foobar2000からMusicBeeへの記事の続き。

というわけで恥ずかしながら帰って参りました。やっぱり10年以上毎日のように親しんだソフト、しかも今なおアップデートが続いている、コンポーネントも揃っている、じゃあやっぱりそう簡単には離れるわけにはいかないよね。もうアップデートされるかぎりずっとfoobar2000を使い続けて心中しよう。

OneDrive漁ったら今年2月にバックアップしてたデータがあったのも復帰へのモチベにも繋がった。残念ながら6月まで4ヶ月ぐらいの再生回数とレイティングなどは消失したままだが仕方あるまい。別に再生回数命ってわけじゃないけど一応何時間も掛けて聴いてきた積み重ねの証。ただこれまでも何度もリセットの目にあってるからいまだ再生回数は全曲中最大で50カウント程度。本来なら最大で500カウントはいっていそうである。

foobar2kで問題になるのがDefaultUIにするかColumnUIにするかってことだがColumnUIは設定画面で毎回「This is a legace Preferences page. Any changes will most likely take immediate effect regarless of OK/Cancel/Apply commands.」ってメッセージが出るのが煩わしくてDefaultUIにしている。動作もこちらのほうが軽快だしカスタマイズも直感的で楽。昔はTitleFormatをシコシコと書いて見た目に拘ってたがさすがにもうそんな気力はない。

画面を縦長に変形させているのはfoobar2kの横にブラウザを置いてブラウジングしながら操作出来るようにしているため。これが一番自分のスタイルにあってる。タブでプレイリストとライブラリ用に別けて閲覧性、検索性をアップ。ライブラリ横のツリーはSpider Monkey Panel使用のLibrary Treeスクリプト。

SnapCrab_foobar2000 v145_1 SnapCrab_foobar2000 v145_2

導入しているコンポーネントは最初から導入されてるコンポネを除くとこのようになってる。一部は導入するだけして未使用だったりも。

  • Facets 1.0
  • JScript Panel 2.2.2
  • WASAPI shared output 0.6.4
  • Playback Statistics 3.0.3
  • Quick Search Toolbar 3.6
  • Run services 0.3.8
  • SimPlaylist 1.0
  • SimPlaylist Manager 1.0
  • Skip Track 1.9.10
  • Spider Monkey Panel 1.2.1
  • Text Display UI Element 1.1 beta 1
  • EsPlaylist 0.1.3.9
  • Waveform Minibar (mod) 1.0.25

話は逸れるが最近はAKG K712PROで聴かずパナソニック RP-HJE150で聴いてることのほうが多い。一番の理由は今はジメジメと蒸し暑くてヘッドホンだとやってられないってのもあるからだがあと下手に音質がいいヘッドホン使うと元の音源の質までさらけ出されるので聴いてて気になってしまうってのがある。なので逆にチープなイヤホンで聴くと質の悪い音源がいい感じにマスクされて聴きやすい感じ。チープとはいえコスパの良さで知られるRP-HJE150。普通に聴く分にはなんら問題ない。当たり前だがダイソーのイヤホンとは雲泥の差。個人的にはiPhone付属の純正イヤホンより良いと思う。たださすがにクラシック音楽はオーケストラ、室内楽、器楽問わずヘッドホンじゃないと良さを捉えきれないな。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks