決して例のブームに影響されたわけではないです。影響されたのはゴローさんの動画。

ARK_ 001t

いつもなら男キャラでやるところを敢えて女性を選んだ。DQB2でも思ったがやはり男のケツを見てるより女のケツを見てるほうが楽しい。ただ洋ゲーにしては弄れるボディの箇所が少なく汎用型な女性の容姿でしかないけどまぁ悪くない感じにはなった。ちなみに下着姿にした場合のお尻のはみ出し具合が良い。妙なこだわりを感じる。

最初は通過儀礼のごとく死にまくり。これもあのエリマキトカゲみたいなディロフォサウルスのせい。浅瀬にはマンタもいてマンタがあそこまで凶悪だったとは。ディロフォサウルスより小さなトカゲみたいなコンプソグナトゥスってのがいていつの間にか徒党組んで襲いかかってきたときはびびった。たださすがに何度も何度も死んだらレベルも上がり学習してくる。収納箱作ってその中に次の転生キャラの装備分を余分に作って貯めておく。このサバイバルして強くなってる感が楽しい。そうして回を追うごとに死亡間隔が長くなり今は数日無事に過ごせてる。

操作は覚束ない。やっぱり元がPCゲーだからコントローラーにありとあらゆる操作が割り当てられてて煩雑になってくる。というか最近HollowKnightの海外ゲー仕様のマルバツボタン逆に慣れてるから逆に…ってこのゲームも洋ゲーだった。でも日本仕様にしてるからマルバツボタンは国内ゲー通り、なのか。バツボタンがメニューだけどこのボタンをジャンプボタンを混同してしまい何度も無駄にメニュー開くことに。

最初の海岸沿いを探索していると…いやいやこの中生代の時代にこれはおかしいだろw めっちゃ強そうに見えたから手を出さなかったけどあとで調べたらただのパラサウロロフスで見た目虚仮威しなだけだった。いつの間にか消えてて狩ればよかったか。

ARK_ 004

プレイヤーの持ち物を盗む恐竜もいる。あとでそのペゴマスタクスが岩に埋まっていてはいカモ~。無事火打ち石を取り戻せた。

手頃の戦力ということで手っ取り早くドードーを数匹手懐けた。ピョコピョコと付いてくるのが可愛くて束の間の癒やし。こいつらを率いて奥地へ赴いたが(この時点で無謀)ティタノボアって気味悪い大蛇、さらにお前はお呼びじゃないディロフォサウルスにも襲われてしまい全滅。あのウネウネと蠢く大蛇はマジで見た目が気持ち悪いな…。実際あんなのに襲われたら腰抜かす。そして再びプリケツスタート。そしたら早速毒吐きディロフォサウルス2匹がお出迎え。ひぇ…。

ARK_ 005

パラサウロロフス2匹がディロフォサウルス1匹に追いかけ回されてる。別の場所では鈍いモスコプスも追い回されて喰われていた。大きな鳥が魚を狩っていたりそういった自然の生態系を垣間見えるのも面白いところ。ほんとリアルにできてる。ただ川で鮭が何匹も地面にぶっ刺さってるのは面白さを超えてシュール過ぎる。

次はそのパラサウロロフスを手懐けた。ボーラ投げて棍棒でひたすら殴ってベリー食べさせて一丁上がり。サドルは低いレベルで作れるから序盤のいい相棒になる。しかも恐竜もレベルアップ出来るのは嬉しい。思い通りのステータスに育てられるのはいいね。

ARK_ 006

早速サドルを装備させて騎乗。これでパッケージ絵の通りの恐竜ハンター。パラサウロロフスは雑魚の部類の恐竜だがこれでも何か制覇したかのような満足感。探索もこれでいくらか楽になるなと息巻いていたが目前に忌々しいディロフォサウルスがペットのドードーに噛み付いてたのでパラサウロロフスの攻撃で助けようと思ったら周囲にトリケラトプスが2匹…。うっかり当たってしまい巻き込まれ事故…。マジかよ…。数分前に手懐けて喜んでいたのが嘘のようだ…。

ARK_ 007

今度は飼い主の命の危機なので付近にある藁の家へ逃げ込んだが2匹のトリケラは狂ったように藁の家をボコ殴り。角が壁を突き抜けて襲いかかろうとしてる絵面は下手なホラゲーより怖いんだが。これは堪らんということで裏から逃げたが家は見事に半壊。ポッドから手に入れたベッドも壊れて無くなってしまった。さすがに絶句…。トリケラトプス、草食の大人しいイメージだったけど怒らせたらマジでやばいな…。

ARK_ 008

めげずに再びパラサウロロフスを手懐けようと気絶させたが運悪くディロフォサウルスがこれ幸いとばかりに気絶したパラサウロロフスに飛びついてしまい必死に槍で振り払おうとするも奴の攻撃が当たってるのかこっちの槍の攻撃も当たってしまってるのかパラサウロロフスはそのまま死んでしまった…。嗚呼無情。3度目の正直ということで再びパラサウロロフスに挑むが今度は翼竜のプテラノドンがやってきたけどこいつは手出ししない限り何もしない大人しい奴だから安心。無事Lv13のパラサウロロフスを手懐けられた。今度こそは死なせない、当分。

そのあとパラサウロロフスと共同でカルボネミスっていう大亀を倒したり新たに弓矢も作れるようになったりとサバイバル生活はひとまずは順調な滑り出し。しかもパラサウロロフスってレーダー機能もあって敵対生物を探知してくれるらしい。Wikipediaで調べるとパラサウロロフスは頭の鶏冠みたいな部分のお陰で嗅覚が発達してるみたいで多分その能力で生物の探知が可能なんだろう。ゲーム的に分かりやすくビジュアル化した感じかな。

そのあと大蛇ティタノボアがいた内陸へ赴きいざリベンジへ。おお、前回殺されたと思ってたドードー2匹が崖で引っかかって生き残ってた。あんなとこでよく数日無事に生きていられたな。ただ救出はこちらも命がけでちょっと間違うと崖から落ちてピラニアか何か他の肉食恐竜の餌食になるかもしれないし後ろからはディロフォサウルスやティタノボアが襲いかかってくるかもしれないしでハラハラしたが掴んで無事に救出。1匹欠けたが生き延びて拠点へ帰ってこられた。

ARK_ 009

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks