今回は天然ガス発電構築がメイン。ただ案の定中々上手く行かず四苦八苦。まだまだ分かってないことや学ぶことが多すぎて悩ましい。でも楽しい。

ONI_469t_20190226183137f8b.jpg

200~300サイクル

さて300サイクルまでここまで進んだ。酸素供給システムが一部覗いてるがまだ骨組みだけ。次回本格的に稼働させるつもり。

ONI_458.jpg

まずは天然ガス発電。前回超加圧方式で天然ガスを圧縮貯蔵していったが今はひとマスに389kg貯まってくれてる。天然ガス発電機をどこに置くかで散々迷ったが調理施設の下に作ることに。天然ガス発電機をとりあえず合計8機設置。それぞれの発電機に天然ガスが等分に行き渡るように配管をブリッジで工夫。配電は発電機のサイドに各発電施設と自動化ケーブルで結びつけるスマートバッテリー、さらにそのサイドには変圧器と自動化ケーブルで結びつけるスマートバッテリーを置いた。発電機の省エネ化は言わずもがなだが変圧器もスマートバッテリーを使うと余計な熱を出さずに済む。後者は最近海外ONI勢動画で知ったテク。

ONI_459.jpg ONI_460m.jpg

いざ圧縮貯蔵庫の気圧計をオンにすると意図した通りの等分した気体の流れになって安堵。天然ガスはパイプ内で詰まる状態になるがその場合溢れた分はまた天然ガス貯蔵庫へ戻るようにもした。ブリッジ万能説。

ただ電力設備がホットバイオーム内に密集すると熱が問題になるが天然ガス発電機からの汚染水を液体クーラーで冷やしてその冷水汚染水を天然ガス発電機がある一番上のフロアに流し込む作戦を取った。網タイルをあみだくじ状に敷いてあるから上から下のフロアへと冷水汚染水が落ちていくわけ。

まず近場のアイスバイオームから冷水汚染水を汲み上げ液体クーラーを設置するポケットに入れさらに天然ガス発電機が置いてあるところにも流し込んで冷水汚染水の足しに。それからブリッジと温度センサーと遮断器を組み合わせたループ構造を作って液体クーラー内で規定温度に冷えたら上層フロアへ流し込ませる。その際に断熱パイプではなくただのパイプをバッテリーバンクセクションにグルグルと巡らせてついでに冷却。精錬金属を使う輻射パイプを使わなくてもこれで十分。このやり方で温度オーバーレイ上では大体グリーンかブルー色になってる。天然ガス発電機自体も3℃ぐらい。動き始めてもすぐにバッテリーが貯まるので温度が上がることはそうない。

ONI_461m.jpg ONI_461m1.jpg

これで合計6400Wの電力生産となりいずれ最低でも4台の天然ガス発電機を増設するので計9600Wもの大電力を手に入れることになる。天然ガスは十分貯蔵出来てるし間欠泉も2つあり今後電力には悩まされることはないはず。敢えて水素発電に手を出す必要もないだろう。水素は将来的に大量に必要になるからなるべくストックしていきたいしね。ただ石油精製は金属精錬の際の冷却オイルの熱交換対象としてやらないといけないから付随的に石油発電もやることになる。そういった設備もこの冷却システム上に組み入れるのでこの先も電力設備の熱問題は大丈夫そうだ。

一体化調理施設には前回書いた無限スタックシステムを作ったがコンベア受けとなる3つのレセプターを作ってスタックしてある3種類の食材、肉とピンチャーペッパーとスリートウィート粒穀をグリルまで運ばせるようにした。ちなみに調理した料理は二酸化炭素層に浸かったグリルの元にそのまま直置き。だから冷蔵庫もいらない。あるのは掃除用の冷蔵庫1台のみ。この位置に食事が置かれてると複製人間は酸素がある場所から料理を取れるので息を止める必要もない。ま、調理人はずっと息止めていないといけないがw 将来的には作った料理を上の階層にある食堂へ運ぶシステムを作りたいが果たして手動操作可にしたレセプタからちゃんと受け取ってくれるものかどうか。

ONI_462.jpg

今回見つけた間欠泉はオイルバイオーム内のオイルリザーバーだけ。これで間欠泉数は合計10。あと最低でも1つはあるはずだがこの分だとオイルバイオーム下にあることになり、そうなるとやはりオイルリザーバーか。これ以降探るとなるとさすがにEVOスーツ要装着となる。他のオイルバイオーム見てみると大量の汚染水が原油に混じり込んでる地帯があって頭が痛い。人為的にしでかしたならともかく初期でこうゆう状態になってるのはやめてくれないかな。そのオイルバイオーム上で飼育してるスリックスターは今は6匹。バンヒが主に飼育係だが高温&二酸化炭素地帯なので度々アラートになってしまうがEVOスーツを用意するまでの辛抱だ。

ONI_463.jpg

というわけでいまだEVOスーツ無しのノーガード戦法取っているので必然的に腐肺病を患い免疫力が低下。遂にアシュカンの免疫力が0になり死が刻々と迫るがちゃんと医療ベッドで寝させて看病優先度も上げておけばいずれ治る。他の複製人間たちもポツポツと免疫力が下がったりするも医療ベッドに寝させたり一時的にニートにさせるなどの対処で収まってくれる。きちんと対処さえすれば腐肺病もそこまで恐れるものでもなし。投薬カプセルとはなんだったのか。前回マップでの過敏な対応はどうかしてたな。

プリンターポッドで遂にパクーがやってきた。一気に8匹も。実はこれを見越してプリンターポッド下のタイルを機械式エアロックに換装済み。さらにその下には水を貯めるタンクも設置してた。ポッドから出てきたら気圧計をポチッと押してエアロックを開きそのまま水槽へご案内。4x2マスに8匹もいるから過密・不機嫌状態となるも死ぬ間際に卵を産み落とすからこれ以降永久にパクーは居続けることになるはず。恐らくは。Shove Voleも世代を重ねていまだ健在だからパクーもそうなるだろう。ガラスのタイルで水槽をあつらえたのでコロニーの真ん中にいわゆる水槽というかたちで娯楽施設が出来たようなものだ。これらの装飾値で士気上げにもなるし死ぬ際に肉にもなるし卵の殻も出てくるしいい事尽くし。数サイクル後第1世代パクーが死ぬも目論見通り卵を産んでくれてるのですぐにちっこい幼生パクーがパタパタと泳いでいた。さらにハッチの卵もプリンターポッドでやって来たがこれはそのまま下へ落として生まれて即溺死コース。この水槽システムはMk2アップデートには中々向いてていい感じだ。

ONI_464.jpg

他に飼育案件としてはようやくたたのドレッコがつやつやドレッコの卵を産んでくれて安堵。あとはそれに合わせた厩舎をこしらえたいがまたあとだ。

アイスバイオーム内にある鉄火山の開拓。とりあえずウィーズオート植えて熱交換パネルや断熱タイルを敷いて上部から水が溶けて入り込まないように工事。幸い休眠期なのでアシュカンに分析。活動期間は81.4サイクルとあり宇宙バイオームに出るまでいい感じに鉄の供給をしてくれそうだ。そうして活動期になると予想通り液化した鉄を排出し硬化。1000℃近いから中々冷却が進まず。火山左の断熱タイルは普通のタイルにしたほうが冷却が早かったかな。Metal Blockをその鉄で作って熱を消滅させる策もあるにはあるがひとまずは正攻法。200℃以下ぐらいになったら同じアイスバイオーム内にある格納庫へ掃除。以降その繰り返し。原始的な方法だが当面はこれで凌ごう。しかし金属火山がひとつでもあるとぐっと攻略がしやすくなるな。ほんとありがたい。前々マップでは火山はひとつもなかったから精錬金属が揃わず苦労した。

ONI_465.jpg

久々の失禁祭り。実はこれまでも2回ぐらいお漏らしがあったがそれはうっかり帰る動線を塞いでしまいその場で漏らししただけ。今回の原因は運悪く3つあるトイレ全てが汲み取り待ち状態になってしまったのが原因。これまでは大丈夫だろうと過信してたがこうゆう事態も起こり得るとなると予定より早く水洗化工事へ踏み切らないといけなくなった。

水洗の水源は以前から作ってあった超加圧方式で貯めてある温水。既にひとマス12tぐらい貯まってある。最初は普通に火成岩断熱パイプで配管していったがやはり80℃近い水温だからか温度オーバーレイで見るとパイプ周りが高温化しているような。温暖化の観点からそのままだと不味そうなのでそれならばとセラミックの断熱パイプで換装していくことに。…と思ったら同じ断熱パイプだとシームレスに換装出来なかった。仕方なくパイプ掃除して解体してやり直し。これでOK。その流れでついでにシャワーも作った。両サイドに2つずつ合計4つ。これで我がコロニーも文明開化の音。排出される汚染水は蒸気噴出口を冷却する汚染水と合流させて高温で食中毒菌を殺菌し浄水器で真水にさせてそのまま超加圧タンクへ貯めていく。これで水回りも解決。

ONI_470_20190226165511adb.jpg

もうひとつの蒸気噴出口が休眠期に入ったのでアシュカンに分析指示。こちらも最初の蒸気噴出口同様に既に配管工事済み。あとは真空にして活動期を待てばいい。仮にひとつの噴出口が休眠期になってももうひとつの噴出口でタンクに貯めていけばいい。もしどちらも休眠期になったとしてもその間は膨大に貯まってあるタンクからの水があるから水回りは問題なし。また汚染水はバッファとして液体貯蔵庫を2つ作ってあるので溢れたとしても10t分はそこに貯まるから詰まることはないはず。

ONI_467.jpg

うっかり帰る動線がなくなってたアシュカンが真水のタンク上でお漏らし。昔ならあ~あ…って感じだが真水に混入した汚染水にモップ掛け指示。汚染水の量にもよるがこれで難なく真水から汚染水を取り除ける。

以前から小型気体ポンプで蒸気噴出口を囲ってある二重の断熱タイル内の気体を排出させてたが遂に真空になってこれで完全断熱完成。といっても周囲が高温化しているのでそんなに意味はないがいずれ高温が緩和していったら意味を持つはず。些細なことだが真空にした内部、左下にひとつだけ火成岩が落ちているのが気になる。多分掃除し忘れて壁を設置した際に向こうへ押し出されたんだろう。あとでまた壁を解体して真空化やり直すかも。

ONI_468.jpg

家具のWall Potってこれまで向きが固定かと思い込みそうなると使う場所が限られてしまうから使づらいなと思ってたが設置した壁に合わせてPotの向きも変わってくれてた。な~んだ。でも分かりづらいよねって思うのは自分だけか。

ONI_469_20190226165703814.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks