今回でプレイ日記はオシマイ。予想以外に盛り上がる余韻の深いラストだった。世間的にはクソゲーとして認知されてるらしいけど少なくともPC版をプレイした上ではそういった感想は抱かなかったな。最後まで飽きなく楽しめた。

Steamでのプレイ時間は116時間となってたがこれは2013年の前回プレイ時も含めてるから今年のプレイ時間はどのくらいだろ。過去2週間が45時間だったので少なくとも大体半分の60時間はプレイしてるかな。今回新しく始めたときにプレイ時間メモっておけばよかった。

remnant_043t.jpg

ダークフォレスト

うっかりイリーナが抜けて3ユニオンになってるのを忘れててグラゴノスに袋叩きにあってしまった。イェーガーがユニークのベオグラフ持ちなので彼をリーダーにしてボルソン、ゾレアン、ヨルゲンという曲者揃いで編成。ただここのグラゴノスやマンドラゴラがやたら強くて参った。特にポイズンとウィークネスとパンチマシーンが凶悪。2体同時にエンカウントしたら地獄を見るはめに…。イリーナを主軸にしたリカバーユニオンの大切さを思い知る。これは一刻も早くイリーナを助け出さなければ。とはいえ嬉しいことにバイオレットがキュアを覚えてくれた。これでますます盤石ドルイドに仕上がっていく。

よくある味方が敵になる展開だがまさかイリーナがあんな姿になっちゃうなんて…。アサルトフレアやアニメートがキツくてまさかのゲームオーバー。さすが秘めたる力のあるイリーナってところか…。リトライ二度目は一体目を素早く撃破。HP自体は低いようだから助かる。ただアサルトフレア、アサルトフロスト連発されてジリ貧。さらにアニメート、残るユニオンもアニメートされてお終い。攻略Wikiには特に問題はないと書かれてるけど問題大アリじゃないか…。三度目は1ユニオンだけ攻撃、残りはモラル向上とリカバーに割り当てたやはり駄目。四度目は陣を全てヴェラーガードに変更。さらに開き直って4ユニオンで総攻撃。軽く一体目を倒し順調だったけどやはりアニメートが邪魔をする。無理やり開放コマンドを実行するもまさかアニメートされたユニットがBlockを連発して開放失敗するなんてことがあるとは…。これが仇となりゲームオーバー。五度目も総攻撃していくがまたアニメート使われるもRESISTでまさかのアニメートにならず。これが功を奏して活路が開けた。とはいえアニメートやアサルトフレアの餌食になるがアニメートにならなかった貯金が効いてようやく3体ともどうにか倒せた。いやはやほんとこれまでで一番キツい戦いだった。七人衆戦よりよっぽど地獄を見たぞ…。報酬のイリーナイドの膵膜はパリスが、ファントムの爪はルチャウがかっさらって行った。

remnant_044.jpg

どうやらショタのクーバイン公からアスラムのセラパレスからの独立が言い渡されたようでダヴィッドたちの悲願が成就。ダヴィッドのテーマ曲も流れてきて意気揚々だ。その後ダヴィッドがここまで導いてくれたイリーナに感謝してたがどことなくラブの波動があるw ラッシュもちゃっかり二人っきりのシーンを覗いてて嫉妬したりとやはりそうゆうことなのかなw

remnant_045.jpg remnant_046.jpg

ドリルのステータスはパワーが最高レベルのグランドマスター、テクニックは最高レベルまであと2つの究極のテクニック、ドリルは最高レベルのゲージになった。採掘回数は18回でもしかしてこれでマックスだったとしても不満ない回数だな。

サブクエスト

未確認飛行物体!?

イェーガーの手兵ロブオーメンが行方不明になってしまい助けてあげたいという意外と優しいイェーガーからの依頼。早速行くが以前アクアラムで地獄門と戦った場所に地獄門の亡霊みたいな魔物。正体はレムナント兵だったがこいつらがまた厄介でアサルトアシッドやフロストとか使ってくるもんだから厳しい。これは無理ゲー。スルーするのが吉。竜城へ出ると自動的にそのロブオーメンとマンティコアたちとの戦闘だが…これがもうしんどいのなんの。いやマンティコアを総スルーしてロブオーメンに突撃した自分も悪いが暫く防戦一方でキツかったな。あいつ絶対イェーガー戦のときよりHP増えてるぞ…。ロブオーメンはうねうねとした動きが面白いけどアイアンメイデンとかいうおっとろしい攻撃方法もしてきてこれがイェーガーに6回もしてきたもんだからそれだけ元主人に恨みつらみあったのかと思うと面白いw 少々無様なものがあるなw 二度目は北西でブラスターも使ってこずただの強めの雑魚程度。三度目は北東、今度はスパイダーを使ってきた。イェーガーがパリィしたあとコンフューズでモラル向上クリティカル決める流れが痛快。四度目は中央北。サイクロップス召喚を出来たけど戦力的な意味はなし。ブラスターでKOされもしたけど大した問題にならず楽に倒せた。遂に観念したのか光になってそのままロブオーメンとしてゲット。なんだかポケモンみたいだなw イェーガーはただの荒くれ者じゃなく心のある奴だということが分かり良いサブクエだった。

remnant_047.jpg remnant_048.jpg


霊峰ヴァッケル

ドリルの効果で魅惑的な香りなんてのもあるんだな。モンスターにハートマークが出るのが可愛い。イリーナはジャバスパーダ習得で月下美人使いとしてさまになってきた。頂上では天空の覇者っていうボスが立ち塞がるが案の定のカーズ鳥。ただカーズは最初のターンだけしかしてこないからあとはひたすら耐え忍ぶのみ。ロストLv5には怯むものの結果的に大したことなく常にリカバーユニオンを待機させて回復に気をつけておけば時間は掛かったものの窮地は最初だけであとは楽だったな。

帝都ウンデルバルト

ようやく最後の街に到着。帝都というわりには結構こじんまりしててアスラムより狭そう。ここで久々に出会った魔女風の少女。霊峰超えて辿り着けたんだから結構な逞しさだ。ただ見た目は少女というわりにはちょっとバタ臭いお姉さんに見えてしまうけどw でも良い太もも持ってる。ここから少女の放浪の旅がまだ続く。ロイオティアでは遂に直接店頭に立って金を稼ぎメルフィナではなぜか奥でかくれんぼしていてやっとバアルークで観念してくれた。ここまで何度も金を巻き上げられさらにエリュシオンで雇うときにも当然大金が必要。雇うまでにどんだけ貢がないといけないんだw 魔女風の少女改めキルネア。ネーミングは格好いいし2Dイラストは確かに魔女風の少女感。もちろん即採用。シェリルとの扱いの差w とりあえずイリーナと愉快な仲間たちユニオンに入れておいた。

remnant_049.jpg

神央宮

remnant_050.jpg

神皇帝はえらい横柄極まりない態度でなんだこのオッサンは。その後は以前も訪れた聖域みたいなミステリアスなダンジョンを経て真実とご対面。レムナントとは人類以前から存在する全知全能の神。いつしか人はレムナントを敬わなくなり道具として利用するまでになったがそれはあまりに愚か、覇王は意識あるレムナントのようでこれを機会に全てをレムナントに委ねよう、すべてを受け入れよ…という。ワグラムはともかく神皇帝はいざ頼る存在が消えたら狼狽して助け求めてきそう。

一同呆気にとられつつシーンは一瞬にしてアスラムへ。覇王に手を出すなという勅命が出てしまいうなだれるダヴィッドと四将軍たちだがそこへ立ち上がるのは我らが主人公ラッシュ。タリスマン…いざというときは役に立たなかったがw ラッシュの熱気にあてられて目が覚めたダヴィッドたち。とにかく自分たちのホコリを失いたくないために当たって砕けろってことだな。

remnant_051.jpg

サブクエスト

セルパレス

『遠い約束』=決意表明後のダヴィッドの昔語り。アスラムの独立はこうしたことがあったからダヴィッドの悲願だったんだな。恐らくその女性を愛していたんだろう。彼の内面を描く感傷的な内容だった。ちなみにボス的な敵はただの雑魚。そういや以前ひと桁台の攻撃力で困ってたパグズだけど攻撃力は並に戻ってるな。一体何だったんだろう。

初陣のキルネアだけどまずまずか。最初は攻撃ボイスを発さなくてもしや実装してないのかと思ってたけどちゃんとあってよかった。結構舌っ足らず系の可愛らしい声で満足。CVはWikiによるよ三上裕子さんという方だった。術法のことなら何でもというけど術士タイプではないし回復系も覚えないようなのでこのままリカバーユニオンに置くのは勿体無い。どこに配するか迷ったがエミー小隊に組み入れた。そしてオールマイティで戦術が使えるパリスをイリーナ隊に変更。ゴール公をラッシュ隊に。暫くしてキルネアが指針求めてきたが「魔女への道は遠いですよ、っと」…そうかまだ魔女ではなかったなw

remnant_052.jpg remnant_053.jpg

メルフィナ

『古道の探求者』=キルネアは「~っと」が口癖みたいで戦闘中でもそんな調子だから気が抜けてしまうなw そういや今更ながらダヴィッドが術法使うとき偶に「イヤァッ!」ってえらい気合入った声が聴こえるんだけどちょっとゴツい感じでミスマッチw 新たにソバニのルセチウスを雇ったけどモラルコントロール攻撃が出来たりと結構有用そうだ。術法がいけるのでダヴィッド本体に組み入れてる。最初のボスはカーズ鳥。厄介なカーズは最初のターンだけなのであとは持ちこたえられれば問題なし。2つ目のボスは3隊もいるけどトルネードとパライズが厄介なだけでさっきの半分ぐらいの弱さだ。3つ目のボスはアンチなど厄介な大攻撃してくる強敵だったがどうにか撃破。トリの大ボスはブリッツ・アイドル。デスを2体も引き連れてるから厄介。しかもやたらこいつのボディが光ってるからクリティカルトリガーのボタンが見えづらいったらありゃしない。おまけにカーズもしてきて苦戦必死かと思われたけどカーズがあまり効いてない?RESISTしてないようだったけどしてくれてたんだろうか。イリーナの癒しの水Lv3はどうやらブラックアウト同様禁忌アーツのようでこれだけでイリーナをリーダーにしておく意味があるってもの。ようやく勝てたけどキルネアとエミーをカーズのせいで倒す寸前でKOさせてしまい成長させられず…。ただやり直しをするにはしんどいから仕方ないこのままだ。

remnant_054.jpg

ラスダン

ジーベンビュール 第六の道

道中の採掘でドリルがグランドテクニックマスターになって遂にプロファイル項目3つとも埋まった。これで完全に失敗がなくなり…はしないようだw 回数は19回と中途半端。せめてキリのいい20にしたかったな。

行く手に立ち塞がったのはレアモンのグリーンヘッドたち。まさかのユニット全員連続カウンター攻撃には震えた。キルネアも「ミスっと」「いやっと」じゃないんだよw キルネアはアルケミストにチェンジで魔法使いにはどんどん遠のいていくw

スリート・アイドル

グラゴノスは雑魚だったので早々に駆逐。ウネウネと気持ち悪いスリート・アイドルを意外とスムーズにフルボッコ。ラッシュがサイクロップスを召喚出来て盾に出来たのも大きかった。全体攻撃やカーズなど鬱陶しいけどそこまで致命的なダメージにならずすぐにリカバー可能。正直大して強くなかったな。

remnant_055.jpg

聖域途中で居座るカーズ鳥のステュムパリデスがさっきのスリート・アイドルなんかより断然強かったよ…。カーズはもちろんアニメートもしてくるし全体ブレス攻撃や特にAP吸収ロストが凶悪。今回もイリーナの聖水に何度も助けられた。さらにはやたら倒すのに時間掛かるモノポールなんてのもいるし、もうこいつがラスボスでいいよってぐらい倒すのに骨が折れたファラクにも手こずった。

ラスボス

覇王の言わんとしてることはつまり自己中の愚かな人間に鉄槌を下すってことか。まずは前哨戦となる鷲の巣以来のロエアス&カスタネア戦。ロエアスはすぐ片付けられて正直雑魚だった。むしろカスタネアのほうが段違いに強くて特に全体攻撃が非常に厄介。しかも立て続けに繰り出すものだから攻撃ターンと回復ターンの繰り返しでしんどい戦いだった。最後はダヴィッド本隊を戦闘不能にさせたままながらもどうにかの辛勝。

remnant_058.jpg

シームレスにバトルが続き増援として颯爽とお出まししたのが覇王。攻略Wikiに相当強いと書いていたから覚悟して臨んだけど…むしろカスタネアのほうが強くね?ってぐらい大したことないな。半分ぐらいの攻撃はBlockか回避できるし攻撃ダメージ自体も普通。ブラックアウトの全体攻撃してきたときは焦ったがそれ以外は怖い攻撃とかもしてこなくてカスタネアなんかよりよっぽど戦いやすい。

途中から戦闘音楽が優勢Verの『Reversal!』に切り替わり否応なしにテンションが高まる。後半になってからこの曲は流れなくなって久々感もあるからこの演出は嬉しい。あとはもうこの曲の迸る熱い勢いに任せたままだ。そうしてHP赤点滅までも呆気なかったがここで覇王が鬼人とかいうヤバそうな技を繰り出しパワーアップを図る。確かに防御も回避などもアップしてるけどそれでもこちらが上回ってるな。最後まで戦闘不能者をひとりも出さずこちらが終始優勢のままガブリエルの二段斬りLv3で決した。攻略Wikiに書かれていた技の殆どをしてこなかったような?もしかして偶々運がよかったんだろうか。BRは100だったけど多分覇王はBRに比例して強くはなったりしてなさそう。

remnant_059.jpg remnant_060.jpg

フィナーレ

その後は終わりまでずっとイベント展開。尚も生きている覇王。イリーナの窮地にラッシュが拳で話し合おうとするが…なんとラッシュ自身がレムナント。なるほどだからちょっと変わり者だったのか。レムナント管理者の覇王とともに光の中で消滅していく…。ラッシュのみんなの守りたいという純真な願い、ダヴィッドたちのその想いに応えようとする信頼関係、ここらあたりは物語があまり頭に入っていない自分でもグッとくる感動的な盛り上がりだった。そのあと救いもなく涙にくれたままアスラムへの帰郷。そして残された者たちはラッシュの思いを受け止め生きていく。

remnant_064.jpg

ここからメインテーマ含めたエンディングへ。サウンドディレクターは御子柴Kenichi氏、音楽は関戸剛氏、シンセサイザーオペレーション&音楽は山中康央氏、サウンドデザインはYosuke Nakashima氏、Atsushi Suganuma氏(英文字テロップなので漢字は不明)。他に気になったスタッフとしてはモーションアクターは2人の日本人以外に5人の外国人もいた。並びからしてこの外国人がメインキャラのアクターだろうか。キャスト陣では役名なしのところで今は声優業引退された阿久津加菜さんもいた。

エンディングの最後に軽いエピローグ。つまりは親子の会話になるんだろう。I'll be back…というわけだな。ラッシュのことだ、何らかの方法で本当に戻って来てそれに驚くも喜ぶイリーナやダヴィッドたちの笑顔が容易に浮かぶね。

最終ステータス

remnant_066.jpg

BRは100、お金は101048。ラッシュ隊にケイドモン、トルガル、ゴール公、ゲイオウ、ダヴィッド本隊にブロクター、パグズ、ルセチウス、エミー小隊にキルネア、イェーガー、ガブリエル、バイオレット、イリーナと愉快な仲間たちにボルソン、ヨルゲン、パリス。この4ユニオンの編成で最後は安定したな。 ラッシュの装備は剣タイプのフィンスターニス、Mサイズ盾はターケシェント+1、アクセはリア・フォールとラバーソウル。

まとめ

2013年から宿題だったラスレムのクリアをやっと達成出来て満足。ゲーム自体は色々賛否両論分かれるのも頷ける内容だったが自分は戦闘の熱いノリと面白さで最後まで飽きなくプレイ出来たな。ただこのゲームは中々難しいシステムで仮に引き継いで二週目プレイしても満足なプレイは出来なさそう。それぐらい奥が深いし面白い。もしPC版と同様のがPS3版でも出てたらもっと評価されてただろうかな。そう思うとちょっともったいない作品だった。

ラスト レムナント
Windows
スクウェア・エニックス
関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. 結城 | -

    最近ラスレムを始めました
    参考までにクリア時の詳しいステータスを知りたいです
    攻撃力、知力、など教えていただけたら嬉しいです

    ( 17:48 )

  2. 管理人 | tCjwfjLE

    終えたのは随分前なのでスクショあったかなと探したらラスボス前に撮ったのがありました。
    アルバム形式にしてアップしておきますね。
    https://symphonix.blog.fc2.com/imgs/20190624A9VbyaS5/
    ご期待に添えるかどうか分からないですけどとりあえずどうぞ~。
    ただ自分はそんなにやり込まずライトにプレイしてるのであまり参考にならないとは思いますが。

    ( 18:24 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks