ショートフェイスベアのレベルアップポーズは愛嬌あって可愛い。テディーベアっぽいw ピンクとブラックのツートンカラーもいいけどこの薄めのピンク色ならピンク一色のほうがよかったかな。そうそう、このショートフェイスベアは騎乗から攻撃が出来るのがいいんだよね。あと立ち上がりの速度こそ遅いものの段々と加速してかなりの速度になる、しかもスタミナ消費は少ないのもグッド。重量もかなり持てて荷物持ちにもなれる。もちろん攻撃力も高い。地味にサドルから降りる時は左右に落ちずサドル上で降りるってのもありがたい。こうなるとより高レベルのベアが欲しいなぁ。

ARK_ 119

そうして願いを神様が聞き届けてくれたのかLv130のショートフェイスベアがいた。ただレベルが高い分気絶値が相当高いから弾がもっと必要だ。それに捕獲施設から離れているから誘導が面倒。と、その前にアルゲンでレッドフォレスト南西の沼地上空を飛んでたら欲しかったバリオニクスがいた。レベルを見る余裕もなくそのままアルゲンで掴んでいくけどこのバリオニクスがまた相当な暴れん坊で攻撃される度にみるみるアルゲンのHPが減っていってヤバい。

ARK_ 120

とりあえず昔作った石造りの仮拠点へ落っことしてアルゲンのHPの回復を待ってから持っていこうとしたけど四方が壁で囲まれてたら上空からじゃ壁に引っかかって無理。止む無く大扉を開けてバリオニクスを出して掴もうとしたけど中々上手く掴めずイライラ。川のほうへ逃げられ掴もうとしたがどうしたことかしどろもどろになり何が起こったか分からない。気付いたときはアルゲンから川へ落ちてバリオニクスのスタン攻撃を喰らい身動きできずめっちゃ大ピンチ。なんとか岸に上がったらそこへ待ち受けていたのはカルノタウルス…。なんてコンボだ…。必死にライフルを撃って抵抗したが既に防具がバリオニクスによって殆ど破壊されHPも減ってたしスタミナも切れかけだったのでどうすることも出来ず…。

ARK_ 121

運悪く第二拠点の改装してる際にベッドを壊してたんだった。第一拠点のベッドからのリスタートだが幸いペラゴルニスがいたから防具も付けず下着姿ですぐに現場へ駆けつけた。とにかくアルゲンの無事を早く知りたい。あのLv112の高レベルアルゲンを失ったら相当ダメージでかい。ペラゴルニスも有用だけど快適さからいったらアルゲンのほうが遥かに上。キルメッセージは出てないから大丈夫なはずで目を凝らして探したら…川の上空で翼をパタパタさせていてホッと安堵。ただ自分の死亡位置にはまだバリオニクスがうろうろしてて自分が荷物を取り戻しに来るのを今か今かと待ち構えてるしカルノはパラケラテリウムに喧嘩売って肉にしてるし少し離れた対岸にはなんとアルファラプトルもいて単身ではとても荷物を奪還出来ない。

ARK_ 122

アルゲンを追従させながら第二拠点へそのまま戻ってペラゴルニスからアルゲンに乗り換え再びバリオニクスを捕まえて捕獲施設に放り込む作戦を続行することに。その気になったらティラノ・スピノ・テリジノ最強トリオで十分蹴散らすことは出来るんだけど目当てのバリオニクスも殺してしまいかねない。こうなったら是が非でもあの活きが良いじゃじゃ馬バリオニクスはテイムしたい。しかもLv55なら尚更。再度アルゲンで今度はしっかりバリオニクスを掴みどうにかアルゲンのHPギリギリまで堪えて捕獲施設にまで持ってきて放り込んだけど一度はどんくさいことに外れてミス。再度掴んでどうにかシュート。これで勝ったも同然。ただ麻酔弾やライフルは死亡場所にあるのでその前に最強トリオで現場へ急行し例のカルノを粉砕。そのあとは捕獲施設に戻り麻酔弾でスロープ上から撃てばいいだけ。ただやっぱり血気盛んな奴で妨害してきたけど最後は堪忍したのか殆ど身動きせず麻酔弾を受けるがままだった。

ARK_ 123

これでLv79のバリオニクスが手に入った!ようやくしおらしくなったバリオニクス。ほんと散々暴れて手こずらせてくれたな。久々のきついテイムだった。でもこれだけ手こずった分印象に残るし愛着も湧くよね。とりあえず散々痛めつけたアルゲンにごめんなさいの挨拶をしようね。しかし正面から見るとほっそくて華奢なイメージだけどさすが水陸両用恐竜。川を走らせたらすこぶるかっ飛ばせられて爽快。水中でも息継ぎ無しで活動出来て取り回し的にサルコスクス以上に活躍しどころは多そうだ。洞窟攻略用としては筆頭に挙げられる恐竜なので大切に育てていきたいね。

ARK_ 124

またディプロドクスが近づいてきて今度はこっちの仲間のディプロドクスをふっ飛ばしていた。こっちのディプロドクスもふっ飛ばし返しでもしてくれないのかな。それはいいとしてこの騒動で大切なアルゲンがどこかに行ってしまった。Lv113のアルゲンを失うことは相当な痛手なので焦りに焦りまくる。結局一日中探し回ったけど見つからず。多分川辺上空をバサバサと羽ばたかせているんだとは思うんだが…と途方に暮れてたらレッドフォレスト内陸側に佇んでいた。あ~ほんとよかった。こっちのほうに吹き飛ばされてたんだな。しかし許すまじはあのディプロドクス。普段無駄な殺生を好まない自分でもさすがに今回のことにはカチンときたので全軍に攻撃指示したよね。というか仲間のディプロドクスも加勢に来てくれたけど吹き飛ばしは邪魔になるだけだろw

ARK_ 125

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks