今現在ARKでは「Eggcellent Adventure 5」というイースターに因んだイベント開催中。というわけで早速自分もイベントに参加してみた。この手のは以前にバレンタインイベントがあったけど釣りでアイテムゲット仕様だったからあの当時はまだ持ち合わせ的に難しかった。今回はただドードーやオヴィラプトルの卵を集めればいいだけだから楽でありがたい。ただこのスコーチドアースにはドードーが生息していない。じゃあアイランドで卵を集めるしかないかって考えてたらアルゲンで飛んでたときにドードーの聞き覚えのある鳴き声。まさか…と下へ降りたらバニー姿になったドードーのへんてこな姿が!

ARK_ SE_e_001

嬉しいことに生息分布の垣根を超えてバニードードーやバニーオヴィラプトルがこの灼熱の大地にやってきてくれた。この分だと他のDLCマップにも現れていそうだな。早速卵をとりあえず25個集めて調理鍋に入れて作ったのはまずは王道のウサミミスキン。男サバイバーなら色々と台無しになるが女サバイバーならそこまで変にはならないだろうと付けてみたが…果たしてこれが可愛いかどうかは分からないw でも憂鬱にしてる顔さえ見なければ後ろ姿は可愛らしく見える。

ARK_ SE_e_002

ちなみにバニードードーを拠点内に連れてきて安全に延々と卵をゲットしようとアルゲンで持ってきたが拠点に降ろした数秒後に消えた。なるほど、開発側もズルされないようちゃんと考えてある。面倒でもバニードードーを追いかけて産み落とす卵を拾い続けるしかないな。

他のスキンは…まぁ微妙か。恐竜用のウサミミスキンはトビネズミに付けて可愛さブースト掛けようと思ったがサドル専用のスキン。トビネズミにはサドルは存在しない。残念。じゃあカワウソとかにも付けられないってことかぁ。で、この卵はスキンに変換する以外に卵を割ってちびペットというアクセサリーも手に入れられることが出来る。最初卵をどう割るのか分からなかったがインベントリから捨てるかたちで置くのではなくスロットに装着して普通の設置系アイテムと同じ要領で置いていけばいいだけだった。これでCrackOpenというコマンドが出現。ただ割っても全然アイテムが出てくれないからバグってるのかと焦ったが10個目ぐらいでベールゼブフォのちびペットを手に入れられた。どうやら確率的に結構低いみたいだな。てっきり必ず手に入るのかと甘くみていた。いわばARK版ガチャか。

ARK_ SE_e_003

ただ正直ちびベールゼブフォはあまり可愛くは…。色合い的にドロが浮遊してるようにしか。他にゲット出来たのはスピノ、ティラノ、メガテリウム、メガロケロス、プロコプトドン、ステゴ、カルキノス、アンキロ、バリオニクス、ショートフェイスベア、パラサウロロフス、フィオミア、プテラノドン、プルモノスコルピウス、ラプトル、ケブカサイ、サルコスクス、シーカー、テラーバード、テリジノ、ティラコレオ、トリケラ、カルノ、ケントロ、ダイアウルフ、ドエディクルス、パラケラテリウム、モスコプスを手に入れられた。その中では普通にぬいぐるみっぽいショートフェイスベアや水が浸された球体の中に入ってるメガロドンが気に入った。画像だとさっぱりどんなのか分からないだろうけど…。おまけに球体が揺らいでるせいで視界の一部が見づらくなるからあまり使わないか。プテラノドンも同様に宙に浮いてるけどちょっと無骨過ぎて。ジェネシスの登場するブラッドストーカーも出たけどひょろっとした蜘蛛しか見えず…。カルキノスもまだ未プレイのアベレーションの生物のようだがうーんなんと形容したらいいのか。ケブカサイとかダイアウルフは可愛くなってるけどちょっと色合い的に好みではなかった。色違いのバリエーションもあるから一体全何種類になるんだろ。全部コンプした人とかいるのかな。

ARK_ SE_e_004

基本的に元々の顔立ちがはっきりしている恐竜は頭でっかちになって少し異様になる感じがあるな。やっぱこうゆうデフォルメは欧米より日本人の得意とするところだろうなぁ。

オヴィラプトルの卵は恐竜キャンディーといって読んで字の如く恐竜に食べさせるおやつみたいなもの。卵にランダムなカラバリが付けられていてそれを食べた恐竜はその色に染色されるという。さらにブースト掛けられるステータスがランク毎にあったりする。とりあえず名工品質のキャンディーを元々カラバリが地味めなユウティラヌスに食べさせてみたが…これはなんてドギツイ原色カラーw えぇ…これは結構嫌だなw イベント期間中続いちゃうのだったらショックだけど画面右上に24時間カウントダウンがあって丸一日だけの効果のようで安堵。やっぱ自分は落ち着いた色のほうが好きだな。

ARK_ SE_e_005

今後も期間中までに卵集めていきたいけど地味に結構大変かなと思ってたが緑オベリスクの真下に10匹ぐらい纏まってドードーがスポーンしていてドードー祭り。バカスカと卵を量産していて卵取りたい放題。さらに他の場所では崖の途中でドードーが微動だにせず卵を延々と量産。これこそまさに産む機械だろう。こうゆうドードースポットは結構見つけられて水辺とか緑がある場所以外でもたくさんスポーンしているようだ。荒野にも居たのならもしかして砂漠にも…と別件で砂漠上空を飛んでたらやはりいた。そんなところでも無心で延々に卵を生み続けるドードー、なんてシュールなんだ。

ARK_ SE_e_006

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks