というわけで早速プレイしていってる。やっぱりこれも起動直後の絵はスクショ出来ず。ファルコムロゴのジングルは閃の軌跡みたいなOPメロディじゃなく昔から使ってるデフォルトだった。そしてタイトル画面だがこの段階から曲がもう素晴らしい。ハイレゾOSTはもちろん購入する予定だ。

ys_8_003.jpg

プロローグ:ゲーテ海の夜

ゲーテ海案内記から色々意味深に語られていく。そういやイースは全てアドルの書いた本の冒険物語なんだったな。ゲーテ、つまりエーゲ海。今回も舞台は地中海か。

スタートはアドルのいつもの漂流…ではなくゲーテ海での船上だった。ロンバルディア号のグラフィックが緻密でいい感じだ。このシーンだけでもう満足するぐらい。あとここで流れてる音楽はイース7でも流れてた気がする。アドル漂流もといアドル航海のテーマ曲にでもなったか。

ys_8_005.jpg

ys_8_006.jpg

ドギとの語らいもいつもどおりの光景。ドギのCVは三宅健太さんなんだな。ドギは毎作CVが変わってるイメージがある。容姿も毎作変わってて今回は屈強でワイルドながらもイケメンなのが今風のデザイン。お、会話で選択肢だ。ここは礼儀正しく《船長にお礼を言わないとね》をまずは挨拶代わりに選んでおいた。これでドギとの友好度が変化したりするんだろうか。スニオン港に付けばグリーク地方ってとこに行けるらしい。再び選択肢だがそうだなぁ、アドルらしく《風の導きのままに》を選ぶさ。ドギに詩人かよwとからかわれてしまってそんなキャラじゃなかったか。むしろそれはガイアスのセリフ。

次にカシューというロードス島戦記を思い出す名前の優男キャラが出てきたが案の定出てくるの男ばっかりか。アルタゴに渡るつもりと言うがもしかして今は7より前?ロムン帝国とロムン艦隊…4の話だったかなぁ。”アドルも歩けば冒険に当たる”…誰がうまいこと(ry むしろアドル歩けば漂流に当たるだな。そりゃ誰しも遠慮しときたいわ。また選択肢だが上ばかり選ぶのも芸がないのでドギと一緒に船倉を手伝おう。あ~これやっぱり選択肢の正解も不正解もなく単に会話のバリエーションを少し増やすだけみたいだな。まぁないよりは面白味がある。これも7にあったようななかったような記憶が曖昧。

バルバロス船長に会う段階で自由に動けるようになった。ジャンプする時のSEが気になる。各種音量は調整出来るけどひとまずデフォのまま。カメラの上下動作はリバースにしておいた。FPSでもそうだが自分の場合スティック上でカメラ移動下、スティック下でカメラ移動上にしないと違和感しかない。こんなの自分だけだろうか。なんと!たるを調べられない!…いやそりゃそうだろw でもアドルの「た~る!」を聴いてみたかった。会話ボイスは挨拶や掛け声だけってパターンだな。イースシリーズは軌跡シリーズと違ってアクション重視だからフルボイスは重要ではないからね。シスターが乗ってたがロジーヌさんみたいにまたシスター枠のキャラということになるのか。碧髪の大男だけ妙にモデリングがしっかりしていてメインキャラだろうか。商人の女の子はこの先々でも会うキャラになりそう。相変わらず船上のグラフィックがいいなぁ。しばしこの風景を眺めてしまう。

ロード中にTipsが出る設定にしておいたけどロードがありがたいことに1秒も掛からないほどだから読む時間がないんだがw 閃の軌跡で課題だったロード問題だがさすがにPS4だと気にする必要もないみたいだ。やはり閃の軌跡の頃の開発班は新たなアーキテクチャに不慣れだったからなんだろう。

バルバロス船長はCV掛川さんだったか。船の向かう先はセイレン島。そこが今回の舞台だろう。今だとセイレンと聞くとハレンチなイメージしかないがw もちろん始めて聞く名前の島だがどうやらいわくつきらしい。ゲーテ海で次々に船が沈没しててそれがセイレン島のせいではとまことしやかな噂。謎の沈没とは一体なんだ。バミューダトライアングルかな?セイレン島は永遠に呪われた島で上陸したら誰も戻って来られないという。つまりアドルは戻って来られたというわけだ。せめてひと目見てみたいものだな。船長からそれは良い心構えだと褒められた。ありがとうございます。

歓迎会の警備?変な輩でも乗ってるのか分からないが何か心配事でもあるのか。船長は万全を期したいというが何か心当りありそうな。そしてシーンは歓迎会。船の見た目のサイズにしてはやたら広々とした空間だなw 参加者の中にはパッケージ絵で見たことあるメインキャラもいたりと一堂に会してる。アドルは警備で見回り担当、つまりいつもの話し掛けタイム。ここは元気よくアイアイサー!意外とアドルはノリがいい。

ys_8_007.jpg

そうして客に声掛け事案していくが今回も二度話し掛けは有効。あからさまにぶっきらぼうな男が怪しい。ブロンド髪の娘はメインキャラだな。黒ずくめの男は見るからに怪しい格好をしている。でもそれは勝手に人の部屋に入るアドルも怪しさでは負けてなかった。こりゃまた一本取られたなw 倉庫にやたら馬鹿でかいウシとイース名物ピッカードがいた。ドギと話し終わったところで警備終わり。なんだかみんな怪しく見えるな。疑心暗鬼とカシューに言われたが明らかなフラグだろうか。

やっぱりロードが爆速過ぎてTipsが読めないから表示する意味がないw ま、Tipsなんてあってないようなものだ。それなら設定でオフにしておこう。

そうこうして例のセイレン島をこれから通過しようとしたときにダイオウイカみたいなゲーテ海の怪異『正体不明の触手』ってのが出現。東京ザナドゥみたいに怪異と書いてグリードとは読まないのかな。早速イシオスブレードってのを引っさげて最初のボス戦。ま、最初だからサクサクッとね。

触手であのブロンズ髪の娘がプレイを受けることを誰しも期待したと思うが叶わず。あの豚顔のデブはCV龍田さんだな、と思ったら落ちた。ドギはガキをかばってとかやる~と思ったらやはり落ちた。そうしてアドルも船から真っ逆さま。なんだやっぱり漂流するんじゃないかw これでこそアドルだな。

ここで暗転してイース恒例のインストゥルメンタル曲のOPへ。おおっ、今までのFLASH的な作りのアニメじゃなく中割りの動画が入ったちゃんとしたアニメになってる!SDキャラじゃなくリアル等身のアドルがアニメとして動いてるってだけで嬉しい。そしてOP曲のメランコリックな調べ…。さすがとしか言いようがない。一連の展開とこのOP見て今後の大冒険に期待が高まらない人はいないだろう。

ys_8_008.jpg ys_8_009.jpg

というわけでお釣りが来るぐらい満足したところで次回へ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. エル | -

    イースはフェルガナの誓い以降未プレイだったんですけど、
    友人の配信で見た触手戦のかっこいいBGMを聴いて欲しくなりました(笑

    ( 00:22 )

  2. 管理人 | mQop/nM.

    今作もBGMは熱いですよ。そのシーンのボス戦曲も格好いいですし今のところ特に自分が刺さってるのは最初のフィールド曲ですね。音楽がいいとほんとよりゲームが楽しくなって止め時が困りますw

    ( 06:54 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks