大体は前回で要領を掴んだので今度こそちゃんとプレイしていこう。新たに青いトラックのB-130をチョイス。リアルではZIL-130という60年代ソ連の軍用トラックとなるようだ。あと試しにカジュアルモードではなくシミュレーションモードといういわゆるハードモードでプレイしてみたがこれが結構いい感じでこのゲームの場合むしろこのシミュレーションモードがデフォルトのほうが良さが生きるのではと思うぐらい。

spintires_007.jpg

以前は気が付かなかったけど車庫で色々なオプションをトラックの荷台とかにインストール出来るみたいだがどれが有用なのかまださっぱり。ま、この辺はあとあと分かってくるんだろう。地図を見ると丸太キオスクってのが南にあるので取り敢えず行ってみる。クローキングや車庫とか目的地も気になるがひとまずここに求めているものがあるはず。実は買うまでこのゲームの目的が何なのかよく分からないままだったんだがどうやら木材をひたすら運搬していけばいいだけらしい。

大きなボディを左右に揺らしながらのノロノロとした走りが堪らない。思わず右スティックでカメラ動かして色々な角度から眺めてしまう。グラフィックや雰囲気作りが良いからどの角度からでも絵になるな。太陽光が差し込んでくるとさらにフォトリアリスティックになって素敵。走行はここら辺は比較的泥濘んでいないのでギアは早いほうが楽だな。ギアは右スティック押しでギアボックスが出てくるのでそこからバックや1速、オートマティックを切り替えられるけどギアの移動がちょっとやりづらいか。左上にもギアがあるけど切り替えた途端動かなくなりどんなギアなのかよく分からない。視点はフロントにも出来てこれが運転席ビューの代わりになる。音もちゃんと位置に適した変化になって嬉しい配慮。ただ前回も書いたけどこのゲームは主観視点よりむしろ三人称視点のほうが没入感が高い。

spintires_021.jpg spintires_008.jpg

暫く進むと小屋とトラックを発見。トラックにはクレーンが積んである。いやはやこれもなんてそそられるルックス。こうゆういい意味で野暮ったいデザイン大好き。地図見るとこのトラックはC-4320という車種になるようでリアルではUral-4320のようだ。で、つまりはこれで丸太を載せて運ぶようだがでも丸太がどこにもない。西にある丸太キオスクに行けばいいんだろうか。トラックを乗り換えられたのでひとまず走らせようとしたらすぐ右側になにかあった。行ってみたらビンゴ。ここに求めていた丸太があった。再び地図を見ると大きな矢印が西に伸びていてなるほどこれを積んでおそらく”目的”って場所に持っていけばいいんだな。

spintires_009.jpg

早速積もうというわけだがタッチパネルが浮かんでる。適当に押すと丸太が一本出てきた。これも自分で積めってわけかw そしてここまで説明は一切なし。どこまでもプレイヤーを突き放す厳しさだがでもこれがいい。そもそも最適な積み場所にトラックをつけるのも大変で何度も進んだりバックしたりしてようやく位置が決まった。それにしてもまさかクレーンまで自分で操作するゲームだとは思わなかったがでもどろんこ遊びに加えクレーン遊びも出来ちゃうとは嬉しいじゃないか。で、操作だが左右のスティックで上下伸び縮み、バケットの角度を変えていける。最初は全く要領が掴めなくて何度もスティックを動かしボタンをカチカチの繰り返し。特に掴む動作が上手くいかなくてまごつく。クレーン自体ヘニャヘニャしてるから余計に。ま、HUDに浮かび上がるインターフェイスをマウスで押せばいいんだろうけどそれは負けな気がするから何がなんでもコントローラーで完結させようと努力。そうして10分ぐらい格闘してようやく丸太を一本荷台に積めたときには日が暮れていた。てっきりずっと昼間の気候かと思ってたが時間の要素もあったとは益々充実。ただこれは荷台いっぱいに積めるのは数日後になるかなw

spintires_010.jpg spintires_011.jpg

段々コツを掴んできたが真夜中にこんな場所で一体自分は何をやっているんだという気持ちになるなw あと両サイドにクレーンの支えを出してるけどクレーンを動かす度にトラックが揺れてひっくり返ってしまいそうですごい不安。もう少し重量感あってもいいかなぁとは思うが場所が場所だから実際こうゆう挙動になる可能性も高いか。遂に夜も開けてきて明るくなってきた。いざ明るくなるとこの丸太は根本がちょっと焦げているようにも見える。取り敢えず8本ぐらい積んだが丸太がてんでバラバラな位置になってて果たしてこれで落ちないか不安。こうゆうのはゲーム的にきちんと整頓して配置してくれたりせず本当に置いた位置になるとはどこまでもリアル。ひとまずはこれでいけるかどうか試しに目的地へ行ってみよう。マップを見ると一旦スタート地点の車庫に戻ってから目的地へ向かうルートをとったほうが良さそうだ。

また元の道を戻って進むが今度は丸太を積んでの走行。荷台を見ると案の定不安定極まりなくていつ落ちちゃうかハラハラ。一旦積んだら荷台から落ちるという要素はない…ってことはこのゲームに限ってはないんだろうw とはいえこんな不安定な走行もまた楽しい。何度も書くがそれを表現するグラフィックもほんとリアルで雰囲気満点。これがMudRunnerになったらもっと向上するんだろうか。今のままでも十分不満ないレベルだ。幼い頃おもちゃのトラックとかに物を乗せてブーブーといわせて記憶があるが大人になってもそんな遊びが出来るなんて感慨深い。

spintires_012.jpg

暫く全車輪駆動オンやデフロックを切り替えてみたが全車輪駆動だと燃料消費が倍ぐらいになるんだな。ま、そりゃ理屈を考えたらそうなるか。タイヤに平等な回転数を与えるデフロックはオンオフで消費量に影響はないようだ。多分オンオフで駆動力の他に旋回性能の差も出るんじゃないか。

そしてやっと元居た車庫へ到着。予想通り燃料を補給してくれた。ここまで車体ダメージは無しなんだから上出来の運転だったんじゃなかろうか。さて北にある道から西へ進んで行こう。う~む、やはりグラフィックが美しくてスクショが捗る。被写界深度も効果的に働いてて実にフォトリアリスティック。草木もETS2みたいに書き割りじゃなくて茂み的な密度がある。それなのに60FPS保っているんだから素晴らしい。

spintires_013.jpg

ここら辺は比較的整地された道だからギアをオートマティックに切り替えて進んでいくが遂に出てきた泥濘んだ場所。嫌な予感がしつつもギアをローに切り替えて全車輪駆動とデフロックをオンにして進みどうにか乗り越えられるか手に汗握る展開…。後ろはどうなっているかなとカメラをまわしたら…全部木が落ちてるんだけどw いやはや…暫く脱力してしまったよ…。やっぱり状況によっては荷台から落ちてしまうリアルなシステムだったんだなぁ。甘くはなかった。よくよく荷台みたら止めるロープがあってこれに引っかかるように積まないと駄目だったんだろうか。

spintires_014.jpg

丸太が一本だけ荷台に引っかかり気味だったのでダメ元でクレーンを起動させてどうにか戻そうと暫し奮闘。そうしてどうにか一本だけ荷台に戻せた。こんなことも出来るなんてリアルさが嬉しくもあるけど大変だがw やはり荷台のロープに固定出来るようにしたほうがいいんだろうな。そうなるとロープがパツンパツンになるように満載しないといけなさそうだな。ただもしそれが全部落っこちたら…と思うと気が気じゃないがw

spintires_015.jpg spintires_016.jpg

地図を見ると西にも丸太キオスクがあるのでまたクレーンで積めるのではと思いこのまま進む。途中で小さな川があるも底が浅かったので問題にはならず。この車体が傾きながらも川を超えるトラックの姿もまた堪らない魅力。発展途上国とかでは日常風景っぽくもあるな。ま、出来れば木材を積んだ姿を見たかったが。

spintires_017.jpg

適時全車輪駆動やデフロックを切り替えつつ順調に前進。段々コツも掴んできた。ただ次の川越えで大事な丸太を落としてしまってまたしてもクレーンでよっこいしょと荷台へリターン。今度は落ちづらいように前のほう置いて用心のためにクレーンを丸太に掴んだままにしておいた。この自分が思ったことは何でもやれそうな手作り感が楽しい。

spintires_018.jpg spintires_019.jpg

日も暮れてきてまたしても川がお目見えだが今度は幅が広い。ただこの川を越えれば目指す木材キオスク。焦る気持ちを抑えつつもええいままよと飛び込んだのが運の尽き。見事に対岸を上がれず前輪が空転するのみだったw ハンドルを動かして前輪の角度を変えたりデフロックや全車輪駆動を何度も切り替えてもみたがどうにもならず。じゃあバックして戻ろうとしたらみるみるうちにトラックが浸水…。足掻いてるうちにエンジンが壊れてしまいジ・エンド…。メッセージに”アドオンで修理・またはガレージまで牽引”とあるけどどうやっても出来ず。”トラックを切り替える”もやってみたがどうやら白い半径以内に他のトラックがないとチェンジ出来ないようだ。多分これがマルチだったら他の誰かにリカバーを頼めるんだろうなぁ。虚しく小川のせせらぎが夜のロシアの大地に響き渡る…。

spintires_020.jpg

どこかのレビュー記事で見たけど大自然と格闘するゲームってのが一番的を得たこのゲームの内容だろうな。それを今回身をもって体感。あとやはり自分にはまだシミュレーションモードは早かったってことなんだろうw 次回はカジュアルモードで心機一転再スタートだ。

SPINTIRES [ダウンロード]
Windows Vista, Windows 7, Windows 8
IMGN.PRO
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks