今回のハイライトはブルブラン案件。もう面倒だから懲り懲り。でもシリーズ伝統芸みたいだからIIIでもあるんだろうなぁ。あとはあのふたりの運命の再会が思わぬ悲劇に?w そして凄惨な展開もあったりして後半は重苦しくなった。

sen_kiseki2_00096t.jpg

帝国東部巡回3

前回ヴァルカンと壮絶な戦いをしたのに早くもヴァリマールは回復で第I部の頃と比べ回復力速度が上がってるようだ。そして会話もフレンドリーになってきた。いやカナまじりで見づらいからプレイヤー側からはフレンドリーではないがw 記憶も段々復活してきてて全てが蘇ったらどうなるか。今のリィンの心境もヴァリマールにはお見通し。ヴァリマールはそんなリィンに似た人物を知ってるようで以前のライザーだったのかな。人間とは悩み続ける存在。大事なのは再び同じような状況になったとき今度はどうゆう行動をするかを想定すること。それはライザー自身で乗り越えていく、そのためにはもっとリィン自身が強くなっていかないとってことだな。

博士からの依頼

あのシュミット博士から騎神についての話があるという。大学長でもあり導力学の権威シュミット博士…一体どんな奴かと思ったら偉そうな奴で貴族連合に加担してたのもさもありなんだ。蒼の騎神から機甲兵を開発した頭脳は凄いが性格があれでは。知的好奇心を満たすのが技術者らしいが彼の場合はただのマッドサイエンティストだな。そりゃ穏健派なジョルジュはついていけず士官学院に行くだろうよ。

本題は灰の騎神の新たな武器。以前クロウとヴァリマールが言ってた獲物と武装デバイスについて。今後武器の選択が出来るのかと思ってたがまさかシュミット博士から持ち出してくるとはね。ただ条件があってそれはあの希少鉱石ゼムリアストーン。騎神はゼムリアストーンによって構成されてるからという。クロウ操る蒼の騎神の武器もゼムリアストーン製。対抗するならこちらもゼムリアストーン製にしないとってことか。博士は材料さえ用意してくれたら作ってやらないこともないと相変わらずの上から目線。これも己の興味本位なだけなんだろう。ジョルジュは機甲兵を開発した罪滅ぼしではと言うけどこんなおっさんのツンデレは見たくないのでそうではないのを願おう。

ルーレの開放で四大名門の一角、ログナー侯爵とノルティア領邦軍の離脱しこれで貴族連合は痛手を被ったはず。ただ西部はいまだ貴族連合の圧倒的優位であのオーレリアとウォレスの独擅場らしい。取り敢えず我ら赤い翼は東部を完全掌握するのが先決だ。

ゼムリアストーンは今まで各地にあった精霊窟内にある大きな扉の先…やはりそうゆうわけありだったんだな。セリーヌは知ってたけど今言うべきことじゃなかったから黙ってたのか。

精霊窟の探索

今回の固定メンバーはフィー。メインストーリーは精霊窟に関することだからエマならともかくフィーが固定なのはよく分からないな。本人は危機管理のためって言うけどもしかして後々で西風旅団とのイベントがあるってことか。

艦内散策

アンゼリカがアランの仕事奪って操舵士になってた。正直アランに船の舵取りはキャラ的は似つかわしくないなと薄々思ってたがやはりこうなったか。アンゼリカはこれより副長兼操舵士になり収まるところに収まった感じだな。トワ艦長がアンゼリカの復帰を喜んでたのはともかくジョルジュと?もしや前作でも気になったがアンゼリカとジョルジュにラブの波動が?w アリサの懸案事項は完全に片付いて改めて今後はVII組のためにと誓ってくれた。つまりアリサのストーリーはお終いということでこれはこれで寂しくはある。あ、でもこっちもラブの波動が残ったままかw ミリアムがあのぬいぐるみをベッドに置いてたがもしあの絆イベント起こさなかったらこの会話もなかったんだろうか。マキアスとユーシスでビリヤードやってたがマキアスは冷静沈着そうに見えて勝負事になるとすぐ頭に血が上るってのが可愛い。リィンはアンゼリカに形見でもある導力バイクを返そうとしたが断られた。学院が戻ったらジョルジュと一緒に新しい導力バイクを作るかららしい…つまりはやはりそうゆうこと?w

sen_kiseki2_00097m.jpg

エミリーがラクラス部のユニフォーム姿に着替えててやっぱりこの格好が一番似合ってるな。ついついスクショしてしまうがカメラの位置的にリィンが事案しそうになってるw リンデは通信士になったみたいでヴィヴィとふたり合わせて艦橋がいっそう賑やかになりそうだ。アランは操舵士のポジションをアンゼリカに奪われた格好だが彼には重荷だったらしい。次は砲術士をやろうとしてるみたいでこの艦は砲装備もあったのか。ただアランの今の懸案はブリジットへの煩悩。早く会わせてあげないと誤射してしまいそうだw ミントはルーレの実家が平穏に戻って安心してたがブリジットがブリちゃん呼びに。やっぱこの名前はそんなあだ名になる宿命だなw そしてミントの恋のキューピット作戦はまだ続いてるようでそのためにも早くマカロフ教官とも合流しないとね。ベッキーはヒューゴがRFストアにいたことをもう知ってるようでやはり気になって仕方なかったんだろう。ドロテがまた文筆活動を再開したみたいで士官学院生同士の耽美な内容…見たいようで見たくないようなw でもこっちの世界では需要ありそうで実際にそんな薄い本が出てても驚かない。クララは彫刻家としてゼムリアストーンを彫りたがってて船倉に居させるには危険じゃないかw

依頼

まずは面倒だから先に済ませておきたい怪盗B案件。今度は何を探せばいいのやらとゲンナリしてたがなんと仲間を盗む!?それは穏やかじゃないな。ブルブランはサラ教官とリィン、フィーを除くVII組メンバー誰かに変装。フィーから確認する手段としてボディチェックを提案だと!?…ま、もちろんカット。

ここからザーッと質問タイムで回答をひたすらメモることに。とにかく台詞を隈なく書いていけばどんな場合でも対処できるだろう。――そしてリィンは分かったと言うけど自分にはさっぱりなんだがw 怪しい候補者はマキアス、エマ、ユーシス。特にマキアスとエマは食い違ってるような。でもフィーと一緒だったエマが変装してるとは考えにくい。となるとやはりマキアスか。

その理由はマキアスは食堂に入るエマとフィーを見たと言うがだったらエマが遊戯室にユーシスが入っていったのを見たという証言は時系列的におかしなことになる。――自分もこれが一番引っかかってたんだよね。ユーシスが述べるマキアスが遊戯室に来たのは30分後。ユーシスを目撃したエマをマキアスが見かけるのはおかしい…。

おおっ!マジで当たった!マキアスの心配より当たったことのほうが嬉しくてマキアスすまんw これでクエストクリア。報酬は装飾アクセの怪盗のマントだが心情的に装備したくないなw


次の依頼は手配魔獣で北クロイツェン街道でLv94ベアードン。CP吸収するし攻撃力も高いしHPも膨大だが神気合一後のラウラとのオーバーライズで一気にHP削り他のキャラのクラフト技でAT DELEY掛けられたので押していけた。途中から面白いようにダブルリンクで繋がり相手が封技にもなったりして一方的だったな。リィンとフィー以外Lv89メンバーにしては上出来だ。


次はクレインとハイベルからの依頼でアイゼンガルド連峰での飛行艇ハイジャック救出作戦。以前ルーレのホテルでパプリがアントンに聴かせてたニュースでハイジャックがあったけどまさかあれが伏線だったとは。ま、会話で流すにしては重い内容だとは思ってたが。レジスタンス活動中のハイベルとクレインは吹奏楽部と水泳部なのでエリオットとラウラを入れておいた。音楽を奏でるハイベルの手に銃ではなく魔導杖なのが少し安心した。ミリアムの会話によるとクレインの銃は鉄道憲兵隊から頂いたものだという。士官学院生徒とはいえよくここまで大それたことやってるな。

そうして猟兵団に突撃だが…あ、そういや装備アクセもクオーツも何も装備させてなかった…と焦るが相手は猟兵崩れだから雑魚だった。ふたりの部長たちは潜入経路見つけたりふたりだけでも自信ありげでクレインはともかく吹奏楽部ハイベルも意外と強い。飛行船内部に潜入だが宝箱が既に開封?猟兵崩れに先を越されたか。奴らは猟兵団バグベアーの再興を目論んでるらしく凝りない奴らだ。3Fに上がって人質開放。あれ?こんなところにリックスがいるじゃないか。それにノルド高原で世話を焼かされた帝国時報のノートンまで。世界は狭かった。4Fには女学院生がいたがトールズの制服じゃないなと思ったら聖アストライア女学生か。前作で学院を訪問したときにちやほやしてくれた娘たちだろうか。が、後ろからも援軍で予想通りのバックアタック戦闘。後列のフィーとミリアムはろくな装備させてないこともあって一瞬にして窮地。でもフィーの新Sクラフトで3体残して殲滅、あとはリィンの疾風でなぎ倒したが一体やたらガードが硬い奴がいたけどどうにかなった。まだ往生際が悪かったが寸前でクレインとハイベル。このふたりだけでブリッジを制圧とか一体何者なんだw

アントンとリックスも感動の再会…ってあれ?なんと悲劇にもリックスは帝都で頭を打って記憶喪失になってた。もしかして今後リックスを治す依頼とかもあるのかな。いや戻してあげないと一途なアントンが可愛そうだ。リィンは早速女学生にモテモテでまったくこのたらし男めw クレインは航海士になるようだ。水泳部の部長らしいな。そしてハイベルは訓練係になってまた訓練項目が増える。こっちはアーツ特化の戦術殻。ろくなクオーツ付けてないメンバーだったけどLv1ということもあり難なく撃破。

士官学院生徒回収

黒竜関にいるマルガリータでも拾おうかと移動したが戦場カメラマンレックスがここにもいた。密かに撮影した鉄道憲兵隊女性士官コレクション…しかもクレアも写ってるだと!?言い値で買おう。マルガリータはヴィンセントのことですっかり元気なくしてるがそういや同じ料理部ミリアムがパーティにいたんだったな。意外にもミリアムの励ましで元のマルガリータに戻ったが果たしてそれでよかったのか。案の定珍妙料理係になってしまったが今後カレイジャスは食事管理しっかりしておかないと誰か倒れてしまいそうだw

ノルティア街道を進んでると釣り場でケネス発見。内戦後実家に戻らず釣りで食いつないでいたってのが釣りキチのケネスらしい。早速カレイジャスに誘うが釣り好きな彼のことだから乗らなさそうと思ったら乗る前に大事なものが魚に呑まれたから釣って取り返したいという。取り敢えずエクセルシューターで釣れるかなと釣ってみたらそうゆう調整が入ってるせいか一発で42.4リジュのグラトンバスが釣れた。ただアナベルの件があるからまた魔獣が出てきたりするのかと身構えてしまうが何もなく安堵。こいつが呑んでた金のネックレスはアナベルの祖母の形見で一緒に逃げてたときに落としたらしい。もしかしてこれをアナベルに返してあげたらラブの波動になるのでは…。そのままアナベルがいるユミルへイベント移動。これでふたりは結ばれて…というわけにはならかった。でもこの感じからしてアナベルはケネス兄と結ばれるよりケネスと結ばれた方がお互いにとって幸せなような気がするがでも貴族という家柄だからどうにもならないんだろう。そうしてケネスはカレイジャスに搭乗してポイント交換係になってくれた。

ヒューゴはまだルーレのお店にいたので早速誘おうとしたがクライシス商会のネットワーク構築のために自ら営業部長として帝国東部を駆け回ってるらしい。さすが御曹司はスケールが大きすぎてベッキーの庶民感覚な商売とは桁違いだ。ヒューゴは合理主義者みたいでそれならカレイジャスでヒューゴが回れてない場所に行く手助けしてあげよう。ユミリ、レグラムで商会ネットの誓約書を書いてもらいこれにて解決。そうしてヒューゴはカレイジャス内に店を開いてくれたがこれはまた大掛かりな内装。そしてベッキーとの再会だがお互い意識してるみたいで何だか学院のあの日常がまた一歩戻ってきたみたいでほっこりするな。でも折角の再会もヒューゴの合理主義でぶち壊しw

次は同じくルーレ工科大学にいるはずのチェス部のステファン。親戚が工科大学にいたからツテを頼ってここに来て勉強してたらしいが今は行方知れず。向かう先は南のノルティア街道。駆け付けたらフェイトスピナー3体に襲われてしまいマキアスは同じチェス部部員として燃えてるけどSPDが遅い関係で最初にクラフト技放って以降は特に活躍せずw でもステファンもマキアスが来てくれたから大喜びだしマキアスもステファンと再開できたから大喜び。ここにドロテがいたらえらいことになりそうだなw ステファンは戦闘情報を蓄積できるデータベースを構築してたらしい。もしかしてと思ったらやはり碧の軌跡でもあったレベッカに戦闘ノートを見せて報酬貰う役割を担ってくれるようだ。

各地散策

ゼンダー門ではシャルがトーマに惚れてたり。そのトーマたちノルドの人らはまた集落に戻るらしい。共和国も静かになったしノルティア領邦軍も中立になったしノルドに少し平和が訪れてきたかな。そしてやはりトーマとシャルはそうゆう関係になりたいらしいw あのクエストで捕まえた子馬は相変わらず暴れ馬みたいでシーダのスカート捲ったとかけしからんな。

ケルディックでロジーヌが日曜学校を任されるほど順調にシスターとして成長してるようでこれならカレイジャスに誘ったら逆に悪いな。そういやロジーヌに初恋したカイや嫉妬したティゼルはどうしてるか心配だ。そしてケルディックの物流は両軍不干渉になったらしくこれでまた大市の活気が戻ってきた。東部の戦火も確実に下火になってきた証拠だな。ベッキーの親父さんの言う「商売は金儲けにあらず、人を幸せにするためにある」は至言。こうゆう親父さんの血を継いでるのがベッキーの強みだな。

レグラムも平穏が戻りつつあるがこちらはまだ領邦軍の力が強いらしく鉄道網がろくに通ってない。宿屋のセリアは確か熱狂的なラウラファンだったか。カレイジャスの活躍を喜んでくれてるが女しか乗ってないと思い込んでるかららしいw

他に黒竜橋を散策してガレリア要塞へ向かうためにガレリア間道を進んでるとマップ見たら地霊靴の付近に人影マーク?誰だと行ってみたらなんとガレリア演習場にいたはずの占い部ベリルだった。守護霊がついてるから魔獣も怖くない?虎威みたいなクオーツでも持ってるんだろうかw 取り敢えずカレイジャスメンバーに誘うが霊が騒いでないか見て回りたいから気にしないでという。確かにベリルは霊感強くて力の見極めは出来てるみたいだけど…まぁ彼女の行動はあとで何かしら意味合いが出てくるんだろう。

ガレリア要塞跡でアーベッカー准将が殉職したらしいワルター中将に思いを馳せてた。そして第四に代わり第五機甲師団が駐留する演習場ではフィオナが料理を振る舞っていた。さっきのワルター中将やアーベッカー准将も要塞が消し飛んだからってことか。アーベッカーは第五の代表と責任者になったらしい。責任者強くネガティブな人がそんな大役受けたら…。これは後々クエストに発展しそう。

試練の箱

ノルティア街道2でエリオット・エマ・ミリアム・サラの組み合わせはLv88のファットペングー。相手は混乱が効くしアーツ使いが3人もいるんだから火攻めにしたら容易かったな。ただミリアムはHP低いから窮地に陥りやすく底上げした装備にしないと脆すぎる。

次はザクセン山道2でエリオット・ガイウス。相手はLv89のマスタークリオン。開幕ガイウスの新Sクラフトで雑魚を殲滅。ただそのあと奴のアーツ攻撃クリスタルフラッドで凍結になりまくりで万事休す。2度目は奴らの方がターンが早く一斉にアーツ攻撃されちゃからどうにもならず見てるだけ。リトライ後4度目もターン渡してしまい終了。5度目でやっとエリオットが一番先制出来てガイウスも4番目のターン。エリオットのSクラフトで雑魚を殲滅。でもやっぱり奴らの方がSPDが早いからか立て続けにアーツ攻撃されてしまい全滅。これはまずい流れだなぁ。

6度目はSPDアップを最重視する装備にしてトライ。よし、ガイウスが先制してくれてまずはSクラフトで殲滅。エリオットでレゾナンスビート。やはりクリスタルフラッドを喰らうも次ターンでATボーナス回復してくれたりラッキーもあった。あとはガイウスはひたすらゲイルストームで封技を狙う。エリオットにクリスタルフラッド喰らいそうになるもまたラッキーにもMISS。最後もまたしてもクリスタルフラッド空振りでカウンター攻撃で勝利。とにかくスピードと回避率が勝利の決め手だな。あと運のよさw

精霊窟の探索

ようやく各種依頼が片付いたのでメインストーリーに入れる。地・水・風の霊窟はクリア済みなので残るはノルティア街道にある火霊窟の探索をやっていこう。ん?今まで通りの探索&ボス戦かと思ったらもう最奥の大きな扉に到達?今回だけのイベントとして端折られたんだろうか。

内部の試しの地はローエングリン城音楽の歌入りVerってとこだろうか。個人的に戦闘曲に切り替わらずこのまま流しっぱなしの方が特別感が出ていいかも。セリーヌが言うほど厳しい道のりでもなく最奥へ。なるほど魔煌兵との戦いが試練ってわけか。相手はLv97のダイアウルフ。開幕リィンで激励、ガイウスのSクラフトは覇道クオーツ装備してるから4分の1近くHP減らすも次ターンで少し回復されるわステアップもしてきた。なにせ相手のSPDが早くて矢継ぎ早に回復&ステアップしてくるものだから堪ったものではない。仕方ないのでヴァリマール召喚。ヴァリマールでも12000も喰らってしまうな。結局どうにもならず。やり直し。確かに試練だけあって強敵だ。

機神召喚、ガイウス・フィーでオーバーライズ後ガイウスとフィーのSクラフト。さらにラウラ・リィンでもオーバーライズしてリィンのSクラフトを喰らわし最後はラウラの通常攻撃でフィニッシュ。奴にターンは機神召喚時以外は渡さず。なんか微妙にセコい戦いな気がするがまぁいいか。これでリィンはレベル98へ。

sen_kiseki2_00098.jpg

そうしてゼムリアストーンの大結晶をゲット。結局残り3つの精霊窟も同じように試しの地を攻略してボス戦してゼムリアストーンの大結晶の元へ辿り着かないといけないみたいでやれやれこれは先が長い戦いになりそうだ。フィーは大結晶が綺麗だったから残りの精霊窟探索にテンション上げてたりミリアムはがーちゃんも強化してもらおうとしてたりこのふたりは相変わらずで和む。


ジョルジュの作業場改修の手伝いをして一日経過後ゼムリアストーンで補強した新たな騎神武器の完成。よかったよかった…ってところで今回はARCUS通信じゃなくトワ艦長が直に来て緊急の一報。なんとケルディックがクロイツェン領邦軍に焼き討ちされただと!?

ここでいきなりメンバー選択画面。リィンは当然だしユーシスも身内のことなので固定でサラ教官の固定は何でだろ。あとは火霊窟で起用してなかったアリサとエリオット、マキアスにした。

焼かれた交易町

sen_kiseki2_00099m.jpg

辺り一面は焼け野原…軌跡シリーズは大体終盤にどこかの町で悲しい音楽が流れる展開になる印象。教会ではラウラの絆イベントで仕事手伝ってあげた宿屋のルイセが意識不明に…。彼女とは友だちだからサラ教官も固定だったんだな。ロジーヌは無事だったようだが自責の念にかられてて…いや君は何も悪くない。酷いことに領邦軍は機甲兵まで持ち出し何の抵抗もできない民間人を襲撃。TMPのドミニク少尉もいたが他に猟兵たちもどさくさ紛れに民家に火を放ったらしくなんて愚かな。あんな華やかだった大市も瓦礫の山。ほんとに焼け野原みたいでゲーム世界とはいえ言葉を失う。クレイグ中将もナイトハルトもクレアもいたが犯行はクロイツェン領邦軍と北の猟兵団と断定。正規軍を迎合したケルディックへの見せしめという。巨大な人形兵器は存在するだけで民間人を恐怖に陥れる。

前作一番最初の実習でもお世話になったり度々VII組を助けてくれたあのオットー元締めが犠牲に…。誰彼無しに突然失ってしまうこれが戦争という厳しさ。そしてオットー元締めの家には亡骸。ひたすら無力を痛感。ケルディックが故郷のベッキーは居ても立ってもいられないんだろう。でも慰めてあげられないのが悲しい。

艦内音楽がパートの山場の音楽『目覚める意志』に切り替わったので大詰めも近い。250年前の獅子戦争も焼き討ちがきっかけ。そして今回の騒動もユミル同様に暴走。アルバレア公がカイエン公に目に物見せるためという己の欲望のために罪もない民間人が犠牲になるなんてやるせない。そして暫くずっと心ここにあらずなユーシスは突然艦を降りると言い出すがもちろん黙って見送るVII組じゃない。多分ユーシスは止められると知っててもああ言わないとアルバレア家としてケジメがつけられなかったんだろう。

流石に今回は度が過ぎる行為。カレイジャスは中立として有耶無耶に介入するのではなくはっきり意思を持って介入することになった。打倒アルバレア公だ。そしてこの非常時に入る通信は貴族連合の艦から当のルーファス。この上から目線っぷりからして煽りにきたのかと思ったら違った。やはり父親アルバレア公と領邦軍の一部から手兵となった残党の暴走だった。ルーファス含め貴族連合側は一切介入しないからお好きなようにしろ、だと。つまり身勝手な行動ばかりするアルバレア公が邪魔になったから自分の手は汚さず切る理由が欲しいってだけか。落とし前は自分らで付けろと言いたいところだがルーファスは士官学校理事の顔も忘れてないようで少し安心した。

アルバレア公の拘束

アルバレア公をとっ捕まえオットー元締めへの弔い合戦だ。その前に息巻く艦内を散策。ガイウスは早速リンデに声をかけてリンデも応えて何だかいい雰囲気になってるような。サラ教官は北の猟兵団に何か思うところありそうだな。エミリーはバリアハートにいるテレジアが戦線に巻き込まれないか不安だったがすぐに炎のエミリーになってくれた。シゴかれるのは…悪くないかなw ロギンスはやたら頭に血が上ってるな。フィーはサラ教官の思うところを察してて何かドラマがありそうだ。ベッキーは無理もないがまた序盤の頃の意気消沈した雰囲気に戻ってた。もしかしてこのネガティブなベッキーが実は素だったりして。ミリアムは焼き討ちを見て何か感ずるところあるようでVII組メンバーとしての絆を自覚してきたのかもしれない。

オーロックス砦攻略

やっぱり領邦軍のちょび髭が原因なのか。アルバレア公も髭だし髭にはろくな奴らがいない。砦にはマクバーンとデュバリィもいたがデュバリィは碧の軌跡内クロスベルでアリアンロードの前座をしたその後みたいでそういった繋がりが面白い。そしてここにはスカーレット。ヴァルカン同様に死に場所を求めてるらしく否応なしに末路が見える。でもヴァルカンの二の舞いになってまた立ち止まるのはごめんだ。

最初の騎神戦の相手は新型機甲兵ケストールだがこちらの攻撃が尽くMISS…。どうやら通常攻撃は絶対外れる、クラフト技かアーツ使わないと当たらないみたいだ。これはCPやEPを上手くやりくりしつつ攻撃していかないといけないからパズル的な思考を要求され難しい。CP回復、HP回復、あとサラ教官のEXアーツで相手のSTR・SPDダウンさせつつ。こちらの攻撃はクラフト技の閃光斬のみ使用。意外と窮地にもならず14分も掛かるも比較的楽に勝てた。こうゆう特殊な戦闘だから難易度調整してるのかな。ただ最後のフィニッシュ時Lv5のアリサにしたままだったのはリンク経験値的に損だったかな。

「やったか!?」ユーシスやめいw そしてスカーレットの死をどう防ぐかが課題だが…なんという力技。そりゃスカーレットも「え…」って固まるわなw スカーレットはふたりの元へ還れないことを悔やむも案外悪くない心境だったのかもしれない。そこへクロウと蒼の騎神もやってきたがもう少し待ってろよ。しかしクロウのあの口ぶりからして彼もまた同じように試練を超えて蒼の騎神を強化したってことなんだろうか。

前回同様ここから地上戦。お出迎えは北の猟兵団だがやはりサラ教官の腐れ縁だったようだ。ノーザンブリア…恐らくサラはそこ出身。その国は猟兵団の送金で成り立ってるらしく。そしてここからはサラ教官のターン。6年前のケジメを再びってことか。実際にほんとにサラ教官ひとりvs大勢の猟兵と軍用魔獣が相手だが新たなSクラフトが開放され既に敵は全員バトルスコープ登録済み。つまりそれを使えってことだ。喰らえっノーザンイクシード!…おおっすごい威力!…けど4人仕留め損なった。奴らに攻撃喰らいピンチの戦闘曲が流れるまでになったがクラフト技の電光石火でどうにか対処。まだひとり残ってたがもう余裕。

sen_kiseki2_00100ma.jpg

戦闘に勝ったのにまるで追い込まれたのはサラ教官みたいになってるがそこへリィンが到着するも完全に置いてけぼりw 北の猟兵団は興が削がれたと言いクロイツェン領邦軍との契約をその場で切ってくれて彼らはただ暴れたいだけじゃなく義があって猟兵団をやってるようだな。6年前遊撃士になる前は北の猟兵団。そうか、以前惚れてた遊撃士のおじさまってカシウスじゃなくそのベアトリクスって団長か。サラ教官もまたフィーと同じ道を歩んで今があった。

砦内部には即死アーツでトラウマになったアーツ使いの兵士がいるがこいつらは気絶してくれないから厄介。宝箱では今作では初めての駆動クオーツにありつけてありがたい。内部はこれまでで一番ってぐらい規模が大きいし構造も入り組んでてダクトも多い。一旦ダクトに入るとロードが切り替わるから敵がすぐ復活しちゃうのが面倒なんだよね。そろそろ最後ってところで敵にアーツのオグナプロジオンってのを喰らってまたしても一瞬にしてふたりが戦闘不能になったり気が抜けない。そしてリィンは大台のレベル100に一番乗り。

天守閣にはアルバレア公と結社のデュバリィとマクバーン。アルバレア公は偉そうにどの口が四大名門と言うか。名門なら焼き討ちとかいう野蛮な愚行はしないしあれはただの外道だ。こんな雑魚に結社のふたりが愛想をつかしたりしないのかと思ったがまぁこのふたりはそんなの関係なく結社として命令を遂行するのみか。ってマクバーンは興が削がれたのかどこかへ行ってしまってありがたい。デュバリィだけなら勝機は見えた。とはいえお供の人形兵器はやっぱ動員してくるのねw

前回デュバリィと戦ったときにバトルスコープで登録したのに何故かLv101にアップしてる神速のデュバリィ。ん?詳細に何故かキレが落ちている…と書いてあって何か訳ありなんだろうか。途中まではかなり順調に攻略していけてあともうひと踏ん張りってところでデュバリィのSクラフト喰らってまさかの3人が一斉に戦闘不能になったときは終わったかと…。どうにかティアラル・アセラスといった回復アイテムで立て直せれたけどほんと生きた心地がしなかったな。でもデュバリィのSクラフトカットイン絵が見れたのは嬉しい。

sen_kiseki2_00101.jpg

あ、やはりクロスベルでの連戦だからデュバリィはやけに疲れてるのかw デュバリィは砦の陥落を見届けるのが使命。つまり最初からアルバレアは貴族連合と結社に踊らされてた哀れなピエロだったというわけだ。そして実の息子に拘束されるアルバレア公の気分や如何に。ぐうの根も出ないか。ハリアハートの療法軍は全部隊オーロックス砦に撤退。こうして今度はバリアハートが開放。かつての実習地を自らの手で開放していくのは凱旋してるかのような気持ちの良さがあるな。

バリアハートの寄航日

町の人たちは革新派がやって来たことに動揺し嫌悪しつつも戦闘が終わったこと自体には安堵してるようだ。まぁ貴族連中が多い町だからゲンキンな考えを持つ奴も多い。ただ職人街のみんなは我関せずで筋が通ってる。空港にいたヴァーダン男爵の家族はどこかの町で知ってるんだが忘れた。ラクロス部テレジアはまだ父親と揉めてるようでユーシス同様に親子の壁は厚い。アンゼリカは内戦後どうあるべきかを模索してるようでこの争いの帰結はどうなるかまだ見えてこない。そういや職人街ではコレットが世話になってるんだったな。あいさつ回りがあるからあとで駆けつけてくれるらしい。カレイジャスでまた落とし物しそうではあるがw 前作で腹痛で大わらわだったゴルティエ男爵の資産が消滅したらしく因果応報だなw おや、吹奏楽部ブリジットがハンコック男爵邸にいたけど前回のバリアハート訪問でもしかして見逃してた?ありゃ、しまったな。

絆イベント

北の猟兵団との関係が気になるサラ教官の内情を聞いてみよう。というかサラ教官との絆イベントは必ずお酒が出てくるなw サラ教官はかつて所属してて酒を教えてもらった北の猟兵団の隊長や仲間たちを懐かしんでた。やはりノーザンブリアは厳しい土地だから猟兵業以外に稼げる手段がなかったのか。かつての仲間とも戦わないといけない覚悟…それがサラ教官にはある。そんな背中を見せてくれるんだからまだまだ教わりたいことはいっぱいだ。

靴底が壊れて直しに行こうとしてるフィーに付き合おう。どうやって移動するんだと思ったらまさかのお姫様抱っこ…ではなく肩車だった。ほんとリィンは天然というか、いやフィーをそうゆう目で見てないんだろう。そしてフィーもサラ教官同様に団のみんなから良くして貰ってた。スニーカーもクラウゼルという名前もあの団長から。かけがえのない大切な家族の絆で繋がってる。フィーのほうもリィンを父親代わりとして面影を重ねてたがあの団のときの家族とVII組の家族とは違う。今は自分自身で切り開いていける力がある。ともにVII組の家族として支え合っていきたいね。

全てリィンがいてくれたお陰って惚気けてるアリサだが何か思うところあるようだ。こうゆうときだけは勘がいい…普段にぶちんだというのにw なんとアリサがヴァリマールに乗りたいだと!?まさかリィンが大変だから気遣って代わりに…と思ったがただ乗りたいだけ。ヴァリマールには理解出来ない行為だがこれも人間ならではの行為だな。自分もアリサの分かち合いたいという気持ちは分かる。でもエロいシチュエーションになってるのは何故なのかw 薄暗いこの世界の中をひとりでがむしゃらに。リィンだけ一番辛い思いをさせて何もかも背負い込ませてしまってるがアリサとみんなが待ってくれてるからひとりでも頑張れる。これから先も。そう、アリサにとってリィンは大切な…ってところでおい!空気読めよヴァリマールw そんなことありつつイベントも終わり…あれ?リンクレベルが6になった?てっきり前作同様に5がMAXかと思ってた。でもNEXTの数値がないことから6がMAXみたいだな。新たなアビリティ、究極の一撃…どんな凄まじいのか楽しみだ。

次は峡谷道に出掛けたラウラの様子が気になる。ラウラのことだから周囲の見回りかな。ラウラの強さなら問題ないだろうけど…って、えぇまさかの水着姿で川にドボンと入ったよw で、何故かこれもリィンが羨ましい嬉し恥ずかしな展開になるのは何故なのか。水の中では悩みや迷いも洗い流せる…ラウラ流の鬱憤の発散かな。同じ貴族としてモヤモヤするものがあったんだろう。この内戦が全てをおかしくさせた。一歩間違えればラウラの家だって同じ過ちを。そのためには剣士としてもアルゼイド家の娘としてもさらに強くなっていかなければ。傍らに見守ってくれてさっきみたいな無謀を窘めてくれるリィンと一緒なら…ってこれもラブの波動になってるんだがw ま、同じ剣士としてってことだろうな。

sen_kiseki2_00102.jpg

次はみんなのためにお菓子を作ってあげようとしてるミリアムが心配なので手伝おう。マルガリータみたいに変なもの入れられたくはないからw 作る品はアップルタルト。料理部なのにろくに包丁の使い方も知らないとは一体部で何をしてきたのかw しかしリィンとミリアムの関係は親子みたいでほっこりするな。ミリアムもケルディックの惨状を見て思うところあってアルバレア公を懲らしめても全然スッキリしない。ユーシスを見てたら余計胸が苦しくなって…悲しいという感情をミリアムが分かってきたらしくそれだけ絆としてみんなと繋がってきたってことだろう。アイアンブリードではなくミリアム・オライオンとして成長してきた証だ。

最後は誰にしようか迷ったがリンクレベルが意外とまだ低いエリオットにした。今回の件で落ち込むエリオットだが気分転換にユーシスの叔父が切り盛りするレストランへ。レストラン2階でいつもピアノ弾いてる女性は結構有名なピアニストらしい。エリオットのお母さんもピアニストでエリオットは子どものころからピアノを聴いて励まされたり元気になったりと音楽の力を実感してたんだな。改めてエリオットは自分が何をやれるかを再認識したようだ。


最後はユーシスの実家のアルバレア城館へ。ここにはスカーレットが保護されてて相変わらず生きることを諦めてた。そういや以前はアルテリア法国でシスターしてたんだったな。封聖省っていう特殊な任務を負う部署にいたってのが彼女らしくもある。あの事件さえなければ今も従騎士として活躍してたんだろうかな。

ユーシスの部屋に行くと導力車年間って本があって男の子らしくやっぱこうゆうのが好きなのかと思ったら導力バイクのカラーリングをゲット。もしかして今まで気付いてないだけでこうゆうアイテムが色々落ちてたかもしれないな。

特にユーシスとは何もイベントないなと思いつつタウンマップを見て気付いた…。ユーシスにも絆イベントがあったじゃん!てっきりユーシスと会うのは絆イベント終えたあとのメインストーリー中かと思って絆イベント全て消化してから公爵家に行ったんだよね。しまったなぁ…。でもこれ気付きにくくないか。あ、でも絆イベント中にセーブした筈だからやり直せるかなとロード画面見たら公爵家に入る直前のセーブだった…。

カレイジャスに戻ろうとしたときに今回はARCUS通信ではなく直にトワ艦長とアンゼリカがやって来て急展開の報。青白いバリアで包まれてる最中のクロスベルで何か異常が起こったようだ。

パートリザルト

ここでパートの終了。獲得AP13でランクは甲参級にアップ。そして評価は何と3連続でS評価!つまり今回も取りこぼしなく全てのイベントとAPがゲット出来たってことでこれは自分にしてはすごくないか。いやユーシスの絆イベント取りこぼしはあるが…。あれはほんと悔やまれるなぁ。

sen_kiseki2_00103.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. ナイ | -

    No title

    ケルディック~バリアハート攻略お疲れ様です。焼き討ちシーンは悲しい……。

    >以前惚れてた遊撃士のおじさまってカシウスじゃなくそのベアトリクスって団長か。
    惚れたのはカシウスで合ってますよ(^ー^)
    ベアトリクスはトールズ士官学院の保健室の先生(元軍人)ですね。

    ここのラウラの絆イベントだけ見逃していたので、いきなりの水着シーンだと知ってビックリですw
    みんな何かしらイチャイチャな雰囲気があったとは(笑)

    ( 23:36 )

  2. 管理人 | mQop/nM.

    軌跡シリーズは大体重く悲しい展開があるので堪えますねぇ。
    カシウス…ありゃ、またしても混同してましたかw とにかく情報量とやることが多くてメモしながらでもこんがらがってしまいますw 会話ログ機能でもあれば話の理解を進めるのに役に立つのですがねぇ。IIIに期待。
    ラウラの水着イベントは突拍子もなくて可笑しかったですが直情径行な彼女らしいしラウラ好きなので疲れる展開の中、和まされましたw

    ( 17:33 [Edit] )

  3. ナイ | -

    No title

    会話ログ機能は是非つけてもらいたいですよね。
    イース8をプレイした当初、単語の多さと情報量の多さに会話の振り返りをしたくなって、ついそんな機能はないのにログボタンを無意識に探してしまいました(笑) 他のゲームやソシャゲだとログボタンがあるので癖になってるのかもしれません。
    アクティブボイスのログはあるわけで、閃3はPS4のみなのでVita版のスペックや容量を考えなくていいので追加してほしいものです。せっかくのPS4版だけなんだしストーリーの良さ(情報量の多さ)とスペックを最大限に活用していただきたいなあ、と。

    ( 22:27 )

  4. イース8はPS4版予約済みですけどPS4専用ならではの機能としてログを搭載してくるのを密かに期待…いやアナウンスしてないからなさそうですねw
    自分はファルコムゲーのアクティブボイスを東亰ザナドゥで初めて体験したんですが会話履歴があるのかと早合点して喜んだ記憶が。アクティブボイスの履歴って聞き流しできる内容なので正直ありがたみなくて意味ないなぁと思いますw でもアクティブボイス履歴があるってことは履歴機能に関心はないことはないでしょうから閃の軌跡IIIに期待したいですね。

    ( 14:19 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks