今週のともりる案件はなんと言っても嬉しいアニ雑団ゲスト。あぁ可愛い。笑顔が眩しくて最高に好き。終始抱きつかれ弄られてるAbemaくんそこ代われと何度思ったことか。今後の抱負で気が狂った役をやりたいと言ってたけどある意味レンは気が狂ってるのではw 好きなアニメに東京ミュウミュウあげてたりパプリカだったりして以外な一面が見られて充実した1時間。れいちゃんが理系だったのもちょっと意外だったがw まつえりとは重いアニメ繋がりでもっと話弾みそうだなぁ。しかしまだデビューして1年しか経ってないのにほんとしっかり喋っていて感心する。これは天性のスター性だな。

あじゅじゅは癒やし、えりぴょんは最早ただの芸人、のっぐもノリがいい。

ヨルナイトですっかり知名度が上がり大人気になった石飛恵里花ちゃんの遂に初冠番組!やったね、石飛先生!w 残念ながら7月だけ限定だけどでも好評だったら延長したりまた次の番組も決まるかも。

ぴかちゃんけん玉ガチで上手いなw このシリーズ最初から見てたけどぴかちゃんのジャージ姿がすごい可愛い。ただ動画の尺が短くて見るとあっという間だからもう少しまとめてから出して欲しいね。

ともりるのイントネーションはカツ丼。”↑ともりる”ではなく”ともりる↑”。田中ちえ美ちゃんはあまり存じなかった子なんだけどある意味相良ちゃんポジションになるんだろうかw それにしても頑なに時代遅れのFlash&右クリック禁止の響はどうにかならないものなのか。音泉もFlashだが響はChromeでの再生に難があるんだよね。

なんと、7月10日から隔週でともりるの冠ラジオ!これは嬉しい。ほんと毎週何かしらあって今や飛ぶ鳥を落とす勢いだなぁ。メルヘン・メドヘンのラジオはその頃ともりるを知らなかったから聴き逃していたので聴くのが楽しみだ。

祝!ぴかちゃん復帰!まるで何事もなかったかのように3人が馴染んでいてやっぱり3人でグリハーなんだなと改めて感じ入る。ま、まだおならネタを引っ張る子どもみたいな3人だがw それにしても恋愛相談で27歳の女性とか他にもやたらガチな相談来ていてグリハーのリスナー層はどうゆうことなのw

アニメ感想

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン #10 / BS11

anime(12212172).jpg

リアル名出しちゃうそそっかしさはJKらしい。一方シャーリーチームだがあれは男たちが平和ボケ過ぎるな。シャーリーは冷徹な切れ者かと思ったら違う意味でヤバい奴っぽく駆逐系女子だったかー。SHINCの人を盾にした作戦は恐れ入った。思った以上に肝っ玉が据わったJKロリっ子たちだ。ソフィー、いい顔してるわ。リアルの友情が育んだ作戦だな。これは勝ったな、と余裕で見てたらここでシャーリーが水を差した。魔王ってまさかこいつのことだったのかと思ったらレンに呆気なく。でも撃つ快感に目覚めたみたいである意味未来の魔王?そして死を願う奴ほどしぶとい奴が今回の魔王。ここの日笠さんの狂人演技が圧巻。これは確かに男どもは引く。ここでレンの騎士道精神が働く…わけはなくやはりピンクの悪魔は悪魔、こっちも魔王の風格だった。でもこの自分に素直なレンは格好いい。あの傭兵たち、ただのモブかと思ったらイケメン。そして最後はライトセイバーを手に持ち「お・ま・た・せ!」で爆笑w いや待ってないからw 次回タイトル「イカれた、レン」、元から既にイカれていないか?w

刀使ノ巫女 #23 / BS11

anime(12212168).jpg

姫和が戻り歯磨きの味で和気あいあいの刀使たちに和む。姫和はエターナルに普通に反応してるってことは認めてんのかなw 結局シンプルストレートにタギツヒメを斬ってみんなで一緒に帰る遠足展開。学長はすっかりしおらしくなっちゃって。でもまた違うかたちでの依存していてこれは更生できるか。ラスボスは倒されるために存在するタギツヒメとの前哨戦はまずは小手調べを経て本戦ではSF的な仕掛けが面白くも格好いい。正直よくわからんけどとにかく盛り上がる勢いが熱い。ちゃんりなもラスボスに相応しいいい演技する。最後はこれまでの可奈美の戦闘狂が生きる展開は上手いし胸がすく。やはり可奈美が戦うのならこうゆう希望に満ちてなくちゃ。最後は果たしてどうなるか。というかどさくさに紛れて薫がゆかりん呼びしてたの笑うw 個人的にこの画像シーンのネネがかわいい。ネネのスマホスタンド、ワンチャン売れそうじゃない?w

こみっくがーるず #12(終)/ BS11

anime(12212171).jpg

開幕土下座。かおす先生ほどきららアニメで一番土下座が似合うヒロインもいないw 白い服にカレーうどんは真っ黄色未来になりそう。「そいやー」体操でエターナルするもただかおす先生のメンタルは乱高下激しい。みんなで遺書…集団自決かな。今回最後だけあってかおす先生のあばばばするシーンが多く終始喋りっぱなし。起伏の激しい演技求められるぴかちゃん大変だ。電話越しで情緒不安定さを見抜く編集さんさすがだがかおす先生はMのようで意外となんてことないのかも。フィギュアで立ち直るとはほんとオタクだなw そうして心の隙間を寮母さんが満たしてくれこれはうっかりお母さんもやむ無し。親離れ出来てないかおす先生の元へ能登さん可愛いよ能登さん。ほんと幼児の頃からメンタルボロボロになる運命だったw 「苦しいなら帰ってきてもいい」…ここでかおす先生が弱音見せず発奮してくれたんだからお母さんも我が娘の成長を感じて思わず涙したんだろう、こっちも思わず涙…。立派じゃないか、かおす先生…。幸せが溢れていたあの頃…でもそれに甘えず前を向いていく今のかおす先生には見守ってくれる大切な仲間たちがいる。こんな修羅場も楽しめたとか言えるんだから地のメンタルは強いんだろうw そして努力は実を結んだ。良い編集さんにも恵まれた。「道は遠いほど頑張り甲斐がある」4人にはまだまだ険しい道があるだろうけどこの4人ならきっと素敵な未来が待っていそうだ。

anime(12212169).jpg anime(12212170).jpg

anime(12212173).jpg anime(12212174).jpg

最後はこれまでいいとこなかったかおす先生のグッとくる素敵な成長物語だった。笑いあり涙ありのいい最終回だったなぁ。作り手の愛が溢れていて素晴らしい有終の美を飾ってくれた。でも…ああぁ、もう見守ってやれないかと思うと寂しい…。

anime(12212175).jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks