以前のセールで33%オフに、さらに前作Spintiresを持ってると50%引きの591円と格安となってた。ただSteamDBによると最安は更新していなくて発売後に1日だけ55%オフをやってたようだ。もしかして今年のサマセで同様の割引をしてくれるかもしれないがブースト的なサービスかもしれず。このままさらに最安セールを狙っても購入者特典の半額をずっとやってくれるとは限らないわけだし潔く購入。考えてみたら前作384円+今作591円、合わせて2本を975円で買えたんだから十分過ぎるほどお得だな。(そしていま現在Steamで50%オフになっててぐぬぬ…。)

mudrunner_001.jpg

前作は日本語化されてたが今作は無し。ありがたい有志提供の日本語化Modで日本語化。ただフォントの幅が広過ぎるので必ず同梱のhaetten.ttf(スマートフォントUI+)に交換したほうがいい。それでも枠内から文字がはみ出ていてもう少し幅が狭いフォントを探したいところだがこのゲームの場合は英語のままで十分か。一通りプレイしたら英語に切り替えてもいいね。

mudrunner_002.jpg

今作はコンシューマ版も出てることもあってかチュートリアル付き。前作の「あとは身体で覚えろ」感はなくなった。コントローラーにかなり最適化されていて前作はその都度コントローラーとマウスを操作しないといけない状況もあったけど今作はコントローラーで全て完結してくれるのがありがたい。トラックの切り替えやウインチがマウスに手を伸ばさないで済むなんてこれだけで感動だなw 不親切さに慣れた身としては逆に親切過ぎてあのSpintiresの続編とは思えないレベルだw ただスクショ撮るときキー押すとコントローラー操作画面からキーボード操作画面に変わるのが煩わしいけどそのまま問題なくコントローラーで操作出来てる。

グラフィックは…う~ん、向上してると謳ってるけど見違えるほどってわけじゃなく前作と同様かな。ま、そもそも前作の時点で十分クオリティ高かったしそれで満足出来てたからね。背景やトラックなどのディティールも変わりなく良好だけどただタイヤの周りにつく泥の妙にデフォルメされた感じがすごい気になる。前作はこんな泥の付き方はしてなかったはずだけどなぁ。

mudrunner_004.jpg

後輪に付着する泥に注目

mudrunner_003.jpg

そのグラフィック設定だが設定できる項目は全てマックス。フレームレートは大体50前後。前作は60をキープすることが多かったけどやはり何かしらグラフィックの向上はしてるようだ。前作のスクショと比較してみたが草木の密度が増したかもしれない。あとフォグ的なエフェクトが濃いめになった気がする。他の設定としてはデフォのカメラ感度が高すぎたので大分落としてY軸も反転させた。この辺も前作なら設定がなくても不満ない調整だったんだけどね。スクショはHUD有り無しを変更出来るのも前作同様だが前作は右上にSteamアカウント名が出たけど今作は無し。HUD込みのスクショでも気にならなくなったのがSNS的にはありがたいね。

mudrunner_003a.jpg mudrunner_003b.jpg

左)今作MudRunner|右)前作Spintires

チュートリアルを進めていき丸太を積載。この辺のGUI操作もコントローラーオンリーで完結。ライトの点灯はRボタン、クラクションはLボタンに割り当てられたようだ。操作時に頻繁に使うギアチェンジだが前作はギアが入れづらい形状をしていてスティックの微妙な操作を要求されてストレス溜まった。今作はギアの配置がまずまず動かしやすい形状になって少し改善。個人的にはオートマチックギアは無しにして普通に二速三速などのギアが欲しかった。詳細機能は十字キー上か下。視点変更は左右キーで後ろからの視点や前からの視点、トレーラーからの視点を変えられるけど前作にあったルーフ視点は無くなった。この視点は進むラインを見るのに結構有用だったんだけどなぁ。そのかわり左スティック押しで新たにコクピット視点が追加されたからこれが代替となるのかな。本来なら嬉しいコクピット視点だけど前作記事でも書いたように自分的にこのゲームは泥濘で車体を揺らしながら泥んこになるトラックを眺めて悦に浸るのが楽しいのでこの視点はあまり必要性は低い。開発メーカーもそういったニーズが低いのを知ってかパネル部分の作りはしょぼくて適当。

mudrunner_005.jpg

製材所に近づくと陽気なロックが聴こえてきて積荷を降ろすとやはり盛大にロック。前作もそうだったけどこの荒涼としたゲームの雰囲気にロックは合っていないのではw 普通にSEとかだけでいいように思うけどこれも前作を受け継いだ今作開発スタッフのリスペクトの仕方なのかもしれない。

mudrunner_006.jpg

大体は分かったところで次回から湿地マップを攻略していこう。今作は前作みたいに全てのマップがアンロックされてなくて最初に選べるのは湿地とアイランド、あと無料DLCの渓谷マップだけ。車両も自由に選べず最初は星マーク3つまでの車両たち5台だけ。こっちの仕様のほうが攻略しがいがあるね。星マークによるマップ毎の使用車両制限も前作同様のようだ。

mudrunner_007.jpg mudrunner_008.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks