前回ユウティラヌスを仲間にしたがさらに強い仲間を求めて。やはりティラノサウルス頼みになるだろうから手っ取り早くスポーン地域を参照して巡回。ただいるにはいるのだけど50以下の低レベルばかり。100近い個体、100以上がいない。見つけた低レベルは次のスポーンを期待してアルゲンで間引いていく。

ARK_ SE_042

第二拠点を南西にある赤オベリスク付近に作ることにした。自分的スコーチドアースでの最終目標はワイバーン。そのためにワイバーンの巣が近いほうが何かと都合がいいはず。さらに今後はカマキリのテイムのためにデスワーム狩りをやっていきたいので砂漠に近いほうがいい。北東緑オベリスク周辺や南東の斜めの岩山とオアシスがある場所も候補地だったがやはりワイバーンに近いほうが利点が多いだろう。

第一拠点もそのままにするので第二用の建設恐竜たちを新たにテイム。石はドエディクルスでレベル116、鉱石はアンキロサウルスでレベル120、木はモロクトカゲでレベル120とそれぞれ今回は高レベル帯をテイムできた。

以前から能力が魅力的なティラコレオを仲間にしたいなと思ってたが生憎低レベルばかりだったが高層ビルぐらいに高い岩山のてっぺんにレベル108のティラコレオがいた。あんな何もない狭い場所にスポーンしてたとは。丁度鉱石採掘の簡易拠点がある場所なので利用しながら捕獲施設を組み立て。アルゲンで掴んで施設へポイッ。あとはいつもの流れだけどこのティラコレオ、体力減ってからの逃げるモーションせず終始攻撃態勢のまま気絶した。なんか潔くて格好いい奴だな。ただそのあとが大変。予想外に気絶値の回復がスピノやテリジノ並にバカ早い。しかもテイム値の上昇率も悪い。最後まで目が離せずヒヤヒヤしながらレベル160のティラコレオが仲間になった。

ARK_ SE_043

早速ティラコレオを乗り回すが馬力が高い。ドシドシとした力強い走りでぐんぐんと岩を飛び越え乗り越え駆け上がる。疾走感のあるダイヤウルフやサーベルタイガーとは違った4WD感のある走りだ。低レベルカルノやモロクトカゲも余裕で蹴散らしていける。これはティラノ並のメイン火力として使えるかもしれないなぁ。とりあえずメイトブースト掛けたいからツガイとなるメスの高レベルを探さないと。

ARK_ SE_044

とか言ってたら数日後同じ場所の下側でメスのティラコレオレベル116がいて超ラッキー。その少し前にここらで低レベルティラコレオ狩りをして間引いたが早くも効果あったようだ。前回の捕獲施設をそのまま再利用。この間のティラコレオと同じ位置でこっちに牙を向けやはり逃走体制にはならずそのまま気絶。あとWiki見て気付いたがテイム用食事は生肉より焼いた肉のほうが良いようだ。この間のティラコレオには霜降り食べさせたけど今回は焼いて出した。やれやれとんだグルメなやつだ。気のせいか今回のほうが気絶値の回復は遅い感じがしてそこまでナルコを食べさせずに済んだな。個体差でもあるんだろうか。しかし寝てる姿はモフモフとしていて実に可愛い。でも起きたら凶暴中の凶暴。小型肉食恐竜の中でもトップクラスのスペックを誇る頼もしいキラーマシン。

ARK_ SE_045

この間のティラコレオと無事ツガイとなりメイトブースト。地の色合いは同じグレーだけどてっぺんのカラーは片方がブラウン系。片方はもっと黒くなったブラウンとなってていい感じに雄雌感出て良い。ただ2匹一緒にレベル上げしてたとき気付いたけど追従してるほうのティラコレオはこっちが崖上に上がったり岩を飛び越えて行っても引っ掛かって付いてきてくれないんだよね。ただジャンプすればいいだけなのに持ってる能力ならそれが出来るのにやってくれない。その度に戻って問題なく通れるルートを通り直すという無駄な行動。ちょっと要改善の余地ありありだ。

ARK_ SE_046

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks