スティーレスタイルは隔週になっちゃったが毎回楽しみにしてるアニラジのひとつ。あじゅじゅとあかりんと杏ちゃんとの3人の女子会みたいなトークが心地いい。似たテイストだとグリーンハーベストの3人の女子会トークも心地いいんだよね。トラハモも同じ女子3人で楽しげだけどこちらはわちゃわちゃ度が高くて偶にテンションに付いていけないときもある。

実は毎回アップを楽しみにしていた動画。前から知ってるi☆Risのみゆちゃんも可愛いが18歳JKの楠木ともりちゃんが若々しくて可愛い。いかんな、最近は富田美憂ちゃんといい石見舞菜香ちゃんといい18、19歳ばかり好きになってしまってるw

一昨日のBS世界のドキュメンタリーがよりもい繋がりで南極基地の特集。想像以上に南極の表面は氷棚の上だと真っ平らで何もない。そして見えないところで広がる亀裂。予測の付かない厳しい世界。なるほどこれは確かに正確な計測が必要になるわけだ。基地についても色々なことが窺い知れて面白かった。予定調和で終わらないほろ苦い展開にも見入った。因みに再放送は2月9日にあるみたいだ。

アニメ感想

ダーリン・イン・ザ・フランキス #2 / BS11

OP含めキャラといい設定といい演出といいやはりどことなくエヴァ意識か彷彿させられる感じだなぁ。初回はシリアス基調でこれはどうかなと思ったがちゃんとエンタメとして面白くなってきてひと安心。イチゴが好みと書いたけど早くも当番回というかある意味ヒロインゼロツーの噛ませとなってしまいそうで。震える思いでキスまでしたのに何の意味もなくてイチゴが哀れ過ぎる。あんな献身的な可愛い娘からキスされて何も感じないとかおかしいだろw やはり青髪ショートは報われないヒロインポジなのか…。最後の「へたくそ…」は自分になのかヒロになのか操縦なのかキスなのか色々な意味が込められてるようで深く切ない。この辺のコクピット内描写は丹念で見応えあるシーンだった。イチゴはゼロツーからヒロに「ダーリン」って呼ばれたときのタン!ってミニトマトを切るとこやミクの話をタン!と遮るとこといいちょっとヤンデレの毛を感じてしまうなw そんな闇部分を抜きにしたら冒頭でにゃにゃ~と猫と戯れてるとこも素の顔が伺えて可愛いかったしぴっちりスーツ姿もエロくて心休まるんだが。しかしロボに複座で載ってるところはあからさまに立ちバックだし「俺下手じゃなかった?」とか特に後半がまるでヒロがイチゴをバックから攻めてるかのようで直球な狙いっぷりにちょっと笑った。

anime(1221104).jpg anime(1221105).jpg

OPも良かったがEDは青春感とかがあってさらに良かったな。イチゴ役市ノ瀬加那さんはシグマセブンの新人さんみたいだがド新人とは思えないぐらい落ち着いた声と演技で非常に良い。これまた素晴らしい原石を見つけてきたなぁ。

ポプテピピック #3 / BS11

前回はセンスを感じたが正直今回はイマイチ刺さらなかった。でもBパートは大御所効果で直後の再放送だというのに面白く感じられた。そりゃ中尾隆聖さんと若本規夫さんを揃えたら面白くならないわけがなくある意味反則w しかし中尾さんはこれまで比較的声を聴く機会はあったけど若本さんはかなり久々に聴いたような。さすがに声はちょっと老けられちゃったなぁ。

スロウスタート #3 / BS11

anime(1221101).jpg

相変わらずよく動く。可愛い女の子がちょこちょこ動いているだけで見てて幸せ。花名というか近藤麗奈ちゃんの「ウェルカムだよぅ」の言い方可愛くて好き。前回同様にドタバタ走りはほんと好き。そんな微笑ましい展開続きだが花名の過去でピリリと闇。後ろめたいのか疎外感か。抜け駆け…というより抜け落ちか。でも今はそんな気持ちより良き友だちに恵まれて暖かい。それにしても初回から気になってたがたまてCVの伊藤彩沙ちゃんは長縄まりあちゃんとは違うベクトルで独特の声してるなぁ。デュフフフのところは笑った。

グランクレスト戦記 #3 / BS11

今回も良き王道ファンタジー。テオはシルーカとともに互いに影響されあい順調に成長していってるようだ。火竜とシルーカの攻防が絵的にも見応えあった。Bパートのシルーカが起きて早着替えするところの動きにも目を引いた。今回は全体的に動きが良かったな。ま、おパンツは色気がなかったがw まぁピンクとかそんな洒落た色合いのパンツはあの時代なさそうだし。

だがしかし2 #2 / BS-TBS

anime(1221102).jpg

おっぱには目も食れず思わずポンポン船のウンチクにへぇ~となった。絵柄がライトになったとはいえエロいときはエロいな。

たくのみ。 #2 / BS-TBS

anime(1221103).jpg

酒は分からんけど可愛い女ん子たちがわちゃわちゃしてるのを見るだけで酔えるな。ある意味きらら系日常ものアニメの大人版日常アニメってとこか。しかしみかこしがこうゆうお姉さんキャラやってしかも嵌ってるとはなぁ。27歳という実年齢に近いキャラだが大人の色気とおっぱいのボリューム感の表現が絶品だ。

キリングバイツ #2 / BS-TBS

ラーテルが意外と面白可愛い。エロとかアクションとかエンタメとして楽しませるシーンが豊富で飽きさせなかったな。

三ツ星カラーズ #3 / BS11

律儀にバナナに反応してあげる人たち…平和な街なのかそうでないのか分からんなw 今回も3人の悪ガキたちに振り回される暴力警官が哀れ、いや平和でいいことなのか。チュパカブラっぽいきぐるみでサクラクエストと繋がった。最終的にみんなうんこ、行き着く先はうんこだけ、今回も分かるようで分からん迷言飛び出してきた。でも確かにその通りでなんて達観した小学生だ…。

りゅうおうのおしごと! #3 / BSフジ

anime(1221106).jpg

たかが将棋されど将棋、人生が掛かっているからね。頭の回転の良さや技術だけでなく心の強さも必要、ある意味スポ根的。浪速の白雪姫ってそんなに格上のレベルだったんだな。二人のせめぎ合い、1分の焦り、圧力、9歳には酷過ぎるな。勝てないけど最後まで粘る姿はグッと来る。この負けん気の心の強さこそあいの強さに繋がるんだろうな。最後は感動的な直談判で熱いが冷静に考えたらまるで幼女をくださいとお願いしてるようなものだな、と思ったら逆になった。

宇宙よりも遠い場所 #4 / BS11

「悪いよ」「悪い?」のところほんと良い言葉選びだなぁ。アバンだけで満足してしまった。キマリが親にビクビクしてるところが軽くホラー風味でケッサクw めぐみはキマリが心配なあまりってことなんだろうけど闇が伺える。Cパートもそうだし後々爆発する伏線を積み上げてる感がある。そうして合宿スタート。ルートを決める意味もなるほどだったがひとつルート作るだけでも精密作業なんだな。確かに1度でもズレたら最終的には何キロもズレてしまい命取りになるかもしれない。「軽く死なせますよ」と怒られるキマリちゃん。まだまだ修学旅行気分で自覚がないけど大丈夫かな、と思ったが無事決意を改に出来る導きがあった。この世界の大人たちは頼りになりそうだ。

citrus #3 / BSフジ

女同士の仕方と言いつつ試みようとしてるはるみのシーンがエロくてテンション高まった。そして芽衣に我慢できず押し倒してキスするところもエロい。一度味を知ってしまったばかりに中毒に…。個人的にはああいった芽衣よりはるみとの関係が深まったほうが好みではあるが。

魔法使いの嫁 #15 / BS11

チセは魔力が高まり過ぎて身体が保たなくなってきたのか。人間と取り違えられ育てられた妖精シャノン。チェンジリング…プリプリかな。元人間の旦那…別のものに変わり果てる…闇が深すぎるな。離れていてもエリアスの声は届く。何よりチセの本能的に生きたいという強い意思があるからだろう。しかしなんて荒療治だ。後半はようやくフォーカスが当たったシルキー。人間かと思ってたがバンシー、女の妖精なのか。寡黙な人かと思ったら涙が枯れるほど泣いて声が…だったんだなぁ。家族より家に住まうことを決めたってことなのか。イワークみたいなスプリガンもこんな味な真似をしてた。そして今は待つ人がいる…それがシルキーにとって無常の喜び。

メルヘン・メドヘン #3 / BS11

anime(1221109).jpg

相変わらず異世界での物語はいまひとつ面白味が分からないが現世では何故かcitrus感が出てきたw

ゆるキャン△ #4 / BS11

anime(1221108).jpg

シュラフひとつとっても色々あるんだなぁと今回も将来やる予定も微塵もないキャンプの勉強。実践コーナーで棒立ちキャラっぽい演出にするのが流れなんだな。しかしダンボールで囲むと思っきりホームレス指南って感じもあるw「お楽しみだよ~」のとこのなでしこというかゆみりちゃんの演技が可愛い。霧ヶ峰というとエアコン思い浮かぶが実在する場所だったんだなw

ラーメン大好き小泉さん #4 / BS11

anime(1221107).jpg

悠は包丁手に持つことは確実なガチレズっぷりではある。正直ラーメンに夢中なだけの小泉さんよりやべー奴なんじゃないかw 相変わらず小泉さんは進路の悩みとかなく屈託なくただラーメンを幸せそうに食してる姿が可愛い。諏訪部さんの声が聴こえてきたがてっきり兼役で本役があるのかと思ったらイケメン男子役なだけだったw ラーメンより素敵なことってなんだw

ヴァイオレット・エヴァーガーデン #3 / BS11

anime(1221111).jpg

ヴァイオレットちゃんってアンドロイド…ではないんだよね。人の話す言葉から心をすくい上げること、ルクリアの本当に伝えたかった言葉はヴァイオレットちゃんには届いた、そしてその言葉はルクリアの最愛の兄へ…。短い言葉だけどそれだけで十分だった。そしてみんなの心がそれぞれに伝わりルクリアもヴァイオレットもハッピーになれた。言葉は偉大だな。最初はちょっと駆け足展開だったけど後半からはじっくり描いてくれて最終的には感動が押し寄せてきた。さすが京アニは作りに余念がない。ルクリアはころあずだが京アニだとユーフォにも出ていて意外と京アニ声優。

カードキャプターさくら クリアカード編 #3 / NHK-BS

anime(1221112).jpg

山崎くんと千春ちゃんの夫婦漫才も相変わらずだなぁ。さくらと小狼のラブラブは周知の事実。久々に大きなほえ~が出たなw 今回は結構ほえ~が多めでやはりまだまださくらはあの頃のままってことなのかな。さくらちゃんが触手…じゃなくて。あの頃から自分も汚れてきた。とは言いつつ一番心配してたのはビデオカメラだったけど大道寺トイズ…そんな設定もあったんだw 元友枝小のチア部…オリンピック出れるな。後半、リフレクトのカードだからか澄み渡る青空と太陽光に照らされた情景が印象的。さくらちゃんびしょ濡れだから早くお着替え…ってイケメンはすかさずフォローする気配り上手。完全に乙女の顔。クリアカード編は落ちっぱなしだなw

anime(1221110).jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks