延々とプレイしているがようやく最終章にたどり着けた。ここまで半年も掛かっててよくまぁ飽きずにちんたらやってたものだ。さすがにここまでトロいのは自分以外にはおらんだろう。とにもかくにもあともう少しのはず。

sen4_0367t.jpg

最終幕「散りゆく花、焔の果てに」

最後の特務活動

『それぞれの覚悟』が勇ましく鳴り響く中で遂に始まったXデー。そうして遂に作戦の火蓋が切られるかと思ったらまだ巡回があった。みんな作戦寸前まで一体どんだけ仕事熱心なんだ…。ただこれも地上で混乱する民たちに光を届ける光纏う翼の大事な最後の任務。

sen4_0357.jpg

オリヴァルトは昨日リィンが自身の告白現場を見ていたことを察していてさすがのスキの無さだがむしろ見せつけてんのよというわけで実はMってのはあながち間違ってなさそう。ガイウスが聖杯騎士団ケビンに言及してたがもしかして彼が登場するサプライズもあったりして。トールズのハインリッヒ教頭とベアトリクス先生も作戦に参加してくれるとのことであの石頭な教頭がなぁ。シドニーとエイダは一応上手くいってそうだがマヤがそれに妬いてるみたいでおやおや。リィンは何故かこうゆうときだけ鋭いという。クルトもあれからやはりシェリと一緒だったみたいでなんだかんだ男女やることはやってる、というか無理やりカップリングされてるようにも。エリオットも密かに約束の相手作っててリア充めが。

リンデとヴィヴィ、久々にこのふたりの誂い誂われの光景が見れて和んだ。歴代文芸部員が揃っててこの戦争が終わったら文芸誌を出すんだって妙なフラグを立てんなw アッシュも実は密かにポエムを書いてるみたいであれでも意外と繊細な彼らしい。お相手のタチアナは心身ともに強くなっていてアッシュと釣り合うようにもなった。ムンクたちのお陰でアークロイアル号にいるクレイン、ハイベルやクララといった先輩たちと久々の会話。何名かは誰だっけ状態だがクララやベアトリクス先生はもちろんステファンやランベルト、コレットにポーラは覚えてる。服飾デザイナーやってるコレットは実際に会いたかったなぁ。マルガリータが作戦にあたってデブかスリム、どっちの体型がいいか選べっていう選択肢が出てきてこれだけでもうカオスだがまぁ普通に考えて身軽に動くには痩せてたほうがいいを選んだが…まぁ彼女には突っ込むのも最早無意味。ヴァレリーがレオへのひとりライブ。ほんとヴァレリーはあのときのクエストから見違えた。しかもそれがほんの少し前。アッシュたちは名物の夏至賞に向けて燃えていて例えギャンブルでも明日に向かって希望を持つのはいいことだ。アルティナとミリアムが姉妹仲睦まじくしていてまたこうしてふたりのシーンを見られるとは感慨深い。ミリアムはむしろこの形体になってやんちゃさが増してる。アリサとリィン、昨日はお楽しみでしたねを地で行ったふたりはまだ気分は夢心地のようでどれだけ激しかったんだ。

最後のVM

スタークが募うクロウへ手向けのVM勝負をすることに。スタークが負けたらアンティークトランプを返す…そういやIIかどれかでトランプを見つける的なそんなクエストもあった。で、勝ったらなんでも言うことを聞かせる権利を得るという。VM勝負は最近とんとやれてなかったので勘が鈍り駄目だったが「勝ったことにして先に進める」というゆとり仕様の選択肢があって助かったがこれスタークのほうがイカサマしてるってことになるなw ま、もちろんAPとの引き換えだろう。で、スタークの言うなんでも権だがこの戦争が終わったらジュライで飯を奢ること…もちろんクロウはああゆう理由で長くは持たないので死亡フラグそのまんまとなってしまう…。でも諦めたらそこで試合終了だよってことで諦めんなよ!と松岡修造ばりにスタークの激が飛んだ。確かに死へ向かって達観してるクロウはらしくない。明日はどうなるか分からないというそんな諦めの気持ちを持たずもっと前へ向かって頑張れっていうスタークなりの励ましだったな。

各地の巡回

セントアークでは地味にIV本編最初に流れた『昏冥の中で』が流れていた。あ、エリオットが会ったのはIで共に音楽を奏でたあのときの音楽院の友人たちか。フィオナを中心にここで演奏会を開き呪いに立ち向かうらしく彼らの音楽の力とやらを見せてもらおうか。あの馬オタクの連中のひとりがついに馬と会話出来るまでになっててオカルトかよ。メアリー父親のアルトハイムとマカロフは上手くいってるようだな。ドレックノール要塞ではゼクス、ナイトハルト、クレイグたちがいて止められぬ帝国軍の進撃と迫る相克の仕上げにみんな陰鬱なムードとなるがナイトハルトから激が飛ぶ。さすがフィオナというかけがえのないフィアンセがいるだけあって威勢がいい。南サザーランド演習地跡にはシギョンと師の魔女ダリエが霊脈から活路を開く協力をしていてシギョンも頼もしくなったな。パルムでは『一抹の不安、一縷の望み』だった。こうゆうときになって初めて練武場に入れるようになったのがいたたまれない。パルム間道には山猫号IIのもとにエステル、ヨシュア、アガット、ジョゼットがいた。さすがのアッシュもエステルの零射程距離感にはタジタジのようだ。ハーメルに縁のあるみんなで墓参りをすることになりティータとレンを拾ってくることに。

レンを探す関係で先にクロスベルマラソンスタート。こちらの曲も『昏冥の中で』となっていた。ジオフロントX区画でヨナは情報支援を行ってるみたいでシェリがヨナの護衛役。こんな密室でずっとふたりっきりで何もないわけがなく、と思ったらそういやシェリはクルトと親密になったんだったな。よかったと言うべきかどうか。ヨナにはティオの線もあるんだっけか。いずれにせよ羨ましい交友関係にあることに変わりはない。ケイト巡査は敢えて連中たちに取り入って探っていたとは思いのほかやり手。ミミは人を見る目が鋭い。将来特務支援課メンバーかケイトみたいな警察になるかもしれないな。パティリーが早くもデパートに復帰していて今の世に必要なのは彼女みたいな負けん気だろう。レインズの正体ってのはよく分からなかったが共和国の人間ってことなのか。アントンから激を飛ばされまさか彼が最後まで自分たちを見届けるポジになるとはね。ハロルド夫妻のとこのコリンも立派になった。ナインヴァリに西風のゼノとレオがいたが真っ先にフィーを心配するあたりまだ親ばかが抜け切っていないようで。あのときアリサじゃなくフィーを選んでたら間違いなく殺されてたなw ユウナのとこのケンとナナからブレイブソウルを貰ったが悪いなこの手のアイテムは使わないんだ。クロスベル通信社ではあのヒゲモジャから2年ぶりの手紙があったようで彼もまだ生きてたのか。イリーナはRFの兵器増産を見直して一部ストップしてるみたいで政府と楯突く覚悟が決まってた。

ハーメル詣

で、肝心のレンはどこにいるんだと思ったら東クロスベル街道だった。ハロルドと密会してたが…レニ、それが彼女の本当の名前なのか。もちろんハロルドとの約束は果たされるはずだ。それぞれの家族が出会うそんな光景を早く見るためにも頑張らなくてはね。さてレンも見つけたことだし早速ハーメルへの墓参りと洒落込もう、としたら案の定III『幽世の気配』が流れてきてしまいまったく水を差しやがる。

これがハーメルの異界化というクエストへ発展。『黒の真実』がフィールド曲となってるが何らかの関係があるんだろうか。今回はヨシュアやエステルがパーティインするのでIVでは初のリィン抜きパーティにしてみよう。しかしこのメンツが揃ったらそれこそ百人力というわけでサクサク進められるのは助かる。ヨシュアの決めゼリフ時のキリッとした表情にグッとカメラが寄るとこがイケメン過ぎる。ここ作ったのはヨシュア好きの女性スタッフだろうかw 敵の影は姑息な手ばかり使い見掛け倒しの虚仮威しばかり。「よしゅあよしゅあよしゅあよしゅあ…」という字面はちょっとおぞましいが。ヨハン…それがアッシュの本当の名前か。ただ生憎もうアッシュは昔のヨハンじゃない、ラクウェル育ちのアッシュ。メシマズだったおふくろの味がここにきて意味を持った。でも本来のおふくろの味パンプティングも忘れないフォローはさすがの気配り。

sen4_0358.jpg

で、この悪趣味なことをしでかしたのが高位次元の霊体プルートゥス=ベヌウ。これもあの塩の杭や幻想要塞の影響で顕現したかもしれないらしくとんだ置き土産だ。いずれにせよ勝手に記憶を盗んで悪用するなんて許せるものでもなしとっとと成敗だ。戦闘曲は『Malicious Fiend』となりOST曲順的にこの段階が正位置なのか。強いかと身構えたが拍子抜けするほど雑魚でトドメはヨシュア。そしてIII『ハーメル -遺されたもの-』が流れてきて粋な計らい。聴こえた声はレーヴェだったかどうなのか。でもみんながみんなそう思ったのならそうなんだろう。最後に相応しくアッシュの覚悟も改めさせられたしみんなに幸せを届けさせられ後顧の憂いも断ててよかった。ナイスなサブクエだったな。

sen4_0359.jpg

各地の巡回

タイタス門へ行くとアルゼイド子爵が復活したことで何人か呪いも解けたようでこの環が広がっていけばいいが。エリンの里はこれまでと同じ『隠れ里エリン』で安心。ノアとロキはお留守番。ある意味テイムの術使わずとも飼い慣らしてるわけでノアは将来有望だな。魔女ニーナもシギョン同様に魔女として霊脈にアタックしてくれていた。オルディスのクライシスト商会のみなさんはこれまでの汚名返上する働きぶり。貴族街ではあのシャーロットとユタ坊、そしてシャーロット父と執事の因縁の会話があったがどうやらユタ坊のシャーロットへの想いが頑固親父に通じたようだ。そして親が子を思う気持ちはかけがえのないもの。あのバラッド侯爵からは背中を押されたがIIIの悪評が嘘のようないい人っぷりだ。あのリルベルと例の執事にご褒美を与えていてなんとも羨ましい限り。このふたりはこうゆう情勢でも変わらないのが良いね。ラクウェルではあのミゲルが毎年殊勝にもアッシュ母の墓に華を添えていたようでなんとも水臭い奴だった。ファフニールは罪滅ぼしとして街の見回りをやってくれていた。シスター・オルファ、相変わらず抜けてるけどこれが彼女なりの信念の表し方。

アルスターは『Lyrical Amber』ではなくなり『一抹の不安、一縷の望みで』に変化していて切ない。どうやらフィールド曲はオスギリアス盆地が初出の『終焉の途へ』、街曲は『昏冥の中で』、村的な素朴な場所では『一抹の不安、一縷の望み』という使い分けのようだな。OSTでもこの3曲が並んでるしそうゆう位置づけなんだろう。個人的にはこの陰鬱曲3連発の並び順は寂寥感、侘しさ、切なさに浸らせてくれるので好き。

サプライズ

あのhage散らかしてた町長はさすがにしおらしい。ティーリアがカイのためにオムライス作っていてなんて羨ましい。町では士気を挙げるために収穫祭を行うことになったが足りないものがあるとのことでいわゆるいつもの。オルディス、リーヴス、クロスベル、さらにはブリタニア島にまで行かないといけなかったので確かにサンディたちでは厳しい。そうして無事収穫祭が執り行われこんなときだからこそ『Lyrical Amber』が流れるに相応しい雰囲気になってくれた。そして主役も遅れて登場し華を添える。町長も気持ちを清算出来てよかったな。最後は『想いひとつに』に乗せて墓石へ手向けの花も添えた。みんな晴れやかで前向きな表情になれたしこちらも素敵なサブクエだったな。

sen4_0360.jpg

各地の巡回

リーヴスにはロジーヌがシスターとして降臨。思わずあの頃のトリスタが懐かしくも。ロジーヌに恋してたあのガキは元気してるかな。そういやあの堅物ウェインにはマイカという兄と似ても似つかない可愛い妹もいたんだったな。宿屋にトワ先輩の叔母さんと子供たちが来ていた。今は暗雲渦巻く帝都にいるよりこっちのほうが断然安心。リーザの友人サブリナも帝都から逃げていく人たちの救出を助けてたようだがハンドル握るとやばい人だったかw リンリーもムンクに最後まで付き合ってあげることになったようで文句言いつつなんだかんだで面倒見がいい。

分校内はセレスタンを中心にカレイジャスII突入支援の作戦統合司令部になってた。あのジョルジュやヒューゴも懸命に協力してくれてるのが嬉しいね。ヒューゴのクライシストとベッキーの商会はライバルとして競うため提携店が違ってたのが幸いして全土を物流支援ネットワークでカバー出来てるってのが面白い。マカロフもメアリーと一緒だからより精が出るだろう。というか地味にこの作戦が終わったら的なフラグを立てんなw 屋上ではベリルがオカルトまがいなというかオカルトそのものをやっていてさすがのリィンもこれには苦笑。「かつてないほど似合っているが」というツッコみには笑う。食堂でトールズランチを頂いてこれでレシピは全部埋まった。最後を埋めるに相応しいレシピ名。

sen4_0361.jpg

ウルスラ間道演習地跡にはデアフリンガー号とともに本校生徒と分校生徒の橋頭堡。あのエイダやフリッツとこうして健闘を祈りあいするような仲になるとは感慨深い。エミリーとテレジアは機甲兵組のようでこうゆうときはエミリーの熱血が頼もしい。フェリスも含めラクロス部の絆を途絶えさせないためにも頑張らないとね。というかアリサを連れてくればよかったが関連キャラが出てくる度にカレイジャスIIに戻って入れ替えてまた戻ってが面倒くさい。もうこの際最後なんだから即その場で入れ替えられればよかったのに。こないだのナインヴァリでも本来はフィーを入れておきたかった。それぐらいのユーザーフレンドリーさはあってもいいはず。

湿地帯では鉄機隊とブルブランがいたがブルブランは西風と鉄機隊を盗んだ飛行艇で杭まで送り届けるみたいでいや盗みを自慢されてもw でも空時代から厄介事振りまいてたブルブランがこうして一時的にとはいえ協力してくれるとは数奇なものだしシリーズの最後が近いことも思い知る。そしてマスターへの手向けとなるランスと兜が墓石として置かれていてなんとも言えぬ妖麗な雰囲気。かの美しきリアンヌに相応しい場所となった。こんな美しい場所で撮った写真の見返りがこれもまた美しいクローディア王太女のブロマイドとは嬉しい計らい。

sen4_0362.jpg

ウルスラ病院ではオルディス貴族街でずっとイチャイチャしていてカップルのめでたい門出かもしれない会話に立ち会えた。リハビリ中のカルゴから「3と9」最終巻を貰った。間接的にパティリーのお陰かなw 最終巻は全てに決着が付き馬車の中でのなーちゃんとすーちゃんの語り合い。最後がほっと和み希望に溢れる内容で終わってくれて嬉しい。全10巻、波乱万丈の連続で毎巻続きが気になる面白いシリーズだったな。正直本編よりも先が気になったよw このふたりが実は今の…という感じではなさそうであくまでもお話上のキャラクターなんだろうか。でも実在するしないにも関わらずただただふたりには幸せになって欲しい。

あのゲハルは奥さんや息子夫婦と会うことになったらしく彼もまた前を向いて歩き出した。ユーゲント陛下の手術は無事成功。移植された人工心臓は裏でクレアとレクターが迅速に手配してたようで今の状況を思うとなんだかな。そして『縁 -つなぐもの-』が流れる中で陛下とプリシラ王妃との面会。リィンたちに信じる道を突き進めと背中を押してくれた。

MWLのレイクビーチに大物の魚影があるとのことで早速腕に覚えがある釣り師が集まってた。伝説の主グランレイクロードを釣るには釣った魚が29種類以上…。残念、まだ27種類だった。それと釣る人間はリィン指定だったがこれまでの釣りは全てユウナで釣ってたから今回もユウナじゃないと駄目なんだよね。これだけは譲れない自分のポリシー。メカみっしぃがシュナイダーという名前でみーしぇの兄だったらしいが何が何やら。みっしぃの公式設定、なんでもあり過ぎてカオスになってるな。鏡の城前でもみっしぃがいたが中身は…。ティオに見られてなくてよかった。

星の塔に行くと確か西通りにいつもいた気がする女の子二人組が来ていた。魔物だらけのクロスベルの街道沿いはそのチルルって娘の庭だったのかw 大概この娘たちも 素質ありだな。そうして通算何度目かの星見の塔攻略。物理反射型の鏡みたいな恒例の雑魚が面倒だがそこまで手間取らず屋上でボスのロア=ファンタズマ戦。例のキャラを体内に取り込んで規定ダメージを与えたら開放する厄介な技を一度だけ使われた程度であとは一方的にタコ殴りで雑魚だった。アインヘル要塞内の手配魔獣も見た目通りの雑魚だった。さすがに舐めすぎだろう。

新たな英雄

次はまだトラブっていたアランとブリジット。クロスベルのボート小屋へ行くといかにもな怪しげな会話。実はよろしくしてるんじゃっ…て感じではなかった。よくまぁ口が減らないものだなアランも。遂には俺が新世界の新たな王となる的なことまでほざきだした。呪いってある種の中二病発病の類だったりするのかw リィンは自らが贄だからこその勘で悪化した原因に目星を付けその秘策とはパトリックおまえだ!そういやIでこのふたりはライバル関係だったな。パトリックによると呪いはアランの平民としての負い目をつけ込んだみたいでやれやれ男のくせにちっさい奴だ。ただ人の心の闇は誰しも持ち合わせているもの、今回偶々アランがその犠牲になったってだけ。そうしてパトリックにフェリスも協力してくれることとなったが手が空いてしまった部分は本校生徒たちが補ってくれることになりこんな協力関係が築けてるなんて嬉しいじゃないか。

かつての仲間がアランのためにこぞって説得するも聞く耳持たず。これだけでの人数がアランを心配してくれてるというのに。ただミリアムは楽しんでそうだがw でもこのトールズの結束力が心強い。最後に盟友パトリックがガツンと言ってやったがさらに呪いと同調して闇落ち。ある意味釣られたとでもいうべきか。当然こうなるとパトリックとともに力で身をもって知らしめるしかない。

sen4_0363.jpg

戦闘曲はIII『Lift-off!』とは嬉しいサプライズ。まずサイドのお供を倒してそれからアランへ。戦う前に高難易度だぞと脅すメッセージがあったが結局大したことなかったな。パトリックも中々やるじゃないか。そして『哀歌』が流れる中で最後はやはりブリジットのビンタが決定打。誰しも弱いところはある。でも今はみんなと一緒にお互いがお互いを支え合え乗り越えていける強い絆がある、だからこその縁。これだけのみんなによってたかって想われているのだからアランは幸せ者だ。突然のベリルと自分が言ってる台詞がブーメランとなってるヒューゴには笑うがw そして想いは通じてやっとブリジットと『想いひとつに』となってめでたしめでたし。アフターケアもフォローもVII組のみんなに掛かればチョチョイのチョイ。ほんと頼もしすぎる仲間たち。

sen4_0364.jpg

そしてこの段階で人物リストのトールズ関係者項目全員が埋まった。分校生リストも今見たら埋まってるな。あとは新旧VBII組と協力者とその他を残すのみ。

エリィママ救出作戦

最後はミルサンテで以前からもたげていたディアナの問題。クロスベルへ仕入れに行ったきり戻ってこないという。そういやクロスベルでも行方不明者が出てたな。ディアナはクロスベルに残している家族にも会っているようだという。ディアナはクロスベル出身で母方の実家がラマール貴族で10年前離婚した際に娘を残してしまいずっと気に病んでいたと。これまでの献身ぶりはせめてもの罪滅ぼしなのではとも。ふ~む、中々複雑な家庭事情のようだ。

クロスベルで聴き込むと以前もラマール出身絡みで話があったがディアナはエリィの母親だった。そして当のディアナは神隠し。おまけに他の何人かも同じ目にあってるという。なんだか東亰ザナドゥの異界に呑まれた事件みたいだな。もちろんエリィを含めて特務支援課の出番、さらに少年特務支援課のみんなも力を貸してくれた。エリィとディアナは別に音信不通ではなく普通に手紙や通信で交流があったんだな。神隠しされた合計4人の手掛かりを探っていくがまずは中央広場でなんでも答えてくれるらしいリナリーから。以前に会ったときもマジやばくねと言ってたから何かに発展しそうだなとは思ってた。そうして聴き込んでいきまとめとしていつもの選択肢クイズ、最初の問題は昨日の午前、次の問いは何らかの超常的な存在、最後は駅前通り。ふぅ~久々の全問正解。そうしてま~たジオフロント。ジオフロント好きすぎだろ。

sen4_0365.jpg

ジオフロント内はハーメルに次いで異界化していて『幽世の気配』が流れるダンジョンに。もちろんアタックメンバーはクロスベル組オンリーにしよう。これが最後の操作かと思うと感慨深い。そうして進みまずはジャズバー通りで行方不明になったサンドラ発見。精機を吸ってるのはヴァルジェムとかいう骸骨お化けだがランディのデスストームで一発KO。即死効くんかいw 次がアリオス信奉者のプルーナ。グヘヘ…ではなく今回も軽く蹴散らすがというかこいつら弱すぎじゃない?次がブラコンのメイリン、そして最後にエリィの番だが最奥でお出ましはこれまた醜い魔物ラオメディア=スキュラが元凶。こいつもまたハーメルにあらわれた奴と同様の七十七の悪魔の眷族、高位次元の敵性霊体らしい。餌としているのは女性の後悔の感情というなんてゲスな魔物。許せるものではない。戦闘曲は今回も『Malicious Fiend』。というかえぇ?即死効いた?速攻決めてたのもあってあまり見ていなかったが確かにまだHPは大分残ってたのにランディのデスストーム一発で召された。あとで戦歴からこいつの状態変化有効率見たら即死20とあってあり得なくもないな。

sen4_0366.jpg

そして無事III『君に伝えたいこと』が流れる中で母と娘の再会。実際に会ったのはこれが10年ぶり。なんとも暖かい雰囲気だ。これもひとえにトールズと特務支援課、そして子どもたち特務支援課みんなの頑張りのお陰だな。これでクロスベルでの心残りも無事解決。あとはもう決戦を残すのみ。ロイドとはこの特務支援課ビルの自室でランディ含めて3人で飲み合おうと約束。男同士のこうゆう約束はいいねぇ。メイリンも屋台に出ていてすっかり元気。

sen4_0367.jpg

リザルト

これにて最後の特務活動おしまい。多分漏れはないはず。リザルト結果は「A」!「さすがにやるねぇ!」と殿下からお褒めの言葉をもらった。Sじゃないけどこれで十分。多分VMをズルせず勝てたらSになってたのではと思うがまぁ仕方ないね。

sen4_0368t.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

  1. 名無しさん | -

     魔の森、ブリオニア島、オスギリアス盆地、アウロス海岸道(1)、星見の塔にいる、「5体のボスモンスター」を倒して、「5つのロストアーツ」を手に入れましたか?まだなら、やることをお勧めします。
     それから、カレイジャスⅡに戻って、アウロス海岸道(2)の奥にあるダンジョンの「ボスモンスター」を倒せば、最後の方で、良い事がありますよ。

    ( 22:09 )

  2. 管理人 | tCjwfjLE

    どもですー。
    実は取り立てて書くことでもないと思ったのでロストアーツ関連は省いてました。
    あと個人的にロストアーツは以前のシリーズでも殆ど使ってなかったのもあって重要度も低めでして。
    ただ所持してる魔物たちをそのままにしてしまうのは後味悪いので発見したものは全部倒したのですがプロミネンス・ロア、グラール・セラス、ロード・レグナリオン、だけでしたね…。
    アウロス海岸道もチェック済みと思ったら何故かその2は入ってなかった(汗

    ただ生憎もう塩の杭攻略を終え幻想要塞に突入しちゃっててまた以前のセーブデータから戻ってやり直すのも面倒なのでまぁこのままでいいかなとw
    でもお気遣いくださってありがとうございました。

    ( 18:29 [Edit] )

  3. 名無しさん | -

     追記
     お節介になるかもしれませんが、実はこれ、ゲームの最後で重要な運命の分かれ道でもあるんですよ。
     まあ、強制はしませんが、このまま進めて、エンディングを迎えて、その後どうするかは、管理人の意思を尊重します。

    ( 22:21 )

  4. 管理人 | tCjwfjLE

    なるほど…。それは少々悩みますね。
    とりあえず自由行動最後のセーブデータはありますしとにかく自分なりに進めてそのあとどうするかを考えてみます。
    いずれにせよ急いでクリアする必要はないですしね。

    ( 23:12 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks