なんと今さらVitaのゲームをプレイしている。というのも十三機兵防衛圏が良かったからヴァニラウェア&ベイシスケイプの作品を探してたらこの朧村正が面白そうだったから。PSPはもうとうの昔に売っちゃったがVitaゲームならまだVitaもVitaTVも所持してるのでプレイ可能。ま、PS4でプレイ出来るオーディンスフィアやドラゴンズクラウンでもよかったのだけど心が和風ゲーを求めていた。

oboromuramasa_001.jpg

いやぁ女主人公の百姫ちゃんがとても可愛い。朧村正にした一番の理由はこの百姫ちゃんにひとめぼれしたってのもあるw 刀女子…良いよね。しかもこの見えそうで見えないふともも加減が良い。男主人公ストーリーもあって合わせてクリアとなるみたいだけど男のほうはモチベが厳しいかもなぁw ちなみに百姫CVは沢城みゆきさん。なんかみゆきちの声をゲームでもそうだけどアニメも含めて久々に聴いたような気がする。凛として艶のある声がよく合ってる。

oboromuramasa_002.jpg

アクションだが最初の方はあまりに簡単過ぎて手応えなかったけど序章ボスの海坊主みたいな奴に結構苦戦。3本剣を折られるぐらいだった。不甲斐ないので勝利後セーブからやり直して今度は苦戦することなくまずまず余裕で勝利。コンボもあるけど今のところ単純にボタン連打だけで問題ないっぽい。とはいえそれじゃ面白くないから適時上段斬りとか下段斬りとかもしつつで。ストーリーは最初は話し言葉のせいもあり頭に入りづらかったけどどうやら今の百姫の中の人は陣九郎っていうおっさんみたいだ。今後は僧侶に囚われた百姫の魂を取り戻しに各地へ赴くってとこか。

第二幕からいよいよ本格的な冒険の始まり。序章もそうだったけど音楽が良いねぇ。十三機兵ですっかりベイシスケイプの音作りにぞっこんになったけど期待通り。百姫ちゃん目当てとか書いたけどやはり音楽が一番のプレイの決め手。もちろん後々でサントラも買いたい。というか最初どこへ行けばいいか分からずちょっと迷った。そういやこうゆう部屋で隔てられたマップ構成ってのは自分が以前にやったゲームだとダーケストダンジョンだな。あれはあまりにストレス管理がシビア過ぎて途中で挫折してしまったがこっちは普通のアクションゲーなのでクリアは出来るはず。二幕から敵の種類がバラエティ豊かになってきたけどバカスカ斬っていけるからアクションが楽しくなってきたしね。

村落でヴァニラウェア特有らしい飯シーン。自分は初だがなるほどこれが噂の…。しかもボタン押す毎に飯の量が減る芸コマ。これは面白い趣向&飯テロ。にしん蕎麦とか天麩羅うどんとかめっちゃ旨そうだ。さらに白菜使って料理して自ら飯テロ。飯がおいしそうに見えるゲームは名作の法則が成り立つのか…?w

oboromuramasa_003.jpg

武蔵から江戸へ入り吉原へ。いわゆる遊郭か。ここの景観が実に美麗。提灯と桜、なんて耽美な。影で映ってるお楽しみ中と思われる客人もその部屋でのドラマを掻き立てられて味わい深い。あ~れ~って例のやつやってるなw 遠くに映ってる家屋もまた風情。小部屋に入っても和の侘び寂び。改めてこの良さが分かる日本人として生まれてよかったなぁと思える。ほんと日本人の特権だよね。

oboromuramasa_004.jpg

男たちとの庶民的な会話も楽しい。「大根相手に腰でも振ってろ」とぴしゃりとする百姫にMっ気ある返しには笑う。ただ延々とこの景色が続いてて実はぐるぐる周ってるのではという不安もあったが無事ボス戦。直前の陣九郎と紺菊の会話が良いな。輪入道ってのが最初の海坊主より強くて強くて。でもこの難易度だったらゴリ押しでいけた。攻撃喰らいそうなら届かない遠くへ離れて逃げればいいだけ。いいのかそれで。

oboromuramasa_005.jpg

関連記事
  • web拍手 by FC2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks