錬金術士なのでは!?だからこうしてフィリスに強く当たって腕を見てるのかもしれないな。それならこの依頼を頑張れば推薦状に近づくかも。

firis_0036.jpg

婆さんから貰ったレシピで作る調合アイテムはアルゲマイン合板。が、エヴィヒブラウって材料が足りずで作れず。これはきっとこの辺りで採れるんだろうな。なら早速探索だ。

大きい置き時計っていうアトリエメイク用のアイテムを作った。設置してみたが相変わらず効果が分からないから意味あるのかないのか。ま、錬金術経験値は得たんだからいいか。時間は無駄にしてるが。

ずっと探索してたら南西方面でレーベンヴァウトってところへ抜ける街道があった。旅人の雑木林の真南に池がある辺りだな。そこからさらに西へ行くと南方原野にたどり着くんだろう。行ってもいいが白霧ヶ森でのクエストも中途半端になってしまうので切りが良いところまできっちり終わらせからにしよう。

白霧ヶ森内の3つあるフェアリーサークルを周っていくクエストがあるんだが辿り着いてお供え物?を置いても特に変化なし。まだ時間経過が必要なんだろうか。

錬金術レベル21になったらじゃないだろうけどブリッツコア・氷・炎・雷ってのを閃いた。使用アイテムだしこれはエスロジでもあったロジー・エスカ用武器のフィリス版ってとこなのかな。実戦で使ったらキノコ相手に特性無しでも200以上のダメージ与えられて有用だったが範囲は単体のみなのが惜しいな。

はぁ~エヴィヒブラウ求めて行く当てもない旅を続けているが残り220日にもなってこんなブラブラしてて大丈夫なんかいなと不安しかない。自由度が高いのはいいけど自分みたいな敷かれたレールでプレイを進めるのが好きな人にとっては胃がキリキリする。

firis_0037m.jpg

途方に暮れつつアトリエに戻っていつもの1000枠埋めないようにアホみたいなコンテナ整理してたら…あれ?エヴィヒブラウ2個あるじゃん!いつの間に!?図鑑見てみたら落とすモンスターは全く覚えのない面々。すると採取で知らぬ間に採ってたんだな。エヴィヒブラウの絵柄からして多分木材から採ったんだろう。落ちてる材木はドナの木だけじゃなくここでは色々な木材系の材料が採れるからね。でも採った場所を把握しておきたかった。

というわけで早速アルゲマイン合板を調合。これで婆さんに目にもの見せてやり出来栄えを褒めてくれた。さぁ推薦状を!…ではなく婆さんはフィリスをこき使ってるって自覚があったんか。公認試験目指してるのに何でこんな老いぼれの頼みを聴いてくれるのか、の問いに…何となく推薦状書いてくれそうな直感かな、ではなくもちろんフィリスは困ってる人は見逃せない、試験より大事なものがある、ってことだ。これで婆さんも納得してくれたみたいだが…えぇまだ最後の課題があるの…。というわけで種明かし。やはり婆さんは錬金術士だった。出会って早々の怒鳴りから試験は始まってたとかとんだ食わせ者の婆さんだな。

で、最後の課題はまさかの湿布薬。錬金術士も歳には勝てないってことかw これもまた材料が足りな…くはなく要求錬金術レベルも11程度なのですぐ調合だ。あ、長老の住まいが庵じゃなくオレリーのアトリエって名称に変わってるのが芸が細かい。婆さん、貼ることまでフィリスに頼むとは足元見やがってw ま、これも推薦状貰うための我慢。そしてようやく認めてもらえて推薦状ゲットだぜ!結局最後まで雑用やらされたがそれでもこれがフィリスがやりたかった人助け。何でもやらされる錬金術士の宿命。この先錬金術士になったらこんな仕事ばかりだ。こんなところでめげてちゃいけないな。

firis_0038.jpg

メッヘンの村といいドナの村といいこの世界の錬金術士って単なる便利屋でしかないんだなぁ。ソフィーのアトリエでも確かにそんな感じだった。そういった何でも出来る力があったらもっと高尚なことにとは思わないでもないがこの世界は善良な人達で出来てた。

firis_0039m.jpg

しかし思いがけず推薦状が貰えるメインストーリーだった。てっきり次に貰える場所はフルスハイムとばかり思っててこっち方面は道草でしかないと思ってたからなぁ。棚からぼたもちと言うやつか。でもこれで推薦状はあと1枚!残り日数は200日近くあるから結構余裕かな?


フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ - PS4
コーエーテクモゲームス
Posted at 2016.11.7
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks