拠点北東にある鉄鉱石の大規模な鉱脈。ここにアンキロサウルスによる一大採掘場を作りたいがティラノサウルス。レベルは56とそこまで高くないがいい機会なのでテイムすることに。レベル的にそこまで強くはないがいるといないとでは安定感が違う。カラーリングも黒く焦げ付いた感じがこの世界観に合ってて悪くない。早速2x3の捕獲施設を展開させそこへアルゲンで誘い出しすっぽりと嵌まらせる。ほんとアルゲンがいるとやれることが大幅に増えて助かる。

ARK_ SE_033

それにしても少し前の絶望の記事からよくここまで増強出来たなぁとしみじみ。逆に言うと序盤の頃特有のギリギリのサバイバル感はもうなくなったということだ。あれはあれで楽しかったんだけどね。

アルゲンで砂漠のほうへも出向いてみたがスコーチドアース固有生物の一種カマキリに遭遇。低レベルだったのでアルゲンで難なく倒せたからそこまでの強さは感じなかったがいつかはテイムしたい。でも確か集団で襲いかかってくるタイプなんだっけ。手渡しタイプだったと思うから難航しそうだ。さらに固有生物のデスワームにも遭遇。砂漠の地面になんか違和感あるものがあって何だと見に行ってもたらいきなりこいつがあらわれてきて焦った。ロックエレメンタルといいワームといいこのマップはこうゆう厄介なのが多いから困る。

ARK_ SE_034

アルゲンで地上に降りたとき羽の下にトビネズミが入り込んでこっちを見上げていた。なんだか運命を感じたし丁度ツガイとなるメスだったのでテイム。数発殴ってってのが運命感じた相手にしては酷すぎるがw 周囲ではガリミムスが岩にスタックしてて可哀想なので岩を削って出して上げた。そしたらトビネズミをテイムしたあと同じガリミムスが別の岩でスタックしていた。要介護ガリミムスとは…。実は地味にテイム困難なガリミムス。テイムする良い機会ではあるがレベルが36と大したことないのと正直ガリミムスは鳴き声が苦手なのでパス。また岩を削って出して上げた。

ARK_ SE_035

地上に降り立っていたハゲワシがレベル100だったので腐肉を上げてテイム。以前ハゲワシ3匹でティラノに大ダメージ与えていた場面を見たことあるけどハゲワシはいわばスコーチドアース版のディモルフォドン的ポジション。高レベルを何匹も揃えてたら今後役に立つこともあるかもしれない。

暫くはアルゲンでマップ各所へ赴いて高レベルティラノ探し。低レベルティラノは倒していく。そうして次回のスポーンに期待。やはり火力の上ではティラノの頭数を揃えたい。どんどんティラノやついでにカルノや低レベルの他の肉食を倒していってもはやこのアルゲンは空のキラーマシン。レベルもみるみる上がって今は189、さらに強くなっていく。既にスタミナや積載量で不満覚えることはなくなったので今後は体力や火力強化だな。

緑オベリスク付近に見覚えある動物がいるなと近づいたらヒツジだった。でも日本語Wikiにはヒツジはリストされていないのだけど…と海外Wikiを見たらスポーンリストに入ってた。ただヒツジのテイムにはベジタブルケーキが必要なので現状無理。

アルゲンで飛んでたら何かの遺跡にプルモノスコルピウスが引っ掛かってスタックしていた。レベルは116。これもまた縁。序盤のときにテイムしたプルモノスコルピウス繋がりの縁でもあるな。そうゆうわけでテイム。レベル173にまでなってくれたのだからあのときとはまた違うかたちでの心強い味方だ。しかしあのときのサソリは不思議とまだ感慨深く思い出しちゃうな。ほんの短い期間だったけど楽しいひとときだった。例のダイヤウルフに殺されたのだが生かせてあげたかったなぁあの子。今ここまで強くなった自分を見たらどう思うだろう。アイランドではここまで思い出に残る仲間はいなかったのだけどスコーチドアースの極限が思いを強くさせているのかもしれない。

ARK_ SE_036

フンコロガシはアイランドでは洞窟内にしか生息せずしかもスポーン頻度が低いのか見かけることはなかったがこちらスコーチドアースでは砂漠に生息してることもあっていっぱいいる。というわけでレベル100と良さげなフンコロガシに糞を手渡ししてテイム。糞の手渡しとかちょっと嫌過ぎるがw テイムした個体のカラーリングは黄金というか綺羅びやかでちょっと趣味も悪いかw しかしフンコロガシは掴むことが出来るのだが掴んだままアルゲンに乗るっていう絵面もシュールw

ARK_ SE_037

早速フンコロガシの本領発揮ということで糞をたくさん詰めて放浪させて暫く経ってからインベントリ見たら出来てる出来てるいっぱいの肥料とおまけの原油。これは良いものだ。やっとあの鬱陶しいハエの音から開放される。あとスコーチドアースでは木々が少ないので藁の消費も抑えられるから助かる。糞の他に生肉も腐肉も食べるから管理に困らないしいい言尽くし。

強い恐竜求めて飛んでたらレベル116のサーベルタイガー発見。このタイガーといいウルフといいラプトルといい小型はレベル100以上がボーダーと思うので丁度いい。高台となってる場所に捕獲施設を展開してアルゲンで掴んでポイッ。あとは簡単な仕事。このスコーチドアースってこうゆうテイムはほんとやりやすい。荒野に高台がいたる所にあるし上方は平たいし敵も上がってこれないから安全にテイム出来るんだよね。生物を探す際も視界を妨げる森林がないから見つけやすい。アイランドより遥かに利便性は高いと思う。すっかり今はスコーチドアースの世界が気に入ってる。住めば都とはこのことだ。

ARK_ SE_038

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks