雑記

今回で冬新番は出揃ったか。秋新番のときはモチベが下がり気味でろくに追えなかったけど今回はそれなりに見ていってる。まだ初回放送ばかりで判断は出来ないが取り敢えず今のところ気に入った作品はスロウスタート、宇宙よりも遠い場所、カードキャプターさくら クリアカード編、ぐらいか。思ったより少ないけどまだ気に入りそうな作品もあるので今後増減していくかもしれない。

アニ雑団SPはるーりぃとまりえってぃゲストのボーリング大会。麗ちゃんが意外と上手くてびびった。これは今年のヤクルトの勝機を少し奪ったかなw しかし改めてほんとるーりぃは美人だなぁ。中身はただのガチゲーマーだしあんなにゲスなのにそのギャップw 足も長いしスタイルもいい。まつえりは細すぎて心配になるがるーりぃは健康的。これでむn(ry えってぃはデレラジに続いて新年恒例ゲスト枠を狙っているようだw

アニメ感想

ダーリン・イン・ザ・フランキス #1 / BS11

anime(1221097).jpg

ポプテピピックさえなければ恐らく今期一番の話題作になるはずのTRIGGER最新作。やはり説明は後回しと言う感じで初回だけじゃなんとも言えないが「君の名前は?」で思わず同じ田中さんキャラデザだからかついつい『君の名は。』を彷彿してしまったよw キャラではイチゴちゃんがあの髪型といいキリッとした顔立ちといいクールな性格といい好みだな。キャスティングではななみんが学生役で出てるのが嬉しい。他に井上まりーなや小清水あみっけとかTRIGGERゆかりの声優を起用したりとファンサービスにも余念がない。

博多豚骨ラーメンズ #1 / BS11

今期はグルメ系アニメ多いなぁと思ったら全然違った。いわばデュラララ系か。人口の3%が殺し屋…やはり博多は修羅の国か…。

だがしかし2 #1 / BS-TBS

意外にもショートアニメで復活。藤原啓治さんが無事復帰されたようで何より。どことなく絵のテイストが違うなと思ったら制作会社がfeelから手塚プロに変わりスタッフもほぼ総とっかえだった。1期にあったほたるやサヤの色気が抜けちゃったもしれないなぁ。

たくのみ。 #1 / BS-TBS

anime(1221096).jpg

こちらは絵柄は結構好み。キャラデザインの小林真平さんをググったらなるほど城下町のダンデライオンの人だから自分に刺さったんだな。特に桐山真の容姿が良き。こっちもグルメ系でビールアニメみたいだが常にビール飲んでるような安済知佳さんにとってまさに本望とも言える出演なのではなかろうかw しかしこの枠は駄菓子にノスタルジーを感じる世代とビールの良さが分かる世代とドンピシャで狙い撃ちだな。駄菓子をつまみにビール飲むのが正しいこの枠の楽しみ方か。

キリングバイツ #1 / BS-TBS

たつき監督が降りたけものフレンズは随分方向性が変わったな(違)。ラーテルのフレンズ…去年はサーバルという動物を知ったり今年はラーテルと何かと勉強になる。正直この手のは好みじゃなかったがこれはキャラがいい感じに面白くて最後まで楽しめたな。

グランクレスト戦記 #2 / BS11

シルーカのスーツ的な姿も良いな。こんなエロ可愛い娘なら仕えたいものだ、いや仕わされてるのか。これのどこが不幸な君主だ。シルーカの求める世界の秩序を君主テオに託す、君主である俺の戦いと颯爽と戦場にあらわれこれは惚れたかな。敵サイドでは意外にもうえしゃまCVアイシェラに骨抜きにされそうになりつつも部下を率いて下がるところは下がる聡明ぶりが光るあどけない兵士が面白い。あれはモブじゃなくサブキャラかな。今回戦ったセーヴィスの君主ラシックはあんな見た目して意外と良い人だった。こうゆうありがちじゃない展開は面白い。

ポプテピピック #2 / BS11

やっぱりセンスあるなぁ。何度も何度もクスリと笑わせられてしまう。そしてコマ撮りアニメとか地味にかなり労力かけて作ってる。連続で二度見ても面白いんだから声優頼みじゃない証だろう。去年冬新番のけものフレンズといい最近は頭を空っぽにして楽しめるアニメが受けているってことなんだろうかな。

スロウスタート #2 / BS11

anime(1221095).jpg

中学浪人の理由は分かったが花名はすべり止めとか受けなかったんだろうか。あのまま自堕落になると中卒ニートのままになるんだなぁ。母親の独り立ちさせる優しい愛のムチ。アニメでよくある都合がいい親との別居だがこうゆう展開なら納得。しかし日常ものもまだまだ新しい題材があるもので着眼点が面白い。花名がせっかく新しく友だちが出来たのに浪人がバレてしまうかしまわないかのハラハラ感が本人には悪いが面白い。テンポもよくてあっという間だったな。ああゆう境遇だから花名に共感しやすくて楽しめるし可愛いいしで特にフラフラで走ってるところが可愛くて好き。日常萌え系は基本好きなんだけど合う合わないがあって見てみるまで分からないんだが今作は好きな部類だな。

三ツ星カラーズ #2 / BS11

OPのカラフルだけど抑えめな色合いは良いね。絵も可愛らしくて「やってみなきゃわかんない♪」の金髪のさっちゃんが好き。しかしこんな幼女にゲームちょうだいって言い寄られたらあげちゃう…ことはさすがにないな。二次元ならともかくね。結衣が柵を超えるところの謎のこだわりw 自然にとって一番いいことは人が滅びること…まさに真理だな。諦めたので人類は救われた…お、おう。大体さっちゃんのせいで結衣が泣いて琴葉が面白がる傍観者という3人の図式なのか。

りゅうおうのおしごと! #2 / BSフジ

見事なロリコンホイホイアニメ。別にロリじゃないけどやっぱり可愛いは正義だな。以前からCMで不思議な幼女声が聴こえてたがあれは小倉唯ちゃん役のシャルロットだったんだなぁ。破壊力が凄まじくてこの声とあの容姿を合わさると人間ダメになりそうw とはいえ自分はへそちらもした浪速の白雪姫のほうがいいなw

宇宙よりも遠い場所 #3 / BS11

anime(1221098).jpg

キャラが生き生きしていてほんと掛け合いが楽しいなぁ。漫画的なデフォルメとリアルな等身大な描写が実に良いバランス。結月に代わって何としても行こうとアピールするとこは笑った。何気にキマリや報瀬の制服姿なニーソとふとももを活かしたシーンが良き。今回は子役の苦悩。それだけでなくこの歳頃特有の悩みをざっくばらんにだな。誰しも悩んでる。別に職業とかは関係ないってことだ。満面の笑みで「ねー」だけで通じ合うところが好き。しかしさすがにハシゴで直に乗り込むところはしてやられた。キマリちゃんマジヒロインとか思っちゃったよw

メルヘン・メドヘン #1 / BS11

OPは本編からの流用だがあれが完成型かまだ未完成なのか微妙なところだな。火炙りコントは笑った。あちらの世界ではまだブルマ文化が残ってた。個人的にブルマは赤ではなく紺だなぁ。うちの学校がそうだったので。まだ18歳でブルマを知らない世代の楠木ともりちゃんは普通に喋って演技してるときはいいけど荒げたときはまだまだ拙さはあるかな。ヘクセンハナトとかいう何でも叶えられる魔法が報酬のバトルロワイヤルがメインになるのか。

ゆるキャン△ #3 / BS11

前回突如なでしこがリンのもとへ現れたことのあらましから。ゆるっとしていてもフォローしているのは良い。カイロ貼るところでちょっとエロ…くはならないか。なでしこはいい意味で可愛い田舎のおばちゃん的。今回もゆるっとまったり。

ラーメン大好き小泉さん #3 / BS11

小泉さんの黒ビキニ良き。人類より麺類派…共感出来るが誰がうまいこと言えとw 今回も悠の一方通行のガチレズっぷりとマイペースにラーメンのために生きる小泉さんが微笑ましかった。最後にしれっと割引券をプレゼントする小泉さんが可愛い。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン #2 / BS11

自分もこんな人形みたいな可愛い女の子を拾いたいものだ。ああゆう絵柄とヴァイオレットの境遇だから萌え~ってならないけど今回も相変わらずの絵の美麗さと繊細さには目を見張る。あの機械部分も3Dじゃなく手描きなんだろう、他の会社なら3Dでやるだろうけど逃げずに描くのがさすが。この世界に焼きそばもあるんだなぁ。まだ子どもなのに…なんとなく見た目は二十歳前後に見えるが結構幼いのか。「何様だ」「エリカ様です」のとこは笑った。感情が希薄だから全部ストレートにぶっちゃけちゃうんだな。普通の人でも代筆ってのは感情を汲み取って文にしないといけないから難しい。文ひとつで人の人生が大きく変わってしまう。ある意味人の人生を預かるみたいなものだ。言葉には表と裏がある…エリカの心模様の揺れ動きはまさに人間の感情そのもの。こうして感化され段々とヴァイオレットちゃんも感情を学んでいくんだろうか。ところで今作の略称って何かないのかな。

カードキャプターさくら クリアカード編 #2 / NHK-BS

anime(1221094).jpg

今回もノスタルジックな気分に浸る。あの頃夢中で見てたアニメ(といっても地上波再放送だが)をこうして最新作として見れるだなんて不思議な気持ちだなぁ。まだ夢でも見てる気分。でもあれからさくらちゃんはちゃんと今自分がやるべきことが分かるぐらい立派に成長した。相変わらず知世ちゃんとの絡みや桃矢とのケンカなど微笑ましい。さくらちゃんはやっぱりどんな服着てもどんなカットでも可愛いなぁ。ほんとさくらちゃんの可愛さは色褪せない。少し御御足が見れるカットもあって眼福。「ほえ~」って久々に聴いた。確か中学生になったからあまり言わなくなったとかインタビューで言ってた記憶。クリアカードSIEGEの襲来、最新作だけある描写が面白い。そういや桃矢は知っているからこそのタイミングの茶々入れなのか。

anime(1221099).jpg anime(1221100).jpg

魔法使いの嫁 #13 / BS11

綿虫はまるで宝石の国のシロみたいで可愛い。可愛いものには毒がある、モコモコしてても殺しにかかる雪虫。二人で密着してるから暖かい…全くしれっとエリアスは良い想いをしやがるなw チセはほんとそれだけ家族の愛に飢えていたんだな。ようやく二人は以心伝心。チセの杖は持ち手が小鳥みたいになっていて可愛らしい。その後はふたりの日々ですっかりラブラブ。なんて羨ましい。これもお互いが気遣いが出来る優しさがあるからこそか。そしてチセは灰の目とかいうジョージにキツネにされちゃった。

魔法使いの嫁 #14 / BS11

ようやく本放送に追いついた。あのままキツネ編にでもなるのかと焦った。一旦取り憑くといくら愛していても運命は変えられない…悲しい性だ。死は逃げられる運命ではない。でも愛が幸せを運ぶこともある。すんなり行かず相変わらず緩いシーンもあるのが楽しいところ。ほんとチセは自らを顧みず優しく暖かい。しかしいいシーンなはずなんだが妖精の破廉恥な格好のお陰でちょっと可笑しいものだw 一瞬のときめきが人を変えることもある、爺さんも妖精も幸せな人生だな。そしてまたまたチセに受難。ここでお邪魔が入ったか。ほんとこう何度も可哀想過ぎだろうw

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks