結局買うのならもっと早い段階で買っておけって話だなw 今回も折角だから語彙力のない軽い感想めいたことを書き連ねていこう。

ost_sorasc_01.jpg

雑感

リスニング環境はいつも通りヘッドホンはAKG K712 ProとオーディオカードはAsus Xonar Essence STX、再生はfoobar2000。

空の軌跡SCの作曲者陣は3rd同様に園田隼人氏、宇仁菅孝宏氏、竹下遼氏となっており竹下氏にとってはファルコムデビュー作かな(宇仁菅氏はザナドゥネクストから)。他に編曲者として神藤由東大氏と和田耕平氏も関わってる。

まず一聴しての感想は(あくまでも個人の再生環境での主観だが)3rdとSCでは音質が少し違う感じがある。SCの方が音がクリアで明瞭。音に芯があって音圧的な迫力がある。中低音は3rdより出ててバスドラ系の重低音の轟きを感じ取れる。シンバルもシャラシャラし過ぎてない。これはやはりマスタリングとかの関係かな。何かと音質が気になる自分としては嬉しい収穫だった。

感想

牧歌的で可愛らしい『ル=ロックルへようこそ』はアネラスとエステルとの訓練で使われたな。ボタン押すまで延々と攻撃し続けるアネラスのお陰で印象深いw ギロもアコギも入っていてどこか南国リゾート的でもある。曲の最後で余韻残すのがちょっと切ないんだよね。軌跡シリーズの明るい系の曲でも上位に好きな一曲だ。

お次は通常戦闘曲『Strepitoso Fight』だがもしかしてシリーズ3作のジャズ風通常戦闘曲で一番不人気だったり?(参考:みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめwiki - 英雄伝説 空の軌跡SC)。イントロがちょっと野暮ったい気がしてプレイ時もいまいち気分が乗らなかった記憶。でも改めて聴くとフィールド曲『空を見上げて』にマッチした清涼感とツボを抑えたお洒落さで他の戦闘曲と決して劣らない良い曲。途中のタラッタッタッ♪と音階を上がっていくフレーズとキーボードのメロディの後の呼応するようなメロディが特に好きだ。

誰相手の戦闘曲か忘れたが『Fight with Assailant』はメタルでロックなサウンドが心地いい。ドライな音で力強く打ち込まれるスネアと唸るエレキの流れるような爽快なメロディがまさにエモーショナルな鮮やかさでストレートに格好いい。

ただ曲順はちと不満。ゲーム進行通りなんだろうけど激しい曲のあとに爽やかで切なげでフルートの儚げなメロディが堪らない『風を共に舞う気持ち SC Ver.』はちょっと調子狂うな。この爽やか路線だと『空を見上げて』もイントロからして何とも言えない甘酸っぱい切なさに包まれてて胸を打たれる。同じフィールド曲としてワクワクさせられたFCの『リベールの歩き方』も良かったが『空を見上げて』を聴きながら進むフィールドもセンチメンタルな気分にさせられてモチベに繋がったな。

イントロが強烈な『Obstructive Existence』は手配魔獣戦闘曲だったかな。これも個人的にはイントロが好みではなかったがために妙に記憶に残ってたが改めて何度も聴くと勇壮でいぶし銀なブラスが格好よくてキーボードのメロディもお洒落だしで高まる。

ost_sorasc_02.jpg

『夢幻』からの流れが美しい『夢の続き』はプレイ時の内容を少し覚えてる。エステルの夢のなかの切ないイベントなんだよね。儚く切なく…。言いようがない望郷の念にかられてしまうな。

オケ曲の『荒野に潜む影』『大いなる畏怖』 『飛行戦艦グロリアス』 『迫りくる脅威』 は粗野で迫力満点。3rdより1年前のOSTなのに3rdより音がダイナミックで強奏時の抜けもいい。打ち込み音源も違うのかな。

ドラムのスイング感が堪らないジャジーな『潜入』からベースがイカス近未来感溢れる『Heartless Surprise Attack』への流れも最高。クールでオシャンティなノリのよさは格別だ。

『陰謀』『飛行戦艦グロリアス』、腹にズシンとくる重低音が出てて3rdではついぞこんなサウンドは聴かれなかった。だからAKG K712 PROなら聴き応え倍増だ。ちなみに両曲とも『執行者』のメロディが使われててアレンジ…いや元がどっちなのかは分からないが。

『Etude of the Ruin』や『福音計画』といったオルガン主体の曲ってEvo版ではどうなってるんだろ。アレンジしようもない気がする。それこそ生音収録するとかしたら重低音から耳をつんざくような高音まで迫力満点だろう。

恥ずかしげもなく中二病全開な戦闘曲『The Fate of The Fairies』は当時は一番好きだったな。特に踏み締めるかのようなBメロが格好いい。そして遂に空の軌跡テーマをヴァイオリンで歌い上げるところは鳥肌モノだった。その後間髪いれずリピートする流れも熱い。あと跳躍するメロディの裏でベースの安定感ある下支えも格好いいんだよね。同じ中二系統で『Fateful Confrontation』は当時も今現在も最高に好き。イントロから主部への流れが格好良すぎでしびれる。そして絶え間なく熱いロックを刻み続けるエレキもツーバスも胸熱でエキサイティングに高まらせてくれる。あとOSTとして続けざまに聴いて分かったが『執行者』のアレンジでもあったんだな。

物語が進むにつれいよいよサウンドの傾向が変わってくるDISC2の1曲目『隠された真の姿』はスレイベル?の綺羅びやかな響きが心地いい。曲調は違うが3rd『動かぬ世界』に通じる侘び寂びを感じる。

コーラス入りオケ曲『解き放たれた至宝』は改めて聴くと壮絶で胸に迫るものがある。曲調的にイベント曲だろうけどどこで使われただろうか。『女神の御許へ』といい『折られた翼』といいDISC1のオケ曲とは違う音場の広がりとリアリティのあるサウンドでもしかして神藤由東大氏による制作曲かもしれない。下記の曲同様にクレジットされてないだけで歌もの以外もアレンジとして携わってる可能性も。それにしても打ち込みとは思えないオーケストラサウンド。まさに職人技だな。

『銀の意志 Super Arrange Ver.』は空の軌跡シリーズを代表する曲だろうか。今は亡くなられた石橋渡氏の作曲、別CD情報で神藤氏のアレンジが確定してる曲。改めて聴くとやはりメロディの力が半端ない。流麗で白銀の雲を突き進むかのようなアレンジもグッド。

『浮遊都市リベルアーク』『その先を目指して』『中枢塔《アクシスピラー》』の流れが好き。幻想的で浮遊感のあるキラキラしたデジタルサウンドが浮遊都市にうってつけでここら辺は3rdの曲調に片足ツッコんでる感じもあるな。特にラスダン曲『中枢塔《アクシスピラー》』の鋭い重低音のバスドラと乱れ飛ぶパーカスの綾なすエレクトロなサウンド空間が心地いい。『その先を目指して』もうねるようなベースが格好いい。しかしこうして通して聞くと例の空の軌跡テーマがアレンジされ執拗に使われててあのメロディに全て帰結していく感じが物語性を感じさせられ感慨深いものがある。同じ手法として3rdでも『Cry for your Eternity』のメロディで統一感出してるわけだな。

終盤のバトル曲『Outskirts of Evolution』。オケ曲でテンポ遅めということもありのっそりしててカタルシスないかと思ってたが何度か聴くと勇ましかったり切なかったり色々な展開があって聴き応えがあり。他の戦闘曲と決して聴き劣りはしない。

ost_sorasc_03.jpg

そして今作の真打ち『The Merciless Savior』は圧巻。シンセとヴァイオリンとコーラスのめくるめく色鮮やかな世界。イントロの優美なヴァイオリンのメロディから心を捉えて離さない。最初の展開を終えたあとマイナー調になり深淵の中から咆哮するかのように空の軌跡テーマのコーラスが轟くところは魂が震える。その後は複数のヴァイオリンによる流麗で陶酔感に満ちたハーモニーにただただ恍惚。メロディラインに耳を奪われがちだが沸き立つようなベース進行も格好いい。7分という長尺曲だがあっという間だ。もはやゲーム音楽の枠におさまらず芸術作品へと昇華されてる。よくぞこんな凄い曲作れたなと思う。それにしてもラスボス曲にコーラスが入りスケールが大きく荘厳な曲調になるのはこの頃から閃の軌跡『巨イナルチカラ』へと綿々と受継がれてるんだな。

脱出時に流れていたことを覚えてる『仲間の元へ』。切なさと高揚感と勇壮さに気持ちが高ぶり打ち込みとは思えないトランペットのソウルフルな響きには胸を打つ。これも空の軌跡テーマが使われてるというか殆どそのメロディで曲が構成してあってアレンジひとつでここまでヴァリエーション出せるんだから凄いものだ。

歌ものも引けを取らない素晴らしさ。『I swear...』は最近『閃の軌跡』内のあのイベントでも流れて聴いたから記憶に新しい。OST買って初めて歌詞を読んでいったが仲間たちとの絆を描いてて確かに閃の軌跡でのあの瞬間に相応しい曲だったんだな。そして「どんな遠くにいても辿りゆけば♪」という歌詞は偶然にも続編のあの展開に当てはまるわけだ。歌う小寺可南子さんの歌唱も情感的で聴き惚れる。ハスキーな歌声も相まって心に沁み入るね。確かコテカナさんはこの曲からファルコム作品との長い縁が続くんだったかな。

制作予想

以下アットウィキは自分の管理Wiki。以前おこなっていた旧推測とリークされた正解の一覧。

まとめ

全44曲中何度も聴きたいお気に入りが38曲もあってあまり聴くことはないなという曲は皆無だった。3rdのほうは好みな音質じゃないこともあってそんなに聴かないかなという曲がいくつかあったけどSCはいわゆるBGMに徹した曲や地味目な曲も聴き応え満点。3rdのほうが人気曲が多いかもだがトータルでSCのほうが自分にとっては満足度が高かったな。

こちらもEvo版アレンジが発売されてるけどAmazonで検索したら3rdEvo同様の評価の低さw いちいち内容は見ないけどやっぱりアレンジの評判が悪いみたいでこれもまぁいつか気が向いたら買おうかな。やっぱりより新しい音源で聴いてみたいからね。

関連リンク
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks