今回は恒例の絆イベントとサブクエ解決がメイン。

sen4_0181t.jpg

第II部:宿命の星たち

再び巡回へ

~巡回という既視感ある区切り名も出てきたが碧『天の車』に乗せて帰宅。メルカバ艦内もいずれ手狭になるらしくつまり今後新たな船が手に入るってことはOSTから既にご明察。一同の今後は先の工房で一瞬だけ霊視出来たトワ教官たちの行方を探ることに。相克とか色々あるけどまず先立つものは大切な人たちを取り戻す…絆で深く繋がり合ってるみんならしい友達の輪作戦のスタートだな。ひいてはそれが自分たちオリジナルの第三の道となる、っていう大方針は以前のシリーズでもあったような気がするがまぁいいか。

sen4_0171.jpg

そんな俺流にクロウもデュバリィも乗っかってくれたがクロウは案の定というかやはり中二病溢れんばかりの出で立ちへお色直し。デュバリィも着替えたが…そうか、以前4Gamerかどこかのメディアの公式SSでデュバリィが制服着ているように見えたのはこのシーンだったか。

sen4_0172.jpg

ここから毎度のフォーマット。今回の強制パーティインはアルティナ。他のメンツ選定だが早速クロウとデュバリィに入ってもらいあとまだLv91のアッシュとミュゼを入れておいた。経験値はパーティインしてなくても一律で入るかな?とりあえず試してみとこう。さらに恒例の導力ネット経由の依頼や絆イベントも追加。やれやれ何から何まで既視感バリバリだ。

ガイウスがいないときはロジーヌが艦長席に座りメルカバの指揮をするみたいでシスタールックとのミスマッチさも相まってロジーヌが凛々しく格好いい。こうゆうギャップがあるデキる女の子は大好き。アリサはエリィと知り合って以降頻繁に交流してるみたいでこちらも負けじと才女アピール。アッシュとリィンは以前からシャワーで鉢合わせることが多いみたいで束の間の男同士の裸の付き合いもあったとかないとか。ガイウスとマキアスはビール、ユーシスとクルトは紅茶を飲み合ういい仲。それぞれキャラ的に似たもの同士通じ合ってる。リィンが好むのはお茶かと思ったが珈琲党と中二に染まってるだけじゃない大人の色気も漂わせる。お店屋さん当番は今度はユウナ。なんでも言ってねっと薄い本アピールもしてくれた。

sen4_0173.jpg

強制絆

絆イベントだがアルティナのほうから誘ってんのよしてきたのでまずはアルティナ。アルティナはリィンの故郷ユミルの今の近況が写った画像を出してきた。とりあえずユミルとリィンのご両親の無事が知られただけでもアルティナと絆を深めた甲斐があったというもの。ここからIII『君に伝えたいこと』に乗せて改めてアルティナへのお礼。リィンが今真っ先に知りたいことではないけどでもひとつ胸のつかえが下りた。エリゼが健在なのは繋がりから分かってるし再会まであと一歩。アルティナも亡きミリアムの分までサポートがんばるぞいですと奮起。そのあと暗号でユミルの資料のアプデがあったみたいだがアルティナはこの法則性に見覚えがあると…なんらかの伏線っぽいか。

やはりIIIメンバーを贔屓してしまうので小型の魔導銃を手に入れて怪しいミュゼの動向を探ろう。オーレリア、クロチルダとコンタクトをしていたが『With Our Own Hands!!』が流れる中、ミュゼが頭の中で盤面を築いて将棋を指していた。なるほどこれがミュゼの何歩も先を見通す指し手の能力の一端ってわけか。セリフ噛んでしまわないかアフレコ大変そう。というかクロチルダは通話越しなのにリィンがそれを盗み見ていると気付くとかさすがに怖すぎだろう。ミュゼのこの能力は相当体力使うみたいでふらっと体勢崩れたところをすかさずリィンは抱っこ。ある意味これもミュゼの思惑通りだったり。とはいえそれだけミュゼが考えてる千の陽炎作戦とやらはキツいみたいで今後も少々危うい。

sen4_0174.jpg

次は訓練という意味深な言葉で誘ってんのよしてきたフィー。というか!アイコンにハートマークが付いてるんだけどなんだこれ。ふたりはエリンの森に降り立ったが訓練とはリィンの鬼化を果たしてフィー自慢のスピードで止められるかどうかの実証テスト。って、マジで戦闘になるとは。でもリィン操作なら…と思ったら今回はフィー操作。BOゼファーウイング駆使していくがさすがに鬼化したリィンには単身ではかなわんよ。でもこうしてリィンの面倒見てあげられるほどあの頃から成長したフィー。これもみんなとの縁のお陰だし団長たちのお陰でもある。成長するに連れてかつての教えが生きてきている。ほんとフィーも仲間に恵まれたし切磋琢磨出来るいい環境にも恵まれた。

そして『想いひとつに』に乗せてまさかのフィーからリィンへの告白。先のハートマークはこの意味か。フィー自身の中にいつの間にか家族以上の恋心がリィンに対し芽生えていたようだ。だからアリサに負けたくないから自分も鬼化したリィンを受け止められるぞというアピールでもあったようだ。リィンはそんなフィーにまたポンッと頭を撫でてあげようとするも自重。鈍感主人公が空気読んだけど今回に限っては鈍感主人公のままだったほうがよかった。女心は難しい。でもこのシーンが終わる最後にリィンはフィーの頭を撫でてあげようとしていてさらにいい雰囲気になっているであろう。そうなるとこんな人気のいない静かなところで何も起こらないわけがなく…。最後のテキストがそれを匂わせてるとしか思えない自分のある意味ピュアな心。

sen4_0175.jpg

sen4_0176m.jpg sen4_0177m.jpg

パルム

ローディング時の右下の絵がメルカバの絵になっているのが芸が細かい。こうゆうさり気ない変化は嬉しいね。タチアナは細身の身体にしては結構食べるみたいでそうゆう女の子は好き。カイリはセントアークからパブロと入れ替わるようにこちらに来たみたいで気弱な彼も立派に成すべきことをしていた。こうゆうのを見ると自分ならこの状況で一体何が出来るだろうと思わずにいられないな。ここにアントンがいたがみんなに想い人がシャロンだと判明。ファルコムはやたらアントンが好きだから今後何らかのかたちでどうなるかのフォローが入るんだろう。

依頼主の元締め宅へ。労われたが生徒の監視の目が光っているという話になり完全に方位されてるリィンはグウの音も出ず。依頼は徴兵され残された家族を助ける募金があるがどうも怪しいというわけでいわゆる募金詐欺の可能性。パルムで巻き上げた品を回収したトラックを追うと案の定魔獣に囲まれてたので軽く蹴散らすと…こんなところでIIIのオルディスで面倒掛けられたクライシストのワッズとかいう営業部長が出てきやがった。また懲りない奴だ。この展開だともしやと思ったらそのもしやで都合よくヒューゴが出てきて助太刀。ただワッズは悪怯れることなく調子に乗りっぱなしでこれも呪いだろう。ヒューゴは以前のラクウェルのときもそうだったが一応人の心は失っていないようだしベッキーについても一言触れてくれたのは嬉しかった。なんだかんだでやはり同じ仲間ってことなのかな。

この件が終わるとロジーヌから行方不明のトールズ関係者の情報。まずオルディスにVIP級のトールズ関係者が軟禁されてるとのことで介入することとなった。この介入展開も以前にあったような。それはともかくロジーヌに話しかけるときの上目遣いの表情が実にいい。

sen4_0181.jpg

羊たちの混乱

手配魔獣は見た目だけであぁ…と思わず溜息が出る恒例のヒツジン系。ミュゼでフィールドアタックしてると撃つたびに揃ってのけぞるからちょっと面白い。お出ましはモモイロヒツジンとモモイロヒツジンズ。最初単体がこれだけわらわら湧いてるのかと思ったら”ズ”のほうでひとまとめになってるんだな。こいつらは挑発と混乱と睡眠とボコ殴りが厄介。ミュゼのサフィールレインで事なきを得てようやく倒したと思ったら第二陣だと…。どうにか倒したらさらに…えぇ…。これは分が悪すぎる。出直して今回は全員グリーンペンデュラム装備。アダマンシールド、クロックドライブ、シャイニングで徹底してガード戦法。。こうなると奴らは挑発ぐらいしかこちらに害をなさない。無理にクラフトやBO使わずとも炎、時、草系のアーツだけで駆逐していけた。結局4連戦か5連戦ぐらいだったか。混乱と睡眠の対策さえ済ませてアーツで強化していけばあとはただの的だったな。

sen4_0178.jpg

追加のアテ

そういえば絆ポイントが1つ追加で貰えてるのでそうだな、やはりレディファーストというわけでデュバリィと稽古しよう。とはいえ意味深にはならずマジもののガチ稽古。仲間ではないからこその本気。その本気を真摯にリィンは受け止めてあげ実りある稽古となった。伊達に筆頭を名乗っているわけじゃなく結社ではマスターはおろかあの剣帝にも稽古付けてもらってたとはオチ担当とはいえ意外とデキる。力なき正義は空しいだけ。そのためにデュバリィは強くなり正義を今黄昏に加担しているマスターに問いただそうとしているようだ。そんな殊勝なデュバリィをリィンは予想通りたらしこめるが今回デュバリィはほの字にならず真面目なまま。それだけ茶化したくないほど己の信念が本気ということだし自分たちVII組を信用してくれている証だな。

sen4_0179.jpg

食探し

帝国時報カメラマンのレックスとアルスターで出会った盲目記者ニールセン。ニールセンは怪しかったがこの様子だと実は…ってことはなさそうかな。依頼は食材商人として人生は終わったらしいオーヴィッドって汎用モブおっさんからの”ふん”を見つける捜し物クエスト。やれやれまたパルム間道往来か。アグリア旧道はIVではお初。ついフィールドアタックで倒してしまってたがよくよく考えたらアナライズしていなかった。ま、逐一戦ったほうが少なくなってきたUマテリアルもゲット出来ていい。目的地に近づくとゲテモノ好きフレディが魔獣に襲われていていつもの流れか…と思ったら。これも得た肉を新鮮なうちに食するがための強さというわけか。このあとは自動でタイタス門へ、ってお~いまだ旧道探索途中。

再びアグリア旧道を探索していくと龍霊窟ってのを発見。ここも普通にダンジョンでこれまた探索が面倒そうかと思ったが魔獣は雑魚だし特に長くもなくいいUマテリアル稼ぎになった。最奥はもぬけの殻。今作では意味はない場所なのかそれともこの先意味を帯びてくるのか。

忘れるとこだった試練の箱。リィン&ユウナが挑むのはアルケニー・ジグマ。この手の巨大蜘蛛系は状態異常が厄介だが4分程度で料理。リィン&クルト組、リィン&クロウ組も余裕の勝利。クロウがユウナに続いてモードチェンジキャラ化してたがモードの効果自体ユウナと同様。もう少しヴァリエーションが欲しいとこだが。

ブリタニア島も再探索。以前ここにあの釣り人がいるとかいう会話があったような記憶があるけどひと通りまわったけど誰もいないしマップにイベントマークもなく。気のせいだったか。ちなみに魔焔兵レグス=ザミエルとかいうデカブツがいたが現状無理だ。1時間近い戦闘させられたがさすがに折れた。終盤になってもまだこいつと再戦出来ると信じよう。

エリンの里

魔女ニーナ弟のアルビレオがペンデュラム使って外の世界に行きたがってるみたいでこれは今後のサブクエ伏線か。ロゼはニーナ、シギュン、ノアとカンケリ、じゃなくてこれも魔法の教え方のひとつ。確かに座学よりはあの年頃の子たちは楽しんで学べるだろうな。温泉はクロウ・デュバリィがパーティインしていると思わぬ混浴。デュバリィもこうして見ると脱いだら結構すごい。デュバリィたち鉄機隊は帝国以外の各地の温泉地巡りもしていたみたいで意外と呑気してた。って、デュバリィは10分も経ってからリィンたちと混浴してたことに気付くとか神速改め神鈍に改名待ったなし。道連れに混浴させられ半ば諦め気味な顔のアルティナに笑う。ここで久々にアルティナの「不埒」頂きました。やはり今作では不埒ツッコミは少なめになるようだ。

sen4_0180.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks