2017年7月29日更新

前回はPSP版ともいうべきオリジナルサウンドトラックの方をレビューしていったが(記事:碧の軌跡 オリジナルサウンドトラックの感想 | 妄想シンフォニー)、今回はEvolution版のアレンジされたサウンドトラックの語彙力皆無なレビューでも。これまでと同様にお気に入り曲のみのレビューだがさらに絞ってアレンジ版で原曲を超えたorもしくは微妙になったりした曲を書いていこう。

ao_kiseki_ost_03.jpg

再生環境はこれまでと同様にヘッドホンはAKG K712PRO、foobar2000のWASAPIモードでFLAC再生。オーディオカードはAsus Xonar Essence STX。いい加減進化しないオーディオ環境だが自分の耳にはこれで十分。

感想

CD1

Dの残影(編:神藤由東大|ギター:宮崎大介 ヴァイオリン:長野昭子) ・・・ サウンドがよりリッチになり生音のヴァイオリンは官能的で魅力的。後半はエレキで熱気マシマシ。ミステリアスさがあった原曲とは違う方向性であの場にそぐわない感じもするが熱く闘志が燃え上がるテンションが冒険の始まりに相応しい。

Seize The Truth!(編:神藤由東大|ギター:寺前甲 ヴァイオリン:長野昭子) ・・・ イントロはピアノとストリングスのユニゾンになった。そしてエレキ&ヴァイオリンの伝家の宝刀で攻めていく。後半かたちを変えながらリピートに入ったあとピアノのメロディで静まりそこからヴァイオリン、エレキと盛り上がるのが熱い。長野さんのヴァイオリンが情熱的でしびれる。原曲は少し線の細さを感じさせられたがアレンジで戦闘曲に相応しい迫力と熱いビートが生まれた。

Concentrate All Firepower!!(編・ドラム:岡島俊治|ギター:平松俊紀 ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 原曲は音源のせいかチープさがあって曲の良さが少し殺されてたがアレンジと生音のお陰でサウンドが豊かに響きようやく名曲を名曲として満足に熱く楽しめるようになった。岡島さんの溌剌としたドラムが最高。サイドで唸るエレキのグジュグジュとした鳴りっぷりがいかにも平松さんらしいプレイだ。

木洩れ日の中の静寂(編:岡島俊治|ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 音数が増えて静寂感は希薄になったがヴァイオリンの響きが美しく色とりどりな情感も出てきてこれはこれで悪くない魅力がある。ただヴァイオリンに響きを付加し過ぎかな。ヴァイオリンだけ風呂場で鳴ってるかのようだ。

Exhilarating Ride(編:岡島俊治|ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 水谷さんがヴァイオリンとしてクレジットされてるけどソロのヴァイオリンを重ねて録ったということなのかな?それか誤植か。それはともかく原曲同様にお洒落でリラックスしたサウンドが心地いい。

ポムっと! -お花見団子の逆襲-(編:神藤由東大) ・・・ 原曲から一転してゴージャスなサウンド。シンセポップな今風のノリのいいアレンジにお色直ししてどこか爽やかすらある。サビの切なさはやや減退して明るく溌剌とした雰囲気になった。これはこれで悪くないアレンジだ。

オルキスタワー(編:神藤由東大) ・・・ 『Mythtic Roar』然り元々クラシカルな曲はアレンジするとより映える。スネアやトランペット、ピチカートなどの合いの手が効果的で高まる。後半の木管を使った展開も色鮮やかで魅力的だ。こうゆう曲調だと神藤さんの十八番だな。

大都市に潜む罠(編:岡島俊治) ・・・ 原曲のイントロの癖の強さはマイルドになって他の曲と調和してきた。よりオシャンティーな仕上がりで聴き心地がいい。これならゲーム内でも使って欲しかったけどお洒落過ぎてジオフロントで使うにはやや場にそぐわないか。

Fateful Confrontation -ポムっと!Ver.-(編:神藤由東大) ・・・ 原曲と大差なくて一瞬アレンジされてないのかと思ったが同じFM音源でもアレンジで断然豊かな表情に生まれ変わった。こうゆうレトロなアレンジも神藤さんにとってはお手の物だ。

Conflicting Passions(編・ドラム:岡島俊治|ギター:平松俊紀 ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 原曲の音源でもエッジが立ってて特に不満はなかったがやはり生音だとエレキがよりマッシヴに鳴ってくれて気持ちがいい。強靭に響くヴァイオリンもエモくてエレキとのユニゾンに痺れる。ギターソロも堪らない。岡島さんのドラムとの丁々発止の絡みも熱い。

ミシュラムワンダーランド(編:神藤由東大) ・・・ 原曲では少しダサめだったイントロだがよりポップになって曲のテイストも爽やかに軽快に。これなら何度でも聴きたい。

エリィ絶叫コースター(編・ギター:岡島俊治) ・・・ 原曲のほうがドラマチックさがあって良かったかな。こちらはちょっと音が洗練され過ぎな感もある。

Strange Feel(編:岡島俊治) ・・・ これはこれで悪くない綺麗なアレンジだけど逆に綺麗過ぎて原曲の沈潜していく荒涼とした空気感が薄まったかな。

執行者(編・ギター・ドラム:岡島俊治) ・・・ 火花が散ってそうな鮮烈さ。ドラムの押しの強さが岡島さんならでは。SCからのアレンジだがこれは原曲の良さを引き立てたナイスなアレンジ。

CD2

動き始めた事態(編:岡島俊治|ピアノ:有木竜郎) ・・・ 原曲の不穏さは薄まりエレクトロポップなテイストになった感じだがこれはこれで悪くない。後半に追加されたピアノソロがお洒落。

鋼鉄の咆哮 -死線-(編:神藤由東大) ・・・ イントロの切迫感は薄まってしまったが『死線』の段階で既に重厚なオケアレンジになった。Bメロは原曲ではストリングだがこちらではホルンとチェロからストリングスと推移するようになりこちらもドラマチック。

Unexpected Emergency(編・ドラム:岡島俊治|ギター:平松俊紀 ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 基本的に劣勢戦闘曲はテンション下がるから好まないんだけどこれはアレンジによってより熱くなり決然とさせられるものがあって原曲より気に入った。そしてやはり伝家の宝刀はヴァイオリンとエレキ。これなら劣勢でもテンション上がる。

乗り越えるべき壁(編:岡島俊治|ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 生音のヴァイオリンアレンジになってより胸に染み渡る。『Miss You』もそうだがやはりヴァイオリンは生音収録のほうがニュアンスが増して良い。とはいえ打ち込みと思われるチェロの音も生っぽいリアルさがあってあまり区別がつかないんだがw

予兆(編:神藤由東大) ・・・ アレンジサウンドトラック限定曲。零Evoのエンディングロールで流れてた曲でもあるけど碧Evoではどこで使われてたかな。それはともかくハリウッド映画かなというぐらいのオケの壮大な鳴りっぷりが気持ちいい。

猛き獣たち(編・ドラム:岡島俊治) ・・・ 原曲はあまり印象が残らなかったがエッジの効いたアレンジで荒くれな力強さが出て曲の魅力が出てきた。

鋼鉄の咆哮 -脅威-(編:神藤由東大|ギター:宮崎大介) ・・・ 原曲よりさらにロック色を全面に押し出しAメロはエレキ、Bメロはストリングスからまたエレキへの継投になった。サビ後には軽いエレキソロもあったり。原曲の独特のドラマチックさや切迫感が少し薄まってしまったかな。曲自体の方向性も変わった。どちらがいいかは甲乙つけがたい。

千年の妄執(編・ドラム:岡島俊治|ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ よりドラマチックに。水谷さんの強靭なヴァイオリンの弾きっぷりにしびれる。

ふるわれる奇蹟(編:神藤由東大|ソプラノ:Kiko テノール:岸俊昭) ・・・ ホルンの咆哮はより生音っぽくなり金管の鳴りっぷりとサビ前のシンバルと大太鼓の叩きっぷりが気持ちよくて爽快。『鋼鉄の咆哮』2曲がやや食い足りない出来だったけどこちらはオケアレンジの方向性として期待通りの正常進化といったところ。

CD3

天の車(編:神藤由東大) ・・・ 前半こそ良いものの主部はやはり原曲のミステリアスさや荘厳さは希薄になり普通のエレクトロポップ系になった感がある。この曲の場合それがマイナスになった感があるなぁ。

偽りの楽土を越えて(編:神藤由東大|ヴァイオリン:長野昭子) ・・・ 原曲で印象深かったバスドラは右側に位置し硬めの音になってあまり主張せず、というか違う膜鳴楽器か。Aメロのチェロはオーボエになった。やはりミステリアスさや寂寥感は薄まったが余計なものを足さず引かずで原曲の良さを生かした丁寧で美麗な仕上がりではなかろうか。ここでもやはり長野さんのヴァイオリンは情感的で聴き惚れる。

犠牲の先の希望(編:岡島俊治) ・・・ プレイ中、後ろで薄っすら聴こえる笛の音が妙によく聴こえて印象深かった。原曲は暗くて希望が見い出せなかったが色彩が増えたアレンジでようやく光が見えてきた。この曲の場合今回の色鮮やかな方向性のアレンジが功を奏した。アナログ感のある中低音も良いが綺羅びやかな高音が実に綺麗。

Mystic Core(編・ギター:岡島俊治|ヴァイオリン:水谷美月) ・・・ 疾走感はやや減退したがよりポップにカラフルになった豊かなサウンドが聴き心地爽やか。サビのヴァイオリンは原曲より克明になっていて胸がすく。ただ水谷さんのヴァイオリンは長野さんと違って直情でちょっと堅い印象。

Unfathomed Force(編:神藤由東大|ギター:寺前甲 ヴァイオリン:長野昭子 ベース:榎本敦 ソプラノ:Kiko) ・・・ イントロのソプラノのヴォカリーズが妖艶。エレキサウンドも力強くなりメインキャラ級のボス戦に相応しい重厚感と熱気が加わった。落ちサビが追加されて大サビの盛り上がりにボルテージが上がる。この曲も原曲では音源の物足りなさが足を引っ張ってたがアレンジで良さが引き立ったな。

The Azure Arbitrator(編・ドラム:岡島俊治・イントロ編:神藤由東大|ギター:寺前甲・宮崎大介・平松俊紀 ベース:榎本敦 ソプラノ: Kiko テノール:岸俊昭・小林俊) ・・・ まず携わったメンツが豪華で総力戦といった感。それだけこの曲が人気であり待望されてる大物ってことだ。ただ音をリッチに盛り込み過ぎて原曲(も神藤氏によるアレンジだが)のエッジや熱気、疾走感が失われてしまったかな。確かに音はリアルになって音圧が増したが原曲の方が熱いし熱気がある。格好いい曲だから色々趣向凝らしたいのだろうけどそれが裏目に出てしまったかもしれない。ただ原曲を知らなかったら十分これで満足いくアレンジ。それだけ理想が高いレベルの話。――とはいえあれから何度か聴き返したらこちらもかなり気に入った。特に名うてのギタリストお三方がぶつかり合うギターソロの応酬が熱くて原曲との差を補って余りあるくらい格好よくて燃える。

それでも僕らは。(編:神藤由東大) ・・・ 原曲で不満だった盛り上がりどころでの音の薄さが解消されてようやく物語のクライマックスを味わえた。

碧き願い(編:岡島俊治|歌:佐坂めぐみ コーラス:小寺可南子 ギター:寺前甲 ヴァイオリン:水谷美月 ベース:榎本敦 ドラム:岡島俊治) ・・・ Evo版の新主題歌というか『Concentrate All Firepower!!』の歌アレンジか。ボーカルは東亰ザナドゥのリアルSPiKAの子。ただコテカナとバトンタッチしてまで歌声に魅力はないかなぁ。まだ歌唱力も追いついてなく曲に歌わされてるという感じがある。その点コテカナは自分がリードしてて安定感があって気持ちよく曲に浸れさせてくれた。これからに期待だな。

I pray for you -アオイキセキ-(編:神藤由東大|歌・コーラス:吉田このみ ギター:井上央一 ヴァイオリン:長野昭子 ベース:和田耕平) ・・・ 原曲の『碧い奇跡』はアレンジされてこの曲になった。歌声という点ではボーカルの吉田このみさんの方がずっと魅力的。歌唱力も良くて曲をリードしていけてるし違和感なく浸れさせてくれる…と書きつつ吉田このみさんをググったらなんだシンガーソングライターの方じゃないか。それなら上手くて当然だなw

編曲担当リスト

=神藤由東大氏、=岡島俊治氏、*=終結部あり

CD1

01. 碧き願い -Opening size-【岡】 / 02. Dの残影【神】 / *03. Seize The Truth!【神】 / 04. Concentrate All Firepower!!【岡】 / 05. 新たなる日常【岡】 / 06. 木洩れ日の中の静寂【岡】 / 07. Exhilarating Ride【岡】 / 08. ポムりますか?【神】 / 09. ポムっと! -お花見団子の逆襲-【神】 / 10. 異変の兆し【岡】 / *11. Mythtic Roar【神】 / 12. 西ゼムリア通商会議【神】 / 13. オルキスタワー【神】 / 14. 大都市に潜む罠【岡】 / 15. Fateful Confrontation -ポムっと!Ver.-【神】 / 16. 不穏【岡】 / 17. Conflicting Passions【岡】 / *18. 束の間の休息【神】 / 19. ミシュラムワンダーランド【神】 / 20. エリィ絶叫コースター【岡】 / 21. ささやかな晩餐【神】 / 22. Strange Feel【岡】 / 23. 琥珀の愛 Hum Ver.【神】 / 24. 琥珀の愛 Piano Ver.【神】 / 25. 陰謀【岡】 / 26. 執行者【岡】

CD2

01. 動き始めた事態【岡】 / 02. 暴魔の呼び声【神】 / 03. Destruction Impulse【岡】 / 04. 全てを識るもの【岡】 / 05. 鋼鉄の咆哮 -死線-【神】 / 06. Unexpected Emergency【岡】 / 07. 乗り越えるべき壁【岡】 / 08. Miss You【岡】 / 09. 星降る夜に【岡】 / *10. 予兆【神】 / 11. 猛き獣たち【岡】 / *12. Catastrophe【神】 / 13. 突きつけられた現実【岡】 / *14. それぞれの正義【神】 / *15. 昏き玉座【神】 / 16. 鋼鉄の咆哮 -脅威-【神】 / 17. 千年の妄執【岡】 / 18. 碧き雫 Aoki Shizuku【岡】 / 19. 神機降臨【神】 / 20. ふるわれる奇蹟【神】 / *21. 小さな英雄 -オルゴール-【神】 / 22. TOWER OF THE SHADOW OF DEATH -Jukebox-【岡】 / *23. 碧き願い -Full Size-【岡】

CD3

01. 天の車【神】 / *02. 偽りの楽土を越えて【神】 / *03. 犠牲の先の希望【岡】 / 04. 月下の想い【岡】 / 05. 揺れ動く心【岡】 / *06. 想い、辿り着く場所【神】 / 07. Mystic Core【岡】 / *08. 予定外の奇蹟【神】 / 09. 最果ての樹【神】 / 10. 雨の日の真実【岡】 / *11. Unfathomed Force【神】 / *12. The Azure Arbitrator【intro.神/main.岡】 / *13. 本当の絆【神】 / *14. それでも僕らは。【神】 / *15. I pray for you -アオイキセキ-【岡】 / *16. 碧き願い (Less Vocal)【岡】 / *17. I pray for you -アオイキセキ- (Less Vocal)【岡】

まとめ

全66曲中でお気に入り曲は47曲あった。原曲を越えるアレンジもあれば曲の良さを発見できたアレンジもあったり逆に原曲より疑問を感じるアレンジもあったりしたけどトータルとしては良質なアレンジだったな。オリジナルのサントラは自分的には音質が物足りなかったから今回Evo版で色鮮やかにリニューアルしたのは何よりもありがたかったな。

英雄伝説 碧の軌跡 Evolution オリジナルサウンドトラック
ゲーム・ミュージック, 佐坂めぐみ, 吉田このみ
日本ファルコム
関連リンク
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks