ゆみりちゃんのAこえ2回目はまいまいゲスト。同じ事務所同士の居心地のいい空間だったしまいまいのざっくばらんなトークが面白かった。合間のあかりんAこえミニのボイスサンプルコーナーのキモオタ台詞が最高だったなw

エジソンはポプテピピック特集。こうして改めて考えてみると今の何でもクソアニメと言われる風潮に対するアンチテーゼというか一石を投じるような作品だなぁと思ったりもしたがまぁそこまで高尚な考えで作ってはいないんだろうw

アニゲーイレブンはみのりンゴこと鈴木みのりちゃんゲスト。結構ぶっ飛んでる娘だなと思ってたけど想像以上にやばかった。真綾ちゃんへの愛が重すぎて別にそっちの気があるってわけじゃないんだよねw 次回はあじゅじゅゲストとは嬉しい。

丁度公式ツイッター見る機会があって放送に気付けてラッキー。見た甲斐があったぐらい面白いし楽しい内容だった。ほんとこの4人が集まると下手なタレントより面白いなw エモいで繋がる言葉遊びには笑った。いのりんの次回シングルの曲名が楽しみだw いのりんもすっかり寛いでいたなぁ。そういえば主役4人全員アーティストデビュー組という豪華さ。このメンツを集めるのは相当難しいだろうけど多分アフレコ終わりに放送したんじゃないかな。だから1時間にも満たずに終わったんだろう。因みにアーカイブでいつでも見れるようだ。こうゆう付加価値があるからYouTube Liveは助かる。

最近はニコ生以外にYouTube LiveやFRESH!やAbemaやSHOWROOMなど雨後の竹の子のように声優さん番組が始まってきてさすがに手いっぱいで追えないな。よほどその子が好きじゃないと見れないな。多分配信各社が客寄せとして勧誘していってるんだろう。この増加傾向は双方にとって良いことなのかそうではないのか、いずれ番組数の増減で結果が分かってきそうだ。

アニメ感想

ダーリン・イン・ザ・フランキス #3 / BS11

あんなことがあってもまだヒロを庇うイチゴが甲斐甲斐しい。シルエットなシーンは否応なしにエヴァっぽくミクもまたアスカっぽくもあるな。昔は天才だったヒロ。神童も大人になれば平凡か。ゼロツーは最初取っ付きにくかったけど段々魅力が出てきた。自分ならうっかり引きづられてしまいそうなほどミステリアスな可憐さ。相変わらず操縦システムはエロさしかなくてバックの体制で「いいかイチゴ?「うん、きて」とか笑うだろw マグマ兵器といい穴に下降していく展開といいやはりマグマダイバー。作戦開始時の背景動画な作画が目を引いた。ヒロに妬いてミツルが僕がイクって言った時点でフラグ完遂。そして動揺するイチゴ。歳相応にみんなメンタルが弱い。ウザキャラと思われたゾロメだけどミクのことを一番に気遣ってたり結構良い奴じゃないか。そしてテクノブレイクし果てたミツル(多分違う)。ゼロツーから全幅の信頼を得られているけどこうゆうことにもなり得ると分かると愛が重く怖いな。

ポプテピピック #4 / BS11

今回は実質けいおん。あやちは出たからあとは愛生さんと寿さんでコンプリート、いやそうゆうアニメじゃない。セーブポイント先にボスネタがちょっと笑った。ボブネミミッミは特に好き嫌い別れるだろうけど個人的には一連のコーナーで一番好き。前座…いや向こうが前座なのか星色ガールドロップの「全科目赤点取っちゃったー!」が結構ツボったw

スロウスタート #3 / BS11

anime(1221113).jpg

ハンメイさんという中国人留学生なのかと。真礼ちゃんもきらら常連だな。万年さんも浪人生。なるほど花名の浪人はただのキャラ設定というわけではなく無理やりな理由で受験を失敗した女の子たちが頑張るがテーマのアニメなんだろうな。しかしハンネイさんはもこっちとかつい最近能登さんがやったモリコとか色々彷彿しちゃうなw 花名は一度分かり合えると結構強気というかグイグイいけるタイプだな。部屋着が和装というたまちゃんギャップがあって良いなぁ。今まで賑やかせな娘のイメージだったけど一気に好きになった(ちょろい)。

グランクレスト戦記 #4 / BS11

今回も戦闘シーンの作画が良い。アイシェラもよかったがラシックの戦いが見応えあり。一瞬動きにタメを作るのがケレン味があって格好いい。やはりファンタジーアニメにおける戦場描写は動いてなんぼだな。話は予定調和に終わらず一旦テオは一介の騎士へ下る展開は面白かった。

たくのみ。 #3 / BS-TBS

パツキンっ娘の直がひと際可愛い今回。中の人のちかぺが滲み出てるシーンもあったなw

刻刻 #4 / BS11

この手のは見なくなるんだが緊張感のある不穏な雰囲気と先が読めない面白さがあってまだ見てる。

りゅうおうのおしごと! #3 / BSフジ

今回も流れるように小学生。「お好きでしょう小学生?」渋いはやみんボイスで反則過ぎるなw 「小学生は最高だぜ!」に続いてまたしてもロリコン関連でパワーワードを生み出すとは日本始まってるな。おまけに小学生相手に修羅場とか。自分は諏訪ちゃんCVの秘書さんが良いなぁ。

宇宙よりも遠い場所 #5 / BS11

オーストラリアに着地出来ないw アメンボ赤いな愛ゆえにw 今回もしらせちゃんがポンコツ可愛くてどんどん魅力的になっていくし花澤さんの演技も磨きがかかる。「話してたっt」あの自然な噛みっぷりもすごい。キマリちゃん42kg…まぁちっこい娘だからこんなものなのかな。影に隠れてたがえーでちゃんCV妹キリンちゃん可愛い。本来ならこの娘が目指すべきではってぐらいしっかりしてるw やはりめぐみとキマリの関係に焦点がメンバーに広がる。でも話せる相手がいる、それが解決の糸口になった。持つべきものは友だな。意外…と言っては失礼だがwゆかちCV日向が誰よりも大人な考えでチームはまとまった。めぐみはキマリに離れてほしくなかった、キマリは自律していけたけどでも自分は…という置いてけぼりからそんなことに…。でもそれを受け入れてくれたキマリちゃんも大人だしちゃんと話せためぐみも大人になれた。ほろ苦くもそれぞれ新しい道へ希望に満ちた出発となったな。

citrus #4 / BSフジ

この世界はレズしかいないのかw でもよくある友情大事なキャラかと思わせておいてマジもののレズだったってのはギャップがあって面白い。

魔法使いの嫁 #16 / BS11

anime(1221114).jpg

しれっとチセからキス貰うとかさすが天然たらしのおふたりさんw ひょんなことからアリスとウィンドウショッピングするチセが可愛い。意外と結構食べるみたいでそこも可愛いところ。ありすとはタメで話せるぐらい仲良くなった。「クスリって美味しいの?」で繋がる二人の友情。アリスも過去に人間扱いされずその果てに運命が開けたんだな。お互いイケメンな出会いをして同じように波乱な成り行きだった。アリスは思ったより深いキャラだったし良い奴だったな。そしてエリアスからの贈り物のお返しがクマさんとはギャップ萌え狙いかw 他にもチセにはたくさんの贈り物。幸せな人生となった。

ゆるキャン△ #5 / BS11

anime(1221115).jpg

黒パンストからのパンチラ、これは中々にフェチズム高い。実際の温泉シーンよりも個人的にはエロい。関係ないけど最近のアニメによくある肌のピンク色の点々って艶出しの一種だと思うけどやり過ぎると違和感しかないような。それはともかく今回もリンのソロプレイに和む。標高が高いと沸点が低いから細いパスタがお勧めってのはなるほど。具材投入のシーンだけでも美味しそうだ。後半のなでしこたちのキャンプシーンもいい感じに寛ぐ雰囲気で心地いい。夕焼け空ってのがまた情緒あって良い。リンとなでしこのいスマホで繋がる友情も微笑ましくもグッとくるものがあった。今回はひと際素敵な回だったなぁ。

ラーメン大好き小泉さん #5 / BS11

旗から見たらアブナイ人…もうアブナイ人なんだよなぁ。行列すら制する小泉さんの前には叶う敵はいない。なんか分からないが妙に清々しい今回だった。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン #4 / BS11

anime(1221116).jpg

自動手記人形出張代理サービス。アイリスの失恋に触れさらに「愛している」という真実に近づく。そしてアフターフォローも万全。タイムラプスシーンが印象深かった。

カードキャプターさくら クリアカード編 #4 / NHK-BS

anime(1221117).jpg

みのりんごCVの詩之本秋穂登場。同じ転校生&香港繋がりで李苺鈴みたいなポジションになるのかと思ったが特に魔力はないみたいで単純に佐々木利佳の替わりなんだろうか。しかし冷静に見ると何かが起こる度に「ほえ~!」大きなリアクションするさくらちゃんはちょっと頭の具合があれだなw

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks