今さらながらようやく購入。

sen4_0000.jpg

アップデートは1.03となり容量264.6MB。というかPS4は去年の4月から起動させてなかったんだな。それだけ据え置きから離れてPCゲームを楽しんでいたってこと。あまりに久々過ぎてメニュー画面の操作も覚束ない始末w

前回閃IIIのときみたいにがっつりとやれない事情もあるし正直そこまでモチベも高くない。Oxygen Not Includedもまだ引き続きやっていくつもり。というか最早どんな展開だったか忘れてるしw 自分のブログ記事見返せばいいんだけど長文過ぎてすぐブラウザバックしちゃったよw ただ音楽だけは関心が高いのでストーリーより音楽中心に緩くまったりとやっていこうかな。ま、もう発売から大分経ってるし急いでプレイする必要もない。幸いここまで一切ネタバレは踏んでいない。曲というネタバレは踏んでるけどねw

音楽に関しては以下の記事もご参考に。

さて、タイトル画面を彩る曲は『縁 -つなぐもの-』だった。サントラ中盤にあるからイベント曲かと思ってたな。サントラ聴いたときから静謐ながらも優しさを感じさせられて好きな曲。前作タイトル曲『スタートライン』のような威勢はないけどこの静かな曲調は曲名通りそういった展開の予感を感じさせてくれて味わい深い。地味ながらも『スタートライン』同様に隠れた名曲だな。

sen4_0006.jpg

今回もありがたいが読むのが面倒くさいプレストーリーもあってここでの曲は閃III最後のあのシーンで使われたのが印象に深く残る『今、成すべきこと』。IIIの項目に移るとやはりIII『スタートライン』が流れ、IIだと『ただひたすらに、前へ』、Iだと『特科クラス《VII組》』とそれぞれの作品のテーマ曲となってた。こうゆう変化を付ける配慮は嬉しいね。

暫く待つとOPアニメが流れてきたが…。え~と…本来OPっていうのはある意味作品の顔なので気合い入れて作るものだが…。作監修正入れず原画そのまま流してるかのようだ。でもまぁサビ部分のアクションは悪くない。これはあれかな。メインで作画やられてる人の絵の癖かな。でもそれならこんなに癖が強い人を起用しなくてもとは思う。というかファルコム側がよくこれでOKしたなと思うがリテイクしたくてもアニメってのは相当時間が掛かるからそれだけスケジュールに余裕なかったってことなんだろう。ま、アニメなら致命的だがこれはゲーム。ゲームさえ楽しめればいい。

sen4_0003.jpg

難易度は一瞬今回のプレイ方針からEASY選ぼうかなと迷ったが結局いつもどおりNORMALにした。IIIの連動特典を受け取りクリアデータを反映。LV特典・名門特典・S特典はありがたい。

あれからのシーンはアルスターから。ここで流れてるのはIV新曲『昏冥の中で』。陰鬱な曲だけど地味に好きなんだよね。特にフルートが入ってからの侘しい雰囲気が堪らない。これも隠れた名曲になるであろう。久々にファルコムの作る街並みを見たけど相変わらずいい感じで心地いい。シーンはオルディスへ変わりここでは閃IIIから不穏系曲『急転直下』。当たり前だが前作からの流用もたくさんある。やはりアルスター同様オルディスの紺碧色の街並みも美しい。ファルコムの3Dって評判はどうなのか知らないが自分は好きだな。シャーロット…そういえば男の子とそうゆうイベントもあったな。他にも見た記憶がある顔がちらほら。引き続き徴兵に揺れる展開だがリーブスでは閃III『打ち砕かれた心』。この曲は心に深く突き刺さる。CVこっこちゃんのジンゴもいたなぁ。ふともも辺りがセクシー。マカロフとあの先生はIIIでは出てなかったから3D化は初かな。シャーリィが本校制服に身を包み何をしでかすのか。

sen4_0007m.jpg sen4_0008m.jpg

ヘイムダルはIII『暗雲』が流れ風雲急を告げる。ブリジットと爆ぜるアラン好き。お、IIIでは出なかったあいつも出てきた。というかCVかっきーっぽい。個人的に福島潤さん(山じゃないほう)の脳内声だった。マキアスラブのパティリーもいたなぁ。ヴァンダイク元帥が出てからはIV『最悪の最善手』。イントロの低弦による荘厳な響きが特に印象的。意外と耳に残る曲。おっと、飛空艇と元帥がドンっと机を叩いたところで初ヴァイブレーション。セドリックが厨二的作戦名発表したところでまさかのFCから参戦シェラ。とはいえ実はYouTubeであった電撃オンラインの放送で知ってた。デカい。何がとは言わんが。デカいといえば共和国側からジンも出てきたり?不動の異名だけにほんとに不動だったりw

sen4_0009.jpg

クロスベルに切り替わっても引き続き『暗雲』。広場でいつもダベってるあの二人組リナリー・プルーナって女の子もいたなぁ。コッペとミミは記憶にあり。中々にロリロリしい。ユウナのママさん美人。妹もピンク髪とツインテが映えて可愛い。ヘイワース夫妻は初3D化だっけ。イメルダ夫人は立体的になっても太ましさは相変わらず。ぺったんな娘シェリはいい感じに可愛くなってる。あの記者さんは地味に零・碧勢から3D化が一番早かった記憶。例のごとく例の場所でヨナが出てきたがしかしあいつはティオにシェラに地味にハーレムだな。というかヨナってこんなキリッとした顔立ちだったっけ。

sen4_0010m.jpg sen4_0011m.jpg

ようやくシェラの顔が出てからIII『託されたもの』という密かにIIIでもトップクラスの隠れた名曲きた。ここの映像も電撃オンラインの動画で見たな。ちなみにそこまでがっつりとは事前動画を見ていないからこれ以降は何も知らない状態。しかしてっきりシェラは実は王子が生きてるってのを知ってるのかと思ったがそうでもなかった。ま、さすがに本当に死んでるわけはないんだろう。ここのシェラは物憂い表情が実にいい。

sen4_0012.jpg

ここでやっとサブタイ。ここまで長い長い陰鬱なシーンが続いたからちょっとひといき。しかしあれだな。完全に続きものだから1年以上ブランクがあるとついていくのが大変。理想を言うと閃の軌跡からIIIまで続けてプレイしてからIVをプレイしたほうが話の理解も感情移入しやすいんだがさすがに今からリマスタされたIとIIを買ってまたプレイしてたら時間がいくらあっても足りない。

というわけで上でも書いたとおり今後ものんびりプレイしていこうかな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks