雑記

新しいゲゲゲの鬼太郎を見忘れた…。普段あの時間帯はノーチェックだからなぁ。今回は絵柄が好みだったから見ようと思ってたんだが。BSでもやってくれることを期待しよう。でも望み薄だろうなぁ。


ともりること楠木ともりちゃん出演だから見た。今までの髪型もよかったけど今回の髪型は一段と大人っぽくて色気のある可愛さがあって実に良い。ほんと笑顔が可愛いなぁ。今までも気になる娘だったけど今回の番組でグッと好きになった。SMA所属だし将来は第二のいのりんになる未来が見えてきたな。

そういやこのふたりはぜん部出身だな。近藤玲奈ちゃんはほんとクレオパトラ的な美人さだし足もほっそい。ゆみりちゃんは親しみやすい可愛さだな。ただ個人的にはゆみりちゃんはやっぱり髪長いほうが似合ってたようにもみえる。番組自体は結局スマホゲーの宣伝だったけど近藤ちゃんの最後の晩餐テーマに全部持っていかれたなw

最終回で目玉焼きに何を掛けるか論争に笑ったw 女子ならではの際どい話もあったりとほんと楽しくて終わってほしくない気持ちでいっぱい。最近の声優ラジオでは出色の面白さと聴き心地の良さだった。あじゅじゅは元々好きだったけどこのラジオであかりんや杏ちゃんを好きになった。アニメ二期でまたラジオが復活してくれることを祈ろう。

二本撮りなので今回も向さん欠席でぼんちゃんとまりあんぬゲスト。前回以上に百合百合しくなっててニヤニヤが止まらなかったなw 向さん…これに関してはグッジョブとしか言いようがないw

不勉強ながらキズナアイというコンテンツを初めて見た。いや最近人気なのは知ってたけどキワモノだろうなと見るのを避けてた。昔テライユキや伊達杏子というヴァーチャルアイドルがいたけど今こうしてヴァーチャルユーチューバーとして種が芽吹いたというのはなんだか感慨深いものがあるな。初音ミクという布石も大きかったんだろう。でもこの動きの速さはやはり何かしらのバックがあるんだろうかな。よく動く3DはMMDなんだろうか。違和感なく声と動きがマッチングしててほんとにこのキャラが喋ってるように見えるのはすごいものだ。

アニメ感想

ウマ娘 プリティーダービー #1 / BS11

さすがにシュールでキワモノ過ぎる…と本来なら感想抱くとこだが最近の動物擬人化系アニメに見慣れてしまい最早普通に受け止めてしまうな。スペシャルウィークへのふともものおさわりの感じがよかった。しかしこれ要素的にはただのスプリント競技のアニメだな、と思ったらなるほどライブ要素があるからアイドルものでもあるのか。そういや元アイマスの石原さんがプロデュースなんだった。

競走馬で自分が知ってるのはオグリキャップ、ナリタブライアンぐらい。僅かにニュースとかで聴いた記憶があるのはメジロマックイーン、トウカイテイオー、サイレンススズカ、スペシャルウィークぐらいかな。競馬は全く馴染みがないから最終回までに挙げた馬以外の馬とキャラが一致するかどうか。声優の割り当ても覚えられなさそう。

anime(1221165).jpg anime(1221166).jpg

ウマ娘 プリティーダービー #2 / BS11

スペシャルウィークの健気でがんばり屋なとこはベタだけどこうゆうキャラを主役に据えると共感しやすくなるな。CVあじゅじゅもここ最近は主役やメイン役ばかりですっかり売れっ子になってきた。最後のウイニングライブで棒立ちするセンターオチに笑った。でも今回一番面白かったのが解説の「そうですね」という適当ぶりとあの武豊がウマ娘のプロモーターに就任してることだなw

多田くんは恋をしない #1 / BS11

anime(1221167).jpg

スタッフ的にも動画工房的にもマナティ含む声優陣も素晴らしい座組だけどどうにもこの手の男女のふわふわとしたアニメは苦手。どうやら青年と外人の女の子との勘違いを主軸にした異文化交流ラブコメってとこか。外人さんが主役だし暴れん坊将軍ネタも入れたりと海外受けを意識してそうだな。のっけからテレサの着替えもあったり嬉しいけど自分的にはちょっと華奢過ぎかな。おい猫そこ代われ、とは言いたいが。いのりんが妹役、マナティが主役とは特に女性声優陣は世代交代が早い。EDはマナティの歌。今まであまりそう感じたことは無かったんだけど歌声は確かに花澤さんと似てる。

こみっくがーるず #1 / BS11

anime(1221170).jpg anime(1221169).jpg

定期的に出てくる漫画家アニメ。キャスト的にある意味アイムアニメでもあるなw ぴかちゃんこと赤尾ひかるちゃんの初主役はめでたい。どうしてもスールを彷彿させられちゃうけどスーよりは弾けてなくてちゃんとキャラに合わせた演技してる。漫画テーマだけにコマ割り演出も多かった。というか大西ちゃんまたエターナル系胸ペッタンのキャラとは面白いw りえりーもまためぐみんみたいな厨二キャラやっててこれまたハマってるな。爆乳姫子先生いじりのくだりは面白かった。カオスちゃんのミスにミスを重ねる展開も笑った。前半はこれは自分に合わないタイプのきららアニメかと思ったけど後半から楽しく見れた。

ダーリン・イン・ザ・フランキス #12 / BS11

作られて大人にもなれないコドモたち。ヒロとゼロツーはひえひえ。ゼロツーは早く人間になりたーい。化物な自分に嫌悪感で爆発してるようだ。つまり脱化物のためのヒロは踏み台なのか。いよいよゼロツーの本質に迫る回でありとまっちゃんの迫真の演技も光る。

たくのみ。 #12(終)/ BS-TBS

真が一歩立派な酒飲み…じゃなくて社会人に踏み出してお終い。今作は小林真平さんの絵柄の可愛らしさ、特に真と直の可愛さが眼福ものだったな。ビールは呑まない自分でもキャラのキャッキャウフフした絡みだけで楽しめた。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks