今回からいよいよ新モードのScavengeを堪能していく。難しいかと思いきや順調な滑り出しで丸太を回収していった。

mudrunner_060t.jpg

The Ridge:カジュアル

赤丸急上昇

てっきり自分は今度はハードコアでプレイ出来てるなドヤァだったけどカジュアルモードだったのかな。カジュアルなのかハードコアなのかいまいちよく分からない。それはともかく前回は全てのウォッチポイントとマップ東にあるガレージをアンロックしたところまで進めた。今回からいよいよ新要素Scavengeモードを体感していくことになる。

中央ガレージでD-538にクレーンとトレーラーを搭載。東のScavengeポイントで中サイズ丸太を積みに東側の海岸線沿いを北上していこう。空のトレーラー越しに見る背の高い木々と濃霧、これもまた堪らない情景。迷子にならないようにちょくちょくマップ開くけど拡大したらやはり水辺に赤い点々が出てる。これはグラボのドライバーとか環境のせいかなぁ。走ってる最中ふと横を見たら巨大な謎の赤丸マークが浮かび上がっていたりしてこれもよく分からない挙動だ。そういや新Verからほんのたま~にカクってラグるときがあるな。やはりこれも自分の環境のせいかもしれないが。フレームレートは50後半をキープするときが多くて以前のVerより向上したような気がする。

mudrunner_061.jpg mudrunner_062.jpg

右)謎の点々

EmptyなScavengeポイントを経て進んでいく。この辺りから海岸と崖で思うようにルートはとれず初めてウインチの世話になった。エンジン蒸しまくるケースが多いので燃料メモリも4分の1ぐらいに減っていく。そうしてどうにか中サイズ丸太があるScavengeポイント着。アップデートでクレーンも改善されたとあったけど相変わらずフニャフニャとした動きで頼りない。3本積んだというか落としたところで3本中2本の丸太に緑の丸マークがあらわれてもしやと思い丸太をもう少しまともに置き直したらやはり3本積むとあとは自動的に満載パッケージしてくれるありがたい仕様のまま。新ルールは数本だけそのまま製材所へ持っていくのかと思ってたから助かった。

mudrunner_063.jpg mudrunner_064.jpg

さ、あとは製材所にお届けすればいい。このまま海岸沿いを進んで森を突っ切ると東西でふたつ並んでる製材所のうち東側の製材所へ行けるはず。が、燃料がレッドゾーン。やはりD-538はパワフルだけどやはり燃費が悪かった。

燃料お届けミッション

燃料メモリがあと数ミリってところで川渡りシチュ。最悪、川の真ん中で燃料切れで立ち往生してしまうケースが考えられるので安全策を取り渡る前でエンジンストップ。C-65115は燃料タンク積めるだろうけど前回記事で書いたようにここまで来られない。それなら中央ガレージで燃料タンクを積めるK-700の出番というわけ。前作といいTHE BOGといい燃料タンクの世話になることは幸いにもあまりなかったがようやく活躍しどころが出てきたな。

mudrunner_065.jpg

前回もそうだったけどマップからトラック選ぶときや詳細メニューのときのカーソルの操作感がえらい悪くて何度もイライラさせられてしまう。もう少しダイレクトにカーソルが動いてくれればいいんだけどね。これも自分の環境だけかなぁ。今回もK-700を選ぶだけなのにカーソルが思うように動いてくれずウガー。仕方なくコントローラーからマウスに持ち替えて直接クリック。スマートじゃないけど。

K-700は苦手意識あったけどTHE BOGでの救出劇といい今回といい結構頼りがいあるとこが出てきて好きになってきた。ウネウネした操作もどうにか慣れてきて快調に運転…って調子に乗りすぎてガードレールに乗り上げたw マップ見ると既に丸太を積んだScavengeポイントは用済みになったからか消滅するみたいだな。一旦本拠地ガレージ方面へのルートでもいいけど大回りになるので途中から東へ抜ける道をショートカットしていこう。ただSpintiresにおけるショートカットは禁じ手になるパターンが多いが果たして…。

幸いにも特に嵌まる状況にはならず。思いがけず尾根を越えたりもしたがタンク背負ったK-700でも難なく上がれた。そうしてD-538の元へ到着。ルート的に意外と行きやすかったな。さ、燃料を補給だ…としたらあれ?出来ない?あ、そうだった…。新たに搭載した燃料タンクは手動で補給しないと空の状態のままなんだった…。迂闊…The BOGマップでもそれを肝に銘じたというのに…。あまりにアホらしいがまた引き返して同じことの繰り返しだ。このマップに一ヶ所しかない燃料ステーションで再度補給で1600リッター満タン。やはりタンクの重さのシミュレートもしてあるのか体感できるほどアクセルが重くなった気がする。こうなるとさっきの尾根超えルートは進められるかなと危惧したがK-700は思った以上にパワフルだ。そうして再びD-538の元へ今度こそ救助に辿り着けて安堵。ふ~やれやれだ。

mudrunner_066.jpg

満タンとなったD-538にとって残り製材所までのルートはもう勝ったも同然。すぐに例の場違いなロックBGMも聴こえてきてひとまず4ポイント荷降ろし完了。D-538の燃料メモリ観察してるとやはり燃費が悪いみたいで消費が激しい。エンジン音的にもかなり効率悪そうだ。そういった面もリアル車両をシミュレートしてるんだろうかな。

簡単荷降ろし

本拠地ガレージに戻り今度は小サイズ用トレーラーを取り付けてさっき補給した場所から西にあるScavengeポイントへ。駆けつけたら丸太が横じゃなく縦に4本並んでいてシュール過ぎるw トラックが近づいたら振動のせいかバラバラと櫓上でバラけた。相変わらずクレーンはフニャフニャしていて頼りない。これ何とか改善出来ないのかな。物理エンジンの都合でこうなるしかないのか。とはいえこうしてスクショで見ると被写体深度が効いた画像効果が実にいい感じではある。4本積むも2本の丸が赤。クレーンでどうにかガサガサ弄って緑マークにして満載パッケージ。慣れたら簡単なものだ。

mudrunner_067.jpg mudrunner_068.jpg

舗装路を進んで一旦本拠地ガレージ方面へ走り北ルートから西側の製材所へ向かう。傾斜があるとアクセル踏まなくてもスルスルと進んでくれるから燃料の節約になっていい。そうして何事もなく小サイズ丸太なので今度は3ポイントの荷降ろし完了。

mudrunner_069.jpg

次は南東にあるScavengeポイントで小サイズ丸太を回収しに行こう。他にある丸太は南西に二ヶ所の長サイズ丸太。あともう半分ぐらい同じことを繰り返していけばいい。ここまで特に波乱もなく万事順調だったな。泥濘生活もすっかりエンジョイ気分だ。

西側製材所から東の海岸線沿いを進むルートを取り燃料タンク背負ったK-700と再会。残り132リッターだから補給。そのまま東にある小サイズ丸太があるScavengeポイントを目指す。砂浜では岩を越えようとして少しだけ入ろうとした海にそのまま沈みそうになりもうダメかと思ったが無事脱出。到着して小サイズ丸太をクレーンで搭載。1本上手く乗せられなかったがどうにか。クレーン視点だと奥行き感が分からないから荷台に乗せるのが難しい。

mudrunner_070.jpg mudrunner_071.jpg

東側車庫でひと息ついてまた舗装路に出て北の製材所へ。燃料節約するためにAWDは使わず、また下り坂では無闇にエンジンを蒸さず慣性に任せたまま走っていく。ふとマップを見たら南西になんと中サイズ丸太がScavengeポイントとして出現してた。もしかして丸太を卸す毎に新たな丸太があらわれる仕掛けだったんだろうか。でもここ以外には多分途中からあらわれたScavengeポイントはないはず。何はともあれこれで新たな4ポイント分ゲット。一気にクリアまで見通しが開けてきた。

mudrunner_072.jpg

西の製材所に3ポイント荷降ろしでこれで西側はあと2ポイント、東側はあと4ポイントとなった。先ほど新たに出現した中サイズ丸太、西に二ヶ所ある長サイズ丸太をどれか届ければゲームクリアだな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. 名無しさん | -

    点の正体

    環境の問題でもバグでもなくて 正体は水深の目安ですよー

    ( 01:14 )

  2. 名無しさん | -

    クレーンの挙動

    恐らくは油圧の遊びの再現なのではと
    建設機械の油圧もピタッと止まる事はなく止めるたびにガタガタしてるものが結構多いので

    ( 01:19 )

  3. 管理人 | mQop/nM.

    なるほど、確かによくよく見たら赤点の長さが岸との距離によって違いますね。クレーンはさすがにリアルで触ったことがないので分からなかったのですがきっちりとは動かない挙動の再現…納得です。ご教示頂きありがとうございました。正直実を言うとマイナーなゲームだからあまり読まれない記事だろうと調べもせず適当書いてましたね、すみませんw

    ( 18:31 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks