雑記

今春アニメも大体ボーダーの3話まで出揃った。今のところのお気に入りは順不同で『川柳少女』『ひとりぼっちの○○生活』ってとこだろうか。前期からは引き続き「盾の勇者の成り上がり」、あと再放送で「転生したらスライムだった件」。今期はショートアニメが多い印象でこれもある意味スマホ時代の必然的な流れかもしれないな。少々寂しくあるがでも気軽に見れるのはありがたい。


実は今更ながら『荒野のコトブキ飛行隊』にはまってた。本放送も見てたんだけどあまり惹かれず。一応ながら見していたんだがでも最終回が思いのほか良くて見入ってしまいそのあと慌てて録画してた分を見返したら見事にハマったというわけ。またしても『転スラ』と同じパターン。ほんと自分は見る目がない。

どの回も良かったんだが特に第10話「情け無用の爆撃機」でのラハマ防衛戦が圧巻。ここだけ何度も見返したぐらい。構図といい音といい格好よすぎてしびれた。本放送時も見てたはずなのになんで何も思わなかったのか不思議。最終話はキリエの「誰にも誰の空も邪魔させない」のシーンは特にグッとくるシーンで何回も見返した。まさに自然に飛ぶキリエらしい名セリフ。穏やかで優しい口調なのがまたいい。コトブキメンバー全員、サブキャラたちも全員好きだけどやっぱり一番はそんな自由なキリエだなぁ。ああゆう明るい元気っ子大好き。キャラ良し、メカ良し、演出良し、音も3Dも良し、キャストも良し、ほんと素晴らしい作品だった。空前絶後の戦闘機アニメだったな。レシプロ機の空戦はロマンがあるね。そして改めて当時の日本の航空機の優秀さ、ネーミングセンスの格好よさも思い知った。ある意味中二ネーミングの先駆けかもねw

anime(122123027).jpg anime(122123029).jpg

当然外伝もコトブキ通信もイジツ見聞録も全部見た。公式が上げてるAbema特番も見た。そして声優スキーな自分は当然のようにキリエ役さゆみんみんこと鈴代紗弓ちゃんにもハマったという。とみたんも出てるからだがそれもあって『ぼくたちは勉強ができない』もしっかり楽しめてる。しかしこうなるとなんでさゆみんみんがゲストで出てたアニゲーイレブンをちゃんと見てなかったんだ、どっとあいを聴いてなかったんだ、という後悔が出てしまう。自分はこのパターン多すぎ。

というわけでアニメ感想19/3/25/~3/31(わたてん、ドメカノ、かぐや様、GAF、盾の勇者)でも書いた今冬お気に入りのアニメに『荒野のコトブキ飛行隊』がめでたく加わりまたドメカノを押しのけて一番良かったアニメにも躍り出た。今はニコ動で絶賛無料配信キャンペーン中なので(5月1日まで)みんな是非見よう!


おみゆの「ばーか」が可愛い。おさゆが答え言ってしまうポンコツぶりも可愛い。おはるは相変わらずわちゃわちゃしていて落ち着きがないなw 実はこの3人でおみゆが一番しっかりしてそうだ。

アニメ感想

メルヘン・メドヘン #11#12(終)・・・ATXだけど無料なので見れた。#11は冒頭から「分からない、覚えていない、嘘じゃない、何一つ覚えていないんだ」…それはこっちのセリフなんだよなぁ。覚えているのはともりるの記念すべき初主役なのとOPでfanaがワンワン歌ってることぐらい。せめてニコ生かAbemaとかで事前に一挙を手配するべきだったのでは。ただカントク原案の絵は可愛かった。最後も綺麗に終わったようだし色々と勿体無い作品だったな。

転生したらスライムだった件 #3・・・ワンコもリルムのお仲間に。ある意味村を大きくするストラテジー的な展開でもあるな。ライトな展開だけど胸がすくカタルシスがあるから見ていて楽しい。名前つけ残った狼が気になったがちゃんと考えてあって伊達に売れてる原作なだけある。あと柔らかみと膨らみをリアルに感じるおっぱい作画もナイス。ほんとなんで本放送時にハマらなかったんだろ。

キャロル&チューズデイ #2・・・過去のヒット曲のパターン解析で曲制作…。今の世でも年月が経つにつれメロディが枯渇していくわけで遠い未来そうなるかもしれないなぁ。ゲーム音楽こそそういったAIに取って代わられる日が来るのかも…しれない。キーチェックのとこが結構な拷問。あれはすみぺ大変そうだけど実際も機械とかで弄ってるのかな。今回の即席ライブもいい感じだがこれをきっかけに騒がれ出されるのは手に取るように分かる。王道だが明快な筋書きだな。SNSから身バレするのは今風だがちょっとゾットする展開。そういやEDの癖のある歩きポーズはなんかでどっかで見たことあるな。

盾の勇者の成り上がり #16・・・クレジット見ずとも第一声ですぐに分かったが意外にも丹下桜さん登場。ドラゴンとの戦いは見応えあったがチョコボっぽいのがわらわら出てきたと思ったら巨大フィーロが出てきてさすがにたまげた。もちろん声ですぐ正体はアバンの娘だと分かったが丹下さんのああゆう凛々しい声も良いな。フィトリアはつまりロリババアってことなのか。自己紹介シーンの「岩谷尚文だ」「うん」「ラフタリアと申します」「よろしく」ってとこ可愛い。でもフィーロはスルー。メルたん呼びするお茶目なとこもあった。あと「 養えないから捨てるぞ」「ぶ~!」のシーンも楽しい。フィトリアは勇者同士が争っていることを嘆いていたが最大の原因マインを排除しないことには始まらないのでは。今回はそんなフィトリアの追加で輪をかけて面白かった。

anime(122123024).jpg

なんでここに先生が!? #3・・・ショタと風呂に入る展開はさすがにそうはならんやろ過ぎるw プルンプルンとしたおっぱいの質感が見事。ちなみにショタはちゃんまきCVだった。こうゆうショタ演技もいけるな。

anime(122123021).jpg

超可動ガール1/6 #3・・・アポロが出てきたがアニメでは出てないシーンは認識出来ない。つまりそうゆう行為は出来ないってことなのか。「アニメゲーム漫画ばっかり人生正しい生き方とは言えませんね」…う、うん、言えませんね…。こっそり付いてきてポケットから出てくるノーナが可愛い。ただのヲタ友達かと思ったらまさかの敵側?

anime(122123022).jpg

ノブナガ先生の幼な妻 #3・・・お色気勝負ならランジェリー披露したもえしの圧勝だなと思ったが想像の斜め上だった。お色気とは一体…。しかし最近はドメカノみたいに教師が生徒に手を出す展開が多いな。

八月のシンデレラナイン #3・・・番長キャラにななみん。クレジット見るまで気が付かなかった。こうゆうやんちゃ系ショタもいけるじゃないか。そして語尾がおかしなキャラもこの手の定番。

世話やきキツネの仙狐さん #3・・・あやねる追加。「肉じゃがが余っておるのじゃが」「じゃがじゃが」で吹いた。稲荷少女のキックがえげつなくてくるみちゃんみたいに外道系正義の味方なのかな。くぎゅとは奮発したなと感心してたらまさかの豪華に千葉さん。油揚げいっぱいかって「うやんややんやや~ん」って上機嫌な仙狐さん可愛い。

anime(122123023).jpg

鬼滅の刃 #4・・・タイムリーな年号ネタw 原作にあるセリフなら偶々なんだろうけどアニメにとってはいい話題づくりになったなw 異形の化け物が不気味だったがテラ子安だったので幾分和らぎはした。最後にあの大岩を切ったことが効いてくる展開は見事で見入った。殺陣で水の波紋が出たような効果は絵的に格好いい。逃げたあの男、食われるかと思ったんだがなぁ。

ぼくたちは勉強ができない #4・・・そうか、アニメキャラが太らないのは脂肪が全部胸にいってるからか。ま、中には胸がない…つまり全身に肉が付く娘もいるようだが。女子がダイエットに執着するのはやっぱり他の女の子より綺麗になりたいという優越感のあらわれなのかな。川柳少女といい最近は女の子がお腹を触らせてくれるのが流行ってる。確かに上や下より規制は緩そうだしへそ見せられる利点もあるな。としたいで大西ちゃんがやたらさゆみんみんの話題出すなと思ってたらこの作品で共演してたからか。最後はうるかのおっぱいの危機。やはり感じやすくなるから余計発情モードになるんだろうかw オチはそうはならんやろ~。今回はおっぱいに泣く回だった。

川柳少女 #4・・・新キャラは虹ヶ咲のりなちゃんボードみたいに延々とフリップ芸するのかと思ったがでもそれに近いシュールさだった。七々子は見た目に反してグイグイ攻める子だがキノも見た目に反してノリがいい子のようでふたりの無言劇なシーンは微笑ましい。この手の恥ずかしがり屋だけどちょっとおかしなキャラは久野ちゃんの十八番だな。ベルゼブブのごっちん思い出した。しかしこうなるともし次に新キャラが出てきたらまた喋れない子になるんだろうかw

anime(122123025).jpg anime(122123028).jpg

みだらな青ちゃんは勉強ができない #4・・・今回は3P…じゃなくてNTR要素も追加。見た目ギャルだが雅は初心でこちらもまた可愛い。しかし負けヒロインになるために出てくる雅も不憫なものだ。いっそこの3人で3Pがあったらまるくおさまる…はないか。ちなみに雅CVは木村珠莉ちゃんだったがみゃーもりがふにゃちん言っちゃうなんて。

ひとりぼっちの○○生活 #4・・・おはざす、ありざす。外人キャラもこの手の日常アニメの定番。毎度の外から来たーダジャレ名で出落ち感。CVはハイフリで多芸披露していた黒瀬ちんでここでもちょっと変わった子。忍者探してるけどある意味ぼっちは忍んでいるから忍者ではあるなw そうして友達ではなく弟子。これはカウントされるんだろうかw でもより深く仲良くなれた。忍者で繋がり会えた友情だな。

anime(122123026).jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks