すっかり忘れていたオスカー。久々にパーティインさせたがレベルは29と思ったよりあったけどフィリスがレベル64なので大分差をつけちゃったな。暫くは2軍でレベル上げつつイベント係だ。

ソフィーのアトリエの頃から大分落ち着いたオスカー。確かに肉は落ちてはいるなw まぁイケメン度は上がったもののやっぱりオスカーは太っちょのオスカーじゃないとオスカーじゃない感が激しい。そうゆうこともあってプレイ前半はしばらくオスカーを外してたんだよね。もしシリーズ3作目にもオスカーが出るのなら元通りの太っちょなオスカーにして欲しいな。彼には酷だがw 痩せても相変わらず植物のことになると目の色が変わってしまう彼だがプラフタのまるで可哀想な人を見るような目つきw

firis_00169t.jpg

報酬は半日の説教

便利な飛行船移動だが『波座の伏籠』には船で直に行けないようだ。ま、場所は湖底なんだから飛んでる船から行けたらおかしいか。

何度目かの湖底神殿トライだが今回は『海鳴りの玉座』って最奥エリアまでようやく辿り着けた。ここには余計な雑魚はいないみたいですぐにお目当ての魔物とご対面。こいつが倒すべき『深水より目覚めし者』でレベルは60、HP7000。水の魔物らしく雷属性が弱点なのがありがたい。いつものブリッツクリスタルメインで攻撃していくんだがこいつのサイズが画面に収まりきらないからダメージ数値が見辛いな。この戦いのためにHP多めのアングリフを起用したんだが攻撃が尽くMISSになって意味がないw 敵の全体攻撃で立て直しを余儀なくされたりもしたがそれは2回程度で済んでブリッツクリスタルの毎ターン攻撃のお陰もあって意外にもあっさり決した。これならここに来るまでにズラリといた雑魚やボスの方が遥かに強かったな。アングリフは結局一度も攻撃があたらずで実質3人で戦ったようなものだw むしろ3人というハンデでここまで戦えたんだから相当パーティは強まってる証では。

firis_00171.jpg

戦利品は未見の材料『深核』とあればあるだけ助かる『竜の血晶』でありがたい。トロフィーも『暗く深き水底』をゲット。PSN全体取得率は19.9%だった。ここに来るまでの道のりが険しいからレア扱いになるのもやむなしか。自分も心が折れそうだったし。

フィリスとリアーネ的に一番の懸案事項はレンからの言い付けを破り勝手に神殿内に入ってしまったからどんなお仕置きが待ってるかってことw プレイヤー的な懸案事項は戻りの道でうっかり強敵とエンカウントして全滅して戦利品を失わないかってことだが最奥エリアの奥に都合よく脱出できるワープゲートがあって助かった。その手前の宝箱から品質210の金剛石もゲットでありがたい。

そしてワープした先は舟歌通り。なんて味気ないんだw 桟橋横の家とゲートが繋がってたりしたら面白かったんだが。

早速レンに気が重いご報告。レンは古文書から竜巻の原因を解明。それは大昔に湖に出現したとある魔物でかつて町の人総出で海底遺跡に封印したという。ということはそうゆうことだw いやぁこれは何として早くその魔物を倒さないといけないな~(棒)レン「は?」…ま、とはいえ「えいっ!」って軽い気持ちであんな化物倒すほうもほうだがw レンは呆れつつも救ってくれたことに感謝。やっちゃったものはどうしようもないしむしろ良いことしてくれたわけだしね。フィリスたちは竜巻を越える船、竜巻を消す道具、そして竜巻の根本的な原因解決とほんとフルスハイムの英雄になっちゃったな。そうして和気あいあいと…は続かず結局雷が落ちるのねw もちろん涼しい顔のリアーネも同罪だなw これもフィリスたちの身を心配してくれてのことだろう。しかし最大一日も続く説教ってどんな内容なのか知りたくはあるw

firis_00172.jpg

そうして久々にレンもお店屋さんにまたなってくれた。ワームフィッシュがあるのが嬉しい。

暫く後にフルスハイムに行ったらレンがアトリエテントに訪ねて来て「ひぃ~」怒られる~…ではなく。今回の件のお礼としてレンが師から独立する際にその師から貰った参考書をいただけた。これで遂にレンから一人前の錬金術士として認めてもらってある意味推薦状を貰ったようなものだ。この参考書の名前は『かつて見た光』でちょっと意味深だな。覚えたのは『蒼水晶の指輪』と『原初の種火』。オリフラムかと期待したんだがなぁ。

オスカーの友達の輪

オスカーを入れて暫く何もイベントがなかったがようやく。多分友好度が48になったからかな。ソフィーとオスカーは同じキルヘン・ベル出身の幼なじみ。仲いいのかそうでもないのか。まぁふたりの会話からしてラブの波動はなさそうであくまでも友人のひとりって感じだな。そもそもオスカーは植物のチェルシーが恋人かw この会話はスキル威力20%アップのパッシブスキル習得イベントだったがレベルはまだ38だしまだまだ2軍ベンチだな。

案の定ソフィーから体系についてツッコミ。やっぱり太ってるオスカーの方が馴染みやすいみたいだがでも気さくな性格は以前と変わらずなので太っても痩せてもオスカーはオスカーってことだな。とはいえ気にするなと言われても一体過去に何があったかは気にはなるが。好きな植物に振られてショックのあまり食事も喉を通らずとか?w 一連のオスカーイベント進めていくとその辺も分かってくるだろうか。

次は今の恋人チェルシーとの馴れ初め話…い、いらないなw あるときチェルシーが隣のデカい木のせいで日陰になってたとこを救ってあげたらしい。ある意味これも材料の声を聴けてるってことか。行く行くは錬金術士になれちゃったりして。

フィリスは最近お腹が出てきたからダイエットの秘訣教えて欲しいという。確かにフィリスはムチッとしてるから気になってるんだろうけどでもそこがいいとこなんだがな。オスカーは昔から体系が変わりやすいみたいでそうなると次作に出るとしたらまた太ってそうかw でも何も苦労せず痩せるって聞いてリアーネは激怒w リアーネは狩りしてるから筋肉質だからその分の重みじゃないか。というか見た目的に十分普通体型だと思うんだがなぁ。

チェルシーがひとりで寂しそうにしてるから友だちを探して欲しいという。これがクエスト『お友達を作ろう!』。オスカーのメインキャライベントになるのかな。てっきりオスカーのことだから珍しい植物を探して欲しいとかかと予想してたがまぁそれに近い内容か。どこに行けばいいんだともう一度オスカーに話し掛けたら「チェルシーのお友達のことよろしくな」だけで会話が終わって示されたクエスト内容が更新。手掛かり候補地4…。4?いきなりすっ飛ばしたぞ…と思ったらそのあと続々と候補地1~3が提示されて安堵。

firis_00173m.jpg

候補地は『静の森』、『レーベンヴァルト』、『ファーヴェ丘陵』、『月掴み峠』の4ヶ所。クエスト詳細に分かれ道アイコンがあるからどれか好きなところに行けばいいんだろう。そうだなぁ、『静かの森』は初回訪問の探索以外ここまで何もイベントがなかったからまずはここにしよう…ってこのイベント起こした場所が月掴み峠だからアトリエテントから出たらイベント起こってしまったんだがw ま、気を取り直して。早速チェルシーのラブコールだがオスカー役山下くんの声色がケッサク過ぎてもうコントだろってレベルでおかしいw

どうやらどれかひとつだけではなく4ヶ所全て回る必要があったようでそれならよかった。次は緑の花にラブコール。しかし…傍から見たら完全にアブナイ人でしかないなw これでお友達探しクエストはクリアになるみたいだがどうせならあと2ヶ所も行ってみよう。次は赤い花。優しそうというより赤は情熱的な感じがあるけど意外とのんびり屋な花みたいでチェルシーと気が合うようだ。チェルシーはさらにアタックしたが赤い花はここから離れたくないようで振られた模様。次はファーヴェ丘陵で相手はトーンの花。確かに明るくて素直そうな娘っぽいけど意外と快活に喋る娘だったようだ。でもふたりとも楽しそうにしててすっかり仲良し。

この段階でオスカーにアトリエテント内で報告。友だちが出来たといっても現地に行かないといけないからある意味遠距離恋愛みたいなものだな。もしかしてチェルシーもその思いを馳せた相手の側にずっと居たいと思ってたりして。お礼として何とドンケルハイトを貰った。ドンケルハイトとは友だちになれなかったんだろうかw オスカーにとって人間も植物も関係なくみんな同じ友だち。確かに同じ生命なんだから見た目で区別する必要もないか。オスカーの夢はいつか全世界の全ての植物と友だちになること。一応夢語りの段階まで進んだけどフィリスのモノローグはまだないからオスカーイベントは続きそうか。因みに今の友好度は60。

ファーヴェ丘陵の宿屋にはまだスイートで泊まれたので宿泊。大体のキャラの宿泊イベントは見尽くしたから残るは必然的にオスカー。ううむ…ほんとにただのアブナイ人でしかないなw オスカーのキャラ作りミスってないかw

白ヶ峰の宿屋でスイートに泊まるとやはりオスカー。この場所的に絶対オスカーの宿泊イベントがあると思ってた。村の大樹に話しかけてたが大樹が言うには村の人の成長を見るのが好きだという。それだけ長い間生き続けてきたってわけだな。さながらエスカ&ロジーのアトリエのクローネみたいだな。

チェルシーがしゃ、しゃべったー!オスカーに毒されてついに幻聴も聴こえるようになったか…ではなくフィリスの持ち前の材料の声を聴く力でチェルシーの声も聴こえるようになったようだ。遂に意思疎通が出来るようになった感動的な会話だがこうなるとチェルシーも材料だったのかw ただチェルシーには時間がないらしい。多分枯れるってことだろうな。

やはり葉の色が悪くなってるみたいでその時も近い。それでもふたりは懸命に励ましフィリスは栄養剤作って与えることになった。これがクエスト『萎れたチェルシー』だが顛末が見えてしまうなぁ。――やはりそうゆうことになるようだ。オスカーは何となくそう察してたんだな。材料の声が聴こえるってことはこうゆう悲しみも背負わないといけないってこと。植物もそして人間もいつか死んでいく。これが自然の摂理。これからオスカーは世界中の植物と友だちになろうとするがそれだけの命を背負い込む…大変な覚悟がいるな。

firis_00177.jpg

チェルシーが行きていた証となる種。この種にはフィリスとオスカーとの思い出は詰まってないけどこの種そのものがチェルシーが僕らと共に行きてきた証だ。この種を色々なところに植えて今度は最初からたくさん友だちを作ってあげよう。そしてオスカーの世界中の植物たちと友だちになるという旅。それにフィリスも一緒に来て欲しいという。植物のために色々考えてくれたフィリスならうってつけだな。もちろんフィリスも乗り気。これでまた将来の道が決まった。

多分これでカルド以外は全員将来の道が決定したかな。フィリスは欲張りさんだから未来もよりどりみどりだw

オスカー用に大事なハルモニウム使いつつ武器『ミストラルブリンガー』を調合。全効果引き出せたし特性に全能の力や消費MP削減などまずまずだろうか。

環境をも変える力

firis_00177m.jpg

すっかり忘れてた超弩級調合で作る『人工太陽』。72時間掛けてようやく調合。雪原で積もった雪を溶かすことが出来る装備アイテムらしい。なんと今まで行けなかったところに行けるようになるというまだそんな要素があったのか。やることまだまだいっぱいあるなぁ。でも対象の採取地は南北アオロ雪原だけだからそれほど手間でもないか。他に溶かす必要性があるところって多分ないはず。しかしフィリスも言ってるが一歩間違うと周辺環境に多大な影響及ぼしかねないというか及ぼすこと間違いなしなとんでもないものを作っちゃったなぁ。錬金術士は神にもなり得るってね。ま、兎にも角にもこれで南アオロ雪原で長らく先送りしてた『叫び声を求めて』クエストが解決出来るはずだ。

早速現地で『人工太陽』照射!ここでトロフィー『環境激変』取得だが動植物の生態系が名前通り激変するわけで何だか申し訳ない気分になる。まぁフィリスのことだからそんな深い事情まで考えが及ばずただ単に無邪気に使ってるだけだろうけど。しかしてっきりこの人工太陽は地点で効果発揮するのかと思ったら採取地全体に効果が広がるんだな。それなら手間がなくていい。いやいいのかw?

雪解けしたらランドマークや焚き火も今まであったのが無くなって新たに見つけていかないといけないし新たな洞窟も見つかって探索が大変だ。新規クエストも発生で釣りができない人への釣り餌は手持ちがあったから餌を渡してあげた。

クエスト『叫び声を求めて』がやっと進行。新たに開かれた『北の氷結洞窟』へ。何体か雑魚倒してたらクエストがクリアになったんだがどうゆうこと?つまり声の主はただの魔物ってこと?なんだてっきり迷い込んだティアナが「ふぇ~~ん、フィリスちゃ~ん…」って泣きべそかきながら出て来るのかと期待してたのにw いやこっちの勝手な思い込みだが。

雪解けした南アオロ雪原も再探索済んだので今度は北アオロ雪原を雪解けさせよう。同じように新たにランドマークや焚き火を見つけ直していくが手間があるがこれも一粒で二度美味しいということなのか。ここは人里があるからさてどんなリアクションになるか。さぞ雪がなくなってフロッケ村のみんなも大喜びかと思ったら…あ、ヘンリッカが雪がなくなって温泉の風情がなくなったってオカンムリだw さすが錬金術士のクルシュと友だちなだけあってこれは自然現象じゃないと見抜いてた。でも一番疑われそうなのはクルシュな気がするなw リアーネは雪がなくなっても温泉は健在と言うが遂には温泉も閉じちゃったぞw ま、ヘンリッカのことだから休む口実なだけかもしれない。新規クエストを片付けていったが他には特に目新しいこともないかな。なんか意味があったようでなかったようなそんな人工太陽だった。

ディオンのアトリエ新装オープン

その後メッヘン村に行き久々にディオンのアトリエに寄ったら…ディオンが町の人に怒られてた。錬金術士としては平凡だろうからなぁ。公認錬金術士なのに失敗続きの毎日。自分の力量とメッヘン村での仕事量が釣り合わないんだろう。でもここより田舎ってあるかな。ディオンは腕のいい錬金術士に教わってもう一度鍛え直したいという。一応目の前に腕のいい錬金術士はいるがw まぁでもスパルタっぽく教えそうなレンあたりが適任な気がするが取り敢えずプラフタに聞こうってことになった。腕のいい錬金術士として師匠のソフィーではなくプラフタを選ぶあたりフィリスは結構見抜いてるんだなw 早速プラフタにディオンの筋を見てもらった。どうやら自分に自信がないからネガティブになりそのまま錬金術をやっても上手く出来っこない。錬金術に見透かされてるんだろう。

firis_00175m.jpg

暫く経ってディオンのアトリエを覗いてみるとすっかり繁盛していた。みんなから頼られてるって事実に自分の公認錬金術士としての腕前に自信を持てたんだろうな。頼られるって素晴らしいじゃないか。これでディオンのイベントはお終いっぽいかな。


激闘!空島編II

『空渡りの岩舟・船底圏』にクエスト付きドクロマークはレベル50の『虚無の花妖精』。花粉撒き散らしてステータスダウン引き起こしまくってくるがアインソフヘルンの餌食だ。

『空渡りの岩舟・甲板圏』の最奥でレベル60の『千年釜の魔物』。全体攻撃は痛いがWT Chargeとかいう待機時間操作ばかりしてくるからその分助けられた。ただ防御が硬いのかスキル攻撃がろくに通じなかったがやはりブリッツクリスタルの餌食。報酬は品質300の金剛原石なのが嬉しい。

さらに付近の最奥ではレベル55の『光精・エイテリア』。「穿つ!」の攻撃力が半端なさ過ぎる。そしてひとり戦闘不能にする毎に400近く回復してくる『光のエレメント』が使ってきたあのトラウマ技でもう戦意喪失。これはさらに強力な攻撃・回復アイテムがないと無理だ。

釣りキチ フィリス

100回釣りをやって『神竿ルベールクラウン』を閃いた。ネーミング的にこれが竿の最終ランクだろう。確かに黄色い!マークが出たら高品質な魚系材料がバンバン釣れる。しかし100回釣りしたが正直釣りは面白味がないなぁ。特に『閃の軌跡』の熱い釣りの駆け引きを体験したあとだから余計に退屈。次作でも釣り要素があるのなら要改善だな。

小さな錬金術士

ドナの村に泊まると…おや、まだイルメリアで見てない宿泊イベントもあったんだな。どうやら鏡のように自分が写る水面に口上の練習をしてるようで微笑ましい。大きく見えるかしらってのは多分背のことだろうけど胸のほうも期待したいw

firis_00176.jpg

ズッ友だよ!

firis_00174m.jpg

ティアナがやりたいことがたくさんあり過ぎてひとつに絞るのを辞めたようだ。楽しいことだけを全部やっていきたいというダメ人間の思考だw 結局どれも手につかず何も残らないパターンになりそうだなぁ。どうやらフィリスとずっと友だちでいることがティアナの本心的にやりたいことなのかもしれないな。多分これでティアナのキャライベもお終いかな。テーマ曲があるぐらいだからイベントスチルとかトロフィーとかがあるかなと思ってたがなさそうか。

めがねっ子好きに厳しい

ソフィーは実はメガネフェチ…ではなくカルドのメガネ姿を見てキルヘン・ベルの幼なじみを懐かしんでいた。モニカと…え~とあと誰だったかなぁとソフィーのアトリエ公式サイト見たら…あぁエリゼか。故郷を懐かしむためにカルドを見る…ってのもおかしな話だがw でもこれもソフィーなりの女嫌いなカルドへの接し方かもしれないな。カルドも段々慣れてきたんじゃないか。

ソフィーが最強

firis_00178m.jpg

賢者の石を材料に使う『救世と祝福の杖』を調合したがてっきり杖だからフィリスの武器と思い込んでたけどこれソフィー専用武器だったんだなぁ。フィリス用に効果や特性を吟味したけど…まぁソフィーでも問題なしか。


フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ - PS4
コーエーテクモゲームス
Posted at 2016.11.7
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks