この間書いた記事(玄人志向のグラボ、GeForce GT 1030 を買いました)の通り今回から GeForce GT 1030 での運転が出来るようになった。もちろんグラフィック設定は最大のウルトラプリセットを選択。これで心置きなくトラックを乗り回せるってものよ。

ets2_71.jpg

レベル10・熟練労働者

RENAULTでオレンジをワルシャワからグダニスクへ

ふぅ~景色がほんと見違える。これでようやくRadeon HD7850使用時だった前回プレイ時の景色に追いついたな。ま、もちろんフレームレートの違いはあるが気にならないレベル。そして東欧の田園風景はやはり心地いい。午後の陽射しの田園の中を突き進む幹線道路をひた走る…格別だね。下道から道路に登るとき痛感するけどやはりルノーは馬力がないなぁ。うんしょこらしょって感じでようようだ。到着地点の会社に着いたがまたしても駐車選択の画面を出すアイコンが接触不良してしまい興が冷める。でもバックで入れるマニュアル駐車は綺麗にビシッといった。

ets2_50.jpg ets2_51.jpg

DAFで米をウィーンからクラーゲンフルトへ

ウィーンにふたつの?マークがあって試しに行ってみたら最初の?は人材派遣会社。次の?はディーラーのIVECO発見。これで全7メーカー中で6つのメーカーからトラックを購入出来るようになった。あとはVOLVOを見つけるだけだ。初めて行ったクラーゲンフルトの景観は中々良いね。リターダーを使うコツは段々掴めてきた。ただリターダーを使ってるかどうかを表示するものが欲しいな。目的地の会社ではまたしても駐車選択画面のアイコンに接触ミスって敷地内で何度も接触し直すというアホなことをした。これマジで困るんだけど何かコツとかあるのかな。ちょっと萎え萎えなので+15XPの簡単駐車で終わらせた。

新たに見つけたIVECOだけど前回プレイ時に買ったトラックなので今回は別のトラックにしたいのでパス。

MERCEDESでDigger500をチューリッヒからシュトットガルトへ

いよいよトラック選定目前。今回は候補のひとつメルセデスベンツのNew Actros Stream Spaceに目星をつけた。配送元は個人的に好きな材木工場。そして運搬するのは土木機械とこの土汚れ感が堪らない。高級なベンツのトラックの雰囲気とは少しミスマッチだがそれもまた良い。今回もまた快適な自然の風景を満喫。見惚れ過ぎてしまいガードレールにぶつけてしまってダメージペナルティが…。実際ならあの速度でぶつかったらおおごとになるとこだ。綺麗な景色だけど一番後ろに位置する特に山岳とかの背景は解像度が低い感じでいかにも写真を単に取り込んだ的な粗さ。あとカーブはスムーズな曲線じゃなくて途中カクッとなってるからこの辺も少々興醒め要因。なんとか改善してくれないかな。

ets2_52.jpg

下道に降りたあと最高時速60のところを50ぐらいで走ってたら後ろからセダンが一車線なのに追い抜こうとしていたけどこちらの速度が少し上がったからか追い抜きを止めた。その後また追い抜こうとするもまた取り止めたり鬱陶しいやっちゃな。でもリアルといえばリアルといえるのか。到着場所も嬉しい泥臭い場所。土煙を巻き上げつつ荒い地面のせいで絶えずプルプル震えるヴァイブレーションで臨場感抜群。ただ土煙は3D的なカクついた部分が見えていてちょっと興醒め点もある。リザルトはダメージペナルティのせいで久々のGOOD WORK…。

ets2_53.jpg

New Actros Stream Spaceは操作性も外観もよかった。リターダー使ったときにメーター部分に表示されるのもありがたい。

RENAULTでスイカをワルシャワからグダンスクへ

Renault Magnum Excellenceの最終選定だが仕事請けてから気付いたがこの3つ前の仕事とトラックの色が違うだけの同じ内容だった。道理で見たことある景色ばかりだなぁとか思ってたよ。まぁ実際の運送業は同じ場所の繰り返しだろうからね。ゲーム内でどこそこへ行ったという仕事の履歴が欲しいね。というわけで見た景色も大体は以下同文だが田園風景の中を走ってたら対向車のパトカーが妙な減速したなとミラー見たら後続車が抜かしに掛かってて対向車線に出て出合い頭になってたw 事故にはならず後続車が元の車線に戻ったけどそんなこともあるとは面白いw 踏切で赤信号になっててこれは!と期待したら遮断器が上がってしまった。もしかして鉄道は走っていなくてただ信号的な役割なだけかな。草原では前回は気付かなかった牛たちもいて草を食べてる動きをしてて細かい。

ets2_55.jpg ets2_56.jpg

Magnum Excellenceの見た目はほんと好みなんだけどナビと真ん中のミラーだけが残念。ナビはDLCで追加出来るようだがやっぱり運転席にダッシュボードとして組み込めるタイプのほうがいい。ま、理想は地図を頭に叩き込んでの運転だがw 今回は90度からのバック駐車を試みてみた。多分このやり方が現実的なんだと思う。もちろん一回では上手くいかなくて3回ぐらいやり直してやっとどうにか収まった。あんまりハンドルを回しすぎて後退させるとえらいことになるのはよく分かった。そうしてレベルは11へ。スキルポイントが3つまだ使ってないけどどうしようかな。

ets2_54.jpg

この箱をくっつけた感じが堪らない

レベル11・熟練労働者

DAFでフォークリフトをパリからカレーへ

荷台に4台のフォークリフトを満載。午前の日が照り返すアスファルトが美しい。ただ会社から出るときに内輪差のためにトレーラーを引っ掛けてしまった…。市内ではラウンドアバウトが多め。以前よりは苦手意識はなくなってきたかな。周回してる車が優先、中に入るときはウインカーはいらないけど出るときはウインカー。そのうち日本でも段々増えてくると思うけどETS2で予行演習出来てるなw 今までフランス北部方面はあまり行っていなかったから見る景色が新鮮で楽しい。今回はずっと青空の下でのドライブだったから余計に。ドイツやポーランドとは違う自然と道路の調和だな。カレー方面へ差し掛かろうとした場所で前の車が止まり初めてて一体何だと思ったら…なんと工事のため片側通行止めで臨時の信号が出てた。日本でもよく見る光景でこんな要素もあったとは面白い。ウインカーを出して反対車線に出てそしてまたウインカー出して戻る、この過程もやれるとは嬉しいリアルさだね。カレーでもラウンドアバウト。慣れてくると運転が楽しいシチュエーション。購入するか見極め中のDAFだけどインテリア内にナビは付けられないのかな。WikiによるとエクスクルーシブLv12で付けられるみたいだけどLv12になったらアクセサリとして開放されるんだろうか。それならLv12に上がるまでもう少しクイックジョブを頑張るかな。

ets2_57.jpg ets2_58.jpg

新たなModとしてRealistic Building Lightsを導入。以前から夜のビルの灯がいかにも安っぽかったこれでから改善を願おう。

SCANIAで鉱石をシュトットガルトからチューリッヒへ

最上位らしいSモデルをチョイス。さすが人気のスカニアは操作感も機能性も乗り心地も見た目も良い。人気なのも頷ける。ただみんなと同じメーカーを選ぶってのも面白くないんだよね。何度か走った道っぽいけど途中のインターチェンジ部分のほっそい道が大変、でもよくよく考えたら一車線分の幅なんだからやたら細いってわけでもないか。空には気球も浮かんでいて飽きさせないね。

ets2_69.jpg ets2_70.jpg

MERCEDESで丸太をフランクフルトからケルンへ

今回はやたら同じ色の車やトラックに出会ったような。以前から牛を運ぶトラックに見飽きたぐらい会うしもっとバリエーション欲しいとこだね。途中から土砂降りのどんより模様。こんな負荷の高い天候でもGT 1030はカクつかず問題なく。FPS60に拘らなければね。メルセデスベンツはやはり格好いいけどちょっと気品が高いからこうゆう丸太とかは似合わないな。ま、そのミスマッチぶりもおつなものだ。灰色の曇り空に薄く太陽が覗いていてこれもまた素敵な景観。ほんとETS2は自分の琴線に触れてくる情景を何度も味あわせてくれるから最高だ。到着地点でまたまた何度目だってぐらいの駐車選択アイコンの接触不良。今回もバックして接触し直すというアホみたいなことをするハメに。これ到着地点の会社に入ったらすぐに選択画面を出すシステムにしたほうがいいんじゃないかなぁ。そのほうが理にかなってると思う。

ets2_59.jpg ets2_60.jpg

右)この緑色のアイコンが忌々しい。

スキルポイントが3つ貯まってたのを忘れてた。取り敢えずADRクラス1ってのとジャストインタイム配送っての取得しておいてあと1つは温存。

ets2_61.jpg

SCANIAでスイカをグダンスクからロストックへ

やはりSモデルは以前乗ったRモデルに比べてちょっと走りが自分のフィーリングと合わないかな。今回のトラックはナビが組み込まれてなかったけどそれ以外のパネルはやはりリッチ。下道から幹線道路への合流する際に行き交う車を待つ臨場感が良き。今回上り坂の道が多かったがSモデルは馬力がないのか中々速度が出なくてしんどい。うんしょこらしょって感じでようやっとだ。深夜帯の運転だが夜空に浮かび上がる風力発電機のシルエットってのもまたおつなもの。そういえば途中で試しにハイビームにしてみたら対向車のバスが合図的に向こうも一瞬だけハイビームにしてきた。確認のためにもう一度ハイビームにしたらやはり同じ反応。多分眩しいからやめろってことなんだろう。空に朝日が昇る間際の綺麗な空模様と鉄塔という情景がまた郷愁を誘う美しさ。途中でまたしても工事による臨時の信号があって雰囲気を盛り上げる。雨が降り出した頃にポーランドのシュチェチン着。看板に書かれたSzczecinって一体どう読むんだろうなとか考えてたよ。信号のすぐ後に横断歩道があって前に詰めるか悩んだが後ろの車はお構いなく前に詰めていた。

ets2_62.jpg ets2_63.jpg

一車線の道路で後続車がやたら何度も何度も追い抜こうとして対向車が来たら引き下がる動きを何度もしてきてさすがにイラっとくる。こうゆう自己中な運転もまたリアル。今回のトラックはリターダー無しだけどやはりあったほうが運転にバリエーションが出て良いな。ロストックに近づく辺りの田園風景がまた絶品で見惚れる。やっぱ小麦畑とでっかい風車ってのは絵になるね。ロストックを遠くに望むごちゃっとした風景もまた素晴らしい。ほんと良い画作りしてくれる。到着地点の会社に着いたところで疲労による演出。走行距離536キロ。これ以上の距離を走るときは大体500キロを目安に疲労への対処を考えたほうがよさそうだな。

ets2_64.jpg

スクショのライトの感じが良さそうだったので今回からRealistic Vehicle Lights v2ってのを導入してみた。

RENAULTでブレッシャ―タンクをフランクフルトからデュイスブルクへ

やっぱりRenault Magnumは見た目が好きだから乗ってて楽しい。フォトスタジオ機能で何枚も撮ってしまう。今回割り当てられたトラックの色合いもお洒落でいい感じだ。見た目だけでなく挙動も音も悪くない。ただやはり登坂力が悪い。でもそこも好きなところ。唯一残念なのはナビをダッシュボード内に組み込めないのとフロントガラス前にあるミラーが邪魔なところかな。

ets2_65.jpg ets2_66.jpg

運転は好きなトラックだから至って快調で楽しかった。到着地点でのマニュアル駐車は嬉しい一発入れ大成功。ほぼ綺麗にまっすぐバックで止められた。ま、またしても駐車選択画面に接触し損なってバックし直すアホなことやったが。あともうちょっとでレベル12。

ets2_67.jpg

DAFで油圧ショベルをカトヴィツェからヴロツワフへ

次は購入候補のDAFのXP105を試乗。DAFも良いんだよね。この色気のない無骨なフロントデザインが好み。出発地点はいきなり門が狭っ。内輪差を考慮しないとだがこれもトラック運転の醍醐味。今回の緑色のトラックと載せてる黄色いショベルカーという組み合わせがまた堪らない。トラックに建設機械…男の子のロマンだな。今回のポーランド南西部の景観も緑豊かで良い。最近はワールドマップ上のルートを眺めて適度に寄り道出来そうなところに行って残ってる?マークを埋めていってる。今回も最短ルートを進んでたら行かないはずのヴロツワフに寄って?マークのところに行ってみたら期せずしてまだ未発見だったディーラーのVOLVO発見。これで全7メーカーが遂に出揃った。でもVOLVOはあまり好みじゃないのでスルー。そういや昼間だし晴れてるのにライト付けてる車が妙に多いような?もしかしてこの間入れたライト系Modの影響かな?次回は外して試そう。到着地点の会社に向かうまでの坂がしんどい。う~ん上がらない~。でもこうゆうとこもトラックの好きなところ。この時の夕日が実に美しかった。到着場所も土臭いところで最高に気持ちがいい。ま、駐車は上手く行かず最後まで気持ちよくはいかなかったが。そうして遂にレベル12になった!

ets2_68.jpg

ディーラーでルノーを色々見てたら真ん中のミラーは外せることが分かってテンション上がる。ただ各社色々見ていくとやはりスカニアが一番カスタマイズの幅が広くて次にDAF。メルセデスベンツやルノーはあまり変更出来る箇所が少ない。こうなるとやはりスカニアかなぁ。う~ん悩むね。別に実際買うわけじゃないしたかがゲーム内のことだというのにねw

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks