再びレッドフォレストに舞い戻り待機させていた3匹の恐竜たちと北の川沿いの浜辺へ。ここでお初のアロサウルスとご対面。しかも3匹同時。Lv24、12、4とレベル的には低いほうだけど数で来られると大変。しかもどうやら出血状態の効果も及ぼしてくるみたいでスピノが腹から大量に血を溢れ出している様はドキッとした。3匹同士のぶつかりあいだけどレベル差は4倍以上。圧倒的なパワーでねじ伏せた。しかし大型肉食恐竜同士の戦いは迫力があって見応えある。ダイナミック。

ARK_ 110

ブルーというかネイビーカラーのドエディクルスがいた。既に一匹いるしレベル的にも大したことないからテイムする意味もないけどこの機を逃したら後悔する気がしてテイム。残念ながらどっちもメスだからラブラブになって卵は産んでくれない。ドエディクルスは足が鈍足だけどスタミナが高いから大分走らせることが出来るし回転させると結構早い。しかも何故か水上でも早くなってくれる。というか回転させるときプレイヤーキャラは一体どうなってんだっていうツッコミは既にいっぱい出てると思う。そのあと身体の部分がピンク、甲羅の部分がホワイトのドエディクルスもいて見た目オシャレで女性プレイヤーなら即テイムしそうなぐらい可愛いけどさすがに3匹目はいいか。ネイビードエディクルスは南の拠点へアルゲンで持って行った。

ARK_ 111

Lv90のアンキロサウルスがいた。山岳部で急斜面があり攻防がしずらかったが見事麻酔弾で仕留めた。テイム効果は+44。ただ途中ケントロサウルスがドカドカとやってきてこの恐竜は草食だけどテリトリー型。アンキロの周囲でバトルが起こってしまったがそのあとのテイム効果は+16。多分アンキロには攻撃が及んでいなかったはずだから単なる時間経過の減少だろうか。ま、元のレベルが高いから下がってもあまり気にならない。それにしてもドエディクルス以上に足が遅く感じる。あと乗ったときの見た目がなんかいかにも多足類的な昆虫感があってちょっと苦手かもしれない。昔から足が多い虫は大の苦手。

ARK_ 112

そういえばと染色要素をやってみた。ベリー類の数の変化で何種類も色の染料を作れる仕組みが面白い。とりあえずピンク色の染料を作って見た目眩しい金属鎧を染めてみたけど…ピンクというかパープルっぽい感じ。染める部位も選べてピンクとホワイトのツートンカラーにしてみたかったけどホワイトは金属鎧に殆ど乗らないから変化なし。別のカラーのほうがいいか。それと折角なら地味なベージュの下着もピンク色にしてみたかったけど残念ながら染められず。是非ともアプデで下着も染められるようにして欲しい。というかどうせなら下着のバリエーションもw

ARK_ 113

アルゲンと共にレッドフォレスト対岸北にある恐らくTHE ISLAND最高峰と思われる山へ。あそこに待望の黒曜石があるらしい。あとで気がついたけどアンキロは金属鉱石のみの重量軽減なんだな。てっきり黒曜石も範疇に入っているのかと思い無駄に一緒に連れていってしまったよ。それはともかく山頂には火口があって高熱のマグマがグツグツと湧いていた。何か意味ありげな大きな扉があるけどあれがボスへの入り口?一応徒歩でもここに来れるみたいだがこんなところへアルゲンで飛んで来れるようになるなんてやっとどうにかプレイが前進した感じだ。

ARK_ 114

この山付近で洞窟の入り口を発見。遠方からだとテクスチャが抜けて見えるからとても分かりやすい。一応、今後の目標としては洞窟をいくつかクリアすること。この洞窟もクリア目標洞窟のひとつ。ただそのためには洞窟を共に攻略してくれるお供の小型恐竜が必須。現状大型か中型恐竜しか頼りになる恐竜がいないからね。ティラノはもちろん全部の洞窟に入れないがテリジノも殆どの洞窟に入ることが出来ない。サルコスクスは小回りが出来ず取り回ししずらい。ベールゼブフォは小さいけど自分の力では難しい。

ようやく旋盤を使ってセメントと黒曜石からポリマーを作れるようになった。旋盤の燃料となるガソリンも原油と皮から精製。何から何まで原料は自分で苦労して手に入れないといけないからここまでやるのも大変。でも旋盤がゴゴゴッて唸りをあげてるのは男が好きなロマンがあるよね。とりあえず穴の空いていないまともな水筒を作った。あとは今後のためにGPSやスキューバーセットも作らないといけないな。

カルノタウルスLv95に久々に殺られた。既に第二拠点としてレッドフォレスト北側の川沿いに石造りで拠点作ってベッドも設けてるからリスタートは早い。他にショートフェイスベアがいてベアの攻撃が届かない岩から麻酔弾を撃っていけてけど案の定逃げられて弾が無駄。ベアとの攻防は数日続いていつも逃げられてしまう。これは捕獲施設を作ったほうが早い。そんなこんなでそれなりに大きめの第二拠点が作られていってるけどまたここでもお邪魔なディプロドクス。ベア用に作ってた捕獲施設にすっぽり嵌ってしまって困った。というかまさかこの3x2の部屋に入って出られないとは思わなんだよ。スロープを設けたのが失敗なんだけどこの手法しかなかったんだよね。でもこれはある意味ディプロドクステイムの絶好の機会。厄介な吹き飛ばしもされず楽にメジョベリーを手渡し出来る。レベル的にもテイム効果プラスしてLv44だからそう悪くない。カラーリングは緑色となんかイメージと違うけど実際の恐竜ってこんな色をしてるかもしれないしね。

ARK_ 115

で、他にももう1匹ディプロドクスが第二拠点に居座っていて何故かがっつりと張り付いてる。多分拠点の中に待機させてるドエディクルスやアンキロサウルスをずっと吹き飛ばそうとしてるんだと思う。そうゆうことでこちらも自分が吹き飛ばされずベリーの手渡しが滞りなく進みLv37のディプロドクスをテイム出来てしまった。元々職人見習いのサドルをポッドからゲット出来てたからテイムする予定はあったけど2匹もいらないw

ARK_ 116

さて、一番の目的のLv40ショートフェイスベアの捕獲だがアルゲンでベアをおびき出してテイム施設に誘導して部屋へ落とすことは成功した。が、その際にベアがアルゲンに覆いかぶさるようになってしまってベアに羽交い締めされて部屋から出られず相当焦ったが蹴りを入れてどうにか脱出出来た。あとはスロープ上から麻酔弾をひたすら打ち込めばいいだけの簡単な作業。ま、うっかり何度か落っこちてベアに襲われてしまったがw あとライフルって撃つ位置によってはターゲットに弾が飛ばず地面に弾が突き刺さることがあるから結構面倒。

ARK_ 117

そうしてLv59のショートフェイスベアをテイム完了!早速サドルを付けたけど…なんか猿ぐつわをされてるみたいでちょっと口周りが痛々しい…。いや他の恐竜も口周りを留められてるサドルが多いんだけどベアの場合は目立って見えるからなんか気になるなぁ。多分そう痛くはないんだろうとは思いたいが…。だからといってサドル無しだとそもそも騎乗出来ないしあと恐竜自体の防御力も高められる分を損してしまうからなぁ。

ARK_ 118

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks