飛行生物に騎乗しているときは必ずスロットにパラシュートを装備しておくこと、というのを実を知って痛感。PC版では騎乗切り替えのEキー周りをよく触ることになるからふとした弾みでやらかしてしまった。一瞬何が起こったか分からずてんばったがこんな事もあろうかとパラシュートを9キーにセットしていたので即パラシュート展開。降りた先は偶々運良く肉食生物が居らずツイていたがこんなツキはこのスコーチドアースでは滅多に無い。

アルゲンで第二拠点周りのにある水晶や鉄鉱石の地上からの採掘ルート探してたらポイズンワイバーンと遭遇。これまでもワイバーン種には幾度か遭遇してたがここまで接近したのは初であまりに迂闊。どうにかバレないように…と低空で物陰に隠れながら飛んでたが案の定気付かれた。慌てて逃げていくけど後ろから毒々しい色のポイズンが飛んできてヤバい。ジグザグに飛んだり低空で木々の間を縫ったり他の恐竜の傍を通過してタゲを変えさせようとしたが駄目。どないしましょ…ってところで死んでしまった。うわぁ…やらかしてしまった…。

ARK_ SE_047

殺される直前までアルゲンの体力はまだ余裕あった。ただアルゲンの体力ばかり気を取られてて自分の体力を見ていなかった。多分騎乗者への毒ダメージが死因だろうな。このことから分かるとおり足の遅いアルゲンでワイバーンの卵を盗んで逃げるのはよっぽど腕が良くないか運がいい限り無理だ。もしアルゲンでやれるのならオンラインで何人かとトライブ組んで役割分担させながらだろうな。自分はオフラインのソロでやってるから他の手段を考えないといけない。

さてどうしたものか。同じ飛行生物のリマントリアを考えたがアルゲンより早いといってもそもそもが弱いし第一拠点からだと距離がある。なので赤オベリスク付近にある第二拠点のティラコレオで回収に向かうことに。適当に布装備に着替えて急ぎ現場へ。さすがティラコレオ、迫りくる敵を引き離し目前の敵も飛び越え本来なら立ち往生するような岩山も軽く駆け上がり大ジャンプ。仮に敵に絡まれてもレベル195だから余裕。やはり卵争奪マウント最有力候補か。そうして緑色のビームが立ち昇る場所に来たが上空にはまだポイズンワイバーンが舞っていて何かと戦ってる。もしや自分のアルゲンかとホイッスル吹いたが反応ないなと目線を下げたら岩陰にアルゲンがどっしりと佇んでいた。中立指示にしてたらまずいことになってただろうけど無抵抗指示になっていたのが幸いだったか。何にせよほんとよかった。全生物中で一番一緒にいるこのアルゲンを失ったら相当へこむ。

ARK_ SE_048

原油ポンプを遂に稼働させることに。前々からクレートで装置自体は手に入れていたのだけど最近になって存在を思い出した。とりあえず安全そうな場所にある原油溜まりにポンプを覆い被せたらすぐに稼働。ガソリンとか燃料もいらずポンプが動いてくれるとかどんなテクノロジー。ま、ノーコストで原油が定期的に手に入るのだから助かる。ただ装置が剥き出しのままだと危なさそうなので石壁で周りを囲っておいた。しかし鉄はいたる所にあるし真珠もほうぼうに散らばってる、黒曜石や水晶もそこまで苦労しない、原油も楽々手に入る、と資源に関してはアイランドよりむしろ難易度は低い。

ARK_ SE_049

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks