そういえばこんな機能もあったなとアトリエ内のBGMを変えてみた。フィリスのアトリエだけでなくソフィーのアトリエの曲も織り交ぜられるのがいいね。合計4曲をシャッフル再生してくれるようになった。今まではオリジナル至上主義だったのでこうゆうのはやらなかったんだが実際やってみたらいい気分転換になっていい。

firis_0090.jpg

クラーデル平原

ここの採取地音楽はトランペットが入ってから雄大に広がる展開が素晴らしい。最初は普通かなと思ってたが何度も聴いてるとすごい良い。新世界に望むワクワク感が詰まってるな。

クエスト調達対象だった『玉鋼石』もクラーデル平原にあって助かる。中洲の台地にルビナイトやサファイア、金剛石とか今まで拾ったことがない未見の材料が色々あってありがたい。しかしここら辺に巣食うライトニングやキメラビーストといった魔物が恐ろしく嗅覚が鋭くて遠いところから目ざとくフィリスを見つけて猛ダッシュして襲い掛かってきてこわい。何度もいつの間にか後ろ取られて慌てて杖振るう瞬間があった。

『大型コンテナ・煉獄』っていうネーミング的にヤバそうなオブジェクトを閃いた。さぞかし凄い容量なのかと64時間も掛けて調合したがなんだ500個増加なだけか。ま、250個チェストを置き換えられるからいいけど。これで【コンテナの最大容量は3250個】となった。もうひとつ250個チェストがあるから後々500個コンテナに置き換えられるだろうし最大容量3500個は確定してるようなものだ。あとは5000個に届くかどうか。1000個ぐらい入るコンテナの上位オブジェクトがあればいいなぁ。

ここも踏破率が100%になったので次の採取地へ向かおう。北東の出入り口から出た先は『ファタリア山嶺』でここはただの中継地点だった。南の見聞院本部も行きたいとこだがまずは待望の雪原採取地へ行こう。

南アオロ雪原

雪原ということもあってかちょっと歩いたり採取したりするだけでLP消費が他より倍。これはにっちもさっちもいかないからきっと雪原では荒野衣装みたいにLP消費が和らぐ衣装があるんだろうな。それを早く閃いてくれないと困るので探索はすっ飛ばしてとっとと先へ。

フィールド会話は雪原仕様になったがイルメリアの「できた、雪のうさちゃん!…はっ!み、見るな!忘れろぉ!」という台詞が可愛すぎる。

北アオロ雪原

ここには村里があるみたい。そこで何かしらの衣装イベントに期待。敵ではファングがアホみたいに強い。しかも雪原に生息してるのに弱点属性が氷という嫌らしさ。

フィリスはアングリフにあこがれて強くなりたいと願うがフィリスが目指す強さは錬金術士としての強さなはず。戦士フィリスはお呼びじゃないってわけだ。じゃないと5000コールも払って傭兵を雇った意味がない。この光景をリアーネが見ていてアングリフを少し見直した様子。決してラブの波動…ではないw

『フロッケ村』に到着。早速登場してきたロリっ娘はフィリスより小さいのにもう公認試験に合格済みの凄腕錬金術士キルシュ。多分まだ推薦状持ってない場合今度はこのキルシュから推薦状貰えるクエストがあったんだろうな。そう思うとおっさんなんかじゃなくロリっ娘から推薦状貰いたかったなw

温泉の管理人ヘンリッカはムチムチな身体がエロいなぁ。谷間もいいが太ももも堪らん。温泉とのことだがもしかしてアトリエシリーズ恒例?の温泉イベントでもあるんだろうか。でも炉を炊く用の木材50個は調達が面倒。他の採取地行ってるときについでで集めとこう。

そういやすっかり忘れてたが雪原でティアナと待ち合わせしてたんだった。というか雪原で会う約束をしてるのにそれすっ飛ばしていきなり店開くとか言い始めて大丈夫かこの子。こうゆう感じでやっぱり今作はイベントがあっさりでまさにソシャゲ的。で、今回は店の陳列価格はまとも。まともすぎて買うのがないぐらいだ。

キルシュは小ささや身体の感じといいどことなくコルちゃんを彷彿させられる。そのコルちゃんは今作では出てこないのかな。前作で家族とか種族とかの話があったが出てきたりしないだろうか。

フィリスが寒そう。一応雪原地方だから『フォックストレック』衣装で見た目だけでも暖かそうにしてあげてるけど、というかむしろリアーネの方が寒そうで大丈夫かと思わなくもない。で、こうゆう会話が出るってことは読み通りお待ちかねの衣装イベント。ただやはり無償でくれるわけがなくこれもクエスト。依頼の手織り布をサクッと調合して完了だ。おっこれは事前情報の記事で見たことあるフィリスの格好だな。暖かそうな服になっても絶対領域は欠かせないというおばあさんのナイスセンスw 衣装の名前は『スノウブライト』で効果は当然雪原でのLP減少速度の低下。可愛いけどモコモコした衣装だからポーズによっては下の画像みたいに顔が隠れてしまうのが難点。

firis_0091.jpg

そしてキルシュを含めてフィリス、イルメリアとロリっ娘三大錬金術士集結。こうなるとキルシュもパーティメンバー化して欲しくなるな。そういやこの3人ってゆーげんさんデザインだな。ある意味ロリキャラ担当でもあるのかw キルシュと接するイルメリアだが単にプライドが高い面倒な性格じゃなくちゃんと他人の実力を認める素直さがあるのはいいね。

南アオロ雪原

遂に4月1日となって2年目に突入。だらだらやってる気がしたがそんなに日数は経ってなく結構いいペースかな。

リッチ相手に戦ってたらフィリスの通常攻撃後に「あっち行って!」と連続攻撃してくれた。リアーネもたまに連続攻撃してくれるしこうゆう仕様だったのかと今更ながら知る。いやフィリスは基本アイテム投げ係りだったから気付くのも遅れた。

前回アングリフが株を上げたのでリアーネとのイベントも少しくだけてきた。やっぱりラブの波動かな(違う)。アングリフはフィリスが受けた公認試験に興味があるみたいだがまさか錬金術士になるとか?まぁ今作では錬金術士もバラエティに富んでるからガチムチ錬金術士がいても驚かない。

くらげ系のマジカルパラソルはレベル39と強敵だったがようやく欲しかった『ビリビリ水』をドロップする魔物を見付けた。

キルシュが教えてくれた錬金術遊びとは何だったんだ。あの様子だと同世代の友だちが欲しいんだろうな。というかあんな幼い娘に友だち作れないほど仕事させる村人は鬼か。フィリス提案の解決方法は同い年の子に話し掛ける、という。この手でよくある「じゃあまずはわたしが友だちになってあげるね!」とかいう根本的な解決策になってない展開にならないのは良いね。

アングリフは今度は学校に興味を示してきたがまさかのロリコン…ではなくただ学びたいってことなのか。段々好感度アップに余念がなくなってきた。

『沈黙の魔獣』とかいう討伐クエストだがHP1000近くあってビビるが所詮レベルは30だったので比較的優勢に戦えた。

南北アロマ地方でやることが煮詰まってきた。じゃあファタリア山麓に出て南にある見聞院の本院に行ってみよう。

ヴァイスラーク

南アロマ雪原に溶けない氷があってヴァイスラークで解決できそうとあったがなるほどここだったか。

途中で痴話喧嘩してるカップルに『そよ風のアロマ』渡したら仲直りしてくれたようだ。というか新婚なのに報酬として『花嫁のブラウス』(防具)なんか貰っていいんかいなw

宿屋のスイートが200コールと安かったので泊まってみる。お、今度はフィリスの腹ぺこイベントじゃなくドロッセルの本関係のイベントだった。ドロッセルはこんな野性味溢れる格好なのに意外とインドアに本好きっていうギャップがいいよね。あとここは見聞院があるだけあって人との会話やフィールド会話で本ネタが多い。

firis_0092.jpg

探索してると見覚えのある顔が。ここにドロッセルも連れてきてよかった。ソフィーのアトリエでは結局フリッツの人形劇は見れなかったが今作ではようやく見れるのかな。

そして今度は娘のドロッセルが人形劇の脚本が出来上がったという。夢は最高の人形劇を作ること。この流れは親子共演のフラグが立ったな。まるで人形が行きてるかのような劇を目指してるという演劇論を展開するドロッセルは熱いな。

本院ではアンネリースのお出迎え。彼女はボケてるようでもあれで筆頭司書、つまり見聞院のトップだったのか。第4書庫とか単語を聞くとアーシャのアトリエ思い出す。

現在のプレイ進行状況は【マップ収集率50%】、【エリア情報収集率40%】、【アイテム収集率60%】、【レシピ収集率60%】、【モンスター情報収集率30%】、【全体収集率50%】となり【全体達成率53%】と達成度的には半分はクリアしたことになったな。報酬も色々ゲットでお金は【21656コール】にもなってくれた。

ヴァイスラークの展望台にはあのアトミナとメクレットも来てたが話し掛けても何もイベントはなし。まぁフィリスとははじめまして以降何も関係してないし特に絡む意味はないか。

扱い易い特性のフラムを要求するガキがいたけど調合して渡したら800コール報酬くれた。でもマヌケなことにそのせいで冒険に出る旅費が無くなるというw

フリッツが外で魔物退治してきたらしいがもしやフリッツのパーティメンバー展開に繋がるのかな。そういやフリッツは元傭兵。それなら現役傭兵のアングリフとひと悶着が起こりそう…と思ったら案の定だがまさか二人が知り合い同士だったとは世の中狭い。ま、確かに傭兵同士なら知り合いでもおかしくはないか。

見聞院で北アオロ雪原の溶けない氷クエストについて問い合わせたいが中々イベント起こらないなぁと思ったら頼みのアンネリースはライゼンベルグに行っちゃったという。結局ライゼンベルグには早い内に行かないと他のクエストも片付かなさそうだな。他のエリアの依頼を片付けて大手を振ってライゼンベルクに舞い戻ろうと計画してたんだが。

アングリフがまたまた調合に興味しんしん。意外と見識の広さや向上心とかがあるようだ。ああ見えてもああゆう性格してても基本は根は真面目…なのか?

南アオロ雪原へ行った段階でドロッセルが父親について思いを馳せていた。ヴァイスラークに連れて行ってあげてたのに…。以前はフリッツとドロッセルと『あの人』?で旅をしてたらしい。あの人とは多分奥さんかな。方向音痴でフリッツが迷うから世話焼けるとドロッセルは言うけどおまえがいうかw と、すかさず心の声で突っ込むフィリスは敢えて声に出さないとこが空気読めてる。そしてこれがクエストに発展。またヴァイスラークに戻らないといけなくなった。

で、折角戻ったのにドロッセルとのイベントはなくただ単にフリッツの人形への変態愛イベントが始まるだけだった。この変態ぶりでドロッセルを思い浮かべるフィリスはドロッセルをそんな目で見てるんだなw どうやら時間経過でイベントが進むみたいか。それなら当初の予定通り南アオロ雪原から久々の蜂の巣山道へ行こう。

雪原だと天候が吹雪の場合は戦闘フィールドにも吹雪が舞ってて臨場感ばつぐん。炎系のスキルとあわさると画面が派手になって格好いい。

蜂の巣山道

南の方は前回通りすがっただけの時に踏破していったが今回は北から踏破していこう。アトリエテントでドロッセルに父親について問い詰める。『あの人』に似てるという…あの人はフリッツがモデル…奥さんかと思ったら違うみたいだ。そんなキャラいたかなぁ。ソフィーのアトリエに出てたキャラだろうか。

アングリフが金をたくさん貯めて夢を叶えようとしてるらしい。それを教えるにはまた金が必要。でも今回はその”てい”なだけでこれはスキル取得イベント。『金への嗅覚』スキルの効果は金をたくさん持ってる魔物に与えるダメージ増加とはこれまた嫌らしいw

firis_0093m.jpg

アングリフが相当おいしいらしい依頼を持ってきた。儲けは山分けというがどうも怪しいなぁ。ここで選択肢が出てきたがまぁ損にはならないだろうということで乗ってみよう。報酬ガッポガッポ…なんか師匠のソフィーもホルストさんとでガッポガッポ言ってたなぁw そうして閃いたレシピは『金のプニ像』。調合に96時間も掛かったが仕方ない。ここで『フィリスにお任せ!』というトロフィーゲット。このアイテムを調合するのがトリガーだったのかな。ちなみにPSN全体取得率ではまだ【28.3%】というレア扱いトロフィーだった。で、結局依頼とは何だったんだ。今後に繋がるイベントだろうか。というかアングリフと絡んでるとどんどんフィリスが俗っぽくなってきて間違った育成になってきてるのではw

firis_0094m.jpg

さっきのイベントを切っ掛けに閃いたのは『シャッツフレーム』。防具かと思ったらこれは探索アイテムで隠された宝を見つけられるらしい。というか隠し宝箱なんて要素もあったのか。そしてこれでフィリスが益々お金に目ざとくなるというどうしようもないなもうw 欲望まみれな錬金術士に育ってるんだがいいのかなw 早速装備させるが探索アイテム欄は最大5つまでだからどれか外さないといけない。装備欄はUIデザイン的にもう増えることはなさそうだしやりくりしていかないといけないのは面倒だな。

西方面のクエストが酷いたらい回しぶり。毒回復特性のハニーシロップ渡したら次は安定度重視特性の発破用フラム持って来いと言われ次はお腹いっぱい効果の食品カテゴリ持って来いと言われた。でもこのお腹いっぱい効果は出しづらいが『旅人の糧食』が労せず引き出せたというか調合パズルで敢えて効果を下げた。今まで触媒効果で効果を下げるって何の意味がと思ってたがこうゆうときのためなんだな。

ライゼンベルグ

試験合格以来の訪問だが特にイベントはなく。アンネリースとも見聞院本院以来の再開だが普通に会話。どうやら最近見聞院に舞い込んでくる情報が減っていく一方らしい。だからアンネリースは人が多いライゼンベルグで呼び込みをしてるという。何か解決策はないかとのことだがやはり冒険者は対価に釣られるもの、ここはアンネリースさんの豊満な(ry ではなく何故か金目のものをフィリスが作ってあげることになった。

そういやアンネリースとの会話といいイルメリアとの会話といいここはこれまでの平面的なカメラ構図じゃない自然な構図になってるな。やっぱこうゆうのがいい。

firis_0095m.jpg

イルメリアは雪原でのフィールド会話から予想してたがやはり可愛いものには目がない。反面フィリスの可愛いセンスは壊滅的だった。なんでこういったイベントがあるのかと思ったがそういやイルメリアとライゼンベルグでお買い物する約束(クエスト)があったのすっかり忘れてた。そんな楽しいイベントに終始するかと思ったらラインウェバー家の闇がここで露わに。やっぱりイルメリアは錬金術の名門という家柄に悩まされてたんだな。まるで例の『二位じゃ駄目なんですか』ネタみたいな。自分を天才って自称してるのもやはりそう言い聞かせてただけか。でもイルメリアが頑張ってたのは事実。それなのに本人のプライドは高かった。こうしてイルメリアがパーティから本当に脱退。この手の友だちとのケンカ展開はアーランドシリーズからの定番だな。

firis_0096.jpg

で、イルメリアはどこに行ったんだ。時間経過でイベントが進むのかなと一応辺りを探してみたら…なんだ普通にホテルにいた。まだ機嫌悪くて仲直りできないがこの前可愛いと言ってたぬいぐるみをあげることになったが物で釣るんかいw ひよこのぬいぐるみは3000コール。今は27931コールと結構貯まってるので余裕。アトリエに戻ったら…なんだお互い物で釣るという考えることは一緒だったのかw これがフィリスとイルメリアとの仲良しイベントスチル。そりゃ友だち同士このままケンカしっぱなしは嫌だからね。こうなるのは時間の問題だった。イルメリアはフィリスの何ものにも縛られない錬金術が羨ましかった。フィリスもイルメリアの錬金術の上手さや頭の良さが羨ましかった。これもお互い考えることは一緒ってことだ。これからもっともっとお話してお互いの仲を深めていこう。このあと『仲直り』トロフィーもゲット。新たなレシピ『ウェバーズロッド』というネーミングからしてイルメリアにうってつけの武器も閃いた。これでイルメリアとの友好度は…それでも73なのか。

firis_0098.jpg

久々に中央庁舎にいるエーデルに会う。あまり会いたくない厄介な人だがw エーデルと共に町の視察へ。町長は何でも屋さんだから大変だ。フィリスは同じ何でも屋さんの錬金術士として勉強になることもあるんだろう。

そして今回の旅の目的、ソフィーとプラフタと再会。さてこれからどう行動を起こすかが問題だが何とソフィーとプラフタがフィリスの冒険に同行したいという!?ソフィーはフィリスの先生だけどこれまであまり先生らしいことをしてあげられなかった。それならフィリスの将来の進路探しに付き合ってあげるのが道理だという。でも本音はただ単にフィリスと一緒に旅がしたいってだけってのが思い立ったら吉日なソフィーらしい。みんなで色々なところに行って色々な人と会っていけばいずれフィリスがやりたいことも見えてくる。将来の進路も閃きだ!

肝心の二人はホテルで誘えるのかなと行ってみたらいない。ん?もしかしてとステータス見てみたら…パーティメンバー枠が拡張されていつの間にかソフィーもプラフタもメンバー内にいた。つまりこの段階以降メンバー枠が恒久的に二枠増えて計7枠になるってことなのかな。というか…フィリスがレベル38なのに先生のソフィーとプラフタがなんでレベル30なんだよw 友好度もソフィーは30、プラフタは25と低い。やはり先生と生徒の関係の垣根は高いってことなのか。ちなみに他のメンバーの友好度は何故かドロッセルが100と一番高い。それなのに何故か血縁者でもある姉のリアーネは65と現メンバー中で一番低い。どうゆうこと?w 金で雇ったアングリフでさえ74もあるのに…。取り敢えずソフィーとプラフタにはエンゼルリボンやながぐつ、エレメントガードなどでステータス底上げ。当分は名ばかり先生として足引っ張るかもしれないなw

リアーネがイヤリングを取り出して大事な人に思いを馳せていた。まさか彼氏か元カレか…。ここでもフィリスは敢えてツッコまず察してるだけという行儀のよさ。金に塗れてきてはいるが躾はしっかりされてる。

おや、ヴァイスラークではスルーされたアトミナとメクレットが今度は向こうの方からアトリエテントにやってきた。ソフィーとプラフタのパーティメンバー入りがトリガーだったかな。二人の目的は優秀な錬金術士を探してるという。今回もまた道具を作ってくれって頼まれた。作ったらヴァイスラークに持ってきて…頼む方の態度じゃないなw 作るアイテムは『ラアウェの秘薬』だが現状『ワームフィッシュ』という材料がまだ手に入ってないので作れず。それなら気長にヴァイスラークで待つってのも理にはかなってるか。

firis_0097m.jpg

唐突にソフィーがぬいぐるみをプレゼントしてきた。しかもなんとコルちゃんのぬいぐるみじゃないか。コルちゃんいつの間にかキルヘン・ベルでマスコットになったのかとか思ってたら道具を複製してくれる?あ、遂に量販店システム開放か、と思ったが使用回数の補充だけ?しかもいちいちミルクをあげないといけないしアトリエメイクでぬいぐるみを配置もしないといけないのか。便利だけど不便。そういやこうゆうかたちでコルちゃんが出てくるってことは本物のコルちゃんは今作では出てこないってことなのかな。早速配置したいとこだが自由に置ける枠が5つ。現状はコンテナ枠増加アイテムと要錬金術レベル2低下のアイテムを置いてていっぱい。この先アトリエメイクで置ける枠が増えるってことは…このUIデザインからしてなさそうだなぁ。仕方ないので要錬金術レベル2低下オブジェクトと取っ替えよう。

手織り布10枚クエストだが調合して渡したら今度はインゴット10本も要求してきた。これって無限クエストかなと詳細見たが一本道クエストか。2000コールも貰えたからいいものの腑に落ちない…。また別の機会にしよう。

ナイトシェイド討伐クエスト、戦闘曲がボス戦曲だからヤバいかな。相手はレベル35、レベル44のBLOODフラワーの方が厄介かも。ここでソフィーとプラフタの今作での初陣。所持スキルが懐かしい。ナイトシェイドが全体回復で300近く回復してきたのは厄介。とはいえ4人掛かりなので大怪我せず勝利。レベルが低くてもさすが歴戦の冒険家なだけあって頼りになる。

フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ - PS4
コーエーテクモゲームス
Posted at 2016.11.7
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks