プレイ時間が290時間となりほぼ300時間に到達。この調子だと709時間もプレイしたRimWorld並になる可能性もワンチャンある。まさかここまでドハマリするとは分からんものだ。正直なことを言うと今はRimWorldより面白い。偶にRimWorldも起動したりしてるけどすぐにやらなくなってしまってる。RimWorldの魅力は豊富なModだけど逆にたくさんありすぎてベセスダゲーとかでよくあるMod探しだけで満足してしまい終ってしまうというあれ。その点Oxygen Not Includedは(日本語化Mod以外)Modが無くても全く不満なくプレイ出来るのが利点だな。むしろバニラの状態からModを追加する余地はないんじゃないかってぐらい既に完成度が高く内容が充実している。

ONI_264t.jpg

300~350

前回から懸案だったコロニーの温暖化対策。活動を開始したマグマバイオームにある雪氷間欠泉からの-5℃ぐらいの汚染水をコロニーまでパイプで送りとりあえずは30℃越えしてる宿舎区画付近を輻射パイプにして流してみた。冷水汚染水はかなりの長い道のりを進んだがそれでもまだ-4。輻射パイプ部分は思惑通り温度が段々下がってくれた。汚染水はとりあえず適当なところに排出させたがそのときには12℃まで水温が上昇。ただ暫く経つと輻射パイプの周辺自体が-5℃にもなってしまいこれではキンキンに冷え過ぎ。複製人間たちがガクブルしてる始末。輻射パイプは部屋と部屋の区切りにある階段スペースに数マスだけに限定して配管を改めた。効果の程は痛感したので今度は一番熱を持つ石油施設に輻射パイプを通した。停止中のポリマープレス周辺は50℃ぐらいだったが暫く経つと21℃。上の階層に設置してある精製装置にも輻射パイプを通して19℃。これなら稼働中でも冷却水さえ適切ならもう昔みたいな高温の水蒸気が吹き出す自体には多分ならないはず。輻射パイプによる冷却って今まであまりやったことなかったけどこれはいいものだ。ただ製錬金属が大量にいる。

ONI_243.jpg

そんな頼れる雪氷間欠泉だが汚染水が溢れて原油にこぼれてしまわないようプールの拡張工事をカタリナとエイプにしてもらってたがうっかり動線がなくなってしまいふたりして佇んでいた。ふたり同じポーズで真顔で突っ立ってるもんだからシュールでちょっと笑っちゃったよ。ただEXOスーツの酸素残量がまずい。温暖化工事に夢中になってたときふと間欠泉の汚染水残量はどれぐらいかなと見にいかなければ窒息死の危険性があった。多分アラートが出ると思うが道中は二酸化炭素ばかりなので酸素にありつけるかどうか。幸い床に化石が落ちてるので化石製梯子を作らせ酸素もドック基地までもってくれた。偶にこうゆう動線ミスも起こり得るから特性の建設・採掘不可持ち複製人間を招き入れるのはリスクあり。ストレスはエイプは37%にまで上がり他にエリーも47%と高くなってたので一時的に高ストレス用スケジュールに組み入れて落ち着かせた。

ONI_244.jpg

原油吹き出し口から排出された原油残量が少なくなってたから暫く精油精製は停止していたけどまた溜まってきたので再開。液体パイプのレイヤーで流れを見てたらパイプ内に見慣れない紫色があって何だと思ったらリン?なんとリン鉱石が液体化したのか原油プール内に紛れ込んでしまってた…。リン鉱石の融点は243度。床に落ちてたリン鉱石が高温で溶けたんだろう。こうゆうこともあるから液体を貯める場所は掃除したほうがいい。雪氷間欠泉の場所ではちゃんと事前に掃除したのにこっちはうっかりしていた。う~ん、参った。液体フィルター使えばいいけど温度は250度近いから自ずと鋼鉄製になる。とりあえず配管掃除させておいた。何度も書いてるがほんと考えないといけないことが多すぎる。

ONI_245.jpg

最近は人手が足りなくなってきたこともあって13人目を人選していってるけど今回出てきたジーンは特性に屁こき虫・底なし胃袋・ヨボヨボな腕とネガティブ系が役満じゃないかw ただ腕力を除いて属性は全て+数値。でも興味は研究しかない。両極端な奴だw 縛りプレイ要員としてはある意味うってつけではありそうw

ONI_246.jpg

酸素供給システムの反エントロピー装置周辺に水素を満たしていたけど気圧が高くなりすぎてパイプ内で詰まってしまい酸素すらも送れなくなってた。なので一時的に扉を開けて水素を逃したがそれが悪手。水素がコロニーにまで充満してしまい複製人間たちの宿舎も水素だらけ。遂には寝てる際に度々起きてゼーハーしてる始末。キンキンに冷えてるし呼吸不可にもなるし酸素も不足してたりとこの辺はかなりグダグダ。ただ幸いストレス症状はこれまで一切なし。ストレス値が30%近くなった複製人間が出るとその都度マメにゆとりある専用スケジュールに組み入れたりしてるのですぐに落ち着いてくれる。多分マッサージ台もこれまで誰も使っていないはず。

ONI_247.jpg

真っ先に取り掛かって欲しい案件には準優先度ツールで優先度8にするけどそれでも中々作業をしてくれないことが多くなりそれだけコロニーが13人で回すには大きくなり過ぎたのか。面倒だが一旦全てのアイテムをデフォルトの5にしてそれから重要な順に6~9を割り振っていったら今までよりはずっとスムーズに動いてくれるようになった。ゲームの機能として全ての優先度をデフォルトに初期化するってのがあったらいいな。

失禁祭り!先ほどの準優先度で浄水機の優先度を5のままにしてしまい他の優先度に負けてろ過媒体となる砂が送り届けられてなかった。こうなると水洗トイレに真水が送られないわけで。各所でお漏らしされちゃったけど幸い真水に混入されるとか痛手にはならずすぐに収束。

ONI_248.jpg

蒸気間欠泉が休眠期へ入ってたが次の活動期まで32サイクル、十分もつぐらいの水位。さらに活動され水位が増えると溢れる危険があったのでプールの拡張工事。ただ付近にある汚染水噴出口がいつの間にかまた活動し始めていてこちらも周囲の水かさが危険水位。慌てて空いてる場所を壁で塞いで流れ込まないようにした。この食中毒菌まみれの汚染水、EXOスーツ用酸素供給源以外になにか使いみちはないものか。将来的に液体ヒーターによる殺菌システムをこちらにも作って真水にして使おうとは思う。

コロニー内は相変わらず水素が充満してたり厩舎内は二酸化炭素が殆どを占めていたりコロニー内の酸素がイエローゾーン。一番北にある反エントロピー装置を利用した酸素供給システムを急ぎ構築。そうして316サイクル目でやっと酸素供給開始。今回は今までみたいな反エントロピー装置に電解装置システムを横付けさせず離れた位置で電解装置システムを作りその酸素と水素を反エントロピー装置がある密閉した冷却室に送り気体もろとも冷却。そこからポンプで冷たい酸素だけをコロニーに送るってわけ。大体-16℃ぐらいの冷たい酸素となっていてこれなら効果てきめん。これで冷水汚染水による冷却と合わせて酸素不足&温暖化問題はひとまず解決。酷いときにはコロニー半分を覆っていた水素も上のほうに抜けてくれてまた青い酸素カラーが戻ってくれた。後ほど冷却室の気圧が高くなり過ぎたのでポンプをもう1台追加してさらなる酸素供給体制を整えた。

ONI_249m.jpg ONI_250m.jpg

冷水汚染水はひとまずコロニー中央にある天然ガス発電機下の汚染水タンクに入れてるが水温12℃とこのまま遊ばせとくのも勿体無いので下にある酸素供給システム、更に下にある石油発電機、天然ガス発電機周りの冷却として使っていく。

精製装置やポリマープレスでの輸送システムも稼働。錬成金属やプラスチックを自動的にコンベアでコロニー中央付近に運んでくれてこれで建設の際の時間のロスが大分省けた。輸送時は大体35℃ぐらいなので問題はないが収納する格納庫周辺にはウィーズオート&熱交換パネルで対策をしておいた。ちなみに稼働時の精油装置は冷水汚染水による冷却で39℃、同じように製錬装置は23℃、ポリマープレスは44℃になった。このぐらいなら問題なさそうだ。

ONI_251.jpg

石油発電機などを輻射パイプで冷却させてる汚染水は大体35度ぐらい。そのまま汚染水池に落とさずピンチャーペッパーの水耕栽培として利用。とりあえず10個栽培を始めた。

プラスチックが10tぐらい貯まってきたので快適ベッドに順次更新。16x4の64マス宿舎部屋が4室あって快適ベッドはそれぞれ3つずつ設置。今は13人だから宿舎区画からひとりあぶれる。それなら大いびき特性のナイルズを…って大いびき範囲7マスに快適ベッドと植木鉢が収まってるから離す必要はなかった。部屋への装飾アイテムはサイドにハッタリいばら、上にモールと絵画という構成にしたけど絵画に何も描いてなくても既に合計装飾値が最大+120。もちろん描き終わっても+120のままで意味がない。ま、簡易ベッドの部屋は+110だったのだから+10だけ意味はあった。QoLから最大装飾値に制限が掛かったけどもう少し最大値を上げてくれてもいいんだが。

ONI_252.jpg

ふとハッチ厩舎に目をやるとなんとただのハッチもいしころハッチも1匹ずつしかいない…。サイクル的に寿命とは思えない。餌の堆積岩は十分ある。世話をしていなかった?でもお手入れ端末の優先度は7にしてあるから誰も牧夫が世話していないこともないはず。最後にハッチを見たときは過密・不機嫌ステータスが出てたけどそのストレスで死んだとか?肉が出るはずだが生憎BBQも作らせてるから分からない。ま、今は石炭が87tぐらいあるし既に石炭発電機はずっと稼働させていないし製錬石炭やセラミックの素材として使うにも十分の量。まだ採掘していない石炭も大量にあるだろうからもう飼育は辞めてもいいかなとは思うがひょっとっていうこともありうるから残り2匹のいしころ&ただのハッチと今3つあるいしころハッチの卵を育てていこう、と思ってた矢先。そのあとすぐただの最後のいしころハッチが死んでしまってた。

350~400

が、悲しんでる余裕もなく食料が80万カロリーを切ってしまい大ピンチ!慌ててグリルをもうひとつ作ってダブル調理体制にした。以前から「冷蔵されていない食料」というアラートが出てたけど前マップでも大体このぐらいの時期から出ていた記憶。単に冷蔵庫を作っても電源通してないから機能してないよっていう注意なだけかと思ってスルーしてたんだけど食料保管庫を見るとその料理も「傷んでる」だらけ。当然腐ったものが保管庫の周囲に散らばってる始末。もしかして二酸化炭素層に置いても時間経過で腐る?それか僅かに酸素に触れていて痛みを加速させてるんだろうか。とにかく急いで対策。酸素層に一番近い冷蔵庫を撤去して下層にある食料保管庫へ移動。ダストキャップも追加で栽培開始。汚染酸素も僅かに漂ってたので脱臭。ヘドロを使うダストキャップと食料保管を一緒くたにするのはマズいのかな。

ONI_253.jpg

水耕栽培してることもありピンチャーペッパーが豊富になってきたので今後の士気も考えて長らく作らせていたフロストバンズからペッパーブレッドへ切り替え。スリートウィートは足りてないのでコロニー周囲の探索を進めてフリー食料を確保させていく。マップ見る限り動線さえ確保すればスリートウィートなどのフリー食料がまだまだ十分ある。その際に西の端っこに3つ目の神経シャッフルマシン、その北側に4つ目の神経シャッフルマシンを発見。それはいいけど遂にカロリーが43万になってしまいここ数サイクルは他のプロジェクトに手がつかず気が気じゃない。万単位カロリーなんか13人に掛かれば数サイクルで溶けてしまうから焦る。初めて全滅という文字が脳裏に浮かんできた。

とはいえ鉄火山が休眠期へ移行してたのでこの機会に抜本的な工事。高温の他に水蒸気のせいで付近が水浸しになる問題もあったが冷静に考えてここも液体パーティションで出入りさせるべきだった。上にある酸素供給セットもEXOドック用の食中毒菌込みの酸素は停止。蒸気間欠泉からの無菌水を酸素供給に使いEXOドック&コロニー内への酸素供給に使う。幸い反エントロピー装置込みで冷却が進んでくれて大体24℃の酸素を送れるようになった。電解装置やポンプ類を撤去した空いたスペースにさらに断熱タイルを敷いて鉄火山経由で熱が伝わってこないようにも。火山内には汚染水を貯めて一定水位になったら停止、温度センサーで一定温度に冷えたら掃除機に鉄を回収させるようにもした。あと汚染水が砂になってしまう問題は自動鉱夫で対処。そのあと活動期に入り2500℃にも達する超高温の鉄を排出。冷えるまで大分掛かるから次の休眠期じゃないと動かないな。ま、鉄は製錬装置でも作ってるから問題なし。

雪氷間欠泉のほうの火山は無情にも休眠期へ。次の活動まで62サイクルもあるから冷水汚染水による冷却が出来なくなってしまった。ただこの冷却水を循環させたあとの12℃ぐらいの汚染水が豊富にあるからこれを使う。休眠期はそれまで排出した汚染水で逆循環させる配管にしたほうがよさそうだ。

残りカロリーは61万程度で綱渡り状態。急ぎブリッスルベリーの水耕栽培を開始するための工事。当初は飼育してるシャインバグを光源として利用しようと思ったけど光源としては確実性がない。特に今は食糧難なので満遍なく育って欲しいのでやっぱり例の天井ライトを頂点とした傘タイプの水耕栽培構造にした。ヘドロバイオームを切り崩したので腐肺病と熱が厄介だったが脱臭機とウィーズオートと時間が解決。一応輻射パイプを周囲に張り巡らせ汚染水も流して冷却を加速させる。数サイクル後に無事収穫。そうしてベリーの香草焼きが8万カロリーに貯まり339サイクルから続いた食糧危機は377サイクル目で100万カロリーに戻ったところで無事脱出。

ONI_254.jpg

誰も使わないマッサージ台2つを撤去してシャワーを2つ追加で設置。早速4人同時に利用してくれてやはり3つではシャワーにありつけなかった複製人間がいたみたいだ。時間割シフト的には4つで十分だったかな。

ONI_255.jpg

ミープのポーズに笑うw

383サイクル目に宇宙バイオームの具合を見たが以前のマップではアビサライト層が隕石に削られてしまってたのに今回はアビサライトが無事などころか表土すら削られていない。もしかしてQoLから隕石により削られなくなった?(Regolith Meteors once again drop enough Regolith to blanket the surface in a protective layer and prevent destruction of the surface. The deeper the layer, the less Regolith meteors will deposit, up to about 8 tiles.)。隕石が表層の破壊を防ぐのに十分な堆積岩を撒き散らすようになってるようだ。確かにブラックアウトしてる付近から隕石が衝突してる音がしてる。これでもう隕石がコロニーを殺しに掛かるタイムリミットはなくなったということか。安堵したと同時にちょっと緊張感が薄れてしまったかな。厳しくなるけどやはり以前の仕様のほうがよかったかも。

ONI_256.jpg

蒸気間欠泉が再び活動開始。二酸化炭素がコロニー下部に貯まってきたのでこのマップ初炭素スキマー始動。メインの水タンクとして使ってる例の食中毒菌入り汚染水池の残量が少なくなってきたので代わりとして汚染水噴出口がある池を利用していく。というか溢れ返っていて一応下部は断熱壁で二重にしてるとはいえ早いとこ水かさを減らさないと水圧が怖い。こちらも食中毒菌まみれなので例の液体ヒーターを利用した減菌システムを作る。今回は以前のよりシンプルにスマートに作れた。ポンプで食中毒菌汚染水を減菌プールへ送り、液体ヒーターで加熱して78℃以上になったらプール内ポンプ作動&液体ヒーター停止、液体用病原菌センサーで0gemsなら液体遮断器を通過、1gemsでもあると再びプールに排出されていく、水位が一定に達したら食中毒菌池からの排出をカット。無菌汚染水は浄水機に送られて40℃の真水へ。そのまますぐ横にある反エントロピー装置で冷却。ただ輻射パイプを使いすぎて凍結ダメージ。半分以下に抑えたら大体17℃ぐらいの冷水になってくれて万々歳。と、まぁここまでで紆余曲折あった。というのも食中毒菌汚染水が溢れてしまい下の蒸気間欠泉の水に入り込みそうだったので急遽壁でせき止めたりポンプで排出しないといけなかったりもした。何せ1,286,829gemsという量の菌まみれだから気を遣う。

ONI_257m.jpg ONI_258m.jpg

左)下が殺菌システム、上には鉄火山、右上に殺菌した汚染水を送る浄水機、さらに画面上に反エントロピー装置。

食中毒菌汚染水池の空間を広げないとまずいので鉱夫ロボットで周囲を掘削させた。隕石が衝突したあとの表土破壊以外で初めてこうゆう正規の?使い方をしたよ。

ONI_259.jpg

下に見えるのが蒸気間欠泉。後ほど底だけでなく横の断熱壁も二重化して水圧に備える。

精油装置は温度センサーで60℃越えたら動かないようにしてるけどずっと60℃越えしたまま。ウィーズオートをさらに追加で植えたいがウィーズオートの種は確保してあるのに植えられない。何故なのか。EXOスーツ使用ゾーンでは植えられないってこともないよね。

食料は135万カロリーにまで増加したが気を抜くとこの前みたいにすぐ減少に転じてしまうので先ほど冷えた水が十分確保出来たこともあって2つ目のブリッスルベリー水耕栽培施設を作った。前マップの経験からこれでもう大丈夫なはず。周囲に邪魔なパフが浮遊してるけどこいつらって汚染酸素を食べてヘドロを排出するから現状は用がない。確かにヘドロは緑藻とダストキャップで使うけどいずれ消費は減っていく。でも何か使いみちあるかな。ま、今は飼育に割く人員がいない。14人目を迎え入れてもいいけどやはり食料が怖い。

ONI_260.jpg

宿舎には装飾としてキャンパスを飾ることにしてるけど何故か優先度8にしてあるのに誰も描いてくれない。芸術家はいるのにだ。もしかしてQoLから創設されたMaster Artistじゃないと駄目?いや以前へたくそな絵は描いてくれたからそんなこともないはず。優先度9にしたらいいかもだけどそれもちょっと違うだろう。あくまでも9は緊急時に使いたい。他にQoLで追加されたMarble Blockも優先度8にしてるのに誰も彫らない。とりあえずは芸術に属性がある複製人間は優先して芸術家コースに行かせてる。ただMaster Artistに就かせるにはTire6になるからまだ厳しいか。Tire5までは殆どの複製人間は経験させて大体みんな合計士気が30近くなっていて多分大丈夫とは思うが。

ONI_261.jpg

さてここまで400サイクルの全マップはこのようになった。右上にあるように今回やたら寒冷バイオームが占める割合が高いような気がする。ま、これまで半分以上マップを開示させたプレイは数回しかないから一概に言えないが。あと気になるといえば金アマルガムが以前より少なくなってる気がする。その代わり火成岩が多い気も。次の100サイクルではようやく宇宙に足を伸ばし天体望遠鏡稼働、蒸気ロケットの建造、オキシライト製造、残り4分の1ぐらい残ったマップの開示、マップ東の寒冷バイオーム中央にあるニュートロアミン反応の探索、スリックスター飼育、などをやっていきたいね。

ONI_262m.jpg ONI_263m.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks