また今回から導入したModは同じ部屋にいる人のみに死体解体デバフをつける[B19]Shrink Corpse Buff【「人を捌いた」範囲軽減】、説明不要のおもてなしHospitality、こちらも有名な採石Quarry、亡命者イベントの詳細が分かる[KV] Refugee Stats - B18 の後継的な[B19]Incident Person Stat、派閥と共同体の名前の変更ができるRenameColonyなど。結局死体解体は前回っきりになってしまったし来客もそれどころじゃなくなったし採石も砂漠だと設置出来る場所がかなり限られてしまって出番なく。

RimWorld_0780t.jpg

4年目

蛮族の襲撃10人。今度はいわゆるトンネルタイプ。B18と比べ一ヶ所に集中せず散らばって壁を壊そうとしていて狡猾度が上がってる気がする。必然的に屋内戦にならざるを得なくなりKitty以外射撃スキルが低いメンバーだから不利。計6ヶ所も開けられてしまい万事休すの戦い。東の畑は燃やされてて慌ててMalを派遣するも挟み撃ちにあいMal死亡。Karenは余命7時間、Kittyも余命12時間が迫りつつも何とか泥沼の戦いを勝ち抜き終戦。大の大人のPansyパパはちじこまってばかりで情けない。戦いの舞台となったダイニングは一面血の海。そのすぐあとにトレーダーキャラバンが来たがあともう少し早く来てくれてたら…。さすがにもうツキの加護はないか。

RimWorld_0755.jpg

KarenはKittyの医薬品使用の手当てでどうにか一命とりとめた。ただ絆を結んでいたラブラドールレトリバーも死亡で-8のデバフ。キャラバンメンバーたちに犬が埋もれてしまい完全に見落としてた。Kittyが手当てに駆けつけるも間に合わず。その後トレーダーキャラバンからあまりに酷い状況に同情されオオカミの皮Tシャツのお恵み。

RimWorld_0756.jpg

Pansyパパには衛生面を考え血のりだらけの寝室を掃除してもらうがKarenとは仲良く会話しEngieからは冷たくあしらわれるというこの差。そのあとこんな非常時だというのに空気読まずPansyパパがパーティ開催。でも参加メンバーはPansyパパとEngieだけ。しかも死体を前に案の定冷たくあしらい合戦。結局誰も心情回復せず。一体何の意味があったパーティだったんだ…。

RimWorld_0758m.jpg RimWorld_0759m.jpg

そのあとKittyが「猛烈な痛み」が原因で放火魔発症。今回は心情ゲージがだだ下がりだったので納得。ダイニングのスツールに火をつけるも外に出てくれたのでそれなら問題なし。短期に収まってくれたがKittyは蛮族の死体がテーブルに転がり血のりと汚れだらけのダイニングで食事するしかなく。

RimWorld_0757.jpg

Karenに傷からの感染症だが進行度と免役進行度の差がありすぎてもう無理だ…。医薬品を使ったけどそれでも駄目なのか…。もうどうにもならない。本人の希望でチェスを遊ばせてヒトの肉を食べさせてあげた。そのあと戻る時に遂に倒れてしまい…。将来の夫となるPansyパパに救助させ連れて行った場所はふたりの愛の巣だったダブルベッド…。最後にPansyパパが身体を洗ってあげていた…。さようなら…。これを書いてる今もあのときの悲壮感を思い出すと泣けてくる…。ほんとRimWorldは罪づくりなゲームだ…。

RimWorld_0760m.jpg RimWorld_0761m.jpg

その日の夕方にまた1日置いての襲撃は今度は宙族7人。やはり入植者がふたり減ったから敵も少し減るのか。慌ててEngieに木材デッドフォールを築いてもらったが途中でスモークリーフ浪費の精神崩壊起こしてしまった。Pansyパパにデッドフォールはバトンタッチ。幸い木材の他に石材デッドフォールが3つ前回の襲撃で踏まれなかったのでデッドフォール内で戦闘は完結。戦闘に気を取られてEngieの精神崩壊忘れててどれぐらいジョイント吸われたが分からないが症状は「スモークリーフに寄っている」だけだから大丈夫みたいだな。

そしてまだ続く入植者たちの精神崩壊。今度はPansyパパが婚約者Karenを失った悲しみで「屠殺者」になってしまった…。怒りのはけ口をペットに向けるなんて最低だな…。とはいえ正直養うのが重荷だったから数体減ったところでそんなには痛くはない。でもマッファローだけはミルク&毛要因として必要不可欠なのでゾーンで退避させた。結局被害はラブラドールレトリバー2匹、ヒトコブラクダ1匹を失った。Kittyはいつの間にか医務ベッドにしてる関係でKarenの死体と一緒に寝てるし敵の死体を片付ける余裕もまだないし一面が血のりと汚れだらけだしもうカオスだな…。

RimWorld_0762.jpg

Karenの亡骸はPansyパパに埋葬させてあげた。そのあとKittyがMalとKarenのお墓参りしていて一度はPansyパパの再婚にグレたがKarenを失い思うところがあったのかもしれない。

RimWorld_0763.jpg

しかしKarenを失ったのは大きい。戦闘、死体処理、死体解体、死体食べて心情回復、調教も手懐けも出来、売買も有利に出来た有能な人材だったのに。結局またKitty、Pansyパパ、Engieの3人コロニーに戻ってしまった。夏に着る用に作らせていた作りかけのひと皮カウボーイハットがミシン台に虚しく横たわる…。

下の画像、上部入植者アイコンのColor Coded Mood Barで視覚化されたゲージ見てもらえば分かる通り皮肉にも残った3人は全員精神崩壊したせいでカタルシス効果+40があり心情ゲージは高め。ただPansyパパだけは婚約者が死んだデバフが大きすぎる

RimWorld_0764.jpg

アイベックスがヒト狩り化。最早日常茶飯事のヒト狩りだが通りすがりの旅行者グループが付近を通り掛かってもスルー。やはり以前から思ってたがヒト狩りの対象はコロニーだけのようだな。

Pansyパパ、まだKarenを失ったショックが癒えず呆然の精神崩壊。間の悪いことに殺人鬼化ダチョウが発生したがダチョウはコロニーの北をうろうろ、Pansyパパは南をうろうろしていて運がいい。

何故かペットフード作らないなぁと思ったらヒトの肉が半端に19個になってた。ラブラドールレトリバーは牧草食べないので栄養失調が重度段階になってて危なかった。ま、今のコロニー状況を鑑みると屠殺してもいいんだけどね。

二人だけのトレーダーキャラバン来訪だがトレーダー自体が着いて早々地べたで寝てるんだがw 寝てるとトレードが出来ない。結局一晩経ったが起きたら即帰ってしまい何の意味がないので慌ててEngieに腰痛に鞭打って追いかけさせたが大したものはなかった。

Engieが「醜い環境」が原因で精神崩壊だが今度は特定個人を対象にした侮辱・放言。怒りの矛先がPansyパパにだけ向けられるというえげつなさ。多分一番好感度が低い入植者からターゲットされるんだろう。ただ実時間10秒ぐらいで呆気なく収束。

ヒト狩りヒクイドリにダチョウと群れをなしたヒト狩りが多すぎ…。特に鳥系は動きが素早いから迂闊に攻撃出来ない。B18までならサッと扉閉めて隠れられるけどB19ではそう上手くはいかない。おまけにコロニーのみしか襲わないから棚からぼた餅もないからつまらない。

トレーダーキャラバンに最後に残る年齢2節のラブラドールレトリバーを売った。絶えず飢餓や精神崩壊で屠殺される危機があるこんなところにいるより違う派閥にいたほうがよっぽど安全だろう。犬がキャラバンたちと一緒にマップに消える間際、こちらのコロニーに振り向き少し戻るかのように歩いて名残惜しそうにしてたのにグッとくる…。あんな酷い環境でもあの犬にとっては生まれ故郷だった…。

RimWorld_0765.jpg

今更ながら遂にタレットの研究が完了。これで少しはマシになるはず。

PansyパパがまたKarenが死んだのが原因で精神崩壊して今度は癇癪。なんと冷凍庫にある薬草x64を叩き壊そうとしていた。薬草のHP見ると39/60が攻撃されたら22/60になっていてこのままでは消えてしまうのは明らか。さすがに生死にかかわる問題なので止む無く付近にいた娘のKittyに逮捕させるが抵抗されることもなく収束。今までなら抵抗されて至近距離戦になったのにならなかったのは逮捕する人間が娘だからかそれとも好感度が高いからか。なにはともあれケンカになってふたりとも怪我を負ったら最悪コロニー壊滅の危機だったから胸を撫で下ろした。「婚約者Karenが死んだ」デバフはあと3.6日の辛抱。

RimWorld_0766.jpg

ヒト狩りアライグマ9匹襲来のタイミングで脱出ポッドだがB19新要素の救助ではなく捕まえるを選んだら関係悪化するよってやつ。ただスルーせざるを得ない。暫くあとに降下地点を見たら誰もいなくて自力で去ったようだ。

最近になって知ったが入植者に指示するときにシフトキー押しながらだと連続して次のタスクを指示出来るのを知った。これはすごい便利。便利過ぎて次々にやってもらうことを指示してしまい入植者がトイレ漏らしそうにならないよう注意しないとw

RimWorld_0767.jpg

8日にようやくPansyパパの「婚約者Karenが死んだ」デバフが解消。最愛の人を忘れるんかいってツッコミいれたくなるが良く言えば悲しみから吹っ切れたってことなんだろう。ともかくこれでPansyパパが精神崩壊する率がグッと減ったはず。

で、今度はKittyがスモークリーフ浪費で金策として作らせてるジョイントを何本もプカプカ。これは精神崩壊ではなくドラッグ常用者性格が影響してるんだろうな。Kittyはとっくに欲求タブからスモークリーフ中毒のゲージがなくなってるけどやはりそうゆう性格だとドラッグからは逃げられないようだ。これがサイカイト系のフレークなら死に至る可能性があるかもだが多分ジョイントなら少しぐらい余裕あるはず。というかスモークリーフ浪費だと精神崩壊と違い普通に食事もするんだな。さらにプカプカさせたあとベッドで寝ようとしたらスクッと起き上がり収束。欲求タブ見ると睡眠ゲージは空で「疲れ果てた」状態。それでも食事を摂って睡眠。健康タブには「スモークリーフに酔っている」の他に「スモークリーフ耐性」もついていてこれが大きくなると本人が満足せず余計吸ってしまう可能性があるんだろうか。

RimWorld_0768.jpg

Pansyパパが最早恒例となった「不潔な調理場」が原因での食中毒。美観チェックすると清潔さが「とても汚い」になっていてこれが原因だろう。でもこれは以前から気付いていて調理してるときは常に見張っててゴミが床に出てたら調理開始前に掃除させてから調理させてるんだけど他に清潔さを落とすようなものはないはずなんだけどなぁ。フロアも石灰石にしてるし。もしかして食肉加工台や作業場が同じ部屋にあると駄目とか?

RimWorld_0769.jpg

マッファローがデッドフォールに掛かって怪我。B19からは味方の人間やペットにはデッドフォールは無効になるとばかり安心しきっていたけどやっぱり味方も掛かるんじゃないか…。余命12時間の刺傷だったが手当てして大事には至らず。やはり動物も人間もデッドフォールを通らない設計にしておかないと駄目だ。

RimWorld_0770.jpg

また派閥に影響ありの脱出ポッドがやって来て最近妙に多い。今回は余命4時間で手当てを始められて間に合った。Kittyの医学レベルも7に上がっていてこれは嬉しい。その後客人は完治したが欲求タブ見ると「させない病室」ってなんだw 「さえない」の誤訳のようだな。

RimWorld_0771.jpg

蛮族6人の原始的な襲撃。なんてことなかったが逃げる敵が外じゃなく屋内に入る扉に群がったのでKittyに後ろから攻撃させるが中々当たらなくて参った。挙げ句扉破壊して今度は防壁内の外に出る扉に飛びついたが今度はKittyがやっと命中させられた。敵が逃げるときのアルゴリズムは必ず近くの扉を壊そうとするんだろうか。壊されるとまた資材が無駄になるからこっちも必死。捕虜一人確保も左の肺が破壊されてたがKittyが薬草で難なく治療。釈放してこれで蛮族との関係は-28となりあともう少し。

RimWorld_0772.jpg

一日置いて次は宙族襲撃で6人全員モロトフのカクテル持ちとか震える。しかも今は防壁の改築工事中だから容易に侵入されちゃったけどタレットを燃やされつつもどうにかKittyが撃退。ひとり逃げてる奴がパニックになり屋内に侵入しちゃったけどどうにか。Pansyパパはまた遠くに逃走してちぢこまってて情けない。しかし、現状まともに戦えるのがKittyだけというのが非常に厳しい。Engieも射撃スキルあるけど腰痛持ちだからいかんせん鈍くて動かしづらい。

RimWorld_0773.jpg

ただ幸いなことにやっとモロトフのカクテルが複数入手できたので敵の死体と霊属性衣服を焼却処分出来て助かる。直前に作ろうと思ってたから無駄にならず済んでラッキー。

B19からのタレットは消費電力80Wに減った代わりにフルで120発の装弾制になった。威力や挙動などは従来どおりってとこかな。

その晩、Kittyが「とても不潔」原因で侮辱・放言の精神崩壊。これはトイレModの影響かそれとも病室が不潔だったからなのか。ターゲットはMal同様にまたしてもEngie。最初は+82あったEngieからのKitty評が収束した頃には+3にまで落ちていた。その前に十分貯金があったから+3で踏みとどまったものの最悪数時間で人間関係が破壊してしまうわけでなんて恐ろしい精神崩壊なんだ…。

RimWorld_0774.jpg

Kittyにモロトフのカクテル持たせて死体の焼却処分してもらうが装備した途端「Pyromaniac has incendiary weapon」と出てつまり放火魔にはうってつけの武器だからKittyは+5喜んでるってことなのか。もしこれを装備してるときに放火魔の症状が出たら普通に使っちゃったりしそうで恐ろしいな…。もちろんバフがあるとはいえ普段はライフル装備だ。

RimWorld_0775.jpg

その途中でフェネックギツネが突然目の前で殺人鬼化。目と鼻の先にEngieがいて既にライフル構えてる。もちろん間に合うわけはなく至近距離戦になり慌てて退避させた。Kittyに仕留めてもらおうと撃たせたら…あ、モロトフのカクテル装備してたの完全に忘れてた…。外れてくれたらよかったが生憎Engieに命中…。幸い四方に炎が付くだけでEngie自体が炎上することはなく安堵。Kittyは傍にあった蛮族の落としたリカーブボウをすぐに装備させこれでどうにかキツネを仕留められた。とはいえEngieは余命9時間の大怪我。自分で医務室に行くまでに倒れてしまったがどうにか一命をとりとめた。

RimWorld_0776.jpg

Engieは今回の怪我とこの間のKittyからの侮辱祭もあって心情ゲージがすっからかん。「侮辱された」x8はきつい。そうして案の定Engieが精神崩壊。一番おぞましい「死体への執着」だ…。掘り返したのはMalの死体。以前Malに侮辱されまくった恨みだろうかw 1年目のときにKatiaがBeckyの死体を飾り付けようとしたときは行為に至る寸前で収束してくれたが今回はきっちりダイニングテーブルにMalの腐乱死体が飾られましたとさ。Engieは死体を飾り付けて気が済んだのか収束。そのあとEngieはMalの腐乱死体の前で食事をして勝手に自分で撒いた種で気分害していて言わんこっちゃない。今のEngieからのKitty評は0。人間関係だけでなく相手の心情も破壊し精神崩壊に持ち込む…。厄介さでは「侮辱・放言」は相当悪質かもしれない。

RimWorld_0777m.jpg RimWorld_0778m.jpg

メテオだがウラニウム鉱脈のプレゼント。これはありがたい。個人的にはスチールを希望したいが。

「ガス作動式」の研究を終えて次は「マイクロエレクトロニクス基礎」の研究へ。やっとって感じだな。早いとこ軍用ライフルまでにたどり着きたいものだ。

機械化カマキリx2襲来。すんなりキルゾーンに入ってくれたら楽だが四方の壁をチクチク攻撃。Kittyを徴兵して待機させるも奴らの出方が分からず不用意に動けない。そのうち1体がやっとキルゾーン内デッドフォールでくたばるも残る1体はまだうろうろしつつ壁を破壊しようとしてたがやっとキルゾーンへ。デッドフォールはあとx2だったから致命傷は与えられずKittyとEngieのライフル頼み。遂に近接攻撃に持ち込まれてしまうもどうにか長引かず破壊。そういえばカマキリはB18ではレイルガン撃ってきたが今回は近接攻撃型になったんだろうか。レイルガン撃たなかったとはいえKittyは余命24時間に迫られるほどでひとふりの刃によるダメージ量は大きい。

RimWorld_0779.jpg

タレットの電源を入れた途端キルゾーン侵入口からカマキリがUターンして出ていったがやはりタレットを察知してるんだろうな。こうなるとキルゾーン内にタレットを置きづらい。従来のデッドフォールで埋め尽くしたキルゾーンの難しさといいやはり拠点を四方八方でタレット配置したほうがいいのだろうか。デッドフォールが使いづらくなったりタレットの消費電力ダウンと弾薬装填制にしての特徴アップやタレットの種類増加といい開発側はタレットメインで戦えっていう意思表示なのかもしれない。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks