ツヴァイシリーズ、ザナネク、ぐるみん、閃IVの曲別推測に関してのFalcom Sound Team jdk Maniacs@Wikiだが再度ひと通り聴き直して更新。そして新たにイース・フェルガナの誓いのプレアレンジバージョンもこの推測Wikiに追加。

ys_fel_01.jpg

ツヴァイ、ツヴァイ2、空の軌跡未使用曲集、閃の軌跡IVはこの当時から予想に変化はなくより確信を深められ予想的中率は100%に近い。一方、ぐるみんとザナドゥネクストは新たに予想が変化。ぐるみんは「オバケな日々」「マイペースなオバケたち」、ザナネクは「The Eternal Maze」「Clover Ruins」「The Castle of Strange Rock」を変更。特にザナネクのこの3曲には以前から相当悩まされたが恐らくこれで間違いないはず。その辺の理由などはWikiに書いてあるのでご参考に。

そしてフェルガナの誓いのプレアレンジバージョンだがザナネク同様にマスタリングの所為なのか個々の響きを感じ取りづらく楽曲のクオリティもラフに近い可能性もあって判別が難しかったが大体はほぼ合っているのではないか。

ちなみにフェルガナの誓い製品版ではご存知の通りほぼ全曲(一曲だけ岡垣正志氏)が神藤由東大氏によるゴージャスなアレンジとなった。このプレアレンジは開発時のイメージとしてとりあえず作った的なものなのか、まだラフ状態でこれから完成を目指すつもりだったのか、それともこれが最終稿としての完成形なのかは分からない。アレンジを聴く限り神藤氏アレンジの元として作ったのではなく実際にゲーム上で流す曲として作っていたんだろう。フェルガナの誓いOSTのブックレットに神藤氏のコメントがあるが読み解くともしかして当初は「おひろめムービー」だけを作る予定だったがスタッフがそのクオリティに動かされたのか、はたまた内製で作ったアレンジがどうにもこうにもだったから改めて神藤氏にほぼ全曲のアレンジをお願いしたのかもしれない。

その辺は推測の域を出ないが所詮はプレアレンジだからと捨て置くにはもったいない良アレンジが多くてもっと評価されてもいいはず。特に「Be careful」「灼熱の死闘」「バレスタイン城」「破滅への鼓動」「これを見よ!!」「最強の敵」「Descendant of Genos」はエッジの効いたアグレッシブな格好良さがあって聴き応えある。特に「Descendant of Genos」のアレンジは出色のクオリティ。是非とも聴いて欲しい。緩徐系としては「旅立ちの朝」はリリカルな爽やかさがあって実に素敵。個人的にはこってり過ぎる神藤氏のアレンジよりストレートに曲の魅力が伝わってくるこちらのjdkアレンジのほうが聴きやすくて好きだ。ま、「時の封印」のアレンジだけは野暮ったくてちょっとどうかなと思ったがw もし神藤氏が関わらずこのプレアレンジが製品版として採用されてたらこれはこれでとして普通に受け入れられてたかもしれない。今でも人気のぐるみんの楽曲と並んであの当時だからこそのサウンドとして評価されていたかもしれない。あと上でも書いたようにマスタリングが悪くてどうしてもこじんまりとした印象を与えてしまう。自分も初聴きのときは冴えないサウンドだなと思ってしまったぐらい。もしぐるみんOSTみたいな音質に仕上がってたらと思うと少々残念ではある。

いずれにせよまた何度も聴きたくなる自分的お気に入りのファルコムOSTが増えたのは嬉しいことだ。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks