雑記

大体どのアニメも3話まで終わった。今のところの今期のお気に入りは「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」「やがて君になる」の2本かな。どちらも上質なクオリティで話も面白くキャラも良い。再放送だがもちろん「からかい上手の高木さん」も良き。今期は他にゾンビランドサガやグリッドマンやリリスパなども話題だがいもいもヤバい意味で話題になってるのでおさえておいたほうがいいだろうw


すっかりTSというか見逃し配信見るの忘れてた。種ちゃん復帰後初めて映像を見たけど顔にはやはり病み上がりを感じさせられちゃうな。でもトークは以前と同じ調子だったというか予想外にグイグイいっていて元気そうでよかった。ダークマターは滑ったみたいだがw それにしてもみにゃみは頭はあれなのにほんと社会・地理だけは得意だなw

誘導したり巧みに言い換えたり即指摘したり自分のNGワード当てたりさすがともりる洞察力と頭の回転が早い。と、思ったら意外と暗算は得意ではないのかw あのメンツの中ではあぐぽんが抜けてひょろいなぁ。ともりるも華奢なほうだしで個人的にはみゆたんとあかりんだな。

アニメ感想

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。 #2 / BS11

anime(122122823).jpg

今回もゆるふわ全開でいい意味でお花畑。アザゼルというと(ry 男x男になるとどうしてもそんな目で見てしまうのは悪い偏見か。後半は久野ちゃんCVのベルフェゴールがロリロリしく可愛くてしかもお漏らしプレイをご所望とか高度だ。これは薄い本が溢れ返る。訛った口調も可愛くてこれに久野ちゃん声が合わさると破壊力がすごい。会話する度に><となってトイレに駆け込むとこが可愛すぎたな。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない #3 / BS11

anime(122122833).jpg

校内でぼっちだったからさもいないことに拍車をかけ規定事実になってしまったのか。ある意味現代社会が引き起こした今回の問題でもありそうだな。最後の先輩とのひとときは切ないがまだ3話の段階なのでそこまで悲痛ではなく。保証・保障…深いなと思ったがここまで意味を持つとは。グラウンドでの大告白は熱気が恥ずかしさを上回る。咲太…ほんと男らしく格好いい奴だ。そうしてふたりの想いが淀む空気を突き破る。愛は偉大だ。次は何をやるのかと思ったら…なるほど物理学ネタで色々なキャラにフォーカスしていくってわけか。これは面白いしナイスな着眼点。

SSSS.GRIDMAN #3 / BS11

anime(122122824).jpg

キャリバーがふたりをかっさらうところのシーンはダイナミックで気持ちいいテンポ。CGは中に人が入ってることを模してるからこその重量感があって他とは一線を画してるな。アカネが黒タイツ丸出しでアンチくんをツンツンするとこがエロい。マックスグリッドマン、やはり車両型ロボとの変形合体はロマン。叫びと拳で雌雄を決め合うところは王道だが熱い。終わったあとボーラの「面倒くさそうな女だなぁ」がまさに言い得て妙で笑った。

寄宿学校のジュリエット #3 / BS-TBS

anime(122122825).jpg

嶋村侑さんというと明日香だなぁ。牛乳を拭いて一週間放置した雑巾を見る目に笑う。このアニメの崩し絵は好き。新キャラのシャル姫と嫉妬するジュリエットと弄ばれる犬塚が楽しい。正直犬塚が羨ましいんだがw でもこうゆう姫様を困らせるのも楽しい。百合関係…ではなくあくまでも友情なのか。2話目までは普通かなと思ったけどシャル姫が思いのほかツボだったから俄然興味増してきた。

色づく世界の明日から #3 / BS-TBS

anime(122122827).jpg

黒いショーパンに白いシャツという個人的に中々ツボを付いた格好が良き。色のない世界…一面がモノトーンの世界か。確かに想像つかない。プール掃除のシーンは素敵な淡い青春感。

うちのメイドがウザすぎる! #3 / BS11

anime(122122826).jpg

改めてOPは「大人よ大人になれ」って歌詞が抉るものがあるなw 平然と「初潮」って言う・女性声優に言わせるんだからすごいアニメだ。半田くん話はちょっと笑っちゃうがなるほどね。変態なだけじゃなくちゃんと考えてるメイドさんだった…ってこともないかw さすがにトイレのくだりはドン引きものでこれタイトルは「うちのメイドがキモすぎる!」の間違いではw 後半のハムスターはミーシャもクラスメイトも動物のこと考えてて偉いな。この作中の大人は駄目駄目だw

となりの吸血鬼さん #3 / BS11

anime(122122835).jpg

「棺が華やぐ」とか一生縁がないパワーワードだなw わんころに怯えるソフィーが可愛い。必死に山田さんを真似るとこも可愛い。灯は何となくお母さんに似てそう。吸血鬼になるタイミングも難しいようだ。灯も人思いで優しいがソフィーも思いやりあって優しい。今回もゆるふわな優しい世界で和んだ。

RELEASE THE SPYCE #3 / BS11

anime(122122828).jpg

よくある新人の壁展開。ソープランドでクスリ飲まされて強制労働とかヤバいな。代わりのピーチちゃん、実際なら大当たり。相変わらずはやみんがあのゴツいキャラやってるのが信じられん。鬱展開になってたのはモモだけじゃなくみんなも同じ、モモもそのひとりという言葉で復活。スパイス齧りながら「キメるぞ!」に笑う。毎回キメるが文字通りのキメ言葉になるんだなw 白虎戦は見応えあった。あいにゃも天真爛漫ないい演技してて楽しいキャラになってる。白虎ってもっと格が上のキャラかと思ったら単なる下っ端なのかな。記憶を失いこのままツキカゲメンバーになったら面白いがそうはならなさそうか。

ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士 #2 / BSフジ

ちっちゃい子好きは立派な病気…た、確かに…w ジャンヌが欲求不満でモジモジして勢いに任せディープキスするところはエロ過ぎる。なんかこうゆうエロ設定どこかで見た記憶があるがw しかし大野ちゃんは天使の3Pぐらいしか知らなかったけど普段のジャンヌのロリ演技と豹変した凛々しい演技のギャップがすごいな。どちらも声も演技も堪らなく良い。やはり今回もジャンヌのユリスモードの戦いが見応えあって面白かった。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない #3 / BS11

そういえばこのアニメって確か秋アニメだった「二度目の人生を異世界で」の代わりだったりするのかな。それなら1話、2話の作画の粗も頷けるものがある。ただ今回は比較的まとも…ということもないか。余計なノイズがないとすんなり楽しめ…はしないか。やたら画面を横倒しにしてるカットが多くてこれですぐ分かったがやはり絵コンテはこでらかつゆきさんだった。以前からだがこでらさんのこの横倒しへのこだわりはなんでなんだろう。正直なところあまり効果的ではなくむしろ違和感を生んでしまってるような。

からかい上手の高木さん #4 / RSK

anime(122122836).jpg

西片くんを驚かすためだけにずっとロッカー入ってるとか高木さんガチで好き過ぎだろw 「どんな感じなんだろうね、青春」「私も青春したくてね」のところの情感が素敵。いやもう十分青春してるよね。逆上がりでスカートで見るか見ないか、これは高木さん策士だなぁ~。でも短パン履いてるのは絶対そうだろうなと思ったw 「エッチっ」の破壊力がすごい。いやはやこんな学生生活送ってみたかった人生だった。西片くんがいないときの高木さんの憂いた表情や案ずる声は本物だろうけどからかいたくてウズウズしてたかと思うと食えない高木さんだw 最後はひたすら密着されてただただ西片くんが羨ましい。

ゾンビランドサガ #4 / BS11

そういや前回はデスおじのふたりいなかった。てっきり毎週のノルマかと思ってたら今回も出番なし。おまけによっちん警官も出ず。あとメタル、ラップ、アイドルときて毎回別ジャンルを扱うのかと。ゾンビになったからこそ時代が違うみんなと一堂に会せたってのは面白い。アイドルについて考えたりご当地ならではのシーンもあったりなんだかんだでアイドルアニメというか佐賀宣伝アニメしてる。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 #4 / BS11

夕方ならではの色のコントラストが効いた戦闘シーンが鮮やかで緊迫感漲る。ポルポにああゆう印籠を渡すジョルノも格好いい。やはり歴代ジョジョで一番好きなのもジョルノだなぁ。

やがて君になる #4 / BS11

anime(122122834).jpg

ここちゃんCVのこよみは朱里と何かありそう。生徒会劇が今後の山場になるんだろうか。ただミステリー部殺人事件で動じた七海先輩は何か裏がありそうだ。相変わらず今回も押しが強い七海先輩。どんだけ欲しがりさんなんだ。侑自身もそれに応えたいという気持ちも少し芽生えてるんだろうか。「侑。エロい…」、実に興奮させられニヤニヤが止まらないが儚くも美しくてうっとり…。案の定誰かに見られたがてっきり佐伯先輩かと。槇くんは意地悪してるんじゃなくただ単に興味本位なのかな。人の恋は面白い、ある意味視聴者代表みたいなものかw 遂に他者に知られてしまった禁断の愛。一線を越えてしまった背徳感に苛まれる侑が愛おしいが自分よりまっさきに七海先輩のことを心配してあげてるんだから優しい。そして他人に指摘され初めて気づく自分の気持ち。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks