基本的に攻略サイトの類は見ない派だけど2013年の前回プレイ時は自力でアクアラム攻略前まで進めたし今回は途中まで二度目プレイだしとっととクリアしたいのでがんがん攻略Wikiを見ていくスタイル。といってもこのゲームの場合Wikiを見ても把握し切れないほど自分には難しいんだけどね。

今回はサブクエ消化回。ユニークリーダーが出揃ってきたことでユニオン編成に悩まされる道中だった。ただこの過程も楽しい。やっぱり戦闘システムはRPGの醍醐味だな。

remnant_026.jpg

フォーン海岸は黄昏的な雰囲気が美しい。ここから折角雇ったロベルトとマダックスを編入するも案の定お爺ちゃんのロベルトは火力不足。しかもここの雑魚は防御が固くて戦闘自体がちょっと厳しい。これまでの雑魚よりワンランク上の印象を受ける。地獄門をくぐり抜けたメンバーだというのに何度も戦闘不能になってしまった。途中でやたらデカい鳥がいてもしや…と念の為にセーブしてエンカウントしたら予想通りのレアモンのグフウ。このゲームの鳥系は大抵カーズ鳥なので凶悪。おまけにレアモンなら敵いっこない。ロードし直し。

BR65に上がりケイドモンが待望のサイレントに昇格。これで薬草も開放だな。トルガルの繰り出すコンフューズは有能なのでもっとLvを上げて強くしたいところ。ロベルトはバードにチェンジしたけどこれは既定路線。エミーは攻撃モーション時にいつもふともも辺りを凝視してしまうなw ダヴィッドのブラックアウトは全体攻撃なのでゲイ・ボルグ並に極悪。Lv4になってさらに威力が増した印象。サイクロップスはラッシュのユニークアーツとなって普通に使えるようになってるな。ストーリー的な意味合いは特にないんだろうか。

remnant_018.jpg

フォーン海岸をクリアしたところで七人衆登場といういかにもな少年漫画的な展開が楽しい。以前サブクエで助けた日本語名の女の子ふたりもそっち側だったとは面白い。今更ながらヤーマ族はリアルで見たら腰抜かしそうだな。

ここから暫くイベント展開。ラッシュがシスコンなら妹もブラコン。こっちとしては早いとこイリーナに仲間になってもらいたいが。ま、お互いを想ってるからこその付かず離れずな問題。最後はラッシュが兄としてイリーナの背中を押してくれた。少々気が変わりすぎだろって感もあるがw

remnant_027.jpg

エルマイエン侯が暗黒面に堕ちて復活したり色々情勢が急展開だが何はともあれ遂にイリーナがユニット化。ステータス見るときの「あんまり見ないで」ってボイスが可愛くもちょっとエロい。さすが名塚さん。収録時期的にコゼットとかやってた頃かな。

サブクエスト

ナーガプール

『英知の余韻』=女性ミトラなのでグレイスを雇いたいと思ったが3Dモデルはちょっとバタ臭いか。おまけに1ユニット参戦だからどうしても打たれ弱くて印象悪い。ここの雑魚は弱いけどメディカルヒールを連発して回復しまくるジャーナ族がうざすぎる。アビークリフ下層のワラワラと湧いた虫で思いだしたがここは前回プレイ時も訪れたことあったな。ノーラがドルイドにチェンジしたけどこれはいいのか悪いのか。Wiki見る限りそもそもがミスってる気がする。イリーナはエミー小隊に配属。「やったぁ!」や「うれしー!」が可愛い。技攻撃時は回転して飛び掛かったりと意外とダイナミック。あとアクション時に少しふとももが露わになるのも色っぽくて目の保養にもなる。そうしてマルチキャストを習得と兄妹の血は争えない。

remnant_021.jpg

最下層であのダンゴムシを引きつけつつのボスの具現化という段取りだがこれもまたダルい。前回プレイ時も苦戦した記憶。長期戦を覚悟してたが思いのほか3分程度の粘りだけで済んだ。ボスはマンドロスキロをグレイスに引きつけさせ本隊は見た目厄介そうなオーバーソウルを攻撃。案の定カーズをしてきたがイリーナはカーズ無効化特性持ちなようでありがたい。エミー小隊のカーズユニオンの回復方法は仲間を殺して復活させるという荒療治だったw 昔からそうゆうやり方のRPGはあるけど実際絵にするとシュールw オーバーソウル自体は難なく倒してあとはマンドロスキロだがそこまで強くなく。

アスラム

『宿志を継ぐ者』=また面倒くさいアビークリフ案件。面倒だからとっとと済ませておきたいしエミーに早く百花繚乱を覚えさせたい。バイオレットはヒールLv3まで覚えたしトルガルはコンフューズLv3まで覚えて順調。バイオレットはあとはメディカルヒール覚えさせたらさらに盤石、ってそうゆう風に出来るんだっけ。ひとまず育成に関してはバイオレットとトルガル、ケイドモンは上手くいってると思う。

途中から一体ここはどこでどうやったら目的地にたどり着けるか右往左往。向かって左にあるまだ使っていないエレベーターが鍵だった。雑魚は前回のサブクエから一新していてあの回復してくる鬱陶しいジャーナ族がいないのはありがたい。それにしてもパグズの物理攻撃力がひと桁で死んでる。ミスティックアーツで攻めてもなんで術を使ってくれないんだろ。肝心のユバ戦は周りのユバファミリーを先に倒すセオリーどおりの戦法で攻略。ユバ自体も特にどうってことはなかった。ラッシュが二回もマルチキャストを放てたのも大きかったな。ラッシュはあまり威力はないミスティックミサイルLv3習得、エミーは注文通りに百花繚乱習得しレジェンダリィ・ナイトにチェンジ。

そういえば以前雌雄を決したイェーガーを雇えるようになってたんだった。あの戦いに破れたから解雇されかつて戦ったアスラムに雇われるとは面白い因果だ。その辺は傭兵らしく金さえ積んでくれればどこへでも行くというドライな考えなんだろう。ま、個人的には苦い思い出がある彼だからユニオンへ組み込むのは心情的に考えてしまうがでも今は好き嫌い言ってる場合じゃない。とにかくアスラムは能力主義。誰彼問わず広く門戸を開けてるってことだな。

新たに4つ目のユニオンを編成。イェーガーとゲイオウ、グレウス、ノーラを配置しそんな荒くれ者を束ねるのがリーダーのイリーナ。ツワモノをまとめるのが可愛い女の子って図式が良い。メンバー的には物理主体ユニオンとなるけどサポートと回復もやってもらおう。自動で付けられたユニオン名は『イリーナと仲間たち』ってなるのが可愛いw

バルテロッサ

『激闘!銀鷲団最終話』=ケイドモンがパブで仁王立ちしてるけど冷静に見るとちょっとリアルで見たらビクってなりそうな見た目だな。最後だけあって相当キツいボスが出るのかと覚悟してたが…ただ数が多いだけの雑魚ばかりだった。ダヴィッドのゲイ・ボルグが発動してくれてなぎ倒せてしまい呆気ない。ダヴィッドは嬉しいアサルトフレアを習得。酸、氷、炎と出揃ってきた。アサルトアシッド&フロストはほんと最強。フレアも期待したい。

報酬の希望の魔除けを貰いそこねてるようだ。どうやら拠点が出現する前にクリアしないといけなかったようで…。ま、仕方ない。

ギルドアドベンチャーはその都度確認していってるんだけどアビークリフ後に大量にクリアになっていた。でも項目も今さら感あるものばかりで謎。ま、色々なアイテムや辞典、お金がゲット出来たんだからいいか。

『愛はまた昇る』=話はよく分からないけど取り敢えずパリスの国ロイオティアから守っていこう。バリスが参戦してくれるがHP2000と頼もしい…と思いきやすぐ殺られてるんだけどw まず周りの雑魚を遠距離からチクチク攻撃。そのあと神木に取り掛かるがリーンフォースでまた雑魚がやってきてキリがないから4ユニオンで総攻撃。意外と呆気なく倒せた。次はバルテロッサ側へ。こちらも同様だがウェアドラゴン、そしたらまた援軍がやってきて二進も三進もいかない。大元のボスへ速攻決めたらクリア。イェーガーはデカい棍棒を振り回す姿が頼もしくも格好いい。まさに戦いに身を投じる男の姿で惚れた。報酬は15000G他。

セルパレス

『ケイトとラゴウ』=ここでもグレウスはしょっちゅう戦闘不能になったり相変わらずの打たれ弱さ。イリーナはリーダーにすると突撃するときの「行きますよ―!」や攻撃されるときの「がんばります!」が可愛いけど襲われたときの「いやぁ!!」がちょっと痛々しい。イェーガーは期待通りの攻撃力なのでサポートユニオンに置いとくのは勿体無いのでラッシュ隊に組み込んでヨルゲンをイリーナ隊に移した。途中ラゴウが質問してきたけどちっちゃくて可愛いほうが好きと自分に正直に答えておいた。ここはブルファイターが厄介で何度か戦闘不能に。ボス自体は雑魚だったな。

ロイオティア

『受け継ぐもの』=追いかけっ子だが否応なしに周りの雑魚も巻き込んでエンカウントしちゃったもんだからえらい混戦になってしまった。しかも大したことないと思ってた一味たちもやたら硬いもんだから手間取る。

新たにイリーナが戦術術法のブラフを習得。詳細をよくよく見ると戦場で悪い噂を流すって実際にやってると思うとシュールな術だなw そもそも魔物にも通じる悪い噂ってなんだw そういえばイリーナのクラスはブックマン。アルケミストとか相応しいように思うけど面倒か。

バアルーク

『害虫駆除』=1ターン目でラッシュがいきなりサイクロップスを召喚出来た。お陰でサイクロップスに雑魚を引きつけさせ倒させられて楽ちん。こちらは遠距離から攻めていく。ただいかんせん雑魚の数が多くてあれよあれよとサイクロップスがリンチ攻め。てっきり無敵と思ってたが赤点滅。結局倒されてしまったが普通の手段で復活させられて助かった。回復させたとき画面にはHP9999と出たけどそれだけあっても1ユニット扱いだから耐えきれないんだな。イリーナの使うディバインエコーはユニオン蘇生&全回復のようでこれは助かるな。その後ようやくお出ましのボスはクイーン。倒してもキリがない状況でうんざりだがダヴィッドのブラックアウトLv4がタイミング良く発動してくれて事なきを得た。巻き添え喰らってもクイーンは健在だったけどダヴィッドのエクス・マキナでトドメ。案の定雑魚だったな。新たなユニオン編成は結構上手く噛み合ってる気がするがまだ再考の余地ありだな。

remnant_022.jpg

ナーガプール

『暗躍の闇ブローカー』=地獄門と戦った広間にデカい鳥がいてグラシャラボラス。今回もサイクロップス発動してくれて囮にしつつ戦うがこの鳥が案の定のカーズ鳥。他にアシッドブレスといった状態異常もしてくるしHPも高いから非常に厄介。サイクロップスでもダヴィッドのブラックアウトでも倒せず。というかサイクロップスはHPが高いんだからリカバー待機させてるユニオンは別に回復させんでもいいな。あとこの戦いはグラシャラボラスがやたらデカいせいか戦場が見えづらい。サイクロップスもいると余計に。こんなデカブツ大戦のせいでフレームレートもかなり落ちてるみたいで偶にカクついたときがあってそれがクリティカルトリガー発動時だと結構シビアなタイミング。この辺がGeForce GT1030の限界といったところか。そんなキツい戦いなのに調子に乗って2体目へもエンカウント。なんでまた死に物狂いの戦いをやらないといけないのか、自分はマゾなのかw

新たに雇った女の子みたいな名前のソバニ、アーリンはぶっきらぼうな感じが結構気に入った。性能的にはケイドモンには及ばないだろうけどアサルトアシッドも使ってくれるから重宝。

『星海の巫女』=中断中にしてたがもう面倒なのでとっととクリアしちゃおう。あれから全ユニット成長しアイロネート戦ではコマンドに”蹴散らせ”が出たりとすっかり雑魚化。白沢も以前のような圧倒的な強さを感じなくなった。戦いでDodgeやBlockもやたら発生しそれだけこちらが戦力的に上回ってるってことなんだろう。ただHPはバカみたいに多いようで倒すのに時間だけは掛かった。前回巫女さんのシェリルは色っぽくて良いとか書いたけど取り消し。開始数秒でやられて一体ゲストユニオンに何の意味があったのだw 戦闘後ポルゾンがレジェンダリィ・ナイトになったりしたが嬉しいのはダヴィッドがグレネードインパクトを習得したこと。益々ダヴィッドは術使いとして鬼に金棒になってきた。

remnant_023.jpg

ラッシュの武器は長らくヴァスピエだったけど色々考えたら強化出来る武器のほうが良いと判断。オーソドックスにブロードソードを強化していき強化ランク5となるチャンピオン・ブロードソード+1にした。盾もカイトシールドをブレイブ・カイトシールドにまで強化。やはりオーソドックスな装備が一番無難だろう。ま、ラッシュは主人公特権で将来的に特別な武器を装備出来たりするのかもしれない。アクセは俊敏性強化となる墜落の足飾りと単純にHPアップのファーミトンを生産して装備させた。これも繋ぎだろうな。そのあとこれ幸いとばかりエミーがヴァスピエをクレクレしてきた。もちろんあげよう。

『星海の祭り』=面倒くさい全雑魚の掃討系。シェリルの儀式によりフォーン海岸の海原が光っていて実に綺麗だった。ボスのデスはポイズンエージェントLv5連発してくる嫌らしい奴でダヴィッド本隊が戦闘不能になったりもした。戦闘後にシェリルがポエム的ではあるが意外と良い事言っててちょっと感心。でもお金も惜しいので雇わないw

remnant_024.jpg

アスラム

『マーシャルの石版』=相当ボスが強いらしいから覚悟して臨むがこのふたり合体した見た目のナムル・ニラムは以前戦った奴か。ラッシュ隊、ダヴィッド本隊、エミー小隊が攻めてイリーナと愉快な仲間たちは常にリカバーサポート。奴から攻撃喰らうも大したことなくこまめに回復。ラッシュのマルチキャストやダヴィッドのブラックアウトLv5も飛び出したりしつつ意外と呆気なく倒せた。

ここからRPGによくあるいくつかの最強装備を集める展開。まずはディル高原。橋で立ち塞がるのはレアモンのトルネード。見るまでもなくカーズ鳥。他にアシッドアサルトも厄介。とはいえ先程と同じ要領で回復に気を遣いつつ攻撃していけばなんてことはなかった。しかしカーズからの回復は相変わらずシュールだなw 例の繭付近には意外にもこんなところに見落としていたDパレットでこれで全17回。

ブラックデールは直黒の半道以降は訪れてなかったから丁度いい。目的地の直前にデスパペットってレアモンと遭遇。大したことはなかったけど戦闘後ケイドモンがレジェンダリィ・サイレントになったのが嬉しい。

ホワイトロッキーでは目的地前にデスモルファ。もしかして守護してるレアモンというかたちになるんだろうか。報酬はリア・フォールというHP25%に+してモラルコントロールのエフェクト付きアクセ。もちろんただのHP25%アクセのファーミトンと交代してもらおう。あとここでもまだゲットしていなかったトレジャーもあった。序盤に訪れたダンジョンフィールドは探索が疎かになってたようだな。それにしてもドリルが草地を採掘するとまるで草刈りしてるみたいで笑う。

イェーガーがスキアヴォーナ欲しがってきたが…曲がりなりにもこいつは一度は敵として戦った相手。用心に越したことはない。渡すのはよしておこう。

バルテロッサ

『砂漠の伝説』=実はちょっと前にもトライするも場所が分からず途中止めにしてた。どうやらこのクエ発生時は砂漠に無情にもカーズ鳥が大量に湧く仕組みのようで。塔内のルートは3つあるけど一番オーソドックスと思わしき右ルートにした。道中は大した仕掛けも歯応えある敵もいないけどダンダダのカーズはしんどい。途中でレアモンのドーラがいて倒すのに一苦労。ここにきて4つの斧を振り回すトルガルの強さが光ってきた。攻略Wikiに晩成型と書いてたけどこうゆうことだったんだな。あとゾレアン「ここは術法が有効だぞ」というアドバイスもありがたい。段々探索が面倒くさくなってきたので多分最奥へ通じると思わしき場所に向かうと3つの仕掛け。ここにきて実は道中でアイテムを拾ってそれを使わないといけないとかだったら萎え萎えだったが幸いにもただの飾りギミック。ボスのマンドロスキロは道中に会ったレアモンの色違いなだけでただの雑魚。でもラッシュが一殺多生剣とかいう物騒な名前の技を習得してくれた。

remnant_025.jpg

この段階で秘薬研究助手見習い以外は全てのサブクエを完了。秘薬研究助手見習いは面倒すぎてやる気起きない。期限もないしどうしても必要に迫られたらやろう。

ラスト レムナント
Windows
スクウェア・エニックス
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks