緑と水が豊かな「Island」の次は砂漠世界の「Scorched Earth」へ降り立った。

ARK_ SE_001

これまでプレイしていたマップのIslandとは天と地獄のようにここは厳しい。炎天下の真夏以上に灼熱地獄。その猛火は数分でサバイバーの生命を奪う。夜は夜でIslandの雪原バイオームのように低体温症になるレベルの氷点下の世界。さらにまわりは獰猛な肉食生物サーベルタイガーやユタラプトル、テラーバード、ダイアウルフ、プルモノスコルピウスだらけ。Islandのように腰を落ち着ける場所は皆無。採取はおろかおちおち地図を見ることすらままならない。最初のスポーン地域はもちろんEASY地点にしてあるが当然のように公式詐欺。実際はドのつくHARDモード。

ARK_ SE_003

このマップのアイドルはトビネズミ。Islandのドードーのポジションの生物になる。どうやらレベルは1で固定みたいで簡単にテイム出来るけど飼い主がすぐ死ぬからどのみち短い命になる…。なのでテイムは生き延びられる目処が立ってからのほうがいい。

ARK_ SE_002

最初のスポーン地域Midlands4で何度かの死に戻りを経て北東のオベリスク下にあるオアシスにたどり着いたがラプトルに見つけられてジエンド。次は棚からぼたもちでサーベルタイガーの肉と皮を労せず得られたが焼き肉してる途中で干からびて死亡。目先を変えてスポーン地域をMidlands3に変えてみたが延々にオアシスが見つからずやはり干からびて死亡。今度はSouth3に変えたら運良く目覚めた先の目の前がオアシス。いい感じに平たい場所もあって拠点候補だったがサソリのプルモノスコルピウスの庭。こっちでも棚からぼたもちでサソリの死体から装備や肉をゲット出来て焼き肉してたらやはりサソリに殺られて死亡。次もそのオアシス付近へのスポーンを願ったがオアシス付近の渓谷の上。回り道してる際に歪な地形をしてる場所で別のオアシスを見つけて今度こそ永住の地かと願ったがこっちはラプトルの庭。

そのあともサーベルタイガー、テラーバード、ティタノミルマとかに追いかけられ死ぬこと繰り返して別のスポーン地域で廃墟らしきところからバカでかい翼竜を見る。あれが噂に聞くワイバーンのようだ。いつの日かワワイバーンに乗って空を駆けるときが来るんだろうか。そのあと付近で間欠泉みたいな水たまりを発見。どうやらこのマップにはオアシスの他にこういった水たまりがいくつかあるみたいで救済措置的だけど救済になってないのが現状。もちろんそのあとTekラプトルに殺されて終了。レベル124は勝てるわけがない。

ARK_ SE_004

何度かスポーンして死ぬこと繰り返してるけど酷いときにはスポーン直後「ワオーン」って雄叫びが聞こえて何かと振り返ったらダイヤウルフの群れの真っ只中。素っ裸でどうやって切り抜けろと?これがARK世界のEASY難易度。そのあとまたオアシスにたどり着いたら盗っ人ペゴマスタクスに襲われ盗まれたあと見に覚えのないテイム発生。スコーチドアース初のテイムがペゴマスタクスだなんて…。レベルも見ないぐらい関心なくどうでもいい仲間ってのも中々ない。拠点作る場所がないかと探してたらカルノに見つかり逃げてる途中でラプトルに殺され終了。やっぱりオアシスは生物が集まりやすいから自然と肉食も集まっちゃうんだよね。拠点は水確保もあってやはりオアシス付近に作りたいしどうしたものか。

心機一転最初に選んだMidland4から。無事オベリスク下のオアシスに来たがもちろん肉食の宴。回り道してようやく水にありつけたが付近であのデカイ草食モレラトプスとカルノが戦っててモレラトプスの死体が2つ3つ転がっててラッキーに皮と肉ゲット。ただ生き残ったカルノはレベル高いのか他の2匹のモレラトプスを殺しそうで慌てて隠れた。崖から水辺に落ちてもなお戦って蹴散らしててあのカルノは相当レベル高そうだ。モレラトプスの死体に近づいたら「水を飲む」というコマンドが使えるみたいでこれはこのマップ最優先テイム恐竜のようだな。ある意味ラクダ的ポジションか。

ARK_ SE_005

そのあとダイヤウルフに殺されてお終い、いやあれだけのたくさんの皮は何としてでも回収しなくては。どうにか無事全部回収して付近の高い岩に上がって氷点下近い夜を過ごした。死体から回収したのって50回ぐらい死んだのに何気にスコーチドアースマップ初。それだけ回収ままならないほど辺り一面危険地帯。さてこのあとはどうするか。どこに拠点を作って落ち着ける場所を確保するかが問題。先立つものとして護衛になってくれる恐竜が1体でもいてくれたらいいんだが。

いやぁ話には聞いてたがほんとScorched Earthはきつい。Islandの経験があるからって舐めて掛かると地獄を見る。果たしてこのマップの冒険は続くのだろうか。

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks